FROM ANTARCTIC,南極より便り


We received an email  from a friend of ours who is spending the summer in Antarctica. She is driving a truck there for the American scientific community after her retirement form the New York theater community, she sounds very happy with this wild adventure. The most hectic  thing  is clamoring up to into her “cockpit” to drive each day.

数年前に退職した友人から先日、便りが送られてきた。夏の間、米国の科学コミュニティーのボランティアをしているという。仕事はトラックの運転。基地の生活で一番大変なのがこの操縦席まで登ることなんだそう。負け惜しみのように聞こえるけれど、どうもそうではないらしい。たいへん楽しいんだそうな。ちなみに日本も管理的ではない、オープンな国なのだから、一般人が南極で働けるようなプログラムがあっても良いなあと…。

Mt. Erebus エレバス火山

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください