CARDINAL ショウジョウ コウカンチョウ

A cardinal came to our terrace. The name sounds like it came from the cardinal in the roman catholic church but actually it comes from the Latin word meaning hinge or an important turning point (it is ridiculous to talk about this because this knowledge never helps to understand the bird, but…)  Other birds also come to our terrace; blue jays, robins, sparrows and finches. A grocery shop near our apartment sells several kinds of bird seed, is that why so many birds come? ( of course it is the other way around )

カーディナルがテラスに時々来る。日本では枢機卿、いや猩猩紅冠鳥 (ショウジョウコウカンチョウ )と呼ばれる。カトリックの枢機卿の赤いガウンに由来するみたいだけれど、カーディナルという言葉は元々はラテン語のちょうつがい、から転じて、重要なものという意味があったらしい。猩猩というのは中国の神話上の赤顔の猿のことなんだそうな。( こんなことを知ったところで、この鳥のことについて何も分かったことにはならないので、ばかばかしいけれど )。この辺の一般のスーパーで売っている鳥用の餌を餌箱に置いてあったのだ。二,三種類あって、2kg入りの米のパッケージほどに大きい。テラスには他にも、ハト、カケス、ロビン(コマドリの一種)、スズメ、フィンチ、などが来る。マンハッタンに野鳥が多いのはスーパーで簡単に買える餌のせいかな?( もちろんその逆 )

cardinal2

Their movement is mesmerizing. Their heads spin amazingly quickly. The smaller birds spin and flit rapidly. How come? As Darwin said the only species that survive are those which watch and protect themselves from bigger predators?   I do not buy it. Dogs have the same tendency but they don’t have the same threats. It probably comes from a kinetic restriction. If  they have twice the  body size the rotation moment becomes 4 times larger and the weight of their head becomes 8 times heavier. Assuming similar musculature between a big bird and a small bird and muscle power which is proportional to the cross sectional area of the muscle,  that means the sectional area of the muscle is 4 times larger and it is8 times  harder for a bird that is 2 times larger to rotate their head than a bird that is half the size, (4 x 8 / 4 = 8) This may explain why.
彼らの動きをみていると、いつも催眠術に掛けられたようになってしまう。鳥たちの首は驚くべき速さで回る。小さい鳥ほど、ちょこまかと素早く動く。逆に大きな鳥ほど動きが鈍い。どうしてそうなるのだろう?ダーウィン曰く、捕食者から見を守るために絶えず周りを見張る必要があって、首回りの良い種族だけが生き残ってきたのか?ほんとう?同じ傾向が犬たちにもあるけれど、彼らには天敵がいるようには思えない。じゃあ、どうして?たぶん力学的な制限じゃないだろうか。体の大きさが2倍になると、回転モーメントは4倍、回転部分の重さは8倍になる。一方、回転に使う筋肉の断面積は4倍。筋肉の組織は大きい鳥も小さい鳥も荒っぽくいって同じだろうから4倍の力が使える。と言うことは 4 x 8 割る 4 =8。つまり8倍の大変さということになる。これが大きい鳥が早く動けない理由じゃないか?…。

cardinal3

Well, I can hear someone complaining that scientists tear aprt beautiful things and make beauty as dull a thing as a machine.  I have been looking for the counterpoint to this criticism, but now I have found it. Richard Feynman who won a Nobel Price with Tomonaga (they developed their theories independently) said that artists only appreciate the appearance of a thing but scientists can see the beauty inside too at the same time. Meaning that it is the artist’s problem that they cannot see this other beauty that science can see.   His  funny and eye-opening interview  is below…
てなことを言うと、科学的な眼差しは美しいものをバラバラに分解して、自然を機械の寄せ集めのようにして、無味乾燥な物にしてしまう、という批判がくるかもしれない。これに対して、「 そんなことはないよ 」 と言う、良い反撃の文句が思い当たらなかったのだけれど、最近、上手いのを見つけた。ユーチューブの中でリチャード、ファインマンが言い当てているので紹介したい。かれはボンゴ演奏家にして、朝永さんと一緒にノーベル物理学賞を得た愉快な人( 発見は別々)。「アーティストは表面的な限られた美だけを見ているが、サイエンティストは違うスケールの美しさ見ることができる。( 審美を狭く そして鈍くしてしまうのはサイエンスの問題ではなくて、そのアーティストの問題じゃない?)」    彼のおもしろ可笑しいお話は…

http://www.youtube.com/watch?v=srSbAazoOr8&list=PL6CAEB39493D98391

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください