BIKE SHARE STATION バイクシェア ステーション

Bike Share is coming to New York City…this July the Department of Transportation will be setting up stations throughout the city to share 10,000 bicycles, creating a bicycling infrastructure in the city. Stations where you can borrow and return the bike will be located approximately every 300m throughout the city. If you buy a yearly pass at a station the fare is free if you return the bike to any other station within 45 minutes. They are still discussing the pricing but there are several options for the pass: 90-95$ for the full year, 20-25$ for a week 8-10$ for a day. It is a great way to get around and see parts of the city even if you do not own a bike and it is easy to transfer to the bus or subway systems. You can come home from work by bike if it was raining in the morning. There will be a map at each station to guide you to the closest bike shop where you can buy a helmet. (By the way free bike maps are available at any bike shop in NY) We attended a workshop where we were able to help plan the system, showing locations for the share stations that we thought would work well and commenting on those already proposed. The presentation was great. We tried the model bike, can’t wait see them in action.

ニューヨークでバイクシェア(公共自転車 の路上レンタルシステム)が7月から始まる。交通局によってNY市中に1万台の共用自転車が配備される。自転車が都市の交通機関として確立されるだろう。自転車 を借りたり、返したりするステーションが約300mごとに全市の路上に出来上がる。このステーションでパスを買えば誰でも共用自転車に乗れる。料金体系はとても安く、パスの種類は一年間券、一週間券、一日券があって、それぞれ95ド ル、25ドル、10ドルぐらいになる予定。借 りてから、45分内に他のどのかステーションに返せば追加料無し。自分の自転車を持ってなくても、市内を自由に動け回れるし、バスや地下鉄と自転車を乗り継ぐことも簡単に出来る。朝は雨が降っていて地下鉄で職場に来てても、夕方はこの自転車で帰宅することもできる。ヘルメットについてはステーションにある地図が最寄の自転車店を案内するとう いう仕組み。(ちなみに、現在、NY全市の無料自転車地図は自転車店にも用意されている。)今日は交通局が開いたワークショップに加わった。誰でもこのス テーションの配置 場所の提案に参加できる。地図上にマークをしたり、コメントを加えてゆく。市のプレゼンテーションには周到に考えられた見やすい資料、説明が用意されていた。 使われるモデルにも試乗した。この自転車が町中で走っているのを見るのが待ちきれない。

I think this point is good. and also... ここがいい、それからここも…

COMPLETED! MRI and FOLDED WALL 完成!MRIのオリガミ壁

スライドショーには JavaScript が必要です。

The origami wall posted on Feb, 20th has been completed and the  MRI Suite has started welcoming patients. This project is an addition to a facility that we designed several years ago.  Soon a clinic, wellness center and research laboratory will be built behind this folded blue divider.  At that time this big wall will be tucked up like a stage curtain, and the whole facility will emerge. The big wall implies that the next project is on the way behind it.  The other walls and ceiling design were planned to smoothly integrate into the final design. This temporary view will be seen until then. Inexpensive materials and paint finishes were used with the understanding that they would be short lived and be replaced soon. We developed  a smiler color scheme to what  we designed in the  first phase, which was successful.  The bright colors are meant to encourage the patients while they are waiting. Please take a look.

2月20日ポストの大きなオリガミ壁が完成した。二機のMRI施設も患者を迎えて走り出した。このプロジェクトは数年前にやった第一期のブロジェクトに増築されたもの。もうすぐ、この壁の裏側にさらに研究所とクリニックが付け加わる予定。そのときにはこの壁が舞台のカーテンのごとく畳まれて全体が出現する次第。それまでの間 この壁が患者を歓迎する。裏側でさらなる拡張が進んでいることを このデザインから想像させたい。第三期のデザインにスムーズに繋がるように、今の天井や壁は計算されている。なので、ちょっと中途半端な仮の空間。高い材料は使わず、もっぱらぺンキ仕上げが使われた。カラースキームは第一期で好評だったものを発展させたもの。明るい色に患者が励まされますように。ご高覧を。

FIRST SPRING BIKE WANDERING 早春の自転車市内旅行

Today it is spring, almost 20C.  A 30 minute subway ride from Grand Central station brought us here, to the bottom of the Bronx Whitestone Bridge, at the southeast end of the Bronx. It is not developed because it is inconvenient to get to. We can not stop comparing this situation to Tokyo where this kind of space definitely would be fully developed. Tokyo is one of the lushest cities in Japan, because of the imperial palaces (sadly they are not open to the public) and many gardens and temples from the former feudal tycoons . Yet compared with London or Paris, Tokyo has a much smaller area of gardens and parks. This is easily visible in Google earth. Some final remainder of open space like the former Shiodome train operation yard, the Robbongi old army headquarters, or the Odaiba cannon mortar field were all sold to developers.

今日は春だ。なんと20度近い。マンハッタンのグランドセントラル駅から地下鉄で30分、ブロンクス地区の南端、ブロンクスホワイトストン橋の袂に来た。 不便なところなので、ほとんど開発されていない。なぜ開発業者が目をつけないのだろう?同じ規模の東京と比べてしま う。東京は日本国内では最も緑の豊かな都市ではあるまいか?藩邸の名残や神社仏閣、(一般の用には供されてはいなく て残念だけど)宮家の土地がたくさんあるからだ。それでも、ロンドンやパリに比べると格段に緑の量が少ないのはグーグルアースを見れば一目瞭然。唯一残っ ていた汐留操車場や六本木旧駐屯地、お台場付近も私有化されて、このような場所は完全になくなってしまった。

These spaces will never come back to public use. NYC seems to have fewer gardens and parks, but it still has these kinds of spaces. When Robert Moses laid down the highway network over the city, he organized many recreational spaces together with the roadways. In the 1930s, Moses planned a beach, bathhouse, and cafeteria complex with a bus terminal and parking field here called Ferry Point Park. The plan was never implemented and it is not well-known by New Yorkers. We were the only people in this wide open park. Someday  this place will be easily accessible by the densely connected Greenway network over the entire city . We search out unpopular/unpopulated spots like this and enjoy exploring.

いったん私有化された場所は永遠に公共に戻る ことはない。NY市もロンドン市・パリ市にくらべると緑が少なさ そうだが、このような場所が未だある。R・モーゼズによってNYに高速道路網とそれに付随する公園、海水浴場などの公共施設がたくさん作られた。が、この場所はその計画が手付かずじまいだったので、NYの人もまず知らない。今回はほぼ完璧に私たちだけだった。市に緑道が完備された暁には巨大なネットワークができて、ここも人びとが簡単にアクセスできるようになるだろう。(NY地下鉄は追加料金をはらわなくても、折り畳みでなくても、袋に入れなくても、自転車を持ち込める。)ポピュラーになることを願いつつも、私たちはそうなる前のこうゆう場所を探し出して楽しんでいる。