Teatro Pregones プレゴネス劇場

P1020624

Today we came to the Bronx Pregones theater to see street performances. We arrived to the huge sound of salsa music- impossible not to dance to it. The event started with a bagpiper-we just missed him. We happened to find this event from a flier given out at Lincoln Center Out of Doors last weekend where we saw another musical event. We found Pregones in tiny letters in the list of venues. This time of year in NYC there are many free outdoor performances, almost everyday somewhere in the city. Concerts and operas in Central Park, dance instruction or out door concerts at Lincoln Center, you name it. This program at Pregones is one of them. The stage (on the asphalt) and seats (folding chairs) were set in the middle of the street. It was a block party- the whole street was converted into an amphitheater for an event titled as  La Casita; with poetry, music and dance. The performances dealt with language from many countries although many of these professionals were from the Bronx and stressed their relationship to it. We learned how to Beatbox ….saw some amazing flamenco dancing and heard Canadian first nation poetry.

戸外音楽イベントがあると聞いてブロンクスにやってきた。主催するプレゴネス劇場に着いたときはサルサの大音響の只中。聴き逃がした最初のグループはバグパイプのビッグバンドだったらしく、バグパイプを抱えて帰り道へ向かうユニフォーム姿がいっぱい見えた。このイベントは先週、音楽の殿堂リンカンセンターの催す夏の戸外音楽フェスティバルを見ていたときに、案内パンフレットのたくさんあるイベントのリストの中から偶然見つけたものだ。ニューヨークの夏は毎日のごとく、市内どこかで無料の戸外プログラムが行われている。セントラルパークの芝生コンサートやオペラのシリーズ、リンカンセンターのコンサート、ダンス大会…。このプレゴネスのイベントもそれらの一つ。ラ・カッシ-タと銘打って、前の通りが野外劇場に変えられた。通りを塞いで即席のステージ(アスファルト製)ができて、観客席(折りたたみパイプ椅子製)が設けられている。歩道の上には、大スピーカー達がころがる。移民してきた人々のいろんな国の言語で演じられているものの、ブロンクスという土地に縁のある音楽が演奏され、詩が読まれる。中にはカナダ・インディアンの詩や呆気に取られるような迫力のフラメンコもあった。すべてプロ達。

Pregones is famous for Latino music and theater but it brings a very wide range of music types to the South Bronx. On our last visit we heard experimental music based on John Cage and the current works of John Zorn performed by a string quartet (therefore full of dissonances). There was a piano solo transcription of The Fire Bird by Stravinsky which we missed. New York city supports arts and cultural organizations and many theaters which are actively working to raising our cultural awareness . For this outdoor program  Pregones is working with Lincoln Center . But why do we focus on Pregones so much? In fact we are working for Theatro Pregones designing a space for the organization right now. Today’s performance started around 1 pm and ended in the evening. We understand New Yorker’s noise tolerance is incredibly high but it is amazing how the whole residential neighborhood enjoyed the vivacious sounds.
プレゴネス劇場はラテン系の音楽と演劇で有名だけれど、実際に劇場が普段に催す音楽のジャンルは非常に広い範囲にわたっている。以前来たときには弦楽四重奏団がジョンケージの直後あたりから、最近はジョン・ツォーンの作品を演奏していた(だから不協和音の連続)。そして、その前はストラビンスキーの火の鳥のソロピアノ版が演奏されていた。ニューヨーク市はプレゴネスのような、活発に活動する団体、劇場、稽古場などを応援して来ている。このプログラムではプレゴネスがリンカンセンターと企画を協力しているということらしい。それにしても数あるなかで、なぜ私たちがこの特定の団体に注目しているかって?実は私達は今、プレゴネスの増築の設計をしているところだから。
1時から始まって、終わったのは夕方。ニューヨーカーが常耐えられる音のレベルは異常に大きいとは思っていたけれど、住宅地の中で、この大音響の騒ぎに苦情どころか、大いに楽しんでいたのには感心する。

Teatro Pregones プレゴネス劇場」への1件のフィードバック

  1. I know the space you design will be beautiful. Thanks for the wonderful reminder of New York’s street festivals — I loved them when I lived in New York in the early 1980s. Great to hear that they are going strong.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください