Derailing 脱線

P1010660

Not from our tour, but here is a detour from our story so far about Switzerland. Please focus on something under his shoes; ……paper. This seems to be the Swiss standard. Below is another sample. This must be Swiss manners.
と言っても、この旅で訪ねた「都市や村の話」からの脱線。スイスの列車の中で目にした光景について。彼の靴の下にご注目。次のは別の列車でみた例。新聞が敷かれている。こうするのがスイス式なのだろうか?他にも見かけた。

P1010673c

20140318_183851c

Oops! this is the Japanese way, although it is not considered good manners. If the socks are fresh  it is not a problem, you know, just bad manners. Queen Elizabeth 2nd visited Japan a couple of decades ago and showed her toes for the first time in public, when she took off her shoes to step onto the tatami floors ( which you are supposed to do) They reported there was no holes in her socks, nothing about how fresh…
おっと、これは日本式。良いマナーとは言いつらいか?しかし、あの例の問題さえなければ、だれも迷惑はしないでしょ?(ところで、エリザベス女王がはじめて日本に来たときに、茶室に上がるときに、世界で始めて、つま先を公の場で見せたそうな。穴は一つもなかったそうだが、あの問題にはコメントなしだった。)

In the US I have  seen neither of these. This reminds me of one of my friends who came from Japan and adopted the American way. After all she was demonstrating her deeply felt idea that manners are not your philosophy: “how you should live”, but something you can take off when you are in different situation. Anyway have you noticed any glass in our uploaded photos from  Switzerland so far? Many of them were taken  through windows. You do not notice that the glass is so clean. Some people say it is too much  and nerve wracking to take so much care and see that everything is maintained so perfectly all the time. When you cross the border to Italy you see it is totally different. Our friend living in Como said that Italians love older things, maybe even a little dirty. Well、 you may feel the history and more relaxed in Italy. He may not be a bad loser.
さて、米国ではどうかというと、どっちも見たことが無い。日本から友人の一人がニュ-ヨークに訪ねてきた時、靴も脱がず、新聞も敷かず、米国の標準を器用に採用していたのを思い出す。彼女にとって、マナーは生き方の問題では無くて、周りの習慣に合わせるだけの相対的なものであることを、結果的にデモンストレートもしていた。ともあれ、スイスのきれい好きの国民性には目を見張るものがある。お気づきだろうか、今回までの写真の多くは車窓から撮ったものだけれど、ガラスがまるで無いかのように写っていない。常にピカピカにするのも、またそれが維持されているのを目にするのも、返って疲れてしまうのじゃないか?という気もしないでもない。ちなみに、イタリアとの国境を越えると、これがガラッと変わる。コモの友人曰く、イタリアは古いもの、少々汚れているものを愛するのだそうな。そうか、なるほど、イタリアのほうが確かに少し落ち着くような気がする。彼の説は負け惜しみでは無いかもしれない。

P1010752

Why are Swiss people so concerned with their environment and  make such an effort to keep the country beautiful?….Let’s end up the issue of  this visit  by  quoting another example. Can you see the tall tower of the electric power line at the center of the photo? If not please blow it up by clicking on the image. The tower is painted green to mask it within nature. In the US you may find a similar treatment but it is not consistent. An unpainted metal pole could be right next to it. In japan? I am sure there is no consideration about this, although many people argue that power lines should be located below grade instead as they make the city ugly.  I personally think that just wiping out power poles from the streets is a good start but it is a scape goat . We need to do more than bury the poles to keep our cities beautiful. The  Swiss care for their countryside is a representation of something more fundamental.

After many derailings from Lake Como , we came to the end,….. thank you.

スイスの人々が綺麗なだけで無く、美しい環境を作ることに如何に腐心しているか?別の例を挙げて、今回の旅の話しを終りにしよう。上の写真、中央に送電塔が立っているのが見えるでしょうか?クリックして大写しにすればわかるのだけれど、美しい景色を邪魔しないように、塔が緑色で塗られている!ちなみに、米国でも緑の送電塔を見たことがあるけれど、その隣に金属色のが立ってたりしていて、気まぐれ。さて、日本ではどうか?イタリア式でも、スイス式でもアメリカ式でもないから、たぶん日本式があるのだろう…。さて、どんなだったか?たしかに、都市景観への関心は高まっていて、通りに立つ電柱が町の景観を醜くする、と仇のようによく言われる。(景観という言葉は、表層だけを云々しているようで、とても軽薄に聞こえる。) 電柱の問題は、どうしたら都市を良くできるかを考えるのに良い出発点だれど、スケープゴートにされているように思える。スイスの送電塔のあり方はもっと本質的なものの現れだと思う。

コモ湖から ここまで、脱線に次ぐ脱線を重ねてきたけれど、やっと終点に… ご清聴に感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください