DAMDI features our proposals コンペ案出版のお知らせ

Our competition entries from the last few years have been published by DAMDI. In total 57 architects are featured in 370 pages in large format. Our 7 projects take 21 pages of the book so that we can introduce just a small portion here. The book  is too big for a normal book shelf and heavy, but please take a look if you find the DAMDI book,”Panel Layout for Competition” at a shop.

私達の作品がダムディ社から出版されることになった。この数年間に設計競技に応募したプロジェクトから7作品が載っている。総370ページの分厚さに世界中の57建築家のパネルを集めていて、私達の割り当て分はそのうち21ページ。とうてい全部をここに載せられないので、仕方なく、抜粋を以下で紹介。買うのは大変だし、仮に買っても本棚に納まらない大判サイズ。 もし書店で”Panel Layout for Competition” を見かけたら、開いて見てください。

 

Daegu Library ダエグ図書館

new PanelLayout-1 new PanelLayout-3The public park in front of the site is designed as an undulating lawn with multiple mounds that extend into the library. The upper floors of the library appear to float above the park. The public library and public park are continuous and the design explores a number of experimental approaches to generating new libraries (and parks) through excavation. The  traditional function of archiving is buried in an undulating mound.

敷地前の細長い公園に小山の集まりを置いて、公園がゴルフ場の芝生のマウンドのうねりで出来ているようにする。このうねりを図書館の内側まで延長して、まるで図書館が公園にふんわり着地したように見えるようにする。図書館内と公園を文字通り地続きにして、新世代の図書館の使い方・あり方を発掘しようというアイデア。これまでの図書館の伝統的機能と蔵書の多くはこのマウンドの中に収められる。

 

Bamiyam Cultural Center バーミヤン文化センター

new PanelLayout-6 new PanelLayout-5Across the valley, the building overlooks the site of the big Buddha statues that were destroyed a decade ago. Our objective for the cultural center is to provide a counterbalance to the missing statues by providing a multi-purpose community center, art center and focal point for tourism. The main structure intervenes gently into the existing hill, and creates pockets of tranquil and harmonious spaces, similar to the vernacular courtyards of Bamiyan.

破壊されたバーミヤンの大仏が遥かに見える丘の上に、町の復興のために文化施設を建てようという計画。ユニセフの後援。私達の提案は建物を丘の上にくっきり見せて大仏と対照をなすようにしながらも、この地方の乾燥した土地の一部のようにも見える建物を砂の上に置き、地面の起伏と建物の間に一方は囲まれた空間、もう一方は町に開けた空間ができるようにして、町を俯瞰しつつ、そこに落ち着いた時間が流れるようにしようというアイデア。

 

Sofia Cultural Center  ソフィア文化センター、

8-9Preserving the structural frame of the original 20th century structure, a new translucent origami skin presents a contemporary facade that also controls the light within the exhibition areas. At the ground level, the activity inside is completely transparent.  New vertical circulation will introduce a new roof top public space.

古い建物をそのままにして、オリガミのような外皮を被せることで新しい表情を与えつつ、展示場に差し込むコントラストの強い外光を和らげる装置としても使おうというアイデア。さらに、一階は大幅に透けて見えるようにして、活動の様子が通りから良く見えるようにすることと、新しい垂直動線を差し込むことで、これまでとまったく違う新しい命を吹き込もうという提案。

 

Floating Bridge 浮橋

new PanelLayout-10Old recycled pontoons will be laid in parallel with a membrane connecting two rows, which were originally part of a bridge in lake Washington.  Our objective was to create a public water front for swimming comparable to the lake whose relatively warm water is surrounded by private beachfront. Relocated to the cold waters of Puget Sound, with sunlight warming the water above the membrane, the pontoons form a virtual beach that will also generate electricity based on tidal power. The “energy beach” will serve as a public swimming park accessible to all.

湖に浮かぶ浮橋を架け替えして、使われなくる古い浮橋を再利用しようというもの。湖から海に流れる川を伝って旧浮橋を海に運び、中央で折って平行に並べて、その間に膜を張ろうというアイデア。膜の上は太陽の光で暖められて、冷たくて水浴に適していなかった海でも泳げるようになる。湖の周りに別荘を持てない大多数の都市住民も海で水遊びが出来ようになる。さらに、海の大きな潮の満ち引きで浮橋を上下させて、そこから発電しようという提案。

 

 

Wind Garden 風の庭

new PanelLayout-11Round sheets of glass float in a pond, creating serene mirrors against a backdrop of ripples revealing the effect of wind on water. The mirrors open up portals into the depths of the pond that bring in images of the surrounding landscape, revealing the garden as well as the wind.

小池の水面にガラスの円盤を浮かべて、その上に回りの景色を写し込もうというアイデア。さざなみの立った水面は回りの景色を反射しないけれど、さざ波の起こらないガラス盤の部分だけは鏡のようになる。池にはあたかもたくさんの円い透明な穴ができる。しばらくそこに立っていれば風の存在も「見え」てくる。

 

Water Bottle Garden ペットボトルの庭

new PanelLayout-12Disposable water bottles are re-purposed as wind mills, and inserted into a landscaped garden, reacting with the wind and creating an auditory dimension as well as a visual accent as “wind flowers”.

ペットボトルで出来た風車を大量に花壇に差し込んで、それだけで見ごたえのある庭園にしようというアイデア。庭園全体が風に反応して、ある時は静かに、またある時はざわざわと話しかけてくるだろう。

These 6 projects reflect our design philosophy. We  do not believe in the conventional split between architecture and landscape, and in all of our work seek to integrate them into a holistic unity, with plantings, water, wind, concrete, steel, and glass as aesthetic and functional equivalents.

他にもまだコンペ作品はあるのだけれど、この6作品でさえ、ある傾向が目に見えてきて、我ながら面白い。これまで決まりでは、建築と造園は違う世界で、それぞれの専門家が別々にデザインすることになっていたけれど、私たちは自然と人工物を一体になったものとして考えたい、そうすれば別の世界が現れるのではないか?植物、水、風とコンクリート、鉄、ガラスを等価に自由に使って、これまでになかった空間・環境を作りたいと願っている。

広告

DAMDI features our proposals コンペ案出版のお知らせ」への1件のフィードバック

  1. Hi Hiroki and Sandy
    I love these projects! They are so interesting and beautiful.

    Here’s a photo of my garden this week.
    Love
    Anne

    Sent from my iPad

    >

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中