Open House NY オープンハウス ニュ-ヨーク

theather

DiMenna Center for Classical Music: completed last year
去年完成した、クラシック音楽専用ホール、貸リハーサルスペース

On October 12th and 13th many buildings in New York are opened for public viewing. There are 230 locations and if you mark them on a New York map, it is dark with the points. Some of them are normally closed to public; spaces like the back house areas of theaters and private residences. The collection spans from historic buildings to contemporary cutting edge design. A non-profit group has organized this event for 11 years. In the early years many locations were not so crowded, but now it seems very popular so that some sites require reservations and for a fee you can be whisked to the front of the line. We found that many locations where reservations were required filled up very quickly. This may explain why we did not see their beautiful brochure which they used to publish. This time I decided to visit 3 easily accessible sites with my friends.

Their idea is to promote a greater appreciation of the city’s buildings; broaden public awareness of architecture, engineering and design; educate and inspire discussion about design excellence, planning and preservation showcasing outstanding new works as well as those of historic merit. Are there any other cities which have this kind of event to educate people about urbanism and architecture? Chicago is well-known for its architecture tour which is very popular and they have great pride in their distinctive buildings.

10 月12日と13日、年に一度、ニュ-ヨーク市内の建物がたくさん一般に公開される。普段は入れない劇場の舞台裏や個人邸、歴史的建築から最新の現代建築まで、いろいろ。その数、230箇所。目の前に地図を広げて、ポイントをマークすると点だらけになって地 図が黒くなると言う感じ。このイベントはあるNPO によって運営されていて、今年で 11年目になる。初期のころは、それほど込んでなくて、どこへでもかなり自由に入れたのだけれど、このごろは良く知られるようになったせいか、人気が一気に 高まって、どこへ行っても列がてきているし、予約が必要だったり、有料だったりする。その予約もすぐ一杯になる。かつてはしっかりとした美しい案内本が手 に入ったのだけれど、おかげで今はやめてしまったようだ。今年は友人たちが一緒に行こうと、3箇所訪ねるスケジュールが組まれた。

このNPOの目標は市民に都市の建築環境を楽しく体験してもらうことで、市中にある優れた建築デザインに気づいてもらい、それらの例によって広 く市民の意識を啓発することだと言う。都市計画や保存運動についても考 えてもらおうという趣旨。他の都市でもこのようなイベントをやっているところはあるのだろうか?NPOがそんなことをするのはピンとこないかもしれない……特に、建築設計が 「 理系の技術 」 だと思われている国柄や、都市の環境・景観が「自然の成り行きで」できるものだと思われているところでは。ちなみに、現代建築の秀作が集まっていることが良く知られているシカゴでは、建築ツアーが人気で、ビジネスにさえなっているらしい。一度はク ルーズを体験してみたい。

Morton Loft: A tank from a oil truck is hanged and converted to a bed room. モートン邸; 室内に古いタンクローリーのタンクを吊り下げて寝室にしている

Morton Loft: A tank from an oil truck (?) is hung and converted to a bedroom.
モートン邸:室内に古いタンクローリーのタンク(?) を吊り下げて寝室にしてしまった

On Sunday morning, I decisively rode my bicycle north to the first spot. I was worrying whether I had missed being  the first in line but strangely,  there was no one in front of the entrance, and none of my friends. I wondered why this spot was so unpopular and I waited for 30 minutes. There wasn’t even the faintest sign of it opening and no one came, so I decisively road down south to the next stop, an auditorium. Again there wasn’t the crowd that I anticipated. The receptionist had no idea about Open House NY at all. As a matter of fact, yes, the photos here were all taken by one of my friends.———- They said they went the day before.

当日の朝、一番目のスポット目指して、マンハッタンを自転車漕ぎにて大北上。一番乗りは逃したかと危ぶんだのだが、不思議なことに、予想していた人集りがない。待ち合わせた友人どころか、誰も来ない。ここはそんなに不人気なのかな、と思いつつ、待つこと30分。やっぱり玄関の開く気配さえない。仕方なく次のポイントへ向けて、今度は大南下。こここそはと思っていたのだが、やっぱり誰もいない。受付にイベントのことを訊いても、何のことだかサッパリの御様子。そうゆう次第で、実はこれらの写真はその友人から後で送られてきたもの。――― 彼らは一日前に行ったんだそうな。

広告

Open House NY オープンハウス ニュ-ヨーク」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中