Stuructural Designer on ANA,構造家 A.バーデン

Alan Burden is a structure engineer who was one of our colleagues at the construction of Tokyo International Forum 15 years ago. He came to Japan by himself to see what Japan was like, when the influx of Japanese products damaged British industry 30 years ago. Now he runs design offices in London and Tokyo and goes back and forth between each month. One of his recent projects is the Tsutaya Book Shop in Daikanyama, Tokyo.

The other day on our way back to NY from Tokyo on ANA we saw a TV program that featured him. He is a dashing British gentleman and also a very nice guy (although he looks a look a bit stern in this photograph).  He has a very good sense of humor in the British style . It is not so easy to catch  his jokes  if you do not know him very well. We wanted to tell him ” Wow! Alan, you are now a celebrity and thank you so much for giving us  those natural sleeping pills, they work perfectly over the Pacific Ocean too!!”.

アランは東京国際フォーラムの建設で私たちの仲間であった構造デザイナー。彼は数十年前、日本製品が英国の産業を痛めつけた時、日本とはどんな国なんだろうと単身で日本を見に来た。今、彼はロンドンと東京で設計事務所を運営し、その間を忙しく行ったり来たりしている。よく知られる代官山の蔦屋書店は彼の最近の仕事の一つ。

その彼を、 機内放送の番組に出演しているの発見した。先日、東京からNYへのANA便でだった。彼は本物の英国紳士で、この写真よりもずっとナイスガイ。すばらしい諧謔のセンスをもっている(ただし英国式の)。馴れないと彼が冗談を言っているのかどうか、ちょっと解らないときがある。口から思わず、「アラン, 今や有名人だね!くれた睡眠誘導薬、ありがとう、太平洋上でも完璧に作用するよ!」

  20130531_113751_2

An unfortunate misreading happened in this program. Along with his previous boss and mentor he said to the camera “ This is the only person in my life I call sisho or master” It is dead true that Alan has huge respect for this gentleman. But Alan was teasing him. The TV director read this differently and set this as one of the main concepts of the program. Their idea was: A foreigner has learned from Japan and has complete respect for the Japanese culture. This unique culture influenced and educated him and contributed to him becoming an internationally recognized figure. On the contrary I think Alan wanted to say something quite different, of course he can have only one sisho, it is impossible by definition to have two…..

彼のユーモアの不幸な誤読がこの番組制作で起こった。番組の中で、かつて彼が共に仕事をしたボスを、カメラに向かって、こう紹介している「私が師匠と呼ぶ人生で唯一の人です…」と。彼はこのボスに大きな敬意を持っているのは間違いないのは僕らもよく知っている。でも、アランはこの「師匠」を半分からかっていたのだ。厳正な徒弟制の中でこのように師匠をからかえる弟子がどれほどいるだろうか?番組制作者はしかし、字義通りに採って、次のように考えたみたいなのだ:「ある外国人がわざわざ日本に来て日本文化を学んだ。彼は徒弟制のような優れた日本文化をとても尊敬していて、今や彼は国際的に知られるようになった。」そして徒弟制をこの番組の主題の一つに組み入れたのだ。ところが実は、アランは反対のことを言いたかったのだ、と思う。

ANAtilt

He ( seriously ) thinks Japan needs more openness and diversity in its society,  personal relationships and social structures. The strict loyalty of apprenticeship narrows the diversity that their disciples can experience and sometimes encourages their abuse. According to the classical apprenticeship system,  the first thing is that the disciple must start to copy the master. Going to another teacher or school of thought is considered a betrayal.  This same structure is  seen everywhere and it’s closed mind set is hurting the entire society. I like the idea that this video tries to reinforce  self esteem and encourage people after the decades of stagnation. Teaching welcome traditions like dedication and respect to others can be very meaningful, but I do think there are different ways to activate Japan than simply admiring our own culture and being self-comforting. The program also showed that half of his staff are woman and Alan is not a classical boss at all. The program was almost there but in the end missed this point.

Later when I talked with Alan, we discussed that Japan needs more openness and diversity which can open up the rigid conventional mindset and customs, keeping good traditions at the same time.  If Allan who has a great respect for Japanese culture has a chance to read this post he will say that I over-evaluated him. This program will be seen on ANA flights for awhile and presumably other non- Japanese will be featured.

彼は(真剣に)日本が社会や個人間の関係のほとんどすべての場面でもっと開放的で、多様であることが必要だと考えている。徒弟制で求められる厳しい忠誠心は弟子から他のオプションを奪ってしまうし、時には弟子の乱用を不問にする。伝統的な徒弟像では、まず弟子は師匠をコピーすることから始まる。他の指導者やオプションに行くことは裏切りであって、その時は破門されて、新しい流派を始めるしかない。弟子も師匠の傘下で長く耐えれば、安泰と昇進が受けられる。結果、創造への努力が、閉じた集団の内部で費やされ、新しい考えが閉じ込められる。運動部や会社の後輩いじめはその極j端な例で、横柄で高圧的な先輩/上司、従順な部下/後輩のような, これと同形の構造が社会と人間関係の至る所に見られる。その閉ざされた精神構造は社会全体を傷つけていると思う。

僕は、番組が自尊心を強化し、日本が元気を取り戻して、この長い停滞を乗り越えられるように励ましたい、という番組の趣旨には大賛成。他者への尊敬や献身というような文化は誇るべきだ思う。でも、自分の文化のユニークさを単に賛美し、慰めに使うのだとしたら、それだけでは不十分なんじゃないか?何か別のしかも具体的な方策はないものだろうか?彼らの番組は、もう少しのところだったと思う。実際、番組ではアランの事務所では年功序列の気配さえないし、所員の半数は女性構造家だし、彼が伝統的な上司像とはまったく異なる人物であるこ紹介している。

到着後に、アランとメイルで話をした。もちろん彼は批判がましいごとは避る。けれど、僕らは、良い伝統は守りつつも、硬直した従来のマインドセットと習慣を切り開く開放性と多様性が日本には必要だということを再確認した。日本文化を尊敬する彼が、このブログをもし読んだら、彼のことを評価し過ぎてると言うに違いない。この全日空番組は国内便でも、しばらくの間見られるはず。その後は他の外国人の番になるのだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください