Faculty “Spot Light” スポットライト展

P1000802s

Fordham is having a “spotlight” gallery exhibit of faculty, 3 members of the visual arts department were selected…a film maker, a painter and an architect. We wondered how they would be combined and surprisingly it all works. It is always interesting to juxtapose architects and artists work. For architects it is a bit like showing the workings of the machine, the drawings, models, and renderings are all part of explaining a final space but they can never really capture it. Even photographs of the completed work do not give the full story. You really have to visit the place and experience it. Our exhibited objects are just a representation of the real building but not a complete piece, not like a painting or a video which are the final product. What a huge disadvantage!!, it is so hard to bring a completed building into a gallery.

フォーダム大学で、ビジュアルアート学部の展覧会、「スポットライト」が行われている。今年の展示は学部の教師陣の中から映画作家、画家、建築家の3人。狭い空間にどうやってぜんぜん種類の違うアートをうまく収めることが出来るだろうかと考えていたけれど、結果はまずまずになったと思う。逆に色々考えさせられた。映画の展示物、画家の展示物、両者とも、完成した一つの作品で、これ以上も以下もない。ところが、私達の展示物は、実際の建物の見本や説明に過ぎない。建築作品を実物無しで、図面や模型、写真で見せるのはほとんど不可能だといえる。なんという不公平!

P1000

As designers we go back and forth between representation and the real product and reconstruct the building in our brain, but non- architects may not be able to do that (we are not sure when we were taught this ability or if it is why we became architects). This may be similar to musicians who can listen to the music with just a score. (we mentioned the similarity of designing architecture to movie making, but in a sense architecture may be closer to music!) An extensive exhibition of Le Corbusier’s work was recently exhibited at MOMA. It included full scale mock ups from some of his projects but unfortunately they failed to represent the real spaces; but it is inevitable because it is like hoping the audience will enjoy the full piece of music from just several fragments. We challenge museums to find a better way to enable viewers to feel and understand the real buildings.

専門家としては、いつも実物とその代表に過ぎない図面、写真、模型、説明文などの間を行き来しているから、実物無しで、ある程度を頭の中に再構築できる。音楽家が楽譜を見ただけで音楽が頭の中に流れるのとちょっと似てるかもしれない。(以前、設計のプロセスは映画制作に近いかもと書いたけれど、ある意味では建築は音楽芸術に近いかもしれない!)。けれど、一般の人々にはどれだけ実物を感じてもらえるか?…ちょっと怪しい。偶然にも現代アート美術館MOMAコルビジェの大規模な企画展がこの前あったけれど、会場に実物大の部屋がいくつか作られていた。残念ながら、実際の感じを再現するのには、ほぼ失敗していたと思う。でもそれは当然のことであって、聴衆に曲のスケッチや断片を聞かせて、全体の音楽を楽しむように求めているようなものだから。それでも、さらに野心的な展示を美術館やギャラリーに、試みてほしい。

P1000803s

As a matter of fact you may not need to see the real buildings. We often say it is disappointing, the photos were much better than the reality. So even if we try to take good pictures of our own work by ourselves, we find out later that we should have asked a professional photographer to take them. Speaking of photos being better that reality, at the opening we met the lead actor in the film that was shown… Mr. Frankie, much better in reality than in the film, take a look for him in the photos (carefully perched)…

もっとも、それじゃあ実際に建物を体験するしかないのかと言うと、そうでもないかもしれない。実際に建物を見に行った後で、写真のほうが良かった、ということがよくある。だから、私たち自身の作品は専門家のお世話にならずとも自分で撮れると思っているけど、実際に写真家の写真を見ると、ヤッパリさすがだと思い知らされる。ともあれ、コロンバスサークルの近くに来られたら、是非ご来場を。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください