Bike Tourism in Shikoku 四国自転車ツーリズム

between fishing villages 漁村から漁村へ

Every country is having difficulty to maintain their train system outside of the big cities. Cars came to the world just over 100 years ago, and quickly became something we cannot imagine being without. Google map ignores railway lines. In North America cars dictate the materialistic world and also the spiritual world—-world view, someone criticized it as Ford-ism. Train systems in the countryside are becoming extinct.

どの国も鉄道は都市以外では運営が苦しくなっている。一方自動車が歴史に登場してから100年しかたってないのに、今やこれなしでやっていく世界を想像することはかなり難しい。地球の石油を使い切ったあとも存在するのだろうか、永遠に?グーグルマップには鉄道路線は載っていない。ことに米国ではそのインパクトは人々の世界観、思考さえ支配している。そのことを批判してフォーディズムとよぶ人がいる。鉄道は都市部を除いて衰退を道をたどるかに見える。

In such a global situation, a new idea for train systems is emerging, updating the old idea of trains being just transportation from one point to another, it is now entertainment with train rides introducing beautiful views and interesting towns. This reminds me of the cross continental trains or ocean cruises. Those tickets sell  out quickly. If this is effective even in the country side, local lines may be reactivated. Nowadays the local routes are losing passengers and therefore service and as a consequence they lose more passengers…

そんな中、列車でゆっくりと山や海、町を周遊する旅が繁盛しているという。鉄道が目的地への到達手段としてだけに使われた、かつての利用形態から、新しい鉄道のあり方を示している。先日の読売新聞にJR四国のトップのインタビューが掲載された。非常な人気でチケットがすぐ完売するらしい。”わざわざ乗りに来る”という、この戦略が有効ならば、地方幹線に限らず、これまで注目されなかった支線も、そしてその先のへき地も見直されるかもしれない。今や田舎の鉄道は通勤通学ための数便以外は一両編成。それもガラガラだから、そのうち便数が減るかもしれない。ますます不便になって、ますます客が減るという悪循環になっている。

Today, we are 20km from Tokushima  and about 100km from Muroto. There was a cyclist on the bank of the beach. He was wearing racing gear on a super light bicycle equipped with GPS. He takes a bicycle tour every weekend and typically rides about 200km. He says some bike routes are well separated from car traffic like the one we are on but mainly he shares the road with cars. We are amazed with his passion as  touring with vehicle traffic cannot be pleasant. If he can skip heavy traffic in and around the city by bringing his bike on the train, his tour would be fabulous. He also could have a much longer bike ride.

今日、四国の徳島から20キロ、室戸岬に向かって‘100キロほどの距離のところまで来ている。海岸の堤防の上でビシッと決めたサイクリストに出会った。超軽量の自転車に競技用スーツ姿、ハンドルにはGPS。徳島からこのあたりまで来るのは毎週末のことで、いつも一日200キロぐらい走るという。ここに見えるような自転車用の線を引いてあるところはところどころあるけれど、あいにく交通量の大きな国道を経由するそうだ。とても気持ちがいいとは思えないから、彼の情熱にあきれる。もし彼が鉄道に自転車を載せて車に溢れた都市部とその郊外を飛び超えられれば、彼の一日は格段に素晴らしいものになるに違いない。もっと遠くへ足を延ばすことだって可能だ。

What if we can launch cycling tourism? Many more people would visit the country side by easily carrying  their bikes onto the train.  You can get off at a station and get back on again from a different station, even a different line. This would be a long day but a real trip. Actually we do this with the New York city subway. The direction of travel is always opposite to the rush hour commuters, particularly on the weekends when the subway is not crowded.

ここに一つ提案をしてみたい。サイクリングツーリズムを起こせないか?経路上の住民に歓迎されるだけでなく、都市部から行ってみたいと思う人が増えるかもしれない。好きな駅から降りて、別の駅から再び列車に乗り込む。自転車を分解したり組み立てることなく、自転車を押してすっと乗ってすっと降りる…一般客と同じように。大交通量の都市郊外部をスキップして、いきなり農道を走る。同じ線路でなくてもよい。帰ってくるときは全く違ったルートで家の最寄の駅から帰宅する。終点を自転車でつなげば巨大なループ路になる。スケジュールをざっと決めただけの、気ままな一日旅行ができる。実は私たちはニューヨークの地下鉄をこのようにして使って、いろいろなところへ出かけている。疲れた体でも、列車の中で居眠りができる。しかもこの動きは通勤客とは反対方向で、朝は都市周辺部へ向かい、夕に都市中心へとむかうので、列車は常にすいている。週末はたいてい週日と同じスケジュールで運行されるから、さらにがらがら。気軽に出かけられるのに欠かせないのは列車の中に自転車を自由に乗り入れができること。かつての高度成長期の混雑する列車ならいざ知らず、自転車を専用袋に入れないといけないなんて現実的ではない。

The other thing we can do is to organize routes which are safe and have fewer interactions with car traffic. A dedicated bike path is ideal. The route can zig-zag, it is not the shortest ride, but we can enjoy the beautiful scenery and simply ride; visiting towns and villages. The shoulder of the road can be widened and defined as a bikeway. Sidewalks may be shared with bikes if pedestrian use is them very rarely.

もう一つ、自転車道を指定して、その安全性を整えることはできないか?自転車ツーリズムは到着することが目的ではないから、最短ルートを旅する必要はなく、ジグザグでも、後戻りになっても、安全で景色の良いルートを繋いで設定できる。そうして幹線道路と交わるのを最小にする路線を整える。もっと路側帯の幅を広くして、それを自転車道として整えたり、ほとんど歩行者の無いところでは、歩道と共有できるよう改善できるかもしれない。ママチャリを改札から押して入れて、車に注意しなくてもよい一日旅行ができたら!!散歩の気分でずっと大きなスケールを体験できる…次週もまた来たくなる。

Because it is not easy to get to the local towns it means that an undeveloped simple environment is still there. Once it is developed for tourism assuming car access it will bring more traffic and end up with wider roads and bring more traffic.  This bad circulation will threaten the quiet environment which was the charm of that location. On the contrary, train tourism preserves the environment but requires a sustainable number of passengers. Some weekend-cyclists carry their bikes in their car to reach areas outside the city, but they have to come back to the car. It is not a bike tour. They have to go through heavy traffic again to come back on Sunday evening. If bicycle and train travel are combined, more people can easily access many places keeping the environment and culture there and along the way. In order to do this, trains and platforms need to be easily accessed. Not only professional cyclists but recreational cyclists like us can easily travel very far, even on the way home from work. The current health boom may spur bike tourism. What about touring to the 88 Temples of Shikoku by bicycle…..

交通が不便というのは、商業化されない、素朴な環境が残されることをほぼ意味する。そのような場所は知られていないだけで、日本中にたくさんあると思う。自動車交通を便利にすれば、新しい交通量を呼び込み、ますます太い道路の必要、そして渋滞という悪循環が起こる。素朴な環境が壊され、その場所をまさに魅力的にしていたものが脅かされる。一方、鉄道は経由地を荒らさない優れた交通手段。けれど、よっぽど利用客がないと路線維持はかなり難しい。車に自転車を載せて田舎まで来る人もいるけれど、止めた車にまた帰ってこないといけない。そして帰路はいつものように渋滞。でも鉄道と自転車をリンクすれば素朴な環境を残しつつ、この土地を見に来る人々を増やせるのではないだろうか?町からプラットフォームにそのまま自転車を持ち込められれば、サイクリストだけでなく、ママチャリストもお遍路さんもいっぱいくるかもしれない。健康ブームに乗って、悪い空気の、危険な都市を避けた、手軽な自転車ツーリズムが根付くかもしれない。

広告

ALLKBA at Glick Park グリック公園

In our neighborhood there are public parks and streets which need flowers and trees, but the ground is so dry and hard – it has been left forgotten for so many years. KBNA is a not for profit organization that takes care of the flowers and plants at Glick Park and also the tree pits near the park that are part of the bicycle lane system.

私たちの近所には地面は乾いてカチカチで、木や花が植えらないまま、何年もの間、ほったらかしになっていたある公園や通りがある。KBNAは私たちによって組織されたNPOで、数年前から、公園の植物の世話や、公園に接した自転車専用道の街路樹の世話をしている。

One of the activities our group supported was posted in this blog, we proposed a service roadway to become a real public amenity, street cafes , seating a kids play area and an event space where local musicians can mingle with residents.  The streets should become more lively and active, unfortunately our proposal was  denied by people who live in the adjacent property. It should have benefited them but they were not convinced.

KBNAの活動の一つが以前にこのブログに載せられた。搬入用の駐車だけに使われている通りにカフェや子供の遊び場、イベント広場といった公共のための仕掛けを提案した。地元のミュージシャンが人々と混じりあえる。公共の通りはもっと生き生きとした場所に変えられる。この提案は残念ながら、この通りに面する建物の住人達の反対にあって実現しなかった。もしそうなれば多くの人がその良さを手にすることができたのだが、彼らが確信するに至らなかった。

 

 

 

 

Our targets are any kind of park/garden and streets which will contribute to making urban living better and enhance community life. 私たちの活動の目的は、どんな公園でも構わず、地域コミュニティーを活性化して、より良い生活の助けになるようにすること。

 

 

 

One of them is this ….. park, with it’s fantastic view of the East River, a full panorama although the park is not well recognized . We want to make this park more beautiful and popular. Today we planted flowers and shrubs  and our next task is to keep them watered.

その一つがこのグリック公園。イーストリバーの河岸の素晴らしいパノラマの眺望があるのだが、あまり知られてない。私たちはもっと美しくして、もっと多くの人に利用されるようにしたい。今日も植物を沢山植えた。次の仕事はきちんと潅水がされるようにすること。

The neighbors who believe this park will make the community better got together to take care of the garden. They came from many different backgrounds. An Estonian who  recently arrived noted that the medical system is terrible here, a Chinese family and so on. What made them to come to join this activity? Look at their kids full of curiosity and having fun. Their contribution is so great. Why not more kids? Why not more adults?

公園が地域生活に役立つと考える地元の人々があつまった。旧移民、新移民問わず。ごく最近エストニアから来た人が米国の医療システムはとんでもないと愚痴ながら、手を動かしている。彼らを何がここにひきつけるのだろうか?この子供たちの好奇心いっぱいの表情はどうだろう!遊びながら、大きな貢献をしている。もっとたくさん子供たちが来ないものだろうか?もちろん大人たちも、もっともっと。

They came from many different backgrounds—-old migrants and new immigrants. An Estonian who recently arrived is working hard complaining that the medical system is terrible here. What made them to come to join this activity? Look at their kids full of curiosity and having fun. Their contribution is so great. Why not more kids? Why not more adults?.

 

 

 

Hudson River Greenway ハドソン川自転車専用道

Several months ago five people were killed on the Hudson river green way, by a van that intentionally ran them down. We use the green way every week to commute to a project site, it’s a separated lane for bicyclists removed from the traffic and makes a great way to travel. Right after the murders every opening to the road was protected with concrete barricades for the full 10 km to prevent cars from invading into the green way pedestrian/bike lane. They are installed along the lane but the edges are painted with a florescent color to prevent bikers from running into them. We thought they were ugly because they disturb the smooth flow of bikes and are not appropriate for a “green” way running along the adjacent Hudson River Park.

数か月前、自転車専用の緑道で故意に車になぎ倒されて数人が殺害された、その専用道を私たちは仕事で毎週使う。(テロという言葉がはやり言葉のように使われているけれど、しっくりこないのは私だけか?)その事件が起きてすぐ、コンクリート製のバリケードが11キロある専用道の端から端まで、車が進入する場所すべてに設置された。車が自転車道の方に入れないように、これで道幅が狭められている。自転車の通行方向に沿って置かれているものの、角に突き当たりそうなので、蛍光塗料が塗られている。スムーズな通行を妨げるし、公園に隣接して走ってる緑道には似つかわしくなくい。かなり見苦しい。

These barricades oddly enough reminded me of  the train design of the British railway. The trains are yelling “watch out! I am not going to stop! never”  and the barricade is yelling ” watch out, I will never move”. The subjects are different but they share the orange nose and liner form along the direction of movement.  Additionally the barricade looks to have something like couplers. This maybe a good example of a theory in Bio-morphology—–a similar function builds a similar form even if they are not related at all.

変な話だけれど、このバリケードは英国鉄道の先頭車両のデザインを思い出させる。列車の場合はこっちは絶対に止まらないので注意!と叫んでいるし、バリケードの場合はこっちは絶対に動かないから注意!と叫んでいるわけだ。動く主体があっちかこっちかの違いはあるけれど、運動方向に沿って線形なのと端部のオレンジ色はそっくりに見える。おまけに何やら連結器のようなものさえ見える。生物形態学の言うように、機能が似ていると、全く関係のないものでも形が似てくるという例だろうか?

englandTrain

Well, lets come back from this derailing….. what is the advantage of  installing this barricade here in reality?  This bike lane just happened to be picked. The attack could happen anywhere in New York, any street, any side walk… any place. The city would be packed with these British trains to protect pedestrians and bikes and paralyze the traffic. The city cannot just be silent, they had to do something. Luckily they could do something on this bike lane because of it’s unusual design… there is a bank and a planted border between the motor vehicle lanes and the bike route. Norma almost every sidewalk in New York has direct access to the road to allow drop off to the side walk, access to driveways, fire hydrants, and for deliveries and loading docks, and parking which is the basic assumption of urban design. That is why you never find low plants like in the image below.

さて、脱線はここまで。この英国列車を配置することにどんな何か意味があるのだろうかといりいろ考えた。犯人がここを犯行現場に選んだのはたまたまであって、ここでなくてもどこでもあコりえたはず。通りのど真ん中でも横断歩道でもできただろう。そうゆう場所でこのようなバリケードを設置することは全くのナンセンスで、もしそんなことをしたら、全NYがマヒすることになる。しかし、当局は何かしなければいけない、と感じてたに違いない。幸いにも、この緑道はこうゆう措置ができたニューヨークで唯一の場所だった。一般の通りとちょっと違うデザインだったから。当地では大小問わず、通りはどこでも、車を降りてそのまま歩道に上がれるよう、荷を下ろしたら遠回りしなくても、すぐさま歩道に踏み込めるよう、歩道の際に障害物がない。都市計画が路側駐車を前提して設計されている。だからこの地では右下図のような低木の植栽は見かけることがない。

side walk

Right: the Brooklyn Central Library, our proposal for a new canopy and fore garden for the theater entrance. Left: existing condition. Low plants between cars and pedestrians would give the entrance a welcoming focal point. This does not seem to happen here even though the sidewalk has this ample width. 右図はブルックリン中央図書館の劇場入り口の提案から。キャノピーと前庭のデザインを含む。左図は現状。これほど歩道が広いのだから右図のように車道との間に植栽帯を置きたかったのだけれど、NYではできないらしい。そうすれば入り口付近が際立って、「ようこそ!」の感じが出せたのだが…。

 

Here the planting and permanent barricades which would never allow cars to go into the bike lane. Installing British trains just at the openings  of the lane works very well. Speculatively the main purpose is to tranquilize and ease people’s psychology. After considering I guess that may be the practical function of this British train.

A few years ago in Tokyo bombs exploded that were hidden in garbage bins in public spaces. Immediately all of the garbage bins disappeared from public spaces. When the fear that this might happen again faded they all came back. There is no guarantee this will happen again, and I ( irresponsibly) hope these British trains will return home someday when the fear is gone.

ところがここは例外的に道路との間に分離帯がある。車は決してここを乗り越えられないから、道路から自転車専用道に交差する進入路だけにこの英国列車を置けば車を締め出すことができる。この措置ができたのはこのような物理的な幸運な条件がある。いろいろ考えた挙句、このバリケードの効能は精神安定、人々の不安感を和らげることではないだろうか?と推測するに至った。この効果が英国列車に期待された本当の機能だったのではないか?

東京で数年前、ゴミ箱に爆弾が置かれた事件が何度かあったとき、ゴミ箱が東京中から消えた。けれど、かなり長い時間を経た後、ゴミ箱がじわじわと復活した。また起こるかもしれないという恐怖が薄れたのだ。(無責任にも)ここでも再発への恐怖が消えて、つまり、ほとぼりが去って英国列車が全部倉庫に帰還する時が来るように願う。また同じようなことが起こらないという保証はどこにもないのだけれど…。

Dag’s Cafe @Hammarskjold ハマーショルド公園のカフェ

P1060737c.jpgWe posted about the green market at Dag Hammarskjold Park  which is held every Wednesday. The park has many events and is the go to place for such activities as learning how to ride a bicycle, playing catch, enjoying a park bench or relaxing at the cafe. The Japan Society faces the park as shown in a photo below and one year they organized a Noh performance in the park. Quite often  protests are organized here because it is located close to the United Nations, it was the starting point of the New York City Women’s march.

前にダグハマーショルド公園で毎水曜に開かれる 青空市  の事をここに取り上げた。公園では自転車講習、子供たちの鬼ごっこ、カフェでのんびりなどなど、いろんなことに使われる。写真で分かるようにジャパンソサイアティーが面しているので、何年か前に創立を祝って、薪能の公演があった。前に載せた 反トランプのマーチもここが出発点だった。国連の斜向かいにあるので、抗議集会が頻繁に行われる。

P1060738s

Typically, though, the park is a lovely quiet oasis in midtown Manhattan. At the UN side a cafe provides a seating place for tourists and neighbors. The south side of the park is a garden dedicated  to Catherine Hepburn who lived in the neighborhood commemorating her commitment to the park.

でも、いつもは大体とても静かで、マンハッタンのオアシスになっている。国連に近い側にはツーリストや近所の人のためにカフェがある。南側はキャサリンヘップバーンガーデンと呼ばれる庭になっている。かつて彼女がこの庭の創設に関わったらしい。近くに住んでいたというが、それはまあさておき、この写真の日陰の側に庭園がある。

P1060739s

The park is part of the city system but this garden is maintained by volunteers, Friends of Dag Hammarskjold (FDHP) . They do planting, weeding, maintaining the fences and anything else required. Today, chef Kenneth who manages the cafe “Dag’s Patio Cafe” generously cooked up an impromptu buffet of delicious green market dishes and the FDHP board members and garden volunteers were invited.  The summer feast was made entirely from fresh produce from the market. With white table cloth, and chilled wine our table was set under the trees and our chef brought out dish after dish of summer fare.

公園は市に維持管理されているけれど、庭園はボランティア、 「ダグ・ハマーショルドのフレンド達」によってメンテされている。彼らは植物の植え込み、草抜き、フェンスのメンテ、何でもする。今日、このカフェのシェフが気前よく即席のブッフェを企画して、青空市で売られる有機野菜を使った料理を「フレンド達」にふるまうことになった。涼しい木陰にテーブルが置かれ、白いテーブルクロスの上には冷えたワイン…。

P1060742c

The volunteers are a diverse group of neighbors who share a love of the park and are happy to have a bit of dirt that they can work with in New York City. They  became members because they love gardens and plants or want to meet people or are exited to do something for the public… but for sure no one expected this fiesta will be offered. Today’s guests are just a small portion of the Friends, but the chief had no idea how many would come, so served many, many dishes. Fantastic, delicious- we ate too much…

「フレンド」はこの近所に住むいろいろな人からなっている。メンバーになった動機は、土いじりが好き、植物が好き、いろんな人に会える、公共のために何かしたい…などなど。でもこのような御馳走でねぎらわれることは誰にも予想できなかった。今日ここにいる人々は「フレンド」の一部に過ぎず、シェフは何人来るか見当がつかなかったので、何十皿もの料理が用意されていた。素晴らしくおいしいのだが…何とも量が… 食べ過ぎた。

City Greenery 町の緑 

Sometimes we are impressed by people’s respect for trees. These photos were taken on Park Avenue in New York City. Scaffolding like this is often seen in Manhattan to create a safe walkway for pedestrians during construction. There are often trees taller than the scaffolding which peak out above the roof but this is different. The branches are sticking out from the advertisement for this new construction.  The trees look like they are around 10 years old or so and the panel is arranged to wrap the branches so carefully.  It looks like an art piece. The simple feeling that they do not want to cut down a tree resulted to the creation of this “ art”. Is it witty, and nice?  This reminded me of IKEBANA or “ flower arranging ” where the flowers are supposed to be cut and stand artificially on KENZAN or hundreds of spikes to keep the flower straight. But these trees are all alive so in fact you cannot call it Ikebana.

人々がどれほど緑を大切にするか、時々感心させられることがある。この写真はパークアベニュー横切っていて、とったもの。ニューヨークでは歩道の安全を守るために、工事をやっている建物の直下に仮設の足場がたいてい架かっていて、街路樹の頭の部分がその上からつきでているのをよく目にする。ここではその仮設足場の壁を建物の案内に利用しているので、木々の枝がこの白い幕から突き出ている。樹齢は10年あまりだろうか、枝を巻くように注意深く幕が張られている。なんということもないのだけれど、アートのようにも見える。枝を切りたくないという気持ちが結果として、こうゆうことになっただけだけれど、意外で面白い感じがする。巨大な生け花のようにも見える。生け花は不自然にも、根がすべて切り取られて、ケンザンの上に唐突に突き立てられることで成立している。もっともここにある木たちはすべて根があるから、生け花とは決して言えないのだが…。

 

On the contrary sometimes, we are shocked by how easily trees are cut down only because it is going to be an obstacle in the way. The photos below are taken when we were walking in front of Oji shrine (this is a different shrine from the Oji Inari Shrine we did a post for, but located nearby). Probably the age of this tree is more than 100 years, so the city could have registered it as a restoration tree. This reminds me of UNESCO’s world heritage cities. Many local bodies are applying to obtain this registration because they will have a totally different future than those that are not registered as world heritage sites . Registered trees will get people’s attention, for this tree though it does not matter if  it was registered or not.

反対に、邪魔になった木が、すっぱり切られるのを見つけてアッとなることがある。下の写真は東京の王子神社( 前に載せた王子稲荷神社とは全然別、でもすぐ近く ) の前を通り過ぎたときに、たまたま見かけて撮ったもの。樹齢は100年以上だろうか、これだけ大きなクスなのだから、区の保存樹とかなんとかに指定されていなかったのだろうか?世界遺産を思い出した。指定されると、されないでその遺産のある町の運命が決まるので、各地で指名獲得運動が盛んらしい。指定される前と後で、その大切さは、変わらないはずなのだが、指定されてないと全然気に留められることがない。

P1040692

after  アフター

Untitled-1

after !  アフター !

氷川神社

before !!  ビフォー !!

The photo above was taken a year ago when the tree was still alive. The neighborhood still had a relaxed atmosphere despite it being a major node at Oji Station and the city ward hall. Probably these woods of the shrine contributed to the atmosphere, not just that there is less traffic and building density. Using a small path from inside the shrine you can walk down to the promenade posted in this blog. You will see Oji station right there. Luckily this ginkgo tree seems to be registered.

上の写真は1年前にまだこの木があったときに撮ったもの。この辺一帯には、区庁舎や王子駅があるのに、それに似つかわしくない、のんびりした雰囲気で満ちている。建物の密度や交通量がかなり小さいためだろうか?王子神社とその鎮守の森がそこにあることも効いているに違いない。境内から延びる坂道を降りると、以前このブログに載せた、滝野川沿いの遊歩道に降り立つ。そこからは王子駅がすぐそこに見えてくる。このイチョウは保存樹に指定されているようだ、幸いにも。

City Trees 紅葉

They have raised the giant Christmas tree (doing to die) at Rockefeller Center. Every year a huge tree is cut down and carried here and then thrown away after the celebration. It is a waste. It is not against environmental ethics?  because it is a part of a rite in which sacrifice is allowed, why not? “the world” is an object to exploit values from! For strict Hindus, according to our staff, they are not allowed to kill vegetables by eating the roots.

夏が去ったと思ったら、もうロックフェラーセンターに大クリスマスツリーが立ってしまった。今年のニューヨークの秋は短かったような気がする。毎年どこかからこの大きい木を切って運んできて、お祭りが終わるとお払い箱にする。大変な浪費と言うしかない。「祝祭の儀礼」なのだから、特別にOKしようということか?ちょっと疑わしい。ここでは「世界」はひたすら利益を抽出する対象なのだ!ヒンディー教徒の事務所スタッフが言っていたのだが、彼らの文化ではニンジンやダイコンのような根菜類を食べることはその植物の息の根を止めることになるで許されないのだそうな。菜食主義どころでない。

p1060146

I was very impressed with how New Yorker’s respect live trees in their city.  At interviews with potential owners applying to buy an apartment, they often say the reason why they want to move in is that there are many trees on the facing street. There may an idea that higher density of trees = higher end residential area.  A friend who loves greenery and landscape bought a house in a not very high end area and advocated planting trees on the street but his neighbors were not excited by the idea because they did not want to be bothered to clean up after the trees.

ところが、ニューヨーカーが町の中にある生きた木をどれだけ大事にするかには全く感心させられる。ミッドタウンのあるアパートで、新たに引っ越してくる人々に、他にいくつもある、よく似たアパートの中から、なぜそこを選んだのかとインタビューをしたら、この通りには緑が多いからだという答えがあった。日本のように便利だからと答える人はほどんどいない。緑の多さ=高級住宅地というイメージがあるのかもしれない。緑を愛する友人が高級とはあまり言えない地域に家を買ったのだが、街路樹がほとんど無い。そこで、たくさん街路樹を植えましょうと近所に声を掛けたところ、枯葉の世話が面倒だからといわれて、賛同されなかったという。

p1020423s

from the summer

There may be a correlation between density of trees in your neighborhood and your social standing. It seems that the more expensive residential areas have a higher density of trees. You see fewer trees in poorer areas in New York too. It does not depend on the size of the property. This theory is functionalistic but sometimes it does not explain everything. Sometimes it feels like pantheism exists here.

By the way this theory suggests that many people are too busy just surviving to improve their living environment or to worry about trees. That may be why all the trees in Japanese cities are miserably thinned by the city government like poor bonsai.

たくさん木が植わっているかどうかは住人の階級-身分階層に相関関係があるかもしれない。高級住宅地に行くと緑の量が増えるのはどこも共通しているように思える。ニューヨークでも土地の安い地域に行くと、樹木の量が格段に減る。植えられるだけの土地の余裕があるかどうかには依らない。これは機能論的な説明だけれど、しかし、それだけでは説明できない、あたかも汎神論的な何かがあるようにさえ感じられる場合がある。

ところで、この論理を採用すれば、日本では、多くの人々は、毎日を生きていくのにまだ忙しくて、住んでいる環境をあれこれと考える余裕がないということになる…。日本の都市には格段に緑が少ないし、木々は例外なく盆栽のように剪定されて、緑の豊な通りがない。

p1060113

These pictures were taken near the south west corner of Central Park. At winter the leaves have all fallen and warm light reaches the ground. In the summer the leaves prevent the hot light from baking the ground and also provide diffuse light shading the sun. Probably the only negative thing is that you have to take care of the leaves that fall in autumn. We believe the easiest way to transform the street, make it beautiful and graceful is to plant trees. In these apartments they have a breath taking space filled with shining golden light filtered through the yellow leaves.

下の写真はセントラルパークの南西の端からずぐのところにある。冬には葉は完全に落ちて暖かい光が差し込む。反対に夏は直射日光を避けるだけでなく、空の散乱光が部屋に入ってくるのを和らげて涼しい。今、この建物の部屋の中は葉っぱを透けて通った光でアッというような黄金色に輝いているはず。通りも空気が黄色に染まっている。日本では絶対に見られない。美しい通りへと変容するには大きな木の並木にするのが一番手っ取り早いのだが…。

p1060115

Is there a practical reason why tall trees are so disliked in Japanese cities? It is believed that the frequent typhoons fell big trees, although a gardener hired by the city of Tokyo said that the constant thinning prevents trees from growing strong roots which would anchor them. If that is so then both small trees and big trees often fall and it doesn’t make sense to trim the trees almost obsessively. The next theory is that they are trying to minimize the damage caused when a tree falls. This explanation seems to make sense to me, as it explains why cherry trees are the exception and never trimmed. Enjoying the yearly cherry blossoms is a ritual in which people are crazy for. They probably prefer to be sacrificed under a fallen cherry tree to giving up a cherry blossom party under its beautifully spreading canopy!

なぜ大きな木が日本では好まれないのだろうか?その良さに比べたら、マイナス面はとても些細なことに思える。台風が頻繁に来るので倒れないようにという説もある。けれど植木屋さんに訊くと、頻繁に枝を切ると根が大きく広がらないので、やはり台風には弱いそうな。もしそれが本当だとすると、木が大きくても小さくても、どっちにしても台風で倒れるということになる。ならば、倒れた時に周りへの被害が小さくなるよう、枝を切り詰めているのだという説はどうだろうか?そうならば、桜の木が例外的に枝切されないのが説明できる。花見という「祝祭」のためなら、大被害が発生しても特別な例外としてOKにしようということではないか?台風で倒れる木の下敷きになる方が花見を諦めるよりましだ…から!これはなかなか良い理論のように思えてきた。

United Nation 70 years 国連70周年

The general assembly of the United Nations is in session again this year. This year Obama is going to give a speech, Putin too, and the Pope as well. We have been preparing psychologically.  For the people who live in the neighborhood this inconvenience from the traffic mess may be a special tax we pay to the United Nations. What? No No, the UN should pay tax to New York City…right?

今年もやってきました、国連総会。今年はオバマがしゃべるは、プーチンがしゃべるは、その上ローマ教皇がしゃべるやらで、覚悟をしていたから、それほどのことではない。地元住民がこうむるこの不利益は、たぶんニューヨークが国連に支払う「しょば代」じゃないか?何だって?反対だろ、国連がニューヨーク市に場所代を払うべきだって?s20150921_211706

On my way home by bicycle a lot of cars and bikes were blocked from going down the street.  A few police motorcycles are standing in the middle of the 7 lanes of traffic on the avenue. It is like a fire is going on there , but no firemen. So I dismounted and started walking the bike. Immediately a policeman  yelled at me, with a nasty tone “sir, you can not do that” I ignored it but then he yelled “sirrrr, sirrr!!” good thing is he did not say “Hey you!!” but the tone is exactly the same as “Hey you”. He successfully stopped me. I answered :”many pedestrians are crossing the intersection, what is wrong?”  He is getting mad… but he does not know the definition of pedestrian. If you dismount you are pedestrian. Just as a walker with a stroller is a pedestrian, walking a bike you are a pedestrian. It is obvious but his mission in this intense situation and backed by a sense of power- have stopped him from thinking rationally and transformed him into being outrageously aggressive. He must be a nice policeman if he is not in this situation, I can feel it.  I asked one of his colleagues who joined this messy conversation “what about this direction?”  He answered ” No problem” I looked up at the poor policeman, he shows his chagrin like a hunter who lost its prey. OK I will go in that direction!! while I am regretting not having said goodnight to him, a convoy of black SUV’s passed quietly and showily in front of the waiting people.  This must be Putin not Obama as the convoy was not crazy huge.

Now on to the main title, there is a something beautiful generated by this messy event. We happened to find a light show projected onto the UN building as we were walking in front of it during the assembly.

事務所から帰宅の途中、大量の自転車や車が信号の前で通行止めにあっている。白バイが列になって7車線の通りに仁王立ちしている。火事場見物のごとく、何だなんだ、何が起こってるんだと見守る自転車垣、車垣。一方、歩行者は平気でその信号を渡っているから、私も自転車を押して歩くことにした…。すぐに、これまた大量にいる警官の一人が「あんた、おい、お宅、そんなことはできないんだ」と、ご存知のいやらしい調子の声が飛んできた。無視すると、彼はますますいやらしい調子で、「おいお前だよ」と、私を呼び止るのに成功した。歩行者はみんな信号を渡ってるじゃない?と私が言うと、彼は、できないものはできないと言ってるんだ、と言う調子。自転車を押して歩けば、歩行者となることを彼は知らないらしい。乳母車を押すのが歩行者なら、自転車を押して歩くも歩行者であることは明らかなのだが…。この張り詰めた異常な状況では彼らの使命感と権力の裏打ちが合理的な思考を停止させて、ヒステリックな横暴さを作り上げるのかもしれない。こんな状況でなければ彼は善良な警官に違いない、なんとなくそれがわかる。加わってきた彼の同僚に、こっちの方向ならどうなの?と、聞いたら、問題ないよ、と言う。彼の方を見たら、獲物を逃がした口惜しさを満面にしている。なんだあ!と隣の通りに出ることにした。かれにGOOD BYE を言わなかったことを後悔していたら、黒塗りSUV車の大名行列がスルスルと、かつ轟轟と通りすぎた。オバマだったら、こんなもんじゃ絶対にないから、たぶんプーチンだったんだろう。通行止めが終わり、引き上げる警官たちがヤンヤの喝采を受けた。

迷惑なお祭り騒ぎだけれど、もっと美しい話もある。ここからが本題。会期直夜にたまたま国連前を歩いてて、建物の側面を照明しているのを見つけた。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

This year is the 70th year anniversary of the foundation of UN, you know. Although I think just 50 people saw it tonight. It is like our exclusive show. We are so moved partly because of this occasion running into this beautiful thing, but moreover, it shows hope that the world will definitely be better if every country shares these goals. Please take a look at the slide show below which is from the 15 minutes that we watched there.

今年は国連の70周年なのでそれを記念した企画らしい。この夜このショー を見たのは通りがけの50人くらいじゃないだろうか?数少ない特別な招待客になった気分だ。感動したのは偶然に綺麗なものを見つけたこともあるのだけれ ど、それ以上に、これらのゴールが世界中で共有されれば、本当に世界が良くなるという希望を見せてくれたからだ。15分ほどのショーをご覧あれ。

for everyone