From GEORGE WASHINGTON BRIDGE ジョージワシントン橋より

the west shore of Manhattan island、マンハッタン島、ほぼ西岸全景

Today we bicycled downtown to our home on the east side along the west shore of Manhattan from the George Washington bridge. The route follows the top of the cliff  so that every intersection is T shaped. This seems ideal for a bike lane, but there is no bike lane. Probably because there is a beautiful bike lane below the cliff that runs parallel to this street.  It was about 6 o’clock but there was very little traffic, it was amazingly quiet. At the bottom of the cliff there is the Manhattan greenway with wide open views of the waterfront and the highway.  From above there are; trees, parks, residences, the city grid-a much different world.

今日は仕事の帰りにワシントン橋から西岸に沿って走った。崖のふちにあって、交差点はすべてTの字、自転車レーンを設けるにはもってこいに思えるのに、それが無い。崖の下に、この道路と平行に立派な自転車道=グリーンウェイがあるから、ここには要らないと判断されたのか?週日の6時ごろなのに車があまり走ってない。何かのんびりした雰囲気がある。しかし、崖下は崖上とでまったく違った景色が広がる。下はウォーターフロントと高速道路の開けた景色、上は公園と街路樹と住宅街。それにしても緑が豊かだ。木々の高さは何メートルあるだろう?

Probably everyone who looks at the birds eye photograph of Manhattan will say it is beautiful. Despite the random buildings that fill in the grid it definitely is, actually because of this randomness it is beautiful. There is a universally  accepted beauty of the buildings regardless of your background. However once you come into the city you will find it is very messy. Is it beautiful? It may be so, it definitely it is if you have a fantasy for this city. I think beauty is not a property of the thing but depends on the scale. How you see architecture or the city expands from 1mm to 10 km (actually the scale of  the texture of materials is less than 0.1 mm) Shifting the scale to form judgments plays an essential role in how you see things. The view of Tokyo with the Sky Tree may be attractive but  I cannot detach from that view the  unpleasant image of what you can see on the street from my brain. I see both scales at the same time to create my image of this view. I hope this responds to the comment for our post about the view of Tokyo.

遠くから見たマンハッタンの景色を見ると、ほとんどの人が美しいと答えるだろう。建物がでたらめに建っているものの、美しい。というより、ばらばらだからこそ美しい。もし、団地のように画一的ならば美しくないだろう。ここには、見る人の文化的背景にはよらない、何か普遍的な美があると思う。しかし、いったん町の中へ入ると個々の建築群の作るでたらめの空間が現れる。美しいだろうか?いかにもNYらしいので、NYにあこがれる人には魅力的に違いない。美しさはそのもの固有の属性ではなくて、スケールによってそうであったり、そうでなかったりするのではないか?と思う。特に都市や建築の見え方は1cmから10kmぐらいまでのいろんな物差しで見えるもの。(建築は素材の肌理のような1mmより小さいスケールがさらに関わってくる) そのようなスケールの「変化」が本質的な役目をすると私は思う。スカイツリーのある東京の景色は確かにバックドロップとして、美しいかもしれないけれど、この景色から想像される醜い町並みを、イメージから切り離すことが出来ないのは私だけではあるまい。この写真で見るのとは違うスケールの「東京」を同時に見ているのだと思う。前々回東京の町並みについてのポストに対してもらったコメントへの返事になっていると良いのだが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください