Hunter Point new Queens library ハンターポイント図書館

DSC00288

A new library designed by the star architect Steven Holl opened several  months ago in our neighborhood, well, the other side of the East River. A 15 minute ferry ride brings you to the east shore and into the middle of newly developed high rise housing. The library project started over 10 years ago and has finally became a real building. The unbelievably  long term for construction did not surprise us, we are also designing a library project for the City of New York. That project started with a walk though in 2014, and we are now still in the schematic design phase.

新しい図書館がイーストリバーの対岸にできた。スター建築家、スティーブン・ホールのデザイン。クイーンズ地区の数ある公共図書館のひとつ。マンハッタンからはすぐで、連絡船で15分。周りには最近開発された高層住居ビルが立ち並ぶ。10年前に計画が始まり、今やっと実物が建った。信じがたい遅さだが、別に驚きはしない。私たちも別の分館を今設計中で、2014年に初めて現地に立ってから5年も経つ。今やっと基本の骨子が決まったところで、この後も工夫と知恵を注ぎ込んで発展させるべく、膨大な作業の過程が待っている。

DSC00291.JPG

We were excited to see the completed project as we remember the very early stage of the façade from a decade ago and have been seeing this building under construction from the other side of the river for several years. It is very powerful. Randomly shaped big windows carve holes into the platonic boxy building.  It has such an abstract form, not friendly…  no entrance on the riverside (park side), a discreet entrance at the street side.

工事の様子を川の対岸に見つけて、建物の完成を待っていた。10年余り前に見たこの図書館の初期スケッチを覚えている。非常にパワフル。シンプルな箱に不定形な形をした大な窓が開けられている。抽象的で、とてもフレンドリーとは言えず、川側(公園側)には入り口はなく、通り側には見落とすほどの入り口が小さくあるのみ。

DSC00274DSC00290

The inside instead is quite complicated, probably intended to be a Piranesian space,  mesmerizing, with elements of dramatic skipping floors, bridges, staircases and  arches inspired by the historic visionary Italian architect, but actually also messy.  What you feel in the space is very different from what the photos give us, the photos cut many things out of the frame. The design is challenging not because of the unusual façade or Piranesian space, but by the goal of consolidating and unifying them at the same time. We can see that the architect was struggling to achieve both. We read that these elements are not very well organized and not well synchronized with the random openings on the façade. In every project you want to bring something new to the world that will be a challenge but this was super ambitious.

内部は逆に、非常に複雑で、イタリアの幻想的建築家ピラーネージの描いたような空間を意図したように見える。劇的なスキップフロア、その間に掛かる橋々、延々と続く階段、…ほとんどゴチャゴチャ。実際の空間はここに載せた写真から感じる印象とはだいぶ違う。写真はフレームの外にあるものを切り落とす。そのデザインは挑戦的だが、それは変わった外観やピラネージの内部空間だからというわけではなくて、それらを統合して一緒に成り立せようとしているから。それを達成しようとして格闘した様子が読み取れる。様々な要素が完全には整理されていないし、それらが不規則な窓の在り方と同調しきれていない。新しい美しさを生み出そうとする建築家にとってプロジェクト一つ一つが常に大きなチャレンジなのだが、この図書館は飛び切り野心的。

DSC00279.JPG

Probably it is just our recognition that many things may not have been intended initially. We speculate that originally some bookshelves were installed at more reasonable locations. The current  bookshelves are located in abrupt and somewhat disturbing ways, the circulation collides with them, and they steal the scene….

たぶん私たちの一方的な見方に過ぎないのだろう、それに当初意図されたことと違うことが設計過程で発生したのかもしれない。いくつかの書架はもとはもっと合理的なところに配置されていたのではないか?現行のレイアウトは唐突だし、動線と衝突するような邪魔なところに設置されているように見える。

DSC00284

We heard that the 2 skipping floors along the staircase used to have book shelves, but they were not handicap accessible; no elevator or escalator so the book were removed from those floors to somewhere else in the library. Books are probably not the biggest draw for the library, when we were there almost every table was full with people using their laptops.

我々のプロジェクトの図書館代表から聞いたのだが、スキップフロアの幾つかが車いすで行かれないところに設計されていて、完成後に書架がどこかほかのところに動かされたらしい。この図書館の場合、蔵書そのものは図書館の目玉ではないのかもしれない。確かに本を読んでいるというよりは自分のラップトップで場所だけを借りている人で一杯。

DSC00276

This library has 5  floors and maybe more depending on how to count the tiny mezzanines and each floor has a small floor area, the general reading rooms were divided into smaller branch rooms. 40 years ago, we were taught that the ideal library has one floor for librarians who return borrowed books, and organize…. they constantly move books from one shelf to another according to expanding or shrinking sections. Also you don’t want to be sent to the next floor at the end of a shelf by the sudden ending of the alphabet after feeling that the book your searching book is very near, and find no book like it when you get there and come all the way back to the original floor. Knowing this the architect chose this height to stand out among the developer high-rises that surround it. It is New York’s version of the Sydney Opera house with its prominence on the waterfront.

建物は5階建て、とはいえ、たくさんある小さな中二階をどのように数えるかによっている。一般読書室がいくつもの小さな部屋に細切れにされて、それらの地面からの高さが僅かに異なっている。40年以上も前だが、図書館の理想は広いフロアでできた一階建てだと教えられた。返却図書を抱えた図書館員が元の書架に返すのに階を行ったり来たりしないで良いように、そして、本を探している利用者が階を上がったり下がったりしないで良いようにという条件らしい。図書館は分類に従って増えたり減ったりする本に対応して、書架を増やしたり減らしたりしょっちゅうしているから、広くないと一つの分類グループが一階と二階に分かれてしまう。そのことを知りつつ建築家はこの高層図書館を提案したものとみえる。でないと開発業者が建てた高層ビルに囲まれてしまって見落とされてしまう。水際であることを利用して、目立った存在感を主張したかったのだろう、シドニーのオペラハウスのように。

DSC00293.JPGDSC00295.JPG

Probably it is too popular, which is a good thing….it is in the middle of a densely populated area. We recommend that this is the first building you visit in new York City, it is definitely one of the best public buildings in New York。

とはいえ、スキップして細切れになった各フロアが狭すぎるように見える。たぶん人気がありすぎて入館者が多すぎるのだろう。人口密度の高い地区のど真ん中だから。それは大変良いことなのだが…。このデザインはニューヨークの公共建築で最良の建築デザインの一つに間違いない。ニューヨークに来た友人たちに、どの現代建築を見るべきかと訊かれて、いつも困っててしまうのだが、この図書館は一番にお勧めに挙げられる。

DSC00294.JPG

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください