FOLDING PAVILION – big origami 大オリガミパビリオン

IMG_3975s

A half year ago we made this video of an interview from an exhibition at Fordham University in NY.  To respond to the  suggestions that ” the chat with the designers is not enough, we want to see  more of the  real work” we  made a different version focusing on just the big Origami (approximately 9ft high by 14ft wide). We are developing this as an architectural enclosure. We have been working with various materials and ways of joining, like the one at the beginning of the video. To watch the interview about how this was developed, go to the link at the end:

フォーダム大学でのオリガミの展覧会の中で行われたインタビューを半年前にビデオにしました。作者のおしゃべりはどうでもいいから、作品をキチンと見たいと いうご意見に答え、今回、その中の大きな作品、折紙パビリオンだけに焦点を絞ったビデオを作りました。音楽はインタビュー版と同じ、南アフリカのヴォラ ン。ご高覧ください。 いろんな機会を捉えて、この作品をビデオの巻頭にあるような建築的なスケールで展開したいと考えています。作品の説明は、半年前のインタビュー版を、ページ最後のリンクからごらんください。

Also please see  an extract below from the exhibition, 以下に、展覧会ポスターからの抜粋。

“ What comes to mind when you think of Origami? Probably insects or birds made of folded paper. Given a piece of paper, you can fold it into small triangles and figures come to life. For many of us there is an “aha” moment as we watch a two-dimensional sheet become a three dimensional object. What will happen if this piece of paper is combined with another to make a larger sheet? This new sheet cannot be folded into the insect or bird any more. You cannot even make two birds attached. The original paper is uniquely appropriate in size to create those objects.  ( You can, however, double the size of the first piece of paper while retaining the proportions, but after all it will be exactly the same bird, only larger. ) What are the criteria that allow you to combine an infinite number of sheets of paper and still fold them? The patterns must have mathematical laws or rules behind them that define the physical manipulation of the material. These rules, of course, will be abstract, but they will become visible in the folded pieces. Symmetry, one of the abstract concept/elements of the high mathematics underlying the folding art, becomes visible through the folding of the paper. In other words, the abstract becomes physical.”

折り紙というと、鳥や昆虫の形を思い出します。正方形などの紙を細かく折ってゆくわけです。仮にこの正方形にもう一つ正方形を継ぎ足してみたらどうなるでしょうか?そうすると もう元の動物は折れなくなります。元の正方形がその動物を折り出すのに過不足なく適当な大きさだったわけです。(もちろん二倍の大きさの紙で始められるけれど、結局全く同じ形の鳥になるだけ…。)では、2枚、10枚…100枚…と無限に繋いでいっても、破綻なく折り畳める性質を保つにはどうすればいいか?そのためには元の紙の山と谷の折れ線のパタンにその可能性が内在していないといけないわけです。そこに何か美しい法則が現れてこないだろうか?そしてその数学的な法則は目に見える美しさになって現れてくるのではないか?紙がペッタリ平らに折り畳めるということは当たり前のようだけど、これは私たちの住んでいるこの三次元空間の性質を如実に反映してるからに他なりません。紙を折る事ができるという事実は(大げさだけど、)この宇宙の構造を直接に反映しているといってもいいかもしれません。展覧会より

Link to the interview version :  インタビュー版へのリンク :

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください