SOLAR DECATHLON, ソーラー十種競技

New zealand team ニュージーランドチーム-------Canada Calgary team カナダ、カルガリーチーム

Every two years a solar house competition opens among the multiple memorials on the mall at Washington DC. Student teams  from all over the world including China, Belgium, New Zealand and Canada build their houses here. They build the houses at their schools first and then transport the parts to Washington and rebuild them in 7 days. They compete for Beautiful-Affordable=Energy efficient-and so on.  The winner is selected those who perform the best within the 10 criteria . The  locations of each participate are different: how to compare Florida to Belgium? They must assume quite different conditions for each of their local natural and social conditions including  material costs and climate, so it seems very difficult to decide who is the best.  But the competition spurs many to try new ideas, and makes it exiting …. http://www.solardecathlon.gov/contests.html

太陽エネルギーだけで生活できる住宅のコンテストがワシントンで開かれる。二年に一回、記念碑群の間の芝生の上に作られた仮設会場に世界中から大学生チームが集まる。中国、ニュージーランド、ヨーロッパからも。日本は無参加。なにせ、それぞれのキャンパスで建てて、これをここに運んでこなくてはならない。その立上げに7日しか許されない、という厳しさ。美しいか?、エネルギー効率は?、社会への普及広報が優れているか?、買えるか?などなど10項目についてそれぞれ一位が決められる。各大学はそれそれの地域に最適の住宅を目差してがんばる。でも湿度、気温、太陽高度、雨、地震、物価などなど各地の自然条件が違うから、本当は比べようがない。たとえばヨーロッパであれば冷房は要らないし、マイアミはとても暑いから設備の費用や複雑さがところによってぜんぜん違う。なのだけど、みんな一生懸命になりたいので、エイっと順位を決めるhttp://www.solardecathlon.gov/contests.html

この会場の向こうはポトマック川

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください