Pregones Theater-2, プレゴネス劇場その2

This year we are here in Pregones theater again where every year they have a spring music event series. We are connected with them as we are designing an addition to their support facilities and back of house. Their specialty is Latin music but for these concerts they often introduce contemporary western music. They have a program in conjunction with Carnegie Hall, which presents concerts in all 5 boroughs of New York City. These days Carnegie Hall presents not only western classical music but also many other genres of music. This year Carnegie Hall staff introduced the show. Two years ago the well known Jack Quartet performed performed here at Pregones as as part of the series and this year  Mivos Quartet came.

今年もプレゴネス劇場へ来ている。毎年この時期、春のシリーズが始まる。私達はプレゴネス劇場の改造計画に携わっているので、縁が出来ている。プレゴネスはラテン音楽をもっぱら得意としているけれど、この毎年の春シリーズのオープニングには西洋現代音楽が演奏されるようだ。それというのもプレゴネス劇場はカーネギーホールと提携をしているからだろう、西洋クラシックの音楽家が来る。カーネギーホール自身もクラシック音楽以外のコンサートにも力を入れているようで、今回もカーネギーホールのスタッフによる演奏の紹介から始まった。一昨年は現代音楽ばかりを演奏するのでよく知られているジャック四重奏団が呼ばれていたし、昨年は、ミボス 四重奏団が来ていた。この地では現代音楽のコンサートやリサイタルが昨今の東京よりずっと頻繁に行われてるのではないだろうか?なにやら、広く聞かれるべきだという使命感のようなものを感じる。

Untitled-2

Before each piece they gave an introduction and explanation about the work and unlike the typical classical music concert it had a casual atmosphere. (To be honest there wasn’t a good shutter opportunity this time so these photos are actually from last year, the Michael Mizrahi group). Quite often classic pieces are inserted in between music that is more challenging and experimental to listen to, but I could not find any “easy listening” music this time, except maybe a piece by Philip Glass which might possibly already be considered classic.

演奏の前には曲の説明があって、クラシックのお定まりの硬さがなく、砕けた雰囲気があった。(今回は シャッターチャンスに恵まれず、ステージの写真は実は昨年撮ったMichael Mizrahi 達の時のもの。)現代音楽をもっと広めようという企画だから、たいていは親しみやすい古典作品が幾つか客寄せに差し込まれるのだけれど、今回は何もなかったようだ。フィリップグラスの曲があったので、それが「古典」ということだったのかもしれない。

P1030731

A friend who is a young composer of contemporary music says it is not so bad if 30% of the seats are filled. ( He organizes many concerts and finds donors to pay for musicians and spaces.) This concert was a good example of that.  According to market theory concerts of contemporary western music will evaporate with this minimal support, so what is preventing it from happening in this kingdom of market theory? It is a very interesting question isn’t it? Who are the financial supporters? Aren’t there comparatively fewer rich or generous contemporary classic music lovers than for other types of music? Possibly yes. We are not categorized as either generous or rich, or even contemporary music lovers, and we do not like the almighty of market theory but we are always looking for music which moves us.

知人の若い現代音楽の作曲家によれば現代音楽のコンサートでは席が30%埋まれば、まずまずなのだそうだ。(会場や演奏者にはキチンと料金を払わないといけないから、コンサートを数多く企画する彼は毎回、寄付金集めに走り回っている。)今回も、この数値からすると、ま ずまず「盛況」だった。市場原理に従えば、このような儲からない企画は即座に蒸発してしまうに違いないのだけれど、この原理の王国で、なにがそれを食い止 めているのか?非常に興味が沸いてくる。どこから金がでるのか?現代音楽愛好家の中には気前が良い人や、金持ちの聴衆が多いのだろうか?私たちといえば、 そのどちらでもない。愛好家とさえ言えない。けれど市場原理万能が好きじゃないし、聞いたことのない感動的な音楽をいつも探しているものだから、ここに来 ている次第。

P1030733

We are finding though that our ears like following the code imprinted in our brain, so that coming to a concert is like a lottery. Probably visual arts also has the same tendency. It is a good opportunity to look at architecture objectively from the outside for us. Comparing music and architecture is very interesting, some areas are of course totally different but some are very similar. We had hoped to have a chance to chat with the musicians in the lobby after the performance but unfortunately they did not emerge from the back of house. Too bad we really do want to open up our ears!

もっとも、私たちの耳はすでに脳に刷り込まれたコードに沿うのが好きなのだということは十分承知している。故にコンサートは当たり外れが大きい。それは、たぶん建築のような視覚芸術に当てはまるのではないか?私たちにとっては現代建築を外から批判的に考える良いきっかけになる。建築と音楽とを対比すると、全然違うところと、良く似ているところとがいろいろあって、とても面白い。去年はコンサートの後、ロビーで作曲家や演奏家と話しをする機会が有って、とても良かったのだけれど、今回は演奏家たちは楽屋から出てこなかった。視野(聴野?)を広げたかったので、とても残念!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください