Functionality? in Luzern 機能性?ルサーンより

P1010644s

This building at Luzern is a complex made up of of an auditorium, art museum and… designed by French architect Jean Nouvel. It is located right on the shore of the lake …which is the center of the city and the most prestigious location. Unfortunately there was a conference going on and we could not go inside. The auditorium acoustics were designed by an acoustic engineering firm which we used to share an office with in NY. We should have brought their recommendation but, too late. We had lunch at one of several restaurants in the complex. It has a nice view but looked like self serve and inexpensive, though when we looked at the price I was unsure if we could choose a dish. It seems they give a tour, but you need a reservation and more fancier than we thought. It includes architectural guide, dinner at the restaurant and watching performance at the hall.

コモからの日帰りでスイスのルサーン(ルツェルン)に来た。目当てはフランスの建築家ジャンヌベールがデザインした建物。コンサートホール、美術館、その他レストランなどといっしょになった大複合施設。ルサーンはスイスのこじんまりとした, しかし主要な都市のひとつ。ヨーロッパで最も有名な音楽祭の一つが毎年ここで開かれ、世界中から人々が集まる。建物は湖の岸の上、町の中心の最もプレステージの高い場所にに建っている。あいにく、コンファレンスをやっていて中は見られず。ホールの音響設計はかつて、いっしょに仕事をしたりしていた事務所がをやったので、彼らの紹介状を持ってくれば入れたかもと、悔やんでみても後の祭り。レストランには入れるから、そこで中を観たこということにしよう!と言うことで、レストランで食事をした。いくつもレストランが中にあったけれど、ここはセルフサービスだから、安そうだし、それいて、ちょっと高級に見えた。広場に面して湖の眺望がある。レジの前まで来たときには、外国人にはつらいスイスの物価水準を再確認。建物のツアーもあるけれど、予約が必要らしいし、建築を見せるだけでなく, デザインの説明、レストランでの食事、コンサート鑑賞がパッケージになった文化・エンターテイメントの一大ツアーだから、それこそ費用が掛かる。 20140318_152619

The building is very interesting. We know this design through many publications but it is so different to experience it in reality. The humongous roof really floats above your head without supporting columns. You understand it through the images but never get the full experience from them. It creates a huge overhang that works as a shelter. The canopy is even extended over the water. The space is so open yet still gives a sense of protection. Shelter may not be a good word because there is no enclosure to protect you, it is just a roof. This crazy roof is also working as a marquee for the concert hall and the gesture is the focal point of the city, announcing “this is it”. The design is functioning as the cultural center of the city. Is the purpose of this design for aesthetics or function? Probably this question no longer sounds appropriate.

建物のデザインはとても面白いと思った。数ある出版物で良く知っていたけれど、実際の空間はそれらからは経験できない。途方もなくオーバーハングしている屋根が本当に頭の上にある。柱も壁の無くて、まったくのオープンな外の空間を感じるのに、同時に屋根の下に守られている感じがする。建築家なら誰でも考えるアイデアだけれど、経費の有効利用を考えるまでもなく、この大きさのオーバーハングは初めから選択肢の中に入らない。コロンブスの卵なのだけれど、その効果は絶大。このオーバーハングは建物の外部ロビーもしくは前庭広場として機能していて、人々がここに集まり、開演前の気分を演出する。そして、そのデザインはここが町の文化の中心であることを強く印象付けている。町の大看板として機能している。この効果は美的な装飾なの?それとも建物の機能なのか…?この問いは今はもう適当ではないのではないかと思えてきた。

We have been thinking that the talk about “functionality” is obsolete. We hear criticism that a building has poor functionality and we actually use that word but I doubt it is one of most major goals for architects nowadays. I mean we no longer think there is a dichotomy between “function” and “beauty”. I recall someone said ”I want to build something very functional first and then make it humbly beautiful”. Is that really possible? Some beautiful surface can be added and cover up something functional? Dichotomy is a good way to analyze something by making clear your idea, lighting up something undivided in your brain, but it is also a trap, your thought is restricted to one way and cannot be detached from that way of thinking.

機能性という言葉は時代遅れになってきたのではないかとこのごろ感じてきている。機能性に欠けているという批判は今でも良く耳にするし、デザインの現場でも良く使われるけれど、建築家の最も大切な動機かというとけれど、疑わしい。美と機能という二項対立でもう考えなくなっているように思える。ある人が、「私は機能的なお家をまず建てて、そのうえで、ちょっとだけ美的にしたい」といっていたのを思い出す。とても気の効いた、まともな考えのように思える。ほんとうにそうだろうか?美しさとういうものが、まるで「機能」の上に被せたように、取り付けられる「おまけ」のように聞こえるけれど、本当にそんなことができるだろうか?

Think about a pencil. Where did that form came from? The Hexagonal section fits your hand very well and the length is not too long or too heavy. Is this produced just by aiming at functionality? The first designer I guess picked this form from among an infinite number of possibilities. The simple form has a complete beauty. Can this form be generated by aiming at just function? I do not think it is possible. Even if you try, you cannot avoid your esthetic sense. I think giving a form to an abstract function requires your sense of beauty because the function itself cannot take any form. In other words you can build something functional but it does not determine the form. You still have thousands of choices. Only bad design and good design exist. Human products cannot be detached from beauty. After all only beautifully functional or ugly functional objects exist. If you are trapped by the obsession of dichotomy between functionality and beauty, you often hear the excuse; “Forget the beauty (that is additional stuff) we do not have the money for it“.

鉛筆を考えてみた。あの形はどこから来たのだろう?六角形の断面。太すぎでもなく細すぎもなく、指の間にピタッと収まて、持って字を書くのに長すぎもせず重過ぎもしない。これは機能性だけを求めて出来た形だろうか?最初に考え出した人はいろんな可能性の中からこの形を選んだのではないだろうか?シンプルなあの形には完成された美しさがある。仮にまったく機能性だけを目指して鉛筆を設計できるだろうか?僕達の経験では、そうは行かない…機能だけでは形にはならない。そのつもりでも自分で知らないうちに魅力的な形を作ろうとしている。どれほど機能的にしても選択肢は無限にあるから、それだけでは形にならない。どんな設計者でも仮に審美的な目を完全に切り離して物作りをしようとしても、まず、できないと思う。結局、世の中には美しくて機能性のあるものと、醜くて機能性のあるものが存在しているだけだと思う。(もちろんこの他にどっちにせよ機能性の悪いものもあるけど)。機能と美の二項対立の観念に取り付かれていれば、お金がないときに真っ先にこの「おまけ」をやめればいいじゃないかと言うことが起こるのは、当然。

nice and Interesting housing. very near to our target building. This area does not look like the center of the town  面白そうな集合住宅。ホールのすぐ近く、町の中心のようには見えない。

While visiting at Luzern we thought about another thing. Who requires music to be functional? Music does function (lullabies, war chants, marches, even opera?) Music is for fun but instead architecture is not for fun, it is to support the musical performance. Architecture cannot appear to be fun as its direct priority, only after satisfying the support of the music, function first then fun as an addition. Is that fair? If so why does architecture have to be functional first? Why can’t architecture pursue the same goal music pursues, which is not ONLY function.

ルサーンのホールを見て、ついでに、もう一つ考えたことがある。音楽に機能性を求める人がいるだろうか?音楽には機能がない。ホールで音楽が聞かれるのは人々の楽しみのためなのに、そのホールの建築デザインは音楽演奏を支援するのが第一で、人々の楽しみに直接訴えることは機能性の後に「おまけ」としてしか求められない。音楽に求められることが、同じように建築にはなぜ求められないのか??不公平じゃない?音楽と同じゴールを追及してはいけないのか?機能を満たして、その後でお化粧するという考えがまともになったのはいつからだろうか?そして、建築を批評する際に判で押したように機能性が貧しいことが述べられるだけて、決して「この建物は美しくない」とは批判されない。そうなったのはいつからだろうか?そんな時期が果たしてあったかな?

Are our ideas above just architects’ jargon? Maybe. Anyway since did not see the inside of the building we walked around the area. Actually we needed to see the hosting city around our target building to understand it. Knowing we were going back to Como soon, it was a brief check. This is a mixed use housing and shop complex, one of the buildings which attracted our attention. It is located in the center of the city but does not look so. In the end what we were impressed with is how this hall functions for the city it is located in.

ここで考えてみたことは建築家のたわごとに聞こえるかもしれない。そうかもしれない。 ともあれ、目的の建物の中に入れないので、この周辺をブラブラ歩くことにした。これらの写真の建物や町の様子はひどく興味が引かれた。大都市の中心なのに、日本のような商店やビジネスだけに偏ったようには見えない。人々が市井の生活を楽しんでいる様子がみえる。建物を擁している町を理解しないで、その建物単体をうんぬんするのは意味が無いように思えた。結局、最も印象づけられたことは、このジャンヌーベルの建物がこの町に対して素晴らしく機能しているということだった。だからここでも、彼の建築の写真はほとん ど撮らずじまい。

P1010655

P1010653s

Library. no time to go in. quiet and simple.( next one too)  図書館、中を見る時間なし。地味だけれど良さそう。(次の写真も)

P1010646

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください