Snug Harbor スナッグハーバー 文化センター

P1000453Cr

To be honest Staten Island is very far from Manhattan. We visited Snug Harbor Cultural Center which is located on the Manhattan side of Staten Island for a site visit. We were there to walk though an auditorium for a proposal of expanding the back stage areas.

The complex was originally founded to take care of retired sailors and was then turned into a cultural center which accommodates two auditoriums, museums, a children’s museum, a farm, a botanic garden…. There is a green house and a beautiful Chinese garden which is totally authentic, built in China and reconstructed in Staten Island. The building we were visiting is like a folly within the botanical gardens, and is the second oldest musical hall in NYC after Carnegie Hall.

率直に言ってスタッテン島は遠い。仕事でマンハッタン側の端っこにあるスナッグハーバー カルチャーセンターに来た。音楽ホールの舞台裏を拡張するという仕事のプロポーザルをするため。退役した船乗りたちの面倒を見るための施設として創設されたけれど、今はオーディトリウムと美術館がそれぞれ二つ、児童館などの複合施設になっている。温室もある。美しい中国庭園は、中国本土から来た本物。僕等の建物はその一つでニューヨーク市ではカーネギーホールに次いで古いのだと言う。

The Unique thing is that all of these facilities are located in a  large botanical garden similar in size to the Brooklyn Botanical Garden. The classic Greek style buildings that house auditoriums and museums are laid out in a line facing the sea. It is a gorgeous view but unfortunately there is no space to stand back and see them from afar. The sea is right in front of them, and a industrial shipyard is on the New Jersey shore directly opposite. So people approach these wonderful buildings from the butt end and sneak into the auditorium with only a sidelong glance of the façade. If they arrive by car that it is no problem, but so sad. They come and sit on the theater seat quickly before their expectations rise too high and then grab the car wheel right after the curtain call without enjoying the lingering memory. Why not stroll in the garden under the full moon? The work of adding to the back of house for the auditorium is very small but it is addicting to think it could transform the entire garden and cultural complex into a different dimension.  Are we bluffing?  Why can’t  it?

ユニークなのは、それらがブルックリン植物園と同じくらいの大きな植物園の中にあること。そしてその中にギリシャ寺院のような古典建築のファサードを持つオーディトリウムと美術館の数棟が正面を海に向けて列に並んでいる。とても壮観なのだけれど、惜しいことには引きがない。寺院群の前は島の端を走る道路を挟んで直ぐ海、そしてその先は造船所になる。島の中心はこの施設の背中の方向にあるので、島の人々はもっぱらこの寺院群のお尻の方からアクセスする。なので演奏会に来た人々はこの壮観を体験することなく、オーディトリウムの正面をチラッとみただけで入場することになる。島の人は車が大好きなので、これで不足はないけれど、何かもったいない。期待感の盛り上がりもそこそこに席について、興奮の静まりもそこそこにハンドルを握ることになる。庭園へ向けて月夜の下、そぞろ歩きは余韻を楽しむのは絶好なのに…。舞台裏の拡張は小さい仕事だけれど、これを加えることで施設群と庭園全体を別の次元にトランスフォームできないだろうかと考えている。大風呂敷にもほどがあるって? 僕らは まんざらそうでもないと思っている。

P1000474

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください