Bike Tourism, Shikoku Henro 四国自転車ツーリズム 遍路道

P1070504s

The river ahead and the city road beyond. この先は川があり、その先は市道

Today we are bicycling further inland following the pilgrimage route of the Shikoku 88 Temples. Most of the original ancient routes are developed with wide modern paved roads except for the very tiny paths in the mountains. Sidewalks can be used as bike lanes as no one is walking these day, but actually the sidewalks are not continuous so we had to cross the traffic constantly switching from one side to the other. Some parts of the old roads remain and the main traffic doesn’t use them anymore, but they are very short, interrupted by the new roads and you never have a really relaxed ride.

前回の海岸沿いのルートを離れて、今度は山側へちょっと行ってみることにした。このルートは四国にある88寺の遍路路になっている。古来の山道を行くのでなければ、たいていのルートは県道か市道に発展していて、今は舗装され、部分的に歩道が設けられている。今や田舎では歩道を歩く人はほとんどいないので、まるで自転車専用レーンのように使えそうに見えるが、実際は歩道は車道の右に来たり、左に来たり、連続してないので、車道を何度も横断しないと進めない。もし旧道が残されていれば、これも自転車専用道のように使えるが新道によってぶつ切りになっていて、やはり車に注意は欠かせない。

P1070508s

A rural road in between the mountain and the river. 山と川に挟まれた田んぼ道

If you ride a parallel route, for instance on the opposite shore of a river which is on the main route, you can have fairly nice travel. These photos are a good explanation…. We found that this side of the river is much quieter and has much less traffic. These narrow streets are almost like dedicated bike lanes as only local people use these meandering roads which discourage fast driving and actually are not needed by the local people. Very few bridges join this area to the other side. Why don’t we publish a map that carefully connects these local routes and call it a continuous “ bike route”? There must be a lot of similar locations like this.

P1070501s

This cul-de-sac road ends at the mountain. 反対側、山があって行き止まり

しかし、もし隣を平行に走る道、例えば川の対岸を走る道があれば静かな自転車旅行ができる。ここに載せた写真はその良い例で、今回たまたま見つけた。川の一方の岸を走る道は広く、メインルートになっているがその反対側は限られた橋を通してしかアクセスできないから、ほとんど忘れられている。早く走れないので、通過交通がない。近所の人しか使わないので、ほぼ自転車専用と思ってもいいほどになる。遠回りになるけれど、元より先を急がない旅だから七曲がる方が気持ちがいい。もし車に出くわしても、車はゆっくりと走ってくれている。こうゆう条件の地域は他にもたくさんあるはずだ。こんな「専用道」を一本一本丁寧に繋いで、「自転車散策道」として地図に載せられないものだろうか?

P1070505

P1070502s

We are now in a village. Unfortunately this potential bike route hits a heavily trafficked car route. There is a temple in this village “Byodo-ji” the 22nd of the 88 temples. Traffic passes just in front of it. It is very quiet for someone who came from a city but you cannot be totally relaxed. A parking lot is provided by the temple.

村の中に入ってきた。「自転車散策道」は残念ながら 村の中に入いる地点で車の行き交う道路と合流する。この村には四国巡礼88寺の一つがあって、門前は車がよく通る。都会から来れば十分閑散としているが、それでも車への注意は欠かせない。お遍路に駐車場さえ用意されている。

P1070496s

Byodo-ji main hall. This unsophisticated garden is not like in Kyoto but is very charming. 22番札所 平等寺本堂 この洗練されていない庭がいかにも四国らしくて良い。

To follow our original path back would not be boring but it would be daunting, it would be a long distance and there is a tough hill in between. If we can take a train from this village it would be great for our tired legs but our bikes do not fold and we have no covers which are both required by the railway company, even in an empty car.  It does not make sense, no one would be annoyed, and it helps maintain the passenger deficit by excluding cyclists. This rule is a inheritance of the golden age when trains were always packed. The weather is getting dark. Let’s take a quick visit to the main building and have a panoramic glance at the village, and trace our way back.

帰途は元来た道をたどるのはつまらないので、別の道を行きたいのだけれど、かなり遠回りだし、山越えがある。疲れているので、もしこの村にあるJRの駅から鉄道に乗れればとても助かるのだけれど、折り畳み自転車で、専用袋を用意をしてなければ、諦めるほかない。ガラガラの時間帯でも、できないことになっている。ガラガラなんだから、迷惑する人がそもそも存在しないのに。何とか規則を改正してもらえないものだろうか?鉄道がいつも満員だった黄金期の規則を今も守って、赤字記録を更新するのに意味があるとは思えない。ここまで考えたとき、空が怪しくなってきた。村を一望できる本堂に上ったら、元来た道を帰ることにしよう。

P1070500s

Muroto

orange: this trip, yellow: last trip オレンジ:今回の旅、黄:前回の旅

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください