Umami & Kaiseki @ the METメトロポリタン美術館の 料亭 Kikunoi


The other day our friends talked enthusiastically about the Kaiseki experience at an UMAMI dinner at the Metropolitan Museum. They were at our terrace for lunch the following day and our dishes must have looked very poor in comparison. The brochure for the menu was fancier than the museum guide.

The Umami Information Center says “When humans eat, they use all of their senses (sight, hearing, smell, touch and taste) to form general judgments about their food, but it is taste that is the most influential in determining how delicious a food is” , but I think that sometimes the setting, our expectations and the rituals of eating are very effective.

Am I a poor loser if I say we had a handicap? The surrounding setting definitely worked, they were having dinner in an amazing museum.  Nobody has been impressed with my MATCHA or Japanese tea which is used for the tea ceremony, but everybody says it is wonderful after they experience a real tea ceremony. This is a good example that the situation alters the perception drastically. Japanese food needs a special setting with the right atmosphere and input to impress people. In New York sushi is the exception; it already has a reputation and if you serve sushi suddenly it is a fancy meal.

先日、懐石料理の料亭に行ってきた友人が感動的にその料理について語ってくれた。メトロポリタン美術館にある「菊の井」。私たちのアパートのランチに彼らを招待したときのことだった…なんともはや。ぼくらの作った料理はさぞかし貧相に見えただろう。見せてくれたメニューのパンフレットは美術館案内より立派だった。

菊の井の味とは比べるべくもないけれど、セッティングのハンディーを口にするのは負け惜しみか?外国人にぼくらが抹茶を出しても決して美味しいとは言ってくれないけれど、茶会でお手前を体験した人は異口同音にすばらしかったと言う。セッティングがいかに感覚を変えるか。日本の食べ物を振舞う時は器や雰囲気、ウンチクで特別なセッティングを用意したほうが良さそうだ。と日々感じている。(その反対に、すでに良さが確立されているSUSHIが出れば、食事の格式をあげるようだ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください