KIKU exhibition, 菊の展覧会

The Bronx Botanical Garden  is the largest one among 4 botanical gardens in New York city. ( Every borough has one except Manhattan.)  Last weekend in the Bronx we saw a lot of large trees that were damaged by hurricane Sandy; blown over, brought down in a domino effect or broken in the middle. Interestingly  the trees that are damaged are isolated; similar surrounding trees are fine, the storm seemed to pick random victims. At the garden greenhouse we also visited the annual  KIKU exhibition of Japanese Chrysanthemum arrangements. The fantastical blooms are beautiful and obsessively controlled into living sculptures.

今回のハリケーンの後初めて、ブロンクス植物園に行ってみた。ニューヨークには植物園が4箇所、マンハッタンを除くすべての地区に一つずつあるが、ここはそのうち最大。 倒れた大木や、太い幹がブッツリ折れたしているのをたくさん目にした。でも、林の一帯が被害にあったというのではなく、ありふれた一本とか二本がボソボソと散らばってやられている。たまたま、恒例のKIKU祭りを今、やっていると言うので、会場を覗いてみることにした。もし生の菊を人形に着せてあるのに出会ったら、どうしよう?……すぐさま逃げ出そう。

By the way where do you find the word ” japan” in New York the most? the economy news? sushi restaurants ? car or electronics stores?  the answer is the botanical gardens. We found many plants titled …. japonica or japanese ….., but we have never seen them in Japan. Is it like french toast that is never eaten in France? or ….

ところで、ニューヨークでJAPANという文字を一番目にするのはどこでしょう?経済紙面?すし屋?自動車、エレクロニクス製品売り場?いいえ、経済面はヨーロッパと中国のことでいっぱいだし、すし屋は中国系か韓国系。車や電気製品が日本のデザインだなんて誰も知らない。20年前なら、多少の存在感があったかもしれないけれど、今は…。この問いの正解は植物園じゃないだろうかと、ここに来るたびに思う。驚くほどたくさんの植物に---ジャポニカとかジャパニーズ---とかいう名前がついている。日本で見たことなんて無いと言うようなものもたくさんある。フランスにフレンチトーストがないのと同じだろうか?それとも、…。

This garden shop was designed by a well known New York architect J. Polshek and completed  several years ago. It sells herbal products, books of garden design,  horticulture and cooking books and  plants. It also has information, books and objects about the current exhibition; Kiku similar to the a museum shops would. It also has the largest collection of garden books in New York.

園内にはガーデンショップがあって、造園デザインや園芸の本、ハーブを使った製品、苗木などが販売されている。良く知られた建築家、J. ポルシェックによってデザインされ、数年前に完成した。この写真はその一つのコーナーにある書籍部。庭園関係の本の品揃えは、ニューヨークでは最も充実しているのじゃないだろうか?菊祭りや桜の時期などには和風の小物や本などが陳列台棚を飾る。菊の展覧会場の温室と、一緒に作られた美しいカフェもポルシェックの設計による。植物園に、これほど熱と力を入れられる理由は?どのようなメカニズムが作用しているのか?それについてはいずれ。

new green house 新温室

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください