City Greenery 町の緑 

Sometimes we are impressed by people’s respect for trees. These photos were taken on Park Avenue in New York City. Scaffolding like this is often seen in Manhattan to create a safe walkway for pedestrians during construction. There are often trees taller than the scaffolding which peak out above the roof but this is different. The branches are sticking out from the advertisement for this new construction.  The trees look like they are around 10 years old or so and the panel is arranged to wrap the branches so carefully.  It looks like an art piece. The simple feeling that they do not want to cut down a tree resulted to the creation of this “ art”. Is it witty, and nice?  This reminded me of IKEBANA or “ flower arranging ” where the flowers are supposed to be cut and stand artificially on KENZAN or hundreds of spikes to keep the flower straight. But these trees are all alive so in fact you cannot call it Ikebana.

人々がどれほど緑を大切にするか、時々感心させられることがある。この写真はパークアベニュー横切っていて、とったもの。ニューヨークでは歩道の安全を守るために、工事をやっている建物の直下に仮設の足場がたいてい架かっていて、街路樹の頭の部分がその上からつきでているのをよく目にする。ここではその仮設足場の壁を建物の案内に利用しているので、木々の枝がこの白い幕から突き出ている。樹齢は10年あまりだろうか、枝を巻くように注意深く幕が張られている。なんということもないのだけれど、アートのようにも見える。枝を切りたくないという気持ちが結果として、こうゆうことになっただけだけれど、意外で面白い感じがする。巨大な生け花のようにも見える。生け花は不自然にも、根がすべて切り取られて、ケンザンの上に唐突に突き立てられることで成立している。もっともここにある木たちはすべて根があるから、生け花とは決して言えないのだが…。

 

On the contrary sometimes, we are shocked by how easily trees are cut down only because it is going to be an obstacle in the way. The photos below are taken when we were walking in front of Oji shrine (this is a different shrine from the Oji Inari Shrine we did a post for, but located nearby). Probably the age of this tree is more than 100 years, so the city could have registered it as a restoration tree. This reminds me of UNESCO’s world heritage cities. Many local bodies are applying to obtain this registration because they will have a totally different future than those that are not registered as world heritage sites . Registered trees will get people’s attention, for this tree though it does not matter if  it was registered or not.

反対に、邪魔になった木が、すっぱり切られるのを見つけてアッとなることがある。下の写真は東京の王子神社( 前に載せた王子稲荷神社とは全然別、でもすぐ近く ) の前を通り過ぎたときに、たまたま見かけて撮ったもの。樹齢は100年以上だろうか、これだけ大きなクスなのだから、区の保存樹とかなんとかに指定されていなかったのだろうか?世界遺産を思い出した。指定されると、されないでその遺産のある町の運命が決まるので、各地で指名獲得運動が盛んらしい。指定される前と後で、その大切さは、変わらないはずなのだが、指定されてないと全然気に留められることがない。

P1040692

after  アフター

Untitled-1

after !  アフター !

氷川神社

before !!  ビフォー !!

The photo above was taken a year ago when the tree was still alive. The neighborhood still had a relaxed atmosphere despite it being a major node at Oji Station and the city ward hall. Probably these woods of the shrine contributed to the atmosphere, not just that there is less traffic and building density. Using a small path from inside the shrine you can walk down to the promenade posted in this blog. You will see Oji station right there. Luckily this ginkgo tree seems to be registered.

上の写真は1年前にまだこの木があったときに撮ったもの。この辺一帯には、区庁舎や王子駅があるのに、それに似つかわしくない、のんびりした雰囲気で満ちている。建物の密度や交通量がかなり小さいためだろうか?王子神社とその鎮守の森がそこにあることも効いているに違いない。境内から延びる坂道を降りると、以前このブログに載せた、滝野川沿いの遊歩道に降り立つ。そこからは王子駅がすぐそこに見えてくる。このイチョウは保存樹に指定されているようだ、幸いにも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中