Transform to Duplex メゾネットに変える

We have just finished a project to combine upper and lower floors of adjacent apartments using a void and staircase in an east midtown Manhattan apartment. The biggest challenge was the staircase which connects the two floors. We thought this might be a good application of ORIGAMI. The folds are 3 dimensional and turn back and forth to create the treads. This is quite different from the typical idea of folding to form of a staircase, where the steps and treads are all continuous to create a zigzag shape when viewed from the side. That is structurally rigid but there is no visibility through the staircase when you move up the stairs. Our design of a folded ribbon allows more transparency as you traverse the stair.

ニューヨークのミッドタウン、アパートの11階と12階をつなげてメゾネットにするプロジェクトを最近終えた。中でもチャレンジだったのは床を抜いた後につける階段のデザイン。何とかオリガミのようにしたいと思っていた。良く見かけるのはイナズマ型階段と呼ばれ、 踏板と蹴込板(登るときにつま先が当たりそうになる板)が繋がり、これが上から下まですべての段が繋がっていて、横から見るとイナズマが走っているような恰好をしている。でもこれはもう使い古された形で、面白くない。自分が上っているときは蹴込板に遮られて視界ゼロ、透明感がない。

Our idea was to bend a long strip of steel plate into zigzags that are in the opposite direction from the typical ones. As the result all the verticals are eliminated and it is very transparent. The continuous ribbon of steel is like the fabric streamers that gymnasts use. It is completely cantilevered from the wall so the support is a mystery. How to support the load? It will be up to the readers imagination. It is heavy steel.

今回、上下の段の間を繋げている蹴込板をなくして、側面でつなげることで行く手方向に透明感を出そうといアイデアを思い付いた。その結果、下から上まで一枚の細いリボンの「入ったり来たり」が出来上がる。オリガミから少し遠のいたかもしれない。けれど、体操競技のリボンにも似て、階段がハタメクような感じになった。両側の角が折れ曲がりで丸くなってるところにご注目。これは実際に折り曲げる加工でできている。さて、どうやって空中に浮かしているか?は読者に想像してもらいたい。そんな羽衣のような儚い感じとは言え、1cm厚の鉄でてきているので、一段でさえ一人で持てる重さではない。

Spatial continuity is everywhere, there are no partition walls. Frosted glass divides the bathroom from the bedroom, bringing abundant sunlight from the east windows. The staircase and void provide a continuous connection between the bedroom at the upper floor and the living space downstairs.

アパートには内壁は一つもなく、上階の寝室も、階段、吹き抜け部と一体になり、下階にまで空間が連続している。浴室と寝室の間は曇りガラスでできていて、寝室を経て差し込む外光を最大に取り入れている。

It used to be that New York families moved out to the suburbs when they expanded, but these days many families try to keep living in an urban setting. Their lifestyles are changing. This market requires multi-bedroom apartments that are very expensive. Re-selling concerns require architects to combine two adjoining apartments into one large apartment with more bedrooms. As a matter of the fact the owner of this apartment just wants to keep living here not because of accommodating family members, but because of the amazing view, the terrace and the location. This combination is not the adjacent apartment but the one above… very special.

かつては家族に子供が加わって、個室が必要になると、郊外へ引っ越していたのが、このごろは都市内に住み続けようという傾向がでてきた。ライフスタイルが変わってきている。そのような需要が大きくなってきているので、個室がたくさんあればあるほどアパートの値段がウナギ登りになる。その方が再度売るときに高く売れるので、隣のアパートを買って、つなげてしまうプロジェクトを最近よく目にする。もっとも、このアパートはそのような家族構成の変化に対応するためではなく、純粋にこの場所に住み続けたいという住み手の意志によるもの。隣ではなく垂直方向に繋げられたということも、珍しい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中