RIVER WALK, Kita-ku TOKYO 北区滝野川リバーウォーク (continued,続き)

The rebuilding of the Kita-ku ward city hall was announced publicly today. Can we take advantage of the gift of being located on the Takinogawa river walk and build a new type of city hall building? We want to make a proposal that unifies the river walk, the parks and the public services located within city hall. It will be unique and pleasurable place with a link between the river walk and the city government making it a part of the linear network. Instead of making daunting monumental or symbolic gestures which belong to an older age if we look for new ideas we can create something different that gives us a true open public space.
A new French international school, lycée recently moved to Takinogawa, facing the river walk. By chance(?) a new bistro opened near Oji station with a French cordon-blue chef. The area will be changing now, for the better! The food is excellent.

このような場所は他にはないと思う。この特別な条件を生かして、さらに発展させられないだろうか?最近、北区の新庁舎を建てかえる話が公にアナウンスされた。古い発想を捨てて、大仰な正面玄関やお定まりの庁舎デザインの代わりに、公園+遊歩道と一体になった役所にしてはどうか?公共サービスと線形のネットワークが融合すれば、ユニークで楽しい、本当の意味の公共のための場所ができるはずだ。モニュメンタルな構えやシンボル性が必要な時代は世界中で過去のものとなりつつある。
フランス人学校リセがかつての二校を統合して、滝野川に移ってきた。偶然(?)同じ時期にコルドンブルーのシェフの開いたビストロが王子駅の近にできた。これからこの地域が変わっていってるのを感じる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中