Scientific Literacy 科学文盲率

Two months ago, we talked about how restaurants in NYC are surviving in the pandemic by converting the parking lanes into dinning space for their restaurants. They had just started at that time, so the settings were rather primitive and raw.

2月ほど前、この欄にニューヨークのレストランがいかにして、このパンデミックを生き残ろうとしているか?テーブルを道路の駐車レーンにおいてㇾストランの一部として使いだしたことを載せた。その時はまだ始まったばかりで、取り急ぎの粗末な感じであった。

Now they are getting fancy and permanent looking. The sidewalks have been taken over as dining areas. Pedestrians pass through the middle of the dinners. It reminds me of the streets in Europe…messy and vibrant. In fact, some parts are a bit too vibrant, they are too narrow for pedestrians to go through. You may get the virus from enthusiastic guests chatting at the tables.  One bonus is you get to see what they are eating- staring at their food is allowed.

それが今、しっかりとした、上等なものになって, 歩道がレストランに占拠されつつある。事実上、歩道はレストランの真ん中を走っている。なんだかヨーロッパのおしゃれな街で、にぎやかな雑踏の中か、カフェの前を歩いているような錯覚を覚える。実際、場所によるとイキが良すぎる。通り抜けるのに一苦労する狭さで、レストランの客からウィルスを貰うかもしれない。不幸中の幸いは、通常はレストランでどんな料理が出るのかわからなかったのが、今は良く見えること。

The biggest difference is the new roofs that have appeared. Guests need shelter when the weather is rainy or windy. Additionally, it is getting cooler now. We wonder how will they accept dinners in the winter, what will be the next layer? I understand it is the time for them to make money to maintain the business before winter. It also may be the time for us to show our tolerance … except when it comes to catching the virus.

一番大きな変化はどこも屋根が付いたこと。雨の日や風の強い日もこれで大丈夫。それに寒くなってきている。だが冬はどうするのだろう?もう一枚外套を着こむのだろうか?パンデミック下の商売のかき入れ時は、今なのだ。そして我々にとっても、歩くのが少し不便であっても、文句を言わない寛容さを持つのは今なのだ…ウィルスを移される意外は。 

There were several reports about people who refuse to wear masks saying that no one can force you to wear one. Probably they misunderstand that mask wearing is the same as wearing a bike helmet. If a traffic accident kills them without a helmet, it is their own responsibility, nobody gets hurt… except themselves. With the same reasoning they also may protest the obligation of wearing a seat belt. No authority has the power to force you. This is wrong, the mask is not just for you but also for someone in front of you. You may transfer the virus to someone because very often you don’t even know if you are already infected or not. The mask is not the same as a helmet or seat belt!

マスク着用の義務づけを拒否する人々の報道がいくつもある。その理由は自由な国で誰もマスク着用を強制できないというもの。たぶん彼らはマスクがヘルメット同じだと混同しているのだろう。もし無着用で交通事故で死んでも、それは自業自得で、だれも迷惑になるわけでもない。同じ理由でシートベルトの着用義務に反対できるかもしれない…。しかし、これは間違っている。マスクは自分のためだけではなくて、目の前にいる人のためでもある。自分が感染しているかどうかわからないのだから、マスクなしでは誰かにウィルスを移す可能性が非常に高い。マスクはヘルメットやシートベルトとは違う。

This inconvenient fact has been informed to everyone so often and so widely. It is a mystery that some people have not read it? or they don’t trust any information from outside? But do they have any alternative counter theory that they can support scientifically? Did they investigate their own counter theory carefully? In fact, it is a foundation of science to doubt any authority, but you need to create a plausible counter idea and study it with a critical manner if you think the authority is wrong. You need to have the capacity to welcome a disliked theory and have the ability to examine it. You cannot just blindly dismiss. This is another foundation of science.

このウィルスの都合の悪い事実は広く何度も人々に知らされたはず。彼らはこれを読まなかったなんてことがあるだろうか?それとも、権威者から与えられた情報は信用しないのか?しかし、そうだとしても、彼らには反論できる別の科学的根拠があるようには思えない。注意深く自身の反論要旨を吟味したであろうか?実際、権威を疑うことは科学の基本である。権威を認めないならば、代案を構築して、批判的に検証しなければならない。さらに、他者からの反論を歓迎して、自分の考えを照査する力がなければならない。ただ嫌いだというだけの理由で却下できない。これはもう一つの科学の基礎である。

Although, the authorities may need to reconsider how to inform everyone. The social distance varies with wind speed, direction, temperature, humidity, in shade or not and the strength of speech, so it cannot be simply 6ft, obviously. They might have underestimated the ability of the general public to consider this judging it is too complicated for them. In some cases 6ft is too much, and vise versa.There was no explanations how 6 ft was derived, no information that the size of droplet carrying virus is 1/1000 -1/100 millimeter and typical fiber mesh of mask is about 5/1000 millimeter ( sorry for imperial system users), it is like “believe me blindly”. But you have internet and if you think a little bit, you will understand that you don’t need to go down into the car lane to avoid me walking 20 ft in front of you (this actually happened often). Can people think scientifically, or the authorities’ underestimation is correct? It is a hard question to answer, but obviously the virus carried on the air cannot propagate with the speed of light.

しかし、当局側にも非があるかもしれない。ウィルスを移されない距離は風の向きや、強さ、気温、湿度、日陰かそうでないか、話者の発音の強さによって変わるはずで、6フィート一律ではありえない。当局は、そんな複雑なことを言ってもわからないだろうと、人々の考える力を過小評価している。これらの条件しだいで、もっと近くでも安全だし、その反対もあろう。ウィルスの大きさがどのくらいで、マスクの繊維の径がどのくらいなのかも、6 フィート がどのようにして導き出されたのかも、とこにも説明はなかった。まるで、とにかく鵜呑みにせよと言っているみたいではないか。しかしインターネットはあるんだし、少し考えてみれば、20フィートも前から、近づく私を避けて、車道に降りる必要もない(これは実際に時々起こる)。人々は本当に考える力がないのか?それとも当局の過小評価が間違っているのか?答えつらい問いだが、しかし明らかに、空気に乗っているウィルスは光の速度で伝播できない。

Scientific Literacy 科学文盲率」への1件のフィードバック

  1. Wow, it’s so interesting to see these pictures. I grew up near New York (now I live in Japan). It’s hard to believe that New York looks more like a European city now.

    Unfortunately, it does seem that scientific literacy is low in America. Also, distrust in the government is higher than ever. At first, Americans were told NOT to wear masks – I think Americans tend to stick with the first thing they are told.

    If the American government had better leadership, I don’t think the situation would have spiraled out of control like this… it’s so depressing.

    But on the plus side, I hope New York keeps this new dining style! I want to try it when I visit again!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください