City Greenery 都市の緑

IMG_5715c

These photos were taken last weekend when we were invited to a roof terrace on a high-rise in Manhattan. You can see a lot of roofs that are utilized as terraces in Manhattan when you use the Google satellite view but pedestrians cannot find these roof terraces they are so high up. They are privately owned or they are shared roof space for the building dwellers. Even so this amazing roof top environment is quit rare. Luckily at one time there was a zoning requirement that buildings step back to allow light down to the street level, and many exterior roof areas were created. That is not the case today, but on the older buildings you can see the overflowing greenery.

グーグルの航空写真でみればわかるように、屋上が庭園になっている建物がマンハッタンにはたくさんある。それは通りを歩いていて判るものもあれば、とても高いので通りからは伺い知れないテラスもある。それはビルの住人なら誰でも利用できる共用のものや個人占有の庭だったりする。いずれにしても人々が如何に屋外生活を毎日楽しんでいるかが良くわかる。その数は文字通り5万とあるものの、利用されない屋上はそれよりはるかに多いから、ざっと見れば東京とさして変わらない。しかし、注意して見れば、屋上テラスがいたるところにあることに気がつくと思う。この週末、あるアパートに招かれた。そこはマンハッタンの30階弱の高層ビルの屋上にあった。この環境にはマッハッタンと言えど、さすがに驚かされる。

IMG_5719c

Untitled-1

Do so many roof gardens mean that New Yorker’s love plant life and nature so much?  Central Park and the many planted public squares are not enough? Moreover, New York also has many green courts and back gardens in the rear of the buildings. Actually they are invisible from streets and the hidden courts quite often have surprisingly large trees living there.

大都市ニューヨークは他の町に比べ緑が少ないので、屋上さえも使いきろうということなのか?それでもセントラルパークや小さい公園を合計すれば東京より緑の量は多いと思う。もし皇居が朝から晩まで何時でもピクニックできるような自由な場所になればなあと思う。互角になるかもしれない…。東京は日本では指折りで街路樹の豊かな町だけれど、ニューヨークに比べたら格段に少ない。ニューヨークに限らず、住んでみたいなあと思うような都市は、ほぼ例外なく緑が豊かだと思う。

green belt on the left hand is a street, right hand is rear part of lots. the zoning code generates this clear continuous rear garden applied the same way to every building.左側の緑のベルトは通りの街路樹。右側は住宅の裏庭。建物を境界線から一定距離して建てる法規なので、各戸の裏庭が寄り集まって、意図せずに大きなベルトになる。

The green belt on the top is the street, on the bottom is the rear portion of the lots. The zoning code generates this continuous rear garden for every building. 上側の緑のベルトは通りの街路樹。下側は住宅の裏庭。建物を境界線から一定距離して建てる法規なので、各戸の裏庭が寄り集まって、意図せずに大きなベルトになる。

PICT0808c

The space beyond the property line is visible from the street as this is a cemetery. 建物の代わりに墓地になっているので、ここでも隣との境界の付近の空間がよく見える。

Quite often the small streets in Manhattan are covered with a canopy of large trees, which almost form a tunnel. People living on the streets seem to love this atmosphere, none asks to trim them. After the Sandy storm a lot of trees were torn down and blocked the street, but not a single tree was thinned to reduce the future damage from falling trees and branches. They seem to understand it is common sense that humans need an environment with trees and plants to make the city more livable and desirable to inhabit. In Tokyo they know that greenery can create a better atmosphere but they do not often use their roof spaces or plant large trees on the street. Why? Is it because the people of New York have a fantasy or nostalgia for the European landscape that does not exist in Tokyo?

それは本数だけでなくて、一本一本の木が大きいことにもよる。ニューヨークにはトンネルのような通りがいたるところにある。住人はそれを大切にしていて、それが切られるようなら、どこでも反対運動がおこるにちがいない。表の通りからは見えないけれど、建物の裏側にも通りと同じぐらいの大木が生えている。日本はニューヨークよりずっと暑いのに、木陰がずっと少なくて、どこもカンカン照りなのはどうしてなのだろう。台風が来るから?でもそれに耐える樹種を研究すればどうだろう?人工的に倒れにくくする工夫がされてもいいではないか?陰気になるのが問題ならば、枝の透いた樹種を選べばどうだろう?そうすればしょっちゅう剪定をして小ぶりに維持するよりよっぱど安く済むとおもうのだが…。実際、桜が剪定されないのは上のような理由ではなくて、「たとえ毛虫に悩まされても、花見の後の木陰が暗くなってても、桜ならば大きくても良い」という観念のためだじゃないだろうか?同じようなイメージを他の木にも当てはめたら、どうだろう?

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください