Manhattan APPLES マンハッタン産リンゴ

This morning we found an apple that had fallen on our terrace . It is the last of the 3 apples on our Macintosh tree. There was a storm last night and it managed to wrest loose the last apple. Luckily it fell on the inside (our side) We have eaten the other 2 and they were very tasty. Eating them was such a pleasure. We watched the blossoms develop and worried over the leaves that were lost this summer. They say that this type of apple needs to be pollinated from another apple tree not from a blossom on the same tree for it to have fruit. It means there must be another apple tree somewhere and that an obliging  bee flew around with its pollen from there to here. It also means that our apple tree may have helped that tree’s reproduction. Where is it? What is it like? or maybe THEY instead of IT? Our imagination also flew around.

今朝リンゴが落ちていた。昨日強風が吹いたのだ。幸いにも手すりの外でなく、こちら側に落ちた。3mほどの木になった実の三つのうちの一個。リンゴは実がなるには交配が必要だそうだから、他にもリンゴの木がどこかにあるはずで、飛び回る蜂がその花粉を運んできたという証拠だ。ということは逆に、この木の花粉がそのどこかの他のリンゴを実らせた可能性もあるとうことだ。どんな木なんだろう?花粉は極く微小だから、その体積に比べて表面積が非常に大きい。グーグルで調べると花粉の直径は100分の数ミリだそうだから、ざっと計算して、体積あたりの表面積の比率は果実のリンゴの約数千倍ある ( 径の一乗に反比例 )。だから蜂に乗ったら直ぐに干乾びるはずで、その前に別の木に漂着しなければならない、のじゃないか?三千里は離れてないとすると、さてどこだろう?ぼくらの想像も空を飛び回った。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください