Vals the Swiss life ヴァルス温泉 スイススタイル

This post is a continuation of our last post about our visit to Italy. Como is very close to the border of Switzerland and has always been a node for the passage through the Alps. It was a good chance to visit Switzerland, although this place Vals is very far from Como located deep in the mountains remote from any local Swiss city.  From Chur we took a 40 minute train ride and then a bus up the mountain on a winding narrow road. The route is too narrow for two cars to pass. It is hard to believe that a  famous icon of modern architecture is at the end of this mountain road.

今回もイタリア訪問の続き。コモから足を延ばしたスイスから。コモはアルプス越えをする要所で、スイスの国境まですぐなので、いい機会、といっても、ここ ヴァルスはスイスの山奥、地方都市クアーから電車とバスを乗り継いで2時間。車が対向できないほどの谷間の細い道をいって、その果てに現れる温泉村。この 2時間も、この先に温泉町があるとは信じがたいような道のり。日本では真っ先に過疎になるような山奥の山奥。ズントーのデザインした温泉施設がある。

20140319_182104

Vals is a hot spring village. Among several hotels there we stayed at one which has the spring and bathing facility designed by Peter Zumthor. The building is very nice but also the level of architecture  in this remote village struck us as extraordinary. For example the residential buildings were not designed by Zumthor but they are very nicely done and attractive. It is not overly commercial and does not try to be too fancy. The houses around the hotel also attracted our attention. The traditional design is respected and extended into contemporary house design. There are no gaps between the  tradition and the contemporary. These photos show just a few examples.

村にはホテルがいくつかあったけれど、僕等は湯元を持つ唯一のホテルに泊まった。その目当てのズントーのデザイン には目を見晴らせれたけれど、むしろ地域の建築文化の高さに打ちのめされた。たとえば宿泊棟はズントーの作ではないけれど、温泉にありがちな安っぽい高級感がまるで無く、とても上品。温泉施設の周りにあった住宅に注目!(すばらしい出来とは言えないかもしれないので、良さが写真では伝わりづらいけれど) 伝統が最先端の現代建築へと連続して現代のスタイルに繋がっている。これらは一例に過ぎない。日本では伝統的な家屋と一般的な近代の住宅、そして建築家のデザインによる住宅の間にそれぞれ大きなジャンプがあるのに。

P1010737s

Enjoy the beautiful view of the mountains and sky, and have a massage. Massage? click the image to expand it…
美しい空と山を眺めつつ、マッサージを受ける。マッサージ? クリックして拡大すれば…

P1010730s

A small house near the spa building. It looks like it came from a current trendy design magazine but the design has something in common with the next farming shed. It respects the tradition and context making a continuity between traditional and contemporary style.
小さな住宅。最近の建築雑誌に載ってそう。大窓は居間で細長い窓はキッチンか?次の写真とデザインが繋がっていて、昔の建物と現代のデザインとが違和感なく連続している

P1010731-3

The building which has red shutters is in the typical Swiss house style.  The dark wing is clad with wood timbers like a traditional Swiss house. The  box which appears to accommodate the living and dinning areas ( see the other side) looks like an addition of exposed concrete formed with real wood forms and large aluminum window openings. They carefully choose the new materials and form instead of just mimicking the existing style by just replacing it with new products. That may be why these 3 generations of style fit well together aesthetically.
赤い窓のある建物は母屋で、スイスでよく見かける典型的な住宅のデザイン。黒い部分は木の板張りで、この地方の昔からある伝統的な作り。近所の建物は大体こんな感じ。反対側から撮った写真から察して。前にある箱はキッチンと居間らしい。木目の残った型枠を使ったコンクリート打ち放しの外壁、そしてアルミサッシュの大窓で構成された現代的な増築。伝統的な作りを真似て、単にパーツや材料を流行の製品に入れ替えたデザインではなく、新しい材料とそれに合ったデザインを吟味している。だから、これら3世代のスタイルが自然に、調和して繋がっている。

20140319_182132

looks a little bit deteriorated but it reminds us of the origin/source of modern house design in Switzerland
少しくたびれているけれど、数十年前のスイス現代建築デザインとの系譜が感じられる。

We crossed the Alps all the way from Italy to see a building which is internationally well recognized, but after all we were more impressed by the architectural condition in the cities and towns. There is an incredibly high quality of design for daily life. They are all generic, you will find this quality almost everywhere, so we hardly see reference to these signature buildings. Probably they are too generic for publishers. For the local people this quality and way of life is taken for granted. It seems very natural than that Zumthor’s design was built amidst this life style. It is not only the story at Vals.  These Pictures are taken from the train around Chur on the way to Vals.

イタリアからはるばるアルプス越えをして、スイスへ来たのは、出版物を通して良く知ら れている建物を実際に見たかったからだけど、それよりも、町々や村々のあり方そのものに一番驚かされた。日本や米国では考えられない質の高い建築と住宅、そして都市の有りようがある。おかげで目当ての建物の写真はほとんど撮らずじまい。スイスの建築デザインは、質実だから日本や米国の出版物を賑わさないけれど、とても質の高いデザインが至るところでごろごろしている。底辺(と言う言葉が適 切かどうかは疑わしいけれど)が非常に高いレベルにあって、人々はその高いレベルが維持されることを当たり前のこととして、生活を楽しんでいる、と言う印象。そんな生活を送っている人々の村でズントーの建物が出来るのは、ごく自然なことに思える。それはヴァルスに限らない。以下はヴァルスへ来る途中の経由したクアーのあたりから。

P1010742s

This was taken from the train on the way to Vals. A factory but the exterior is wood cladding!! It looks like it is from a design magazine.Who would assume this quality for a factory.
道中の車窓から見つけた工場の建物。だけれど、外壁は木の板張り!!建築雑誌に載っていそう。誰がそんな質を工場に求める? 巨大なサインやコンポジションにもセンスが伺われる。

P1010747s

This is also a factory. again it looks like it is from a design magazine.
これまた、工場。建築雑誌に載ってそうな感じ。

combined

Amazing glass roof at Chur, intermediate size local city. The bus terminal is sitting above the railway station.
クアー駅のバスターミナル。この下は線路。小さい地方都市なのにこのガラス張りのドームの気張りよう。

P1010688s

At Chur, a generic apartment building not trying to be eccentric but pretty.
クアーの町を歩いていて、見付けたアパート。奇をてらわないけど、質が高い。美しく、良いものを作ろうとして骨を折っているのが伺える。ほんの一例

 

P1010643c

Wow what is this? cool looking buildings everywhere. Who pours such energy on this facade facing a train operation yard ?
あ、これはなんだ?と言うような、かっこいい建物がごろごろ。列車操作場に面する裏側でさえ、建物を魅力的にしようとする工夫がどちらの建物にも伺える。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください