DELIVERY of our small boys, MRI が届く

Yesterday our constructing site received 2 MRI machines. Each weighs more than 8 tons, monsters. We don’t know why they are so heavy, because of the magnet coil? or the vacuum container for the coil? It is a very high-tech product but it was man handled into place by riggers. They seem to have a special atmosphere around them. They have a pride in their ability to move these monsters. They have a high potential to lose their hands, limbs, or even their lives. If they dropped this machine $ 1.6 million would be gone and the building structure would receive serious damage.  And through all this one of the team was chewing gum constantly and the foreman was chatting about the financial market.

昨日、 2機のMRIが工事現場に配達された。中の磁場コイルが重いのか、それを冷却する真空容器が重いのか?よく知らないけれど、一機8トンの怪物。超ハイテックのMRIだけど、運び込むのは素朴なトビの仕事。彼らはいろんな職人の中でも特別な雰囲気がある。日本のトビと同じく、高いプライドを持っているように見える。間違えば、手足が飛んだり失命したりする。ここでこれを落としたら1.5億円がオシャカになるし、建物の構造体も決定的に傷む。でも、それはそれ、さすがアメリカ、ガムを噛んでいる兄チャンがいるし、チーフもお母ちゃんの話しをしている(ようだ)。

the folded pavilion from our exhibition on the wall. 壁にはオリガミ展に出したパビリオンが畳んで…

We heard that a hospital brought an oxygen cylinder into the MRI room by mistake and the heavy cylinder flew into the magnet, oops………  In order to detect the tiniest of fluctuation of nuclear spin in the patients organ, an extremely strong magnetic field is imposed. The strong magnetic field  is created by cooling down the coil to nearly minus 270C where conductivity disappears. Science explained  nuclear spin and super conductivity  just 50 years ago and technology quickly applied them to be utilized in our daily lives, yet for many people it is still a black box. Hopefully one day everyone will be able to share the concept behind these ideas.

ある病院でスキャン中の患者の状態が悪化したので、慌てて酸素ボンベを誤って運び入れたところ、あの重いボンベが空中をすっ飛んだそうな…..。患者の組織内の原子核スピンすべての物質が持つ基本属性の一つで、質量とか電荷といった、なんとなく感覚で分かる量と異なり、20世紀に発見された概念) の変動がスキャンされるのだけど、検知できるだけの高い値に上げるには、強力な磁場が必要。マイナス270度近くになるとコイル内の電気抵抗が無くなって電力供給なしで電流が流れ続ける。これを利用して、巨大磁場が永久に維持される。核スピンも超伝導も、馴染みのある普通の感覚からは押測れない現象。科学 がこれらの量子現象を解明してから半世紀足らずで、科学技術が素早く応用して生活に利用できるレベルへ持ち込んだ。 人々には、しかし、どちらもブラックボックスのまま。何時の日か、そうでなくなる時代が来るだろうか?それとも永遠にブラックボックスのままになるのか?

nose of an airline jet engine? ジェットエンジンの先頭部か?

DELIVERY of our small boys, MRI が届く」への2件のフィードバック

  1. こんにちはー堺の金子ですが、コロナ対策は大丈夫ですか?
    Hello over is Kaneko of Sakai, but do you corona measures okay?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください