MOMA PS1 ニューヨーク近代美術館別館

We found that the current MOMA Young Architects installation at PS1 will end today. We gave up all our other ideas of where to go this weekend and rushed to the museum. The installation is one of the experimental architectural pavilions that is selected each summer by MOMA from among fifty applicants. The winner’s installation this year looked interesting to us, it is like a Porcupine which has spiky hair. The edge of each hair is covered with blue tape which is not very visible in the pictures but is very effective, they create a blue envelope.

ニューヨーク近代美術館の別館PS1で新人建築家のインスタレーション作品が今日までだとしって、急遽、他の計画をあきらめてPS1に駆け付けた。インスタレーションは毎年、たくさんの応募の中から選ばれた案が一作品だけ 実験的に建てられる。今年の作品はハリネズミのごとく。毛の先は青い色のテープが張り付けられていて、全体の輪郭が青く浮かび上がるという仕掛け。写真では良く見えないかもしれないけれど、実際にはとても効果的。

20190901_152104.jpg

Many colorful hammocks are hung from the pipe scaffolding. For me, the hammocks look ad-hoc without any context, not well integrated with the porcupine…hmm, but why? Modern life is exhausting… the hammocks are all occupied…. The inside surface is covered with a mesh screen that has images of tropical plants. I thought the inward-facing spiky hair could be blue too. I speculated that probably the designers (Pedro y Juana Architects from Mexico) wanted to hide the messy structure supporting the spikes, otherwise, it loses its strength as an image, and they did not have a generous amount of money to provide more than the screen and red hammocks.

工事用の仮設足場を使った構造体からたくさんの赤いハンモックがぶら下がっている。でも、ハンモックは何の脈絡もなく、何か取って付けた感じで、ハリネズミとは統合してるように見えない。…でもなぜ?ハンモックは満席、現代生活は疲れるのだ。ハリネズミの内側は熱帯植物の絵が印刷された薄い布でカバーされている。内側もハリネズ像体ミの毛の先と同じく何かの色で塗られていればどうだったろうか?たぶん内側のごちゃごちゃした構造を見せたくなかったのだろう。それを堂々と見せられるものにするには、ハンモックとカバーの布以上にもっと資金が必要だったのかもしれない。

20190901_152145.jpg

Though in fact, this design makes me comfortable …. it looks fair to me. The installations have become more and more extravagant each year. MOMA seems to give a set budget to the designer but then the designers have to provide more money if they want to do more. Of course, a bigger budget makes the result more fabulous. If you cannot provide that extra money your show would be shabby, and if you raise more money your show will be fantastic… actually, all architects know money solves “everything”. It does not sound very fair. Your ability to raise money determines the success of your show. This reminds me a little of the election of politicians in the US. The best money collector will be the winner. Although here is the dilemma —— if you have a great idea but the money provided by your supporting organization is not enough, will you give up your full presentation or use your own money? or fund-raise?

でも、このデザインの在り方は快い…フェアにみえる。この数年、作品は次第に大がかりになってきて、すぐにゴミになってしまうものに、驚くほどの金が使われている。工事を担当した業者から聞いた話では美術館は一定の資金をデザイナーに与えてらしいのだけれど、それ以上の出費はデザイナー自身が払うそうな。金が有ればあるほど、より素晴らしい展示となる次第。金は何でも解決することは良く知られている事実。しかし、追加出費になるような高額案であっても勝ちたいのは人の常。金の有無が選ばれること、そして展示の成功の成否を握っているとしたら?金に物を言わせた作品ががいつも勝つとしたら、そしてそのような大掛かりなものしか評価されなくなるとしたら…何かフェアには聞こえない。なんだか 金をたくさん集められる候補者が勝者となるこの国の選挙をおもいだす。ここにジレンマがある。もし素晴らしいアイデアがあるのに、後援する組織は十分なお金を提供できないとしたら。諦めるだろうか?それとも自腹を切るか、さらなる後援者をさがすか?

20190901_155807.jpg

Anyway, if you don’t have an unlimited budget you will figure out what to do within the budget you do have. This is a challenge that sometimes provides us with a new solution. I now understand that these red hammocks were the solution. The short life of the installation of just 2 months for the summer program reminds me of one of the Shinto shrines in Japan. Every shrine used to be a temporary building to receive the descendant of a god (or gods) at the harvest. The shrines became more and more fabulous and costly every year, but then they started to reuse them for the next year and the next year….. After many centuries they gave up the tradition, except for Ise shrine. They keep the building for 20 years then demolish it and rebuild a new one, identical in design. The design has been handed down for more than a thousand years but the inheritance is the concept, not the building itself. The enormous expense is supported by religious faith.

ともあれ、使えるお金が限られているとしたら、その中で何ができるかを考えざるを得ない。これは挑戦だが、しばしば新しいアイデアを作り出す。この赤いハンモックが掛かっているのはなぜか?今わかるような気がする。毎年、二か月間を経て取り壊されるインスタレーションは、20年ごとに作り替えられる伊勢神宮を思いださせる。その起源は毎年収穫後に神が降臨する家として、掘立小屋を臨時に作っていたもの。全国にある他の神社もそうだったのだが、年毎に立派になり、もったいないから翌年にも使うようになったらしい。何とか20年を守ることが出来たのが今の伊勢神宮。

20190901_155754.jpg

The building is invisible because of the high fence that surrounds it.  The explanation for this has been  that invisibility or that fact that it is unapproachable gives us something sublime. But this idea that preserving a concept (with an object which embodies the concept) is the purpose, but not the physical object may give a better explanation. Linage in Japan means that in many art forms disciples must preserve their master’s design strictly without development. Ever young Ise shrine doesn’t fit the World Heritage’s idea— understandable.

建物は垣根に囲まれていて、外からちらっとしか見えない。これまでは、近づきがたい存在にして、崇高さを高めるためだろうというのがその説明だった。しかし「コンセプト」が重要で、物を見せる必要はなかったと考えるほうがより納得できる気がする。日本ではコンセプト保存が他のアート形式や工芸品の場合も常識で、師匠の意匠を守るのが弟子の役目ということになっている。「物」を保存するのではなく、「コンセプト」を保存するという、いかにも日本的な考えのように思える。ところで、永遠に若い伊勢神宮は、物を保存するのが目的の世界遺産の中には入れない―さもありなん。

Horseshoe crab カブトガニ

20190615_194653For the last few years, it has become an early summer ritual to go to Jamaica Bay and help count Horseshoe crabs. Late May-early June is their mating season and at high tide, a crew of volunteers organized by the Audubon Society heads out to the beaches of Jamaica Bay to count. The eggs that they lay are an important food source for migrating sea birds.

この数年間、ジャマイカ湾へ行って カブトガニの数を数えて生息状況を調査するのが初夏のしきたりになっている。五月下旬から6月初旬の高潮が繁殖の時期。カブトガニの卵は海鳥の回遊に重要な食糧となるそうな。野鳥保護を始めたオデュボーンの名にちなんだ、オデュボーン学会によって毎年ボランティアが募集される。20170611_204155_Burst01.jpgIt is always a lovely trip, from Manhattan over the Brooklyn bridge and under the Verrazano narrows bridge to Plumb Beach. This year there were more than enough volunteers so I had the task of looking for crabs that had tags on them and picking up the garbage that is constantly being washed onto the beach.

目的地の海岸までの道中も なかなかの楽しい道のり。マンハッタンからブルックリン橋やベラザノナローズ橋を渡って、市の南端にあるプラムビーチに至る。今年はボランティアが沢山集まったので、楽な仕事をもらえた。再帰してきたカニを探す役と、岸に集まるゴミを同時に集める仕事。毎年何匹かのカニが捕らえられ、標識のバッジが付けて放される。20190615_194100It was unusual this year, high tide was during daylight. In previous years we had headlamps and were searching in the dark. It was the first time for me to have the mating rituals in full view. Females do not move, they dig into the sand and the males try to attach to anything that is not moving. I have no idea what is the next step for the bewildered males when they find out the object they attached to is just a human foot.

例年は暗闇の中、ヘッドランプを付けてカニを探すのだが、今年は昼間の高潮なので、まだ明るい。繁殖の様子が丸見え。とはいってもメスは砂に潜ってじっとしているだけ。オスは岩でも何でも動いてないものにへばり付くだけ、のようにみえる。それが目当てのメスなのか、人の足なのか?…どうやって判断して次の行動に至るのか?皆目わからない。

20190615_192642.jpgThere was also a lot of surf, so the horseshoe crabs had to work that much harder and persevere. We helped flip some over that were being tossed around in the high waves. They do a very good Darth Vader impression. In fact their flipped side looks more grotesque. The Hollywood movie industry has successfully implanted an evil impression of this kind of creature on us…..They look aggressive and harmful but actually are much safer than New Yorkers. They are meekly floating on the waves, silent, almost cute.

カニたちは成果を上げるべく懸命に波にのっている。ひっきりなしに高い波でひっくり返され、文字通りジタバタしているのを元に戻してやる。表側はダースベーダーそっくり。裏側は実はもっとグロテスク。ハリウッド映画は邪悪な印象をこの生物から引き出して、我々に植え付けるのに成功した。危険なように見えるけれど、実際は静かで、可愛くさえある。ニューヨーカーよりはるかに安全。

20190615_192709It was interesting to see the sea life that has fastened onto the shells of the crabs, one was covered in seaweed, others had intricate sculptures of barnacles and shells.  It means they hardly move, I guess.

カニの背にはいろんな生物がへばり付いている。これを観察するのは面白い。あるものは海藻に覆われ、あるものはフジツボや貝の彫刻になっている。ということはよっぽど動かないのだろう。

20190615_195200My fellow volunteers were New Yorkers, happily embracing these alien invaders- they are interested in the water life that surrounds the city and the families wanted their children to learn about the rich natural life that a big city like New York has. As I said good night and left the beach the sky was still bright.

今回のボランティアの仲間たちは この大都市ニューヨークに生息する水性生物に興味がある人たちや、家族の子供たちが豊かな自然を学んでほしいと思っているニューヨーカーたちだった。さよならを言って別れた。空がまだ明るい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Akaishi Bairin Plum Orchard 赤石梅林

20190418_041426sWe are now at a small valley near the east coast of Shikoku Island, where plums are produced for liquor and ume-boshi, pickles. We were here 5 years ago too, but this time we went to the deepest end of the valley. In the last blog I wrote it is almost equivalently beautiful to the many beautiful villages in Italy. After removing my fantasy to Italy and nostalgia to Shikoku, I still think so. This landscape is everywhere in japan but this place has something special. There are no buildings which use industrial cladding materials. There is very little traffic. These two conditions make this valley appear to be frozen in time from 100 yeas ago. There is no way to cross the mountain through the end of the valley, so no cars from outside use the valley. There are no shops, no advertising, no parking, no vending machines (which are everywhere even many in the beautiful country side of Japan). The locals go shopping at supermarkets in the next closest village. The old traditional houses are not poor, they are well maintained probably because of the plum industry.

四国の南東部、海岸からほど近いところにある梅林の渓谷に来ている。5年前にも来ていた。そこからさらに谷の奥まで来ている。前のブログで、イタリアなどの風光明媚な村々に比べても、勝るとも劣らないと書いた。イタリアへのあこがれと、四国へのノスタルジーどちらも注意深く心の中から差し引いた(つもりで)後でも やはりそう感じる。わたしだけであろうか?私がこの谷に感じる美しさは、日本のどこにでもあるのだが、それでも特別ではある。ここには特殊な条件がある。新建材で覆われた建物がまったくない。車の交通量が極端に少ない。その二つから、100年前の景色が凍り付けにされているように見える。この谷を登りつめると、行き止まりになって山を越えることが出来ない。そのため通過交通が一切ない。商店も、看板も、駐車場も自動販売機もない。谷の外へ出ればスーパーはすぐそこ。それでも梅産業のおかげだろうか、古い家々が美しく維持されている。

20190418_041516s

At a rice paddy I timidly spoke to the people working, pretending we are local from near by but just lost. We clearly looked like strangers. I rehearsed  in my brain, preparing in my local dialect making sure not to speak in Tokyo dialect… ” Excuse me but what is the fence you are putting up for, why do you need it?”

田んぼで働いている人たちに、恐る恐る、話しかけてみた。たまたまこの谷に迷い込んでしまった同郷人というふりをする。見るからに私たちはヨソ者なのだ。東京弁が口から突いて出てこないように、心の中で予行演習をして…、「あのう、田んぼの周りにネットを張って、なんするんですか?」

20190418_040800s

An Immediate smile returned “ against deer.”  “ what? deer here? unbelievable.” This area shouldn’t be remote enough to have deer. How quiet is this village.

途端に笑顔が返ってきた。「鹿が来んようになあ。」「ええ、鹿?」信じられない。いかに田舎とはいえ、この谷の外ではそんな話など聞いたことがない。村はいかにも静か!

20190418_035121s

20190418_033352s

After taking these photos, I realized they look as if they are from a Japanese garden. I thought Japanese gardens may be an abstraction of this landscape. Then no, no, I thought, eyes which have been seeing Japanese gardens find this landscape beautiful. Finally I thought, maybe it is both like an egg-chicken conundrum.

これらの写真を撮って、後で気が付いた。まるで日本庭園を撮ったようではないか。日本庭園はこうゆう景観を抽象して、再構成したのではないだろうか?と考えた。次に、いいや、その反対で、日本庭園を見てきた目は、そうゆう場所を自然の中に見つけけようとするのではないか?と考えた。最後は、卵と鶏のどっちが先かの議論と同じように、両方なんだろうと考えた。

20190418_035248s

20190418_035327sBy the way, isn’t this bridge scarily thin? We went down under the bridge, and  found that only three “I” beams are holding it up. You hardly see this thickness unless it is someone who is pursuing the simplest proportions of modern architecture. It also looks like a Japanese sword. We left there feeling like we had received a special gift got a godsend.

それにしても、この橋、怖いほどに薄い。岸に降りて構造を見てみると、H鋼3本をシンプルに並べただけ。現代建築の設計でない限り、このシャープさを追求したデザインを見ることはまずない。まるで刀をかけ渡したようではないか。美しい拾い物をした気分で谷を去った。

black

FAIA 米国建築家協会フェロー

20190312_183214

Sandy, the coauthor of this blog became a fellow of the American Institute of Architects, FAIA. The AIA New York chapter organized a celebration party for the new FAIA members. Wikipedia says FAIA is an architect who has made outstanding contributions to the profession through design excellence, contributions in the field of architectural education, or to the advancement of the profession. There are several categories, but her coverage spans design, education and community contribution, which is unusual and hopefully will be a new role model. The AIA allotted two minutes for speeches by new FAIAs at the reception. It is really hard to summarize what the achievements were in that time. 2 minutes flies past instantly. You do not have room to joke or tell a story.

(We found we were silly to believe that we needed to follow that rule, some people entertained the audience with jokes and “thank you speeches” for 5 minutes like the Oscars, they needed that special music to call them off stage. I hope people do not think all architects are like that.)

このブログの共著者であるサンディーが米国建築家協会のフェローになった。FAIAという肩書になるのだが、名誉上級会員と訳せばいいのだろうか?そのニューヨーク支部で祝賀会があった。ウィキペディア曰く、優れたデザイン、教育、職能の向上を通して、目覚ましい貢献をした建築家に与えられるのだそうな。いろんなカテゴリがあるが、彼女の場合はデザインからコミュニティーへの貢献、後進の教育にまたがっていて、これまでにないタイプで、これからのモデルになると素晴らしい。レセプションのまえに新人FAIA が手短に業績を紹介するスピーチをする。2分間という決められた時間の中で、表彰された理由を要約するのは至難のわざで、ジョークを入れたり、語り調にする余裕はない。2分なんてあっという間に経ってしまう。

(あとでこのルールを守ろうと苦労した我々はバカだったと悟った。何人かの新FAIAは面白可笑しく物語にして聞かせてくれるし、ジョークで観衆を楽しませている。そしてオスカーの式でおなじみの、奥さんや相棒、関係者の協力をねぎらう感謝の延々たる連呼。たぶん話すべき内容がないのに、何かしゃべらないといけないから、ルールを破ることにしたのだろう。)

IMG_0100blog

A few days later we organized our own reception inviting our friends and clients. We chose to hold it at the blue origami wall of the MS imaging center that we designed a few years ago. Actually the wall will be torn down in several months for an extension of this medical facility. The reception was also meant to celebrate the short life of the blue origami wall. Many images of this wall have been published, so today’s guests would know it but experiencing the space at this scale was quite different… everybody looked curious and asked us “ How come?” noting how sad it was that it was being torn down.

後日、私たちの事務所主催で小さな受賞記念のレセプションを開いた。会場に選んだのはMSイメージセンタ―の青いオリガミ壁の前。数年前に私たちが設計したもの。実はこの壁はこの医療施設の増築に伴って、数か月したら取り壊される。受賞レセプションはこの短命だった壁の記念を兼ねている。この壁の写真はいろんなところに出ていたから、招待客らは知っているはずだが、実際に体験するのとはだいぶ違うらしい。このスケールで本物を見て、みんな残念そう。「なぜ?どうして?」と質問攻めに会った。

IMG_0888.jpg

In June the AIA is having another event for new FAIAs in Las Vegas. They require men to wear “ black tie” and there will be dancing. One of the coauthors is getting less excited to join it.

6月には全米レベルの祝賀晩餐会がラスベガスである。男子はタキシードの着用が求められていて、ダンスもしないといけないらしい。もう一人の共著者は行くのがたいそうになってきた。

Untitled-1

Women’s March 女性の行進

I have attended the women’s march for the last 3 years and I am always recharged and encouraged by the energy and hope— we all seem to think we can make things better.

There was a lot of whining this year about how there were fewer people and there was not a consolidated idea behind marching- but I really wonder if there needs to be. It was great to see a truly diverse group of women out there, and some fantastic signs, raunchy, funny, serious and so disrespectful sometimes.

私は過去3年間この行進に参加してきた、そのたびにエネルギーと希望を再充電し、励まされている―――参加した全員が世界をより良くすることができると考えている。

今年は人が減ったことや、行進の背後にある統合された考えがなかったことについて多くの意見が寄せられたが、その必要が本当にあるのでだろうか? 多様な女性のグループが出ているのを見るのは本当に素晴らしかった。

I joined up with the women designers, engineers, architects, and landscape architects- any women in a design profession (or not) was welcome in the group. There have been several newspaper articles lately about why aren’t there more women architects? Lots of reasons and women architects are still often not paid as much as their male colleagues, but there were over 73 women willing to come out and march together under the banner of #women build.

私は女性のデザイナー、エンジニア、建築家、造園家と一緒にいた。デザインの仕事をしている女性は誰でも大歓迎。 最近、なぜ女性建築家が増えないのかについてのいくつかの記事新聞に載った。 そこには多くの理由がある。女性建築家が彼らの男性の同僚ほどまだ給料が支払われていない。一緒に出て行進したいと思う女性たち#women buildのプラカードの下に73人以上いた

One of my favorite groups that I shared several blocks of the march with seemed to be friends from high school. They were a completely racially mixed group of women, black, yellow, white and every shade in-between; they were singing and dancing and eager to change the world.

数街区を共に歩いたいくつかのグループの中で、私が気に入ったのは、完全な人種の混ざり合ったグループで高校時代の友達らしい、黒人、黄色人、白人、そしてそれらの混ざり合ったさまざまな色のグループだ。 歌と踊り―――そして世界を変える情熱。

There were, of course politically focused signs and many volunteers to sign up anyone who was not registered to vote.

Someone stopped me and asked “can’t you build us a better White House?”  I said “we sure are trying….”

もちろん、政治的に焦点を絞ったサインがたくさんあったし、選挙の投票に必要な登録をまだしてない人を目当てに、この機会を利用して登録手続きを手助けするボランティアもいた。

見ていた人が尋ねてきた。「あなた方は私たちのために良いホワイトハウスを作れるわよね?」…… 答えて曰く、「頑張ります。」

 

 

Bowne House ボウンハウス

For this years “Open House New York “volunteer assignment I was sent to Queens and on my way home I discovered this wooden house, the oldest house in Queens, preserved for its significance in the history of New York.  John Bowne was the author of the declaration that was the first step in confirming religious freedom for Americans and his family lived in the house for 9 generations.

毎年オープンハウスニューヨークのボランティアに参加しているが、今年はクイーンズにある大きな庭園とその中にある古い家 ジョン・ボウン ハウスを選んだ。クイーンズ地区に現存する最も古い家屋で、ニューヨークの重要な歴史の証人として保存されている。米国で最初に宗教の自由の宣言書を書いたジョン・ボウンがここに住み、その後9世代が住んでいた。

A member of the family was the founder of one of the first nurseries in NYC who collected trees and plants from around the world. He is the one responsible for the wonderful garden and the collection of specimen trees.  Many of their descendants have been spread across the country from this garden in Queens.  The garden is huge compared with the typical suburban houses and the street is lined with large oak trees planted by the family. It was originally farmland but now it is surrounded by masonry low-rise apartments, so out of place in this dense environment.

その家系の一人は世界中から種をここに集め、ニューヨーク市で始めての育種所を設立している。この庭園はその遺産である。現代の典型的な郊外住宅の庭に比べ格段に広く、その前にある通りにも二尋以上ある巨大な街路樹が並んでいる。家族によって植えられたものだという。ニューヨークの街路樹のいくつかの種類はこの育種場から広がったらしい。もともとは農園であったが、今は敷地ぎりぎりまで押し寄せたレンガ造の低層住宅に取り囲まれて、高密度に成長した街並みの中で、全く異質に見える。

In this garden I met two interesting women, one had been a professional gardener and the other was an architect who is also the caretaker of the house. The caretaker lives in the house and lovingly cares for the garden. The house is part of the New York City Parks Department system,  but like most of the parks in the city the parks department cannot maintain it by themselves and they rely on volunteers. She was looking for more help to prepare for the winter

この庭園で二人の女性、庭師とこの家の管理をしている建築家に出会った。この建築家は住みこみで家の面倒を見ながら、設計活動をしているという。この庭はニューヨーク市公園課に属していているのだが、例によって彼らだけでは維持できず、彼女たちのボランティアに頼っている。冬が迫っていて、彼女らだけでは間に合わないので、オープンハウス以後もボランティアの助っ人を探していたという。

I brought another volunteer with me today. We are here to prune and trim trees. As some of the plants are rare and have historical value as part of the original planting, you have to be careful how to cut. This additional helper amputated even the largest branches. The architect looked a bit worried. Did he meet her expectation?

今日は、もう一人の助っ人を連れて木々の剪定に来た。園内の木々はオリジナルの貴種や、歴史的に重要な樹種もあるのでむやみに切れない。この助っ人は大きな枝もスパスパ切落としてゆくので管理人兼建築家はひやひやしたに違いない。彼女の期待に合格しただろうか?

There is no photo showing it but there was a huge pile of trimmed branches. You will see the results of our work next spring. We were invited to come again.

写真にはないが、切られた枝を集めると大きな山が出来上がった。春にはこの剪定が本当に上手くいったかどうかわかるだろう。来春も来るように頼まれた。

 

 

AllKB on the waterfront ウォーターフロントのAllKB 

 

P1080034s

Every fall the Alliance for Kip’s Bay has been planting and cleaning up Glick Park, located just south of  the United Nations. But this year it is closed for renovation, so this fall for the “It’s My Park Day”  we traveled outside the park. “It’s My Park Day” is a twice a year event sponsored by the NY Partnership for Parks, who supply tools, bulbs and this year bright pink spotted garbage bags. Volunteers gather throughout the city to work on their local parks.

毎年秋にはAllKBAllKB、キップス湾ボランティア連盟は国連ビルの真南にあるグリック公園の球根の植え付けと花壇の手入れをしている。ところが今年は改修工事のために公園は閉鎖された。そこで今年は活動の場をここから少し南に移している。この活動は「ニューヨークの公園仲間」が後援する毎年二回のイベントの一環で、「マイ公園の日」と呼ばれる。ニューヨーク中でボランティア達が各地元の公園に集まる。毎回、市から支給される道具と球根に加えて、今年はピンクの黒丸付きゴミ袋が付け足された。

P1080039s

Our neighborhood is changing- we have a new park, new buildings and and a ferry service connecting 35th street to the Bronx, Brooklyn and Astoria, all taking advantage of our location on the waterfront. Our clean up was focused on the area  by the ferry terminal, part of the East River Greenway where we worked on the tree beds south of Glick Park. Our efforts focused on making this piece of the Greenway, a greener place to relax and enjoy the waterfront. Our work also contributed to a special project;  as a memorial to the victims of 9/11 this year 500,000 daffodil bulbs are being planted throughout the city.

この近隣は大きく変化してきている。新しい公園、新しいビル、フェリーの新航路等々。新航路は35番通りからブロンクス、対岸の北部にあるアストリア、ブルックリンを繋ぐ。すべてここにある川のウォーターフロントのおかげである。今回の活動はこのフェリーターミナルのそば、イーストリバー川沿いの緑道、グリック公園の南の街路樹の足元に焦点を当てた。私たちの目的は緑道をもっと緑化してウォーターフロントをもっと楽しめるようにすることであった。今回のイベントは特別で、9/11の犠牲者のメモリアルとして50万個の水仙を全市に植えるというプロジェクトの一環となる。

P1080047s

We organized volunteers  from NYCares (an volunteer organizer), a local school and the local men’s shelter.  We dug up the rock-hard ground, planted 1,000 bulbs out of the 500,000, and discovered snoozing worms.

今回、ニューヨークケアというボランティアの団体と、地区のホームレスシェルターや学校からボランティアをオーガナイズした。石のように固くなっている花壇の土を掘り起こし、眠っている芋虫を脅かしながら50万個の球根の一部、1000個を植えた。

.

P1080057s

P1080060s

The ferry route was expanded this year. It has been welcomed by the community, bringing more pedestrians and other New Yorkers into the neighborhood. This transit node has been demonstrating the potential that a continuous  bike/pedestrian Greenway would create along the East River. The Greenway is a potential loop around the entire island, although it has a gap. Currently the Greenway north of the ferry terminal  disappears at the UN which you can see in the background of the photo. North of the UN, the section from 60th down to 53rd  is ready to be closed, but still the UN will remain one of the biggest barriers to continuous waterfront access. We keep advocating for a continuous route but it seems a distant goal. I finished our work hoping this will help to make this stretch of the waterfront an welcoming accessible neighborhood amenity.

数年前にここに就航したフェリーは、地元に歓迎されるだけでなく、ニューヨーク中からの利用客を増やしてきている。この公共交通の乗り換地点が成長することで、イーストリバー川に沿った自転車・歩行者専用緑道がもし繋がれば、いかなる利便が得られるかを人々に教えている。この区間がつながれば、マンハッタン島は緑道で一周することができようになる。しかし現状は、ここから北に行けばすぐに、国連(写真の背景に見える白い塔)で行き止まる。国連のさらに北側、現在ギャップとなっている53番通りと60番通りの間に関してはウォーターフロントに出られるようになって、ギャップが塞がるのは時間の問題に見える。しかし国連自体は最大の障害のままである。私たちは事あるごとに途切れた緑道が繋がるように運動をしているけれど、長い道のりになりそうだ。今日の活動が水辺親水公園整備へと広がり、地元のアメニティーを作るのに役立ってほしい、と思いつつ、仕事を終えた。

P1080064s

We are all looking forward to the spring to see the blooms on our waterfront and then get back to Glick Park.

春には花が咲き、グリック公園が再びオープンするのが待ち遠しい。

Bike Tourism in Shikoku 四国自転車ツーリズム

between fishing villages 漁村から漁村へ

Every country is having difficulty to maintain their train system outside of the big cities. Cars came to the world just over 100 years ago, and quickly became something we cannot imagine being without. Google map ignores railway lines. In North America cars dictate the materialistic world and also the spiritual world—-world view, someone criticized it as Ford-ism. Train systems in the countryside are becoming extinct.

どの国も鉄道は都市以外では運営が苦しくなっている。一方自動車が歴史に登場してから100年しかたってないのに、今やこれなしでやっていく世界を想像することはかなり難しい。地球の石油を使い切ったあとも存在するのだろうか、永遠に?グーグルマップには鉄道路線は載っていない。ことに米国ではそのインパクトは人々の世界観、思考さえ支配している。そのことを批判してフォーディズムとよぶ人がいる。鉄道は都市部を除いて衰退を道をたどるかに見える。

In such a global situation, a new idea for train systems is emerging, updating the old idea of trains being just transportation from one point to another, it is now entertainment with train rides introducing beautiful views and interesting towns. This reminds me of the cross continental trains or ocean cruises. Those tickets sell  out quickly. If this is effective even in the country side, local lines may be reactivated. Nowadays the local routes are losing passengers and therefore service and as a consequence they lose more passengers…

そんな中、列車でゆっくりと山や海、町を周遊する旅が繁盛しているという。鉄道が目的地への到達手段としてだけに使われた、かつての利用形態から、新しい鉄道のあり方を示している。先日の読売新聞にJR四国のトップのインタビューが掲載された。非常な人気でチケットがすぐ完売するらしい。”わざわざ乗りに来る”という、この戦略が有効ならば、地方幹線に限らず、これまで注目されなかった支線も、そしてその先のへき地も見直されるかもしれない。今や田舎の鉄道は通勤通学ための数便以外は一両編成。それもガラガラだから、そのうち便数が減るかもしれない。ますます不便になって、ますます客が減るという悪循環になっている。

Today, we are 20km from Tokushima  and about 100km from Muroto. There was a cyclist on the bank of the beach. He was wearing racing gear on a super light bicycle equipped with GPS. He takes a bicycle tour every weekend and typically rides about 200km. He says some bike routes are well separated from car traffic like the one we are on but mainly he shares the road with cars. We are amazed with his passion as  touring with vehicle traffic cannot be pleasant. If he can skip heavy traffic in and around the city by bringing his bike on the train, his tour would be fabulous. He also could have a much longer bike ride.

今日、四国の徳島から20キロ、室戸岬に向かって‘100キロほどの距離のところまで来ている。海岸の堤防の上でビシッと決めたサイクリストに出会った。超軽量の自転車に競技用スーツ姿、ハンドルにはGPS。徳島からこのあたりまで来るのは毎週末のことで、いつも一日200キロぐらい走るという。ここに見えるような自転車用の線を引いてあるところはところどころあるけれど、あいにく交通量の大きな国道を経由するそうだ。とても気持ちがいいとは思えないから、彼の情熱にあきれる。もし彼が鉄道に自転車を載せて車に溢れた都市部とその郊外を飛び超えられれば、彼の一日は格段に素晴らしいものになるに違いない。もっと遠くへ足を延ばすことだって可能だ。

What if we can launch cycling tourism? Many more people would visit the country side by easily carrying  their bikes onto the train.  You can get off at a station and get back on again from a different station, even a different line. This would be a long day but a real trip. Actually we do this with the New York city subway. The direction of travel is always opposite to the rush hour commuters, particularly on the weekends when the subway is not crowded.

ここに一つ提案をしてみたい。サイクリングツーリズムを起こせないか?経路上の住民に歓迎されるだけでなく、都市部から行ってみたいと思う人が増えるかもしれない。好きな駅から降りて、別の駅から再び列車に乗り込む。自転車を分解したり組み立てることなく、自転車を押してすっと乗ってすっと降りる…一般客と同じように。大交通量の都市郊外部をスキップして、いきなり農道を走る。同じ線路でなくてもよい。帰ってくるときは全く違ったルートで家の最寄の駅から帰宅する。終点を自転車でつなげば巨大なループ路になる。スケジュールをざっと決めただけの、気ままな一日旅行ができる。実は私たちはニューヨークの地下鉄をこのようにして使って、いろいろなところへ出かけている。疲れた体でも、列車の中で居眠りができる。しかもこの動きは通勤客とは反対方向で、朝は都市周辺部へ向かい、夕に都市中心へとむかうので、列車は常にすいている。週末はたいてい週日と同じスケジュールで運行されるから、さらにがらがら。気軽に出かけられるのに欠かせないのは列車の中に自転車を自由に乗り入れができること。かつての高度成長期の混雑する列車ならいざ知らず、自転車を専用袋に入れないといけないなんて現実的ではない。

The other thing we can do is to organize routes which are safe and have fewer interactions with car traffic. A dedicated bike path is ideal. The route can zig-zag, it is not the shortest ride, but we can enjoy the beautiful scenery and simply ride; visiting towns and villages. The shoulder of the road can be widened and defined as a bikeway. Sidewalks may be shared with bikes if pedestrian use is them very rarely.

もう一つ、自転車道を指定して、その安全性を整えることはできないか?自転車ツーリズムは到着することが目的ではないから、最短ルートを旅する必要はなく、ジグザグでも、後戻りになっても、安全で景色の良いルートを繋いで設定できる。そうして幹線道路と交わるのを最小にする路線を整える。もっと路側帯の幅を広くして、それを自転車道として整えたり、ほとんど歩行者の無いところでは、歩道と共有できるよう改善できるかもしれない。ママチャリを改札から押して入れて、車に注意しなくてもよい一日旅行ができたら!!散歩の気分でずっと大きなスケールを体験できる…次週もまた来たくなる。

Because it is not easy to get to the local towns it means that an undeveloped simple environment is still there. Once it is developed for tourism assuming car access it will bring more traffic and end up with wider roads and bring more traffic.  This bad circulation will threaten the quiet environment which was the charm of that location. On the contrary, train tourism preserves the environment but requires a sustainable number of passengers. Some weekend-cyclists carry their bikes in their car to reach areas outside the city, but they have to come back to the car. It is not a bike tour. They have to go through heavy traffic again to come back on Sunday evening. If bicycle and train travel are combined, more people can easily access many places keeping the environment and culture there and along the way. In order to do this, trains and platforms need to be easily accessed. Not only professional cyclists but recreational cyclists like us can easily travel very far, even on the way home from work. The current health boom may spur bike tourism. What about touring to the 88 Temples of Shikoku by bicycle…..

交通が不便というのは、商業化されない、素朴な環境が残されることをほぼ意味する。そのような場所は知られていないだけで、日本中にたくさんあると思う。自動車交通を便利にすれば、新しい交通量を呼び込み、ますます太い道路の必要、そして渋滞という悪循環が起こる。素朴な環境が壊され、その場所をまさに魅力的にしていたものが脅かされる。一方、鉄道は経由地を荒らさない優れた交通手段。けれど、よっぽど利用客がないと路線維持はかなり難しい。車に自転車を載せて田舎まで来る人もいるけれど、止めた車にまた帰ってこないといけない。そして帰路はいつものように渋滞。でも鉄道と自転車をリンクすれば素朴な環境を残しつつ、この土地を見に来る人々を増やせるのではないだろうか?町からプラットフォームにそのまま自転車を持ち込められれば、サイクリストだけでなく、ママチャリストもお遍路さんもいっぱいくるかもしれない。健康ブームに乗って、悪い空気の、危険な都市を避けた、手軽な自転車ツーリズムが根付くかもしれない。

ALLKBA at Glick Park グリック公園

In our neighborhood there are public parks and streets which need flowers and trees, but the ground is so dry and hard – it has been left forgotten for so many years. KBNA is a not for profit organization that takes care of the flowers and plants at Glick Park and also the tree pits near the park that are part of the bicycle lane system.

私たちの近所には地面は乾いてカチカチで、木や花が植えらないまま、何年もの間、ほったらかしになっていたある公園や通りがある。KBNAは私たちによって組織されたNPOで、数年前から、公園の植物の世話や、公園に接した自転車専用道の街路樹の世話をしている。

One of the activities our group supported was posted in this blog, we proposed a service roadway to become a real public amenity, street cafes , seating a kids play area and an event space where local musicians can mingle with residents.  The streets should become more lively and active, unfortunately our proposal was  denied by people who live in the adjacent property. It should have benefited them but they were not convinced.

KBNAの活動の一つが以前にこのブログに載せられた。搬入用の駐車だけに使われている通りにカフェや子供の遊び場、イベント広場といった公共のための仕掛けを提案した。地元のミュージシャンが人々と混じりあえる。公共の通りはもっと生き生きとした場所に変えられる。この提案は残念ながら、この通りに面する建物の住人達の反対にあって実現しなかった。もしそうなれば多くの人がその良さを手にすることができたのだが、彼らが確信するに至らなかった。

 

 

 

 

Our targets are any kind of park/garden and streets which will contribute to making urban living better and enhance community life. 私たちの活動の目的は、どんな公園でも構わず、地域コミュニティーを活性化して、より良い生活の助けになるようにすること。

 

 

 

One of them is this ….. park, with it’s fantastic view of the East River, a full panorama although the park is not well recognized . We want to make this park more beautiful and popular. Today we planted flowers and shrubs  and our next task is to keep them watered.

その一つがこのグリック公園。イーストリバーの河岸の素晴らしいパノラマの眺望があるのだが、あまり知られてない。私たちはもっと美しくして、もっと多くの人に利用されるようにしたい。今日も植物を沢山植えた。次の仕事はきちんと潅水がされるようにすること。

The neighbors who believe this park will make the community better got together to take care of the garden. They came from many different backgrounds. An Estonian who  recently arrived noted that the medical system is terrible here, a Chinese family and so on. What made them to come to join this activity? Look at their kids full of curiosity and having fun. Their contribution is so great. Why not more kids? Why not more adults?

公園が地域生活に役立つと考える地元の人々があつまった。旧移民、新移民問わず。ごく最近エストニアから来た人が米国の医療システムはとんでもないと愚痴ながら、手を動かしている。彼らを何がここにひきつけるのだろうか?この子供たちの好奇心いっぱいの表情はどうだろう!遊びながら、大きな貢献をしている。もっとたくさん子供たちが来ないものだろうか?もちろん大人たちも、もっともっと。

They came from many different backgrounds—-old migrants and new immigrants. An Estonian who recently arrived is working hard complaining that the medical system is terrible here. What made them to come to join this activity? Look at their kids full of curiosity and having fun. Their contribution is so great. Why not more kids? Why not more adults?.

 

 

 

Lamma Island ランマ島、香港

We are now in Hong Kong. We were here 10 years ago too. It has changed so much, Kowloon castle is gone, HSBC bank designed by Sir Norman Foster was the rare tall building and looked like it was predicting the future and soon Bank of China by IM Pei joined it, but now they are settled among the 100 tall anonymous buildings. Their facades still have a unique significance but did they demonstrate a model for the next generation?  We are not sure. Last time we were here we saw, I think, more people walking on the streets but today hardly to see people on the streets, possibly it is too hot and today is weekend. One difference is many shops and restaurants moved into high rises so that you can not see them from streets. You will find them through internet but not hanging around the city. This is the same phenomena we saw in Tokyo on the way here. Shops and restaurants are so sophisticated but the city sadly lost the face of activity. Remember how cities use to be… shops and restaurants were exposed on streets and joy of hanging around the city. I guess people prefer air conditioned space to explore the city.

今香港に来ている。10以上年前にも来たけれど大きく変わっている。九龍城はなくなり、ノーマンフォスター卿のデザインしたHSBC銀行は今はさらに高い沢山のビルの中に紛れてしまった。かつては周りの高層ビルのなかでひときわ目立つ、香港の未来を先取すると思われた建物で、そのあとIMペイのデザインした中国銀行のビルがそれに加わった。これらの建物のユニークで魅力的なファサードは、次世代のモデルになるだろうか?かなり疑わしい。さて、前回ここに来た時、もっと通りに人が歩いていたと思うけれど、今日はあまり人を見ない。週末だからだろうか? そのわけはレストランや商店が高層ビルの中に入っていったからではないだろうか?インターネットで調べてくるので、もうぶらぶら歩きをしなくなったのではないか?これと同じ傾向を東京でも見た。店やレストランは上品になって、大きなビルの中に他の店や事務所と一緒に納まり、表からは隠れてしまって、町は賑わいを失いつつあるのあるではないか?たぶん人々は町を散策するよりは冷房の効いたモールを好むようになったのかもしれない。

Today we came to an island called Lamma which is a 40 minute boat ride from the center of Hong Kong, one of many islands in that make up Hong Kong. Despite its image Hong Kong has hundreds of  islands and they are attracting more tourists.

今日はランマ島に来ている。開発の進んでいる香港島の中心から40っ分ほどの船旅。香港は大都会のイメージと逆に何百もの島がある。田舎の残る島を訊ねる観光客が増えている。

After landing on the narrow walkway of the pier we walked up the main street that goes deep into the island through restaurants, shops, cafes and beaches and lovely clean public changing rooms. It is so nice and relaxing. Why is that…? It took a while to figure it out.

波止場から伸びるの細い道が唯一町深くまで伸びている。立ち並ぶレストラン、商店をすぎると海水浴場ときれいな更衣室。活気はあるものの、とても落ち着いた良い感じ。どうしてそう感じるのだろうか?何かが違う。そのことに気が付くまでしばらく時間がかかった。

Yes, no cars!! Absolutely no cars on this island. Isn’t it a privilege not to have any cars and still be part of a city? In other words, does every community have to allow cars into every street and  be continuous to every other part of the city, giving up a sense of community? Why can’t individual parts of the city be like an island? Is it really so inconvenient? …

そう、車が走ってない!どこにも見えない。市中にありながら車を見ないで済むというのは何という特権だろうか。別の言い方をすれば、どのコミュニティーも車が通れるように地域の空間を全体の都市に差し出して他の地区に繋がっていないと忘れられる。地域コミュニティーはコミュニティーでなくなる。なぜ、ここのように陸の「島」になれないのだろうか?本当に不便なのだろうか?

New York is considered the most functionally designed and most exciting city (a  simple straight grid and wide streets) in the world. In a grid system, every corner is equivalent (and almost the same) and exposed to heavy car traffic. For some people exhausting means exciting….  But is it really so ?

ちなみにニューヨークはすべての通りが同格に繋がり、最大限の流通が可能で、最も機能的にデザインされていているという。そのために最もエキサイティングな町だといわれる。碁盤の目の都市では、ある交差点は他の沢山の交差点の一つと何ら変わることがない。しかもどの通りも区別なく同じ大きな交通量にさらされている。「島」がどこにもなく、町全体に空け放されている。人によってはこのノイズがエキサイティングに映るらしい。本当にそうなんだろうか?

All of the photos above were taken along the small but main street. You can click all images to enlarge… for a more spatial experience. ここに載せた写真はすべてこの島のメインストリートたる細い道から取ったもの。クリックすれば臨場感のある大写しに…。

new ORIGAMI hat design at Easter Parade 新オリガミ帽デザインイースターパレードで

The Easter Parade came again this year. We have been creating new hat forms since we joined the parade in 2013. This year we experimented with a series of hats created from a single tube of origami. They are all composed of one sheet of paper (to be precise a tube). Six papers are combined to form a long tube, otherwise one long sheet of paper is cumbersome to handle. Precisely speaking, these final forms are not mathematically “origami”. Making a tube with origami is a precise mathematical process, however when it is bent to become a torus we are using the flexibility of paper. In other words, if the material is very hard it cannot be used to make these hats.

今年もイースターパレードの時期が来た。2013年から毎年、新作の帽子をオリガミで作って参加している。今年は筒を折りこめば帽子になるのでは?と、新しい試みをしてみた。どの帽子もすべて(理論的に)筒になった一枚の紙からできている。実際には6枚の紙を繋げて長い筒にしている、でないと大きな紙は扱うのが大変。厳密にはこれらの帽子の形は数学的なORIGAMIではない。筒をオリガミで作るところまでは数学的なのだけれど、これを曲げてドーナツ状にするところは紙の柔軟さを利用している。別の言い方をすると、もし素材がとても固ければこの形にするのは酷く難しい。

tube before folding. thin folding lines are printed. 折る前の筒、かすかに折れ線が印刷されている

Many people were attracted to these hats and constantly asked for permission to take photos. Some wanted their picture to be taken together with our models. They were amazed with the forms but strangely they didn’t ask any questions. Simply they don’t care how the hats are made? Or they are lost for words as they have not seen this design? Only a friend of ours asked questions to satisfy his curiosity.

大勢の人がひっきりなしに来て、写真を撮っていいか聞いてくる。ある人たちは一緒になっている写真を撮ってゆく。皆なこれらの形に魅了されるのだけれど、不思議なことに質問が来ない。どう作ったかには関心がないのか?それとも見たこともない帽子だから言葉を失ったのか?好奇心いっぱいの友人一人だけが訊ねてきた。

I answered  “We don’t use any origami generating program software. We use Computer Aided Drawing software just to draw lines more precisely than hand drawing.”

次のように答えた。「手で書くより単に正確に作図するために、CADプログラムは使うけれど、オリガミを製造するようなソフトウェアは使わない。」

“We fold for fun and for finding practical applications but also for transcendence through mathematics without equations and formulas.  If any computer program starts generating these forms automatically, I will quit origami.”

「オリガミをやっているのは楽しみのためや、応用を考えてではあるけれど、それだけではなくて、数学を通して超越的な気分になるから。もしコンピューターが自動でこれらの形を作るようになったら、オリガミをやめるだろうね。」

Please check different designs posted in the past. 過去のデザインもご覧あれ。

https://yoshiharamckee.wordpress.com/2016/04/02/easter-parade-2016/

https://yoshiharamckee.wordpress.com/2015/04/07/the-audrey-hepburn/

https://yoshiharamckee.wordpress.com/2014/04/29/easter-bonnets-2014/

https://yoshiharamckee.wordpress.com/2013/04/18/our-easter-bonnet-video/

Hudson River Greenway ハドソン川自転車専用道

Several months ago five people were killed on the Hudson river green way, by a van that intentionally ran them down. We use the green way every week to commute to a project site, it’s a separated lane for bicyclists removed from the traffic and makes a great way to travel. Right after the murders every opening to the road was protected with concrete barricades for the full 10 km to prevent cars from invading into the green way pedestrian/bike lane. They are installed along the lane but the edges are painted with a florescent color to prevent bikers from running into them. We thought they were ugly because they disturb the smooth flow of bikes and are not appropriate for a “green” way running along the adjacent Hudson River Park.

数か月前、自転車専用の緑道で故意に車になぎ倒されて数人が殺害された、その専用道を私たちは仕事で毎週使う。(テロという言葉がはやり言葉のように使われているけれど、しっくりこないのは私だけか?)その事件が起きてすぐ、コンクリート製のバリケードが11キロある専用道の端から端まで、車が進入する場所すべてに設置された。車が自転車道の方に入れないように、これで道幅が狭められている。自転車の通行方向に沿って置かれているものの、角に突き当たりそうなので、蛍光塗料が塗られている。スムーズな通行を妨げるし、公園に隣接して走ってる緑道には似つかわしくなくい。かなり見苦しい。

These barricades oddly enough reminded me of  the train design of the British railway. The trains are yelling “watch out! I am not going to stop! never”  and the barricade is yelling ” watch out, I will never move”. The subjects are different but they share the orange nose and liner form along the direction of movement.  Additionally the barricade looks to have something like couplers. This maybe a good example of a theory in Bio-morphology—–a similar function builds a similar form even if they are not related at all.

変な話だけれど、このバリケードは英国鉄道の先頭車両のデザインを思い出させる。列車の場合はこっちは絶対に止まらないので注意!と叫んでいるし、バリケードの場合はこっちは絶対に動かないから注意!と叫んでいるわけだ。動く主体があっちかこっちかの違いはあるけれど、運動方向に沿って線形なのと端部のオレンジ色はそっくりに見える。おまけに何やら連結器のようなものさえ見える。生物形態学の言うように、機能が似ていると、全く関係のないものでも形が似てくるという例だろうか?

englandTrain

Well, lets come back from this derailing….. what is the advantage of  installing this barricade here in reality?  This bike lane just happened to be picked. The attack could happen anywhere in New York, any street, any side walk… any place. The city would be packed with these British trains to protect pedestrians and bikes and paralyze the traffic. The city cannot just be silent, they had to do something. Luckily they could do something on this bike lane because of it’s unusual design… there is a bank and a planted border between the motor vehicle lanes and the bike route. Norma almost every sidewalk in New York has direct access to the road to allow drop off to the side walk, access to driveways, fire hydrants, and for deliveries and loading docks, and parking which is the basic assumption of urban design. That is why you never find low plants like in the image below.

さて、脱線はここまで。この英国列車を配置することにどんな何か意味があるのだろうかといりいろ考えた。犯人がここを犯行現場に選んだのはたまたまであって、ここでなくてもどこでもあコりえたはず。通りのど真ん中でも横断歩道でもできただろう。そうゆう場所でこのようなバリケードを設置することは全くのナンセンスで、もしそんなことをしたら、全NYがマヒすることになる。しかし、当局は何かしなければいけない、と感じてたに違いない。幸いにも、この緑道はこうゆう措置ができたニューヨークで唯一の場所だった。一般の通りとちょっと違うデザインだったから。当地では大小問わず、通りはどこでも、車を降りてそのまま歩道に上がれるよう、荷を下ろしたら遠回りしなくても、すぐさま歩道に踏み込めるよう、歩道の際に障害物がない。都市計画が路側駐車を前提して設計されている。だからこの地では右下図のような低木の植栽は見かけることがない。

side walk

Right: the Brooklyn Central Library, our proposal for a new canopy and fore garden for the theater entrance. Left: existing condition. Low plants between cars and pedestrians would give the entrance a welcoming focal point. This does not seem to happen here even though the sidewalk has this ample width. 右図はブルックリン中央図書館の劇場入り口の提案から。キャノピーと前庭のデザインを含む。左図は現状。これほど歩道が広いのだから右図のように車道との間に植栽帯を置きたかったのだけれど、NYではできないらしい。そうすれば入り口付近が際立って、「ようこそ!」の感じが出せたのだが…。

 

Here the planting and permanent barricades which would never allow cars to go into the bike lane. Installing British trains just at the openings  of the lane works very well. Speculatively the main purpose is to tranquilize and ease people’s psychology. After considering I guess that may be the practical function of this British train.

A few years ago in Tokyo bombs exploded that were hidden in garbage bins in public spaces. Immediately all of the garbage bins disappeared from public spaces. When the fear that this might happen again faded they all came back. There is no guarantee this will happen again, and I ( irresponsibly) hope these British trains will return home someday when the fear is gone.

ところがここは例外的に道路との間に分離帯がある。車は決してここを乗り越えられないから、道路から自転車専用道に交差する進入路だけにこの英国列車を置けば車を締め出すことができる。この措置ができたのはこのような物理的な幸運な条件がある。いろいろ考えた挙句、このバリケードの効能は精神安定、人々の不安感を和らげることではないだろうか?と推測するに至った。この効果が英国列車に期待された本当の機能だったのではないか?

東京で数年前、ゴミ箱に爆弾が置かれた事件が何度かあったとき、ゴミ箱が東京中から消えた。けれど、かなり長い時間を経た後、ゴミ箱がじわじわと復活した。また起こるかもしれないという恐怖が薄れたのだ。(無責任にも)ここでも再発への恐怖が消えて、つまり、ほとぼりが去って英国列車が全部倉庫に帰還する時が来るように願う。また同じようなことが起こらないという保証はどこにもないのだけれど…。

NY Open House ニューヨークオープンハウス

Today I was stationed at the new sanitation garage in the east village for Open House New York. I have volunteered for several years for this event which is held every fall. Based on a model that was developed in London 25 years ago, Open House has spread to 35 countries and is a wonderful opportunity to see monuments, hard to get into spaces, architects studios or private homes. All types of buildings are opened up to the public for one weekend.

イーストレッジにできたゴミ回収車のガレージに来ている。オープンハウスの手助けをするボランティアをこの数年している。あらゆる建物の種類が毎年この時期の2日間だけ公共に公開される。オープンハウスの企画は記念建築やめったに入れない建築、個人邸、建築家のアトリエなどを見る素晴らしい機会を提供してきた。25年前にロンドンで始まって、今や世界の35か国に広まっている。ニューヨークでも年毎により広く知られるようになって、予約が必須になってきた。

The tours were led by the architects of the building and the sanitation department- it turns out that the sanitation department was the one who wanted to join the event. This department deals with a much misunderstood part of our city life, the services they provide are invaluable but no one wants a sanitation garage in their neighborhood. They are trying to inform the public of how important their role is. This garage happens to be a pretty wonderful building, it is certified as LEED gold (Leading in Energy and Environmental Design), has fantastic views of the Hudson River for the workers, fits into the scale of the neighborhood with an intricate dynamic facade and also happens to houses garbage trucks.

建物の内覧ツアーは衛生局とデザインをした建築家によって案内された。この企画に加わらんと希望したのは衛生局だったようだ。衛生局の提供する市民サービスはとても大切なものであるのに、ゴミ回収施設は忌み嫌われる。衛生局はその仕事を一般のひとに理解してもらえるチャンスを求めている。この建物は近隣の空間スケールになじみ、従業員にはハドソン川の眺望を提供しし、それでいて大量のゴミ収集車を格納する。優れたLEED(先進資源環境デザイン)を獲得している。

Many people came to hear about the garbage; what happens to it and how do we deal with it.  But architects also came to check out the design of the building….. Why louvers? The building is mainly a huge truck garage but in fact looks like a museum.

ゴミがどうなるのか?どのように処理がされるのか?ゴミに関心のある人々が集まった。一方で建物のデザインを見に来た建築家たちも来た。全面に付いた日除けのルーバーは何のため?……実際、建物は主にゴミ収集車の巨大ガレージなのだが、美術館のように見える。

A huge monument building made of concrete houses the salt storage. It is one of the most interesting parts- the salt is stored at just the right angle to have it tumble into the trucks, this wonderful mountain is very corrosive and many special precautions were needed.

コンクリートでできた巨大な記念碑のように見えるのは塩の倉庫。道路の積雪を処理するのも彼らの仕事。とても興味深いのは、塩がトラックになだれ込むように、正確にこの角度の山で貯蔵されるとのこと。非常に腐食性が強いので特別な予防がたくさん必要らしい。

There was a real fascination with the trucks and never before had the garbage men been the stars of an event.

トラック群はまるで消防隊のように見栄えがして、ゴミ収集の職員達がスターに見えてきた。

Dag’s Cafe @Hammarskjold ハマーショルド公園のカフェ

P1060737c.jpgWe posted about the green market at Dag Hammarskjold Park  which is held every Wednesday. The park has many events and is the go to place for such activities as learning how to ride a bicycle, playing catch, enjoying a park bench or relaxing at the cafe. The Japan Society faces the park as shown in a photo below and one year they organized a Noh performance in the park. Quite often  protests are organized here because it is located close to the United Nations, it was the starting point of the New York City Women’s march.

前にダグハマーショルド公園で毎水曜に開かれる 青空市  の事をここに取り上げた。公園では自転車講習、子供たちの鬼ごっこ、カフェでのんびりなどなど、いろんなことに使われる。写真で分かるようにジャパンソサイアティーが面しているので、何年か前に創立を祝って、薪能の公演があった。前に載せた 反トランプのマーチもここが出発点だった。国連の斜向かいにあるので、抗議集会が頻繁に行われる。

P1060738s

Typically, though, the park is a lovely quiet oasis in midtown Manhattan. At the UN side a cafe provides a seating place for tourists and neighbors. The south side of the park is a garden dedicated  to Catherine Hepburn who lived in the neighborhood commemorating her commitment to the park.

でも、いつもは大体とても静かで、マンハッタンのオアシスになっている。国連に近い側にはツーリストや近所の人のためにカフェがある。南側はキャサリンヘップバーンガーデンと呼ばれる庭になっている。かつて彼女がこの庭の創設に関わったらしい。近くに住んでいたというが、それはまあさておき、この写真の日陰の側に庭園がある。

P1060739s

The park is part of the city system but this garden is maintained by volunteers, Friends of Dag Hammarskjold (FDHP) . They do planting, weeding, maintaining the fences and anything else required. Today, chef Kenneth who manages the cafe “Dag’s Patio Cafe” generously cooked up an impromptu buffet of delicious green market dishes and the FDHP board members and garden volunteers were invited.  The summer feast was made entirely from fresh produce from the market. With white table cloth, and chilled wine our table was set under the trees and our chef brought out dish after dish of summer fare.

公園は市に維持管理されているけれど、庭園はボランティア、 「ダグ・ハマーショルドのフレンド達」によってメンテされている。彼らは植物の植え込み、草抜き、フェンスのメンテ、何でもする。今日、このカフェのシェフが気前よく即席のブッフェを企画して、青空市で売られる有機野菜を使った料理を「フレンド達」にふるまうことになった。涼しい木陰にテーブルが置かれ、白いテーブルクロスの上には冷えたワイン…。

P1060742c

The volunteers are a diverse group of neighbors who share a love of the park and are happy to have a bit of dirt that they can work with in New York City. They  became members because they love gardens and plants or want to meet people or are exited to do something for the public… but for sure no one expected this fiesta will be offered. Today’s guests are just a small portion of the Friends, but the chief had no idea how many would come, so served many, many dishes. Fantastic, delicious- we ate too much…

「フレンド」はこの近所に住むいろいろな人からなっている。メンバーになった動機は、土いじりが好き、植物が好き、いろんな人に会える、公共のために何かしたい…などなど。でもこのような御馳走でねぎらわれることは誰にも予想できなかった。今日ここにいる人々は「フレンド」の一部に過ぎず、シェフは何人来るか見当がつかなかったので、何十皿もの料理が用意されていた。素晴らしくおいしいのだが…何とも量が… 食べ過ぎた。

Falcon’s Manhattan Life 猛禽類のマンハッタン

Today’s weather was strange. It started with a very beautiful clear sky. I heard a bird singing an unfamiliar tune. I notice a falcon on the handrail. I moved my head slowly from a behind a mullion to have a better view of it. The bird also moved its head as if it wanted to have a better view of me. The motion was like the traditional style of Thai dance. We had eye contact. The distance was just 1 m apart behind the window glass. In order not to frighten it  I moved backward slowly, I had to go to work.

今日は妙な天気の日だった。青空の晴れ渡る朝、聞きなれない鳴き声がする。手すりの上に鳥が一羽止まっているのに気が付いた。ハヤブサだ。窓の縦ざんが邪魔になってよく見えないから、ゆっくりと首を動かしたら、鳥の方もゆっくり首をスライドしてきた。タイの民族舞踊を思い出すような動き。目が合った。ガラスを介しているけれど、その距離1m。逃げてしまわないように、目をそらし、ゆっくり後ずさりする。仕事に行かなければならないのだ。

In the evening after I finished working, very quickly dark clouds started filling the sky. It was not like the typical thunder storm. When I got home I saw a soaked bird again sitting on the handrail. Is it the same one as in the morning? Pushing it’s tail outside of the handrail, it seemed like it was looking into the apartment as if it is interested in us. What if something happened? Can you fly off quickly?

その夕方、仕事を終えて外に出ると、あれよあれよという間に黒い雲が出てきた。いつもの夕立とは様子が違う。家にたどり着いて窓の外を見ると、手すりの上に濡れそぼった鳥が一羽止まっている。朝と同じあの鳥だろうか?尾を手すりの外に出し、(まるで)家の中を覗き込むように顔をこちらに向けている。これでは何か起こってもすぐには飛び立てないじゃないか?

The rain has stopped, but it does not go away.  It seems  to have moved up to the upper rail while I was not paying attention.

雨は止んだが動かない。目を離したすきに上の手すりに移ったみたいだ。

A friend, a bird watcher, said that a fairly large number of falcons live in New York City, a young falcon could be struggling on its maiden flight. They catch smaller birds and rats that inhabit the city…. a lot of animals live in Manhattan.

バードウォッチャーの友人によると、マンハッタンにはハヤブサがかなり生息しているらしい。若い鳥が処女飛行に四苦八苦しているのだろうという。他の小型の鳥やネズミのような都市に生息する動物を捕食して生きているという。マンハッタンにはかなりの動物がいるということになる。

ting 

The sky has been dyed by sunset orange, 2 hours has passed already. It is still sitting there.

すべてが夕焼け色に染まってきた。かれこれ二時間、しかしそれでも、飛び立たない。

We turned off the lights to go to bed. It seemed to still be there in the dark.

Good night!

こちらが寝なきゃいけない時間になって、電灯を消した。まだそこにいるようだ。

 

origami staircase オリガミ階段

We posted some information about a duplex apartment we designed where an opening was mode in the concrete slab and an origami bridge was inserted between the upper and lower floors. I wonder if it was too abstract? In this blog you can watch a video animation explaining the concept. Please take a look. An explanation follows after it.

前々回のブログで、コンクリートの床をぶち抜いて、上下のアパートを一繋ぎにしたプロジェクトを載せた。その時、上下階をつなぐ階段のデザインコンセプトを説明したのだけれど、わかってもらえただろうか?たぶん怪しい。そこでを一分あまりのヴィデオを作ってみた。前半はコンセプトを、後半はそれを実際の物に導いたアイデアをアニメにしてます。ご覧あれ。一緒に付けた解説もその後に…。

“This staircase was conceptually inspired by paper folding art principles where a single strip forms the flight of risers. Simple serpentine folding of a metal sheet connects both floors. A thick and hard material like steel requires a totally different technology; cutting with a computer controlled laser cutter and special bending machine. These days,  “3D  printers”  have become a buzz word but a “3D steel printer” has not been invented yet. Instead of cutting out a long zigzag shape from industrial metal sheets and bending the strip 24 times, a more economical, energy saving and much more dimensionally accurate method was developed. First, a large standard sheet was folded just 4 times and after folding sliced “diagonally” into 6 identical modules then finally stacked. This procedure made precisely identical modules which would never have been achieved by bending the strips one by one. This accuracy was essential to accommodate the glass handrail which requires precise alignment.”

「この階段のデザインの発想の源は細い紙テープのオリガミにあった。紙の代わりに鉄の行き返りが一段一段を形成していって、最終的に上階の床の高さに到達する。しかし鉄のオリガミは紙とは全く違うテクノロジーを要求する。思いのままに切断できるコンピューター制御のレザーカッターと特別な折り曲げ機が必要。3次元プリンターで作るという力業が流行っているけれど、鉄を処理できるプリンターはまだ世の中に無い。これらを使って、規格品の巨大な鉄のシートをジグザグに細長く切り、24回も折り曲げる代わりに、もっと経済的で材料やエネルギーを無駄にしない方法が考案された。まず鉄のシートを4回だけ折り曲げる、次に対角線に斜めにスライスして、全く同じ形状の六つ子を作り、最後にこれを斜め上方に積み上げて行く。この方法は浪費をしないばかりか、テープ状の鉄を一回一回折り曲げる方法では絶対に得られない精度が制御できる。それは側面のガラスが正確に一直線上に並び、固定されるためには不可欠の精度だった。」

Insight into the nature of fabrication and the nature of the material developed and shaped the design. With these principles the design was realized —— reducing the cost, optimizing the use of material and maintaining the conceptual integrity of the design. Throughout this project the idea of “how to make” was a  part of the design,  the design itself  further clarifies how to it was made. Once the concept is created, it is not a matter of “bull dozing through to a solution” instead restrictions on materials and production contributed to inspire the concept … I think this is a good example.

どうやって作るかに考えを巡らせることがデザインを啓発し、そのデザインがさらに作り方を啓発する。コンセプトができれば後は「力業で何とかやっつける」というのではなくて、素材の制限や制作上の制限がデザインのコンセプトに貢献する…その良い例だったと思う。