SPACE TESSELLATION 空間充填

Movie making is a little bit similar to designing architecture. The budgets are enormous and someone who pays for the production can’t see the final product except with sketches and limited information. The production process is also similar; a huge number of  professionals have to work together. The final product is the  result of an intensely working team with a common goal.  For a movie there are script writers, costume designers, composers, musicians, camera men, art director, actors… and the director. For architecture, facility engineers, structural engineers, lighting designers, acoustic designers, theater consultants, landscape architects, contractors … and the architect. For both groups the final product must be public work (even a project for an individual house, as it will contribute to the urban space). A big difference is that architecture does not have such fancy ceremonies like the Oscars or Cannes! Actually small works like those below exist which do not have anything to do with the things I mentioned above.  Please check this video.

映画制作は建築デザインに似ている。予算が莫大で、金を出す人は最初はスケッチや限られた資料を見ることができるだけで、成果品を見ることができない。製作過程も似ている。専門家の共同作業が必要で、成果品はチームの産物。映画であれば、スクリプトライター、衣装、美術、俳優、振り付け、…作曲家、音楽家そして監督。建築なら、設備設計、構造家、照明、音響、劇場コンサル、工事施工者そして建築家。できた作品が多くの場合、公共の財産となるのも似ている ( たとえ個人の施主のための建物であっても、それは都市空間を構成する。 ) ただし、建築ではオスカーやカンヌのような鳴り物入りの授賞式がない。まったく全然違う!もっとも、以下のような小さくて、上に挙げたようなこととは関係の無い作品もある。

As you know there is a category in the Oscars for editing. When I made the video of Space Tessellation I realized that editing a movie is an independent art form. The piece is very tiny, but making it good required huge work. You first decide the sequence, arrange the frames, time intervals/duration, figure out suitable music, cut and paste both the music and the images and make the whole thing smooth. This process repeats until the final product becomes impressive enough to transmit what you want to say. Please also visit the link below for the original version.

オ スカーで編集の賞があるのは、いかにもだと思う。前のヴァージョンのビデオを製作した時、そう思った。映画の編集は一つの独立したアート の形式 だと感じた。たった二三分しかないのに、面白く見せるのはとても大変。画像のシークエンスを決め、各フレームの動き方や時間を按配し、イメージに合 う音楽を選 び、画像と音楽を切り張り、見せたいものがキチンと見えるよう、それがスムーズに見えるようになるまで すったもんだを繰り返す。ここでついでに前のヴァージョンも 。

http://www.youtube.com/watch?v=jbn5tx5FW2I

I said that only the rhombic dodecahedron and truncated octahedron exist which fill space. I don’t know if it has been proven or not but it does not seem that someone will say someday ” I found another one!!”. Until now when looking for another type of space tessellation people assumed that the object is composed of flat surfaces. But why can’t the surfaces be warped?  then it’s a totally different story. An infinite number of space filling objects may exist.

これらのビデオの中で、空間充填できる対称性の高い図形としては今のところ、菱型12面体と切頂14面体しかないと言った。それより面の数が増える図形が無いことは証明されているかどうか?知らないけれど、誰かが、ある日発見する事はなさそうに思える。これまで、空間を充填する図形を探す時、いくつかの平面でできていることが、無意識に仮定されていた。でも曲面でも良いじゃないかということになると、話はガゼン違ってくる。幾ばくかの対称性を持っているものだけでも、無限にあるのではないか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください