MOMA PS1 ニューヨーク近代美術館別館

We found that the current MOMA Young Architects installation at PS1 will end today. We gave up all our other ideas of where to go this weekend and rushed to the museum. The installation is one of the experimental architectural pavilions that is selected each summer by MOMA from among fifty applicants. The winner’s installation this year looked interesting to us, it is like a Porcupine which has spiky hair. The edge of each hair is covered with blue tape which is not very visible in the pictures but is very effective, they create a blue envelope.

ニューヨーク近代美術館の別館PS1で新人建築家のインスタレーション作品が今日までだとしって、急遽、他の計画をあきらめてPS1に駆け付けた。インスタレーションは毎年、たくさんの応募の中から選ばれた案が一作品だけ 実験的に建てられる。今年の作品はハリネズミのごとく。毛の先は青い色のテープが張り付けられていて、全体の輪郭が青く浮かび上がるという仕掛け。写真では良く見えないかもしれないけれど、実際にはとても効果的。

20190901_152104.jpg

Many colorful hammocks are hung from the pipe scaffolding. For me, the hammocks look ad-hoc without any context, not well integrated with the porcupine…hmm, but why? Modern life is exhausting… the hammocks are all occupied…. The inside surface is covered with a mesh screen that has images of tropical plants. I thought the inward-facing spiky hair could be blue too. I speculated that probably the designers (Pedro y Juana Architects from Mexico) wanted to hide the messy structure supporting the spikes, otherwise, it loses its strength as an image, and they did not have a generous amount of money to provide more than the screen and red hammocks.

工事用の仮設足場を使った構造体からたくさんの赤いハンモックがぶら下がっている。でも、ハンモックは何の脈絡もなく、何か取って付けた感じで、ハリネズミとは統合してるように見えない。…でもなぜ?ハンモックは満席、現代生活は疲れるのだ。ハリネズミの内側は熱帯植物の絵が印刷された薄い布でカバーされている。内側もハリネズ像体ミの毛の先と同じく何かの色で塗られていればどうだったろうか?たぶん内側のごちゃごちゃした構造を見せたくなかったのだろう。それを堂々と見せられるものにするには、ハンモックとカバーの布以上にもっと資金が必要だったのかもしれない。

20190901_152145.jpg

Though in fact, this design makes me comfortable …. it looks fair to me. The installations have become more and more extravagant each year. MOMA seems to give a set budget to the designer but then the designers have to provide more money if they want to do more. Of course, a bigger budget makes the result more fabulous. If you cannot provide that extra money your show would be shabby, and if you raise more money your show will be fantastic… actually, all architects know money solves “everything”. It does not sound very fair. Your ability to raise money determines the success of your show. This reminds me a little of the election of politicians in the US. The best money collector will be the winner. Although here is the dilemma —— if you have a great idea but the money provided by your supporting organization is not enough, will you give up your full presentation or use your own money? or fund-raise?

でも、このデザインの在り方は快い…フェアにみえる。この数年、作品は次第に大がかりになってきて、すぐにゴミになってしまうものに、驚くほどの金が使われている。工事を担当した業者から聞いた話では美術館は一定の資金をデザイナーに与えてらしいのだけれど、それ以上の出費はデザイナー自身が払うそうな。金が有ればあるほど、より素晴らしい展示となる次第。金は何でも解決することは良く知られている事実。しかし、追加出費になるような高額案であっても勝ちたいのは人の常。金の有無が選ばれること、そして展示の成功の成否を握っているとしたら?金に物を言わせた作品ががいつも勝つとしたら、そしてそのような大掛かりなものしか評価されなくなるとしたら…何かフェアには聞こえない。なんだか 金をたくさん集められる候補者が勝者となるこの国の選挙をおもいだす。ここにジレンマがある。もし素晴らしいアイデアがあるのに、後援する組織は十分なお金を提供できないとしたら。諦めるだろうか?それとも自腹を切るか、さらなる後援者をさがすか?

20190901_155807.jpg

Anyway, if you don’t have an unlimited budget you will figure out what to do within the budget you do have. This is a challenge that sometimes provides us with a new solution. I now understand that these red hammocks were the solution. The short life of the installation of just 2 months for the summer program reminds me of one of the Shinto shrines in Japan. Every shrine used to be a temporary building to receive the descendant of a god (or gods) at the harvest. The shrines became more and more fabulous and costly every year, but then they started to reuse them for the next year and the next year….. After many centuries they gave up the tradition, except for Ise shrine. They keep the building for 20 years then demolish it and rebuild a new one, identical in design. The design has been handed down for more than a thousand years but the inheritance is the concept, not the building itself. The enormous expense is supported by religious faith.

ともあれ、使えるお金が限られているとしたら、その中で何ができるかを考えざるを得ない。これは挑戦だが、しばしば新しいアイデアを作り出す。この赤いハンモックが掛かっているのはなぜか?今わかるような気がする。毎年、二か月間を経て取り壊されるインスタレーションは、20年ごとに作り替えられる伊勢神宮を思いださせる。その起源は毎年収穫後に神が降臨する家として、掘立小屋を臨時に作っていたもの。全国にある他の神社もそうだったのだが、年毎に立派になり、もったいないから翌年にも使うようになったらしい。何とか20年を守ることが出来たのが今の伊勢神宮。

20190901_155754.jpg

The building is invisible because of the high fence that surrounds it.  The explanation for this has been  that invisibility or that fact that it is unapproachable gives us something sublime. But this idea that preserving a concept (with an object which embodies the concept) is the purpose, but not the physical object may give a better explanation. Linage in Japan means that in many art forms disciples must preserve their master’s design strictly without development. Ever young Ise shrine doesn’t fit the World Heritage’s idea— understandable.

建物は垣根に囲まれていて、外からちらっとしか見えない。これまでは、近づきがたい存在にして、崇高さを高めるためだろうというのがその説明だった。しかし「コンセプト」が重要で、物を見せる必要はなかったと考えるほうがより納得できる気がする。日本ではコンセプト保存が他のアート形式や工芸品の場合も常識で、師匠の意匠を守るのが弟子の役目ということになっている。「物」を保存するのではなく、「コンセプト」を保存するという、いかにも日本的な考えのように思える。ところで、永遠に若い伊勢神宮は、物を保存するのが目的の世界遺産の中には入れない―さもありなん。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください