Origami Hepburn hat (continued) ヘップバーンのオリガミ帽子(続き)

At the Easter Parade some people questioned ” Where did the hole in the center of the heat come from? You cut it off after finishing folding right? “……a very good question. As we have been saying the hats are made of one sheet of folded paper, …. yes this is a cone, like the left one in the picture below. It becomes totally flat but the edges are continuous. Unlike a sphere, doughnut or saddle this surface does not have a bulges or any torsion. It is curved but flat and the layers of concentric circles that fold back and forth are similar in form.

前回の記事で、イースターパレードをしているときに質問があった。「帽子の中央の穴はどこから来るの?おりあげた後で切り抜くんでしょう?」… なかなか鋭い。オリガミでできた帽子は一枚の紙から折られてできているのだけれど、実は下の写真左側のような円錐状の紙からできている。押しつぶせば平らになるのだけれど、端が繋がっている。この面は球やトーナッツ、鞍点等と違って、膨らみや、捩れがない。曲がっているけれど、正真正銘の平面、平坦な面と言うことができる。

_MG_6392

Our Easter hats are all folded this way as a cone and the pinnacle was pushed up and down as shown in the model above. We designed the hats to generate a spiral with the identical folding patterns at each level. The direction of the sweep is all in one direction, but the folding pattern of each layer can be switched to the mirror image in the middle of the process (the rotation direction can be flipped from the right hand to left hand and vise versa). The rule that I adapted of having 6 lines converges at a vertex gives total freedom for folding which makes the folding condition very flexible.  In the case of 4 lines converging it is not like this, the folding  condition between layers is not independent.

By the way, the central axis of the cone does not have to be aligned. Every layer can be pushed off center or  pulled up with a different axis like the model below.

イースターパレードに使った帽子は上の写真のように、このコーンの細っている部分を中に折り込んだり、また出したりすることでできあがるバージョンだった。上のモデルは最も簡単なコーンとその折り返しを繰り返したもの。各層がお互いに相似形になっている。オリガミ帽子になったときにスパイラルを描くように、回転方向をすべて同じにしたけれど、反対方向に回転してもあって も折が成立できるように見える(換言すれば鏡映パタンが含まれていても)。6つの線が交点に集まる線の数が6であること、4つの場合と異なり、折れ方の条 件を決定的に自由にする。4つの線の場合は、各層の間で折れ方が独立に決められない。

ところで、中心の軸をまっすぐのままに保つ折り返しではなく、以下のモデルのように、ランダムに折り返しをすることもできる。

_MG_6393

The lines on the paper are from recycled paper, not folding lines. 表面の線はリサイクルした紙にたまたまあったもので、折れ線にあらず。

This looks difficult to fold. what about the next one below?  Looks totally impossible. Is it really so? every flipped surface is a flat curve, which means you do not need to stretch the paper to fold it. So I think we can call this ORIGAMI too.

これは折紙にできるだろうか?ちょっと無理そうに見える。もしこれが可能なら、次のはどうだろう。これもコーンの先を入れたり出したりしてできている。本当に無理だろうか?しかし、もしぺしゃんこにならなくても、それから各面は曲がっているけれど、平坦だから、紙を伸ばさずに折れる。だから折り紙といって良いんじゃないかと思う。

_MG_6394

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください