FIG HARVEST on the roof 屋上イチジクの収穫

Our figs on the terrace are ready to harvest. Even in the middle of the city fruit can grow. Almost all of the roofs around us have no life on them and are barren; their only purpose is to provide waterproofing. It may be too simple a mathematical calculation but the total roof area of the buildings plus the total ground area at the streets and back yards adds up to the same area as the city. This invisible but vast area over our heads is not utilized. If the roofs were planted, an area almost the same as the original land area before the city developed will be created. In Brooklyn urban gardening has taken hold and roof top farming has become very popular, taking advantage of the large roofs of the warehouse buildings. The produce is sold at local farmers markets and restaurants. The community gardens that used to inhabit empty sites have moved up to the roof tops. In our urban “farm” the next harvest close to the figs will be the apples, we  have 3 this year.

春にテラスのイチジクの木に青い実がたくさんなっていた。そのイチジクが今熟れてきた。都心のアパートでも果物がこれほどできる。でも、見渡すと、ほとんどの建物の屋上は防水されているだけでガランとしている。当たり前だけれど、すべての建物の屋上の面積と、道路などの地表の面積を合計すると、その都市の全面積になる。地上からは見えないところに、実は広大な空間が手付かずで残っている。だから、もし街中の屋上が緑化されたら、そこが都市になる前の原始の時のと同じ面積の緑地ができることになる。NYのブルックリンでは倉庫建築の大きな屋根を利用して屋上農園を始めた人々がいるらしい。取れたものは地域農家の市場やレストランに売られる。これまで空いた敷地を利用していたコミュニティー菜園は、今や屋上に移って来てる。僕らのイチジクの隣では大きな青い実が育ってきている。次はリンゴの番だ。(……3個)

FIG HARVEST on the roof 屋上イチジクの収穫」への2件のフィードバック

  1. あなた方のブログを見つけ、懐かしく見ました。何故か心地よく読み終えたのは、スッキリとした文体、潔い意見のためかな?林檎の収穫の、ブログも期待しています

    • ありがとうございます。このような稚拙な文章でも、書くということは創造的なことだったんだ、と今更ですが感じています。これからもよろしく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください