Fox Parade @ Tokyo 王子狐の行列

IMG_1839S

A friend staying in Tokyo sent us these photos that she took  of the festival parade at Oji-Inari shrine on New Years Eve. It was a surprise for us as we hardly ever stay in Tokyo at this season. You can join the parade if you put on a fox mask and wear a kimono. The parade starts 30 minutes before the new year begins and you march to the shrine. It does not matter if you are serious about this pagan ritual or not. They say a group joined with costumes, handmade masks, music and dancers a few years ago. Well, shall we join it with our newly designed origami kimonos like we do at the Easter Parade In New York?

東京に滞在している友人から写真が送られてきた。北区の王子稲荷神社の狐祭りの様子。私達は毎年大晦日のころは東京を不在にしているので、こうゆうお祭りがあることはついぞ知らなった。年の明ける30分前に稲荷神社へ向けて行列が始まる。狐の面と着物を着ていれば誰でも飛び込みができるらしい。信仰に篤かろうがなかろうが、関係ない。数年前の行列で、あるグループはこのイベントのために音楽を作曲し、それにあわせて振り付も、装束や面も自作して、楽しんだそうな。それなら私達も来年は、オリガミの帽子を付けて毎年参加するイースターのパレードのように、オリガミで着物を作って参加してみようか?

DSCF0177_Sc

Where did so many kimonos come from? Every kind of kimono, from night wear to visiting dress to formal dress. Lovers of traditional dance and tea ceremony? They probably found this is a great opportunity to wear a kimono in modern life. これだけの着物が東京のどこにあったのだろう。寝巻き?から、訪問着、正装までさまざま。彼らは茶道か日本舞踊の愛好家? 着物を着られる機会が無いもんだから、そうゆう催しがあったら、この時とばかり、東京中から集まった?

Once upon a time, they say,  people worshiped the fox because they would catch that mice which eat the rice; the main crop. This agrarian idea became very popular among commercial businesses  several centuries ago as they believed that foxes bring prosperity as the messengers of the gods. For some reason the fox is an ambivalent figure, they are sometimes harmful to humans and sometimes friendly. The parade evokes something mystical. The mask is spooky, but also even humorous. This ritual stopped 70 years ago at the last war but local people have now revived it. The shrine seemed well maintained when we walked through the grounds last year, but very quiet without any activity.

大昔、ねずみを捕食する狐が祀られて、土着信仰として定着したらしい。それが江戸時代には商売の神の使者ということで流行ったそうな。狐のイメージは 昔から善悪両義的で、邪悪にもなれば神の使者にもなるということになっている。だから、パレードの様子が何かエソテリックな感じがする。面からしてなにや らユーモアもあるし、不気味な感じも漂ってくる。大戦後このお祭りは途絶えたのだけれど、十数年前に地元有志によって再興したのだという。日ごろの神社は、キチンと世話をする人がいるようだけれど、私たちが秋に境内に入った時はひっそりとしていた。

DSCF0186_SS

By the way do you notice the color of the bluish light  in the background? This is a good example of our last post . ところで、背景の照明の色が、前のポストで書いたような典型的な青さの実例。

We hear “respect of local traditional culture” very often but what message does that give us? I have to think about it. This is almost a buzz word as a counter idea against modern inhuman civilization. Is this message so obviously true? Can we be so sure this parade was organized simply following this idea? Activating the local community has a practical commercial benefit and takes advantage of the fox ritual -or people want to feel something transcendent which has been lost? Maybe neither…

「地元の伝統文化を大切にする」という表現を良く聞くけれど、一体この主張はなにを意味するのだろうか?考えてしま う。なぜそうすることに意味があるのか?今や近代文明への反語として、流行り言葉にさえなっている。原則的に反対する人はいなくなったようだけれど、この主張は本当に自明なことなのか?このお祭りの再興もそのように一口に言ってしまうことができるのだろうか?何かそれだけでは済まされないものがあるよう に思える。文化復興の効用面「町おこし」のために狐が担ぎ出されたのだろうし、失われてしまったものへのノスタルジーもあるかもしれない。古代人が感じたような超越的な何かを感じたいということが背後にあるようにも思える。いやいや、それらのどれも精密ではないだろう。

DSCF0146_Sc

Our friend was visiting Japan with her architectural students to show them Japanese architecture when she found the information for this parade. Her students saw many modern designs as well as the historic cities like Kyoto. She had quite a sure idea what to show them beyond the typical tourist spots.

We always talk about what to recommend to visit in Japan for our friends who are architects, and find it a challenge. They want  to see contemporary design first, Japanese cutting edge design is one of the most influential trends although they also want to go to Kyoto too.  Temples and shrines are beautiful but the entire cultural background  for these buildings is also very important to think about in architectural  design.

この友人は教えている学生数十人を連れて日本に来ていた。地下鉄に乗っているとき、このお祭りのことを、たまたま知ったのだという。これから各地の現代建築を、そして同時に京都や日光を案内して廻るという。建築学生たちに何を見せるべきか?観光目的ではない、きちんとした考えがあるらしい。
外国から建築家の友人たちが来るときはどこに行けば良いか、話を交わすことがしばしばあるけれど、たいてい、なかなかの難儀をする。当然、今の建築 が彼らの一番の関心ごとなのだ。今や日本の現代建築の先端は世界中で注目されている。けれど、京都へも行きたいという。現代の建築を見るだけではなく、その文化的背景全体を知ることが建築を考える上でとても大切だから。

DSCF0205_SS

end point of the parade, Oji-Inari shine  行列の終点、王子稲荷神社

I envy the continuous history of art in the west. Artists has been trying to create a differentiation from the previous generation and prove their raison d’être. Though after all their art is still a continuum from the Greek era. On the contrary Japanese art (architecture, and general culture too) had a huge discontinuity at the Meiji revolution 150 years ago. I observe that many people have been having trouble to reconcile between the two eras, myself included. Modern Japanese architects hardly get any inspiration from temples or try to compose a transcription of them. We had a chance to design a new temple, but our contemporary design was refused in a second. The priest employed the design of typical classical facade  3m deep copied from a book and pasted on a “functional” concrete box. It will take a long time to conclude about the meaning of traditional culture in art, for sure.

欧米では昔のアートやデザインから現代のそれらまで、うらやましいほどに連続している。芸術家たちは前世代とは違うことをしようと躍起になるのだけれど、結局のところ大きな連続体の中に居る。日本の建築(そして芸術一般)はどう考えても、維新前とその後には大きな断絶があるようにみえる。多くの人がその間を繋げて見ることができない、ように見える。現代の建築家がこの稲荷神社にインスピレーションを得たり、そのデザインを編曲したりすることはまず無い。以前、お寺の新築プロジェクトをやりかけたことがあるけれど、現代にお寺の精神を生かしたデザインは門前払いをされた。住職の採用したデザインはお定まりの「お寺」を「機能的」なビル建築の正面にペッタリ貼り付けたもので、伝統的お寺とビルがドッキングしたような奇形だった。今日を生きる中で、伝統の意味について結論できるのは遥か先のことになるように思う。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中