Randall’s Island ランダルズ島

Randall’s Island (cojoined with Ward’s islands) is separated from Manhattan island by the East River. This small joined island has functioned as the foundation for railway bridges from Manhattan to Long Island. There is also one pedestrian bridge linking it to Manhattan. The opposite bank here is Manhattan Island.

ランダルズ島はマンハッタン島からイーストリバー川で隔てられている。マンハッタンからロングアイランドへ渡る鉄道の橋脚の立つ小島として機能してきた。歩行者専用の橋も一つあり、歩いて行ける。対岸に見えるのはマンハッタン島。

In the last few years the island has been transformed into a large park. Since then, it has been very popular. Every weekend it is filled with picnickers. Here the opposite bank is Long Island.

島はこの数年間で大公園に作り替えられた。以来人々でにぎわう。週末はピクニックで埋まる。対岸に見えるのはロングアイランド島。

The island has had a varied past but was mostly used for power supply facilities, circus and sports events that required a large area. The photo below is a huge parking lot for that purpose. A black-and-white photograph can be beautiful, no matter how rough it is in reality.

島の中は人が住めず、ずっと電力供給施設の他、サーカスやスポーツの大面積を要するイベント以外には使われていなかった。下の写真はそのための巨大な駐車場。白黒写真にすればいくら荒れ果てていてもそれなりに美しい。手前は高速道路の橋脚。

We found a bicycle road under the railway bridge. Great space. Is there any other place like this? In fact we were here to explore a few years ago. We posted it on this blog and wrote about mysterious this location at that time. Some may remember citing Andrey Tarkovsky’s movie. Now, however, that feeling is gone. I feel a little sad.

その鉄道橋の下が自転車専用道路になっているのを見つけた。素晴らしい空間。こんなところが他にあるだろうか?実は数年前にもここに探検しに来ていた。このブログにも載せて、その幻想的な様子を書いた。タルコフスキーの映画、ノスタルジアを引き合いに出したのを覚えている人もいるかもしれない。今はしかし、そのような感じはなくなった。少し残念な気もする。

Mulberry trees are growing wild everywhere on the island. If the top of the road is a dirty purple, there is a mulberry tree there. We stopped and enjoyed a feast here for a while. They are very sweet. As soon as it is taken from the branch, it is carried to your mouth. The vibration causes the fruit to fall from the next branch. The leaves are eaten by silk moths, but no one eats the fruit. There is probably a reason for that. The fruit is so soft that it can’t be put into a box. It is more fragile than a raspberry. Just pick it up in the palm of your hand and it will collapse. It is impossible to put it on the market. (The bayberry is also too soft to find on the shelves of greengrocers in big cities, but still not so soft like this. I hunted bayberries alone in a park in Osaka, and the people around me looked at me like I was strange. They don’t know that bayberries are a treat.)

島には桑の木が至る所に自生している。道の上が紫色に汚れていたら、そこに桑の木がある。実は非常に甘い。僕らはここで、しばし桑の実取りに興じた。枝から採っては口に入れる。その振動で隣の枝から実がボロボロ落ちてきた。葉は蚕が食べるが、実は戦前ならいざ知らず、今は誰も食べない。それには多分理由がある。非常に実が柔らくて、手のひらに採っただけで潰れる。とても箱に入れられない。ラズベリーより弱い。市場に出すのは無理というもの。(ちなみに、ヤマモモも柔らかすぎて、大都市の八百屋の棚には出ないが、それでもこれほど柔らかくはない。前に大阪のある公園で一人、ヤマモモ狩りをやったが、周りの人が変な目で見ていた…まさか農薬の事を心配してくれてた?都会の人はヤマモモが御馳走なのを知らない。)

This island is really full of mulberry trees. All-you-can-eat with no pesticides. It’s really a waste that no one eats them. However, my hands are so sticky and messy that I can’t hold the camera. So that’s it for today’s blog post. We are in the middle of a trip, but I can’t help it. Today’s conclusion —-This island should be called Mulberry Island!

この島は本当に桑の木だらけ。無農薬でだれでも取り放題なのに、誰も食べないというのは本当にもったいない ( しかもここは他人がどう思おうと平気な米国だ)。だが、もう手がベチャベチャになってしまって、カメラを持てない。だから、今日のブログはこれまで。旅半ばだが仕方ない。本日の結論 —- この島は桑島=マルベリー島と呼ぶのがふさわしい!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください