Easter Parade 2016 イースターパレード

_MG_6706S

Here we are on the avenue…for the annual Easter parade. It was wonderful sunny warmish weather and lots of people were out and about. This year we introduced a new line of “circular” hats and remodeled the “Audrey Hepburn” from last year. Always fun to see the reactions and be part of a New York ritual.

今年もイースターのパレードに加わろうと、このアベニューを歩いている。すばらしい天気、まずまずの陽気で人でいっぱい。今年の折り紙帽子は去年からのオードリーヘップバーン型に加え、同心円型の新ラインをご紹介。今年も大変な反響。

_MG_6687S

The folding lines of the new model are circular so some people may have a problem calling these hats origami. Although you can extend the traditional definition of origami a little – “origami is formed from a flat sheet by only folding without any cutting in principle”. We made joints to make the folding  easier, but  if you have extremely fine fingers, special tools  and the right paper product, you do not need any joints.  The new model  is composed from a cone which is “mathematically” flat or 2 dimensional, or curved but not warped. As a matter of fact the “Audrey Hepburn” is also a cone before folding, like the new model. The two new circular models are slightly different. Can you tell the difference?

今年の新ラインは曲線の折パタンが使われている。毎年折り紙帽子をいろいろ試してきたけれど、ここまで来ると折り紙とは ちょっと言い辛いような気もする。曲面が入っているけれど、それでも一枚の紙を折るだけでできている。伝統的な折り紙の定義をちょっと拡張しさえすればよい。制作上の技術的な理由で、継ぎ目があるけれど、無限に細い指と道具、それに特別製の紙があれば継ぎ目は必要ない。今回の新モデルは円錐面を折曲げて作られている。それは数学でいう二次元的に平坦な面で、ウォープしていない。実は去年のモデルも円錐からできている。今年の曲線モデルの二つの帽子は微妙に形が違うのだけれど、さてどこが違うか?(3つ の去年のモデルも折りパタンがそれぞれ少しだけ違う。)

_MG_6709RS

We were often asked how to make the hats. We explained the procedure, but I guess it does not satisfy their curiosity, but it is so difficult to explain how we came up with this form. First we have a vague idea of what pattern is fold-able mathematically and what the final shape will be. But that does not mean it will be beautiful and interesting.  Imagining the final form we modify within that idea and make several test pieces. We tried not to mimic the traditional hat this time. If you emulate the classical form it easily becomes elegant and understandable. Although we are doing folding why not explore the design mathematically? Why not let the mathematics drive the design and have the hat be a byproduct? It may unexpectedly be very beautiful but we do not want to lose the sense of a hat.. to balance them was difficult.

毎年、みんなからどうやって作るのか質問を受ける。一連の作業のプロセスを説明するのだけれど、たぶん彼らが本当に知りたいのは、どうやってこの形に辿り着くのか?ということかもしれない。でも、それを路上で説明するのかなり難しい。まず、どのようなパタンなら折ることができて、どのような形に折り上がるかという数学的なアイデアが最初にある。しかしそれだけでは必ずしも面白い形にならないので、出来上がりを想像しながら、そのアイデアの中で自由にできる部分を変えてみる。そして、数個の試作品をつくる。今年のラインは、帽子であることは守りつつ、できるだけ、既成の帽子の形にならないようにしている。これまでの帽子を思い出させる ようにすると、比較的簡単に違和感のない優雅な形にできる。けれど、せっかく折り紙でやっているのだから、もしそうでなかったら思いつかなかったような異形ができあがるのじゃないか?しかしそれでも帽子の雰囲気は失なわないようにする、その辺のバランスが難しい。

_MG_6710S

Thank you models! it was not our intention but they are from Austria, Poland, China, Washington and Canada; so New York…モデルの皆さんありがとう。意図したわけではないのに、彼女たちの出身はオーストリア、ポーランド、中国、ワシントン、カナダからで、いかにもニュ-ヨークらしい。

広告

Easter Parade 2016 イースターパレード」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中