JAPANESE TRADITIONAL LANDSCAPE 里山?(continued)

Every time we arrive at Narita air port the view from the train to Tokyo makes me sad. The suburban towns on the railway look uglier and messier each trip. It is true that the randomness which comes from spontaneous growth is beautiful and that artificial design is sometime too rigid and inhuman. But I think the natural randomness works well at certain size and density, spontaneous growth is not almighty. I wonder if there is any good idea for how to bring some order to this chaotic landscape instead of giving  it up as it is. —–These photos are taken during our visit to the valleys of the Kuwano river in Anan city, an example of the  beauty of  spontaneous growth, a 20 minute ride from random shore of the Pacific ocean.

いつも成田に着くたびに、暗い気持ちになる。都心に着くまでの車窓から見える町々の様子が年毎に醜く、ぺらぺらになっていると感じる。一般的に言うと、計画をしないで独りでに出来上がった町は人間的で ランダムな要素が美しく、逆に人工的に作られた町は画一的で、非人間的、面白くない。―――確にそうだけれど、しかし自然発生に任せた町が美しくありえるのは規模や密度の限界があると思う。郊外や都市の計画を線引きだけで済ませて、後はほったらかしにしていいものだろうか?「なるようにしかならない」と思う代わりに、何か新しい考えを見つけられないものか?—–ここに載せた写真は徳島県の桑野川上流の谷と支流の谷に行った時のもの。自然発生の美しさの好例。太平洋のランダムなリアス海岸まで一般道を車で20分の近さ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください