origami staircase オリガミ階段

We posted some information about a duplex apartment we designed where an opening was mode in the concrete slab and an origami bridge was inserted between the upper and lower floors. I wonder if it was too abstract? In this blog you can watch a video animation explaining the concept. Please take a look. An explanation follows after it.

前々回のブログで、コンクリートの床をぶち抜いて、上下のアパートを一繋ぎにしたプロジェクトを載せた。その時、上下階をつなぐ階段のデザインコンセプトを説明したのだけれど、わかってもらえただろうか?たぶん怪しい。そこでを一分あまりのヴィデオを作ってみた。前半はコンセプトを、後半はそれを実際の物に導いたアイデアをアニメにしてます。ご覧あれ。一緒に付けた解説もその後に…。

“This staircase was conceptually inspired by paper folding art principles where a single strip forms the flight of risers. Simple serpentine folding of a metal sheet connects both floors. A thick and hard material like steel requires a totally different technology; cutting with a computer controlled laser cutter and special bending machine. These days,  “3D  printers”  have become a buzz word but a “3D steel printer” has not been invented yet. Instead of cutting out a long zigzag shape from industrial metal sheets and bending the strip 24 times, a more economical, energy saving and much more dimensionally accurate method was developed. First, a large standard sheet was folded just 4 times and after folding sliced “diagonally” into 6 identical modules then finally stacked. This procedure made precisely identical modules which would never have been achieved by bending the strips one by one. This accuracy was essential to accommodate the glass handrail which requires precise alignment.”

「この階段のデザインの発想の源は細い紙テープのオリガミにあった。紙の代わりに鉄の行き返りが一段一段を形成していって、最終的に上階の床の高さに到達する。しかし鉄のオリガミは紙とは全く違うテクノロジーを要求する。思いのままに切断できるコンピューター制御のレザーカッターと特別な折り曲げ機が必要。3次元プリンターで作るという力業が流行っているけれど、鉄を処理できるプリンターはまだ世の中に無い。これらを使って、規格品の巨大な鉄のシートをジグザグに細長く切り、24回も折り曲げる代わりに、もっと経済的で材料やエネルギーを無駄にしない方法が考案された。まず鉄のシートを4回だけ折り曲げる、次に対角線に斜めにスライスして、全く同じ形状の六つ子を作り、最後にこれを斜め上方に積み上げて行く。この方法は浪費をしないばかりか、テープ状の鉄を一回一回折り曲げる方法では絶対に得られない精度が制御できる。それは側面のガラスが正確に一直線上に並び、固定されるためには不可欠の精度だった。」

Insight into the nature of fabrication and the nature of the material developed and shaped the design. With these principles the design was realized —— reducing the cost, optimizing the use of material and maintaining the conceptual integrity of the design. Throughout this project the idea of “how to make” was a  part of the design,  the design itself  further clarifies how to it was made. Once the concept is created, it is not a matter of “bull dozing through to a solution” instead restrictions on materials and production contributed to inspire the concept … I think this is a good example.

どうやって作るかに考えを巡らせることがデザインを啓発し、そのデザインがさらに作り方を啓発する。コンセプトができれば後は「力業で何とかやっつける」というのではなくて、素材の制限や制作上の制限がデザインのコンセプトに貢献する…その良い例だったと思う。

City Greenery 町の緑 

Sometimes we are impressed by people’s respect for trees. These photos were taken on Park Avenue in New York City. Scaffolding like this is often seen in Manhattan to create a safe walkway for pedestrians during construction. There are often trees taller than the scaffolding which peak out above the roof but this is different. The branches are sticking out from the advertisement for this new construction.  The trees look like they are around 10 years old or so and the panel is arranged to wrap the branches so carefully.  It looks like an art piece. The simple feeling that they do not want to cut down a tree resulted to the creation of this “ art”. Is it witty, and nice?  This reminded me of IKEBANA or “ flower arranging ” where the flowers are supposed to be cut and stand artificially on KENZAN or hundreds of spikes to keep the flower straight. But these trees are all alive so in fact you cannot call it Ikebana.

人々がどれほど緑を大切にするか、時々感心させられることがある。この写真はパークアベニュー横切っていて、とったもの。ニューヨークでは歩道の安全を守るために、工事をやっている建物の直下に仮設の足場がたいてい架かっていて、街路樹の頭の部分がその上からつきでているのをよく目にする。ここではその仮設足場の壁を建物の案内に利用しているので、木々の枝がこの白い幕から突き出ている。樹齢は10年あまりだろうか、枝を巻くように注意深く幕が張られている。なんということもないのだけれど、アートのようにも見える。枝を切りたくないという気持ちが結果として、こうゆうことになっただけだけれど、意外で面白い感じがする。巨大な生け花のようにも見える。生け花は不自然にも、根がすべて切り取られて、ケンザンの上に唐突に突き立てられることで成立している。もっともここにある木たちはすべて根があるから、生け花とは決して言えないのだが…。

 

On the contrary sometimes, we are shocked by how easily trees are cut down only because it is going to be an obstacle in the way. The photos below are taken when we were walking in front of Oji shrine (this is a different shrine from the Oji Inari Shrine we did a post for, but located nearby). Probably the age of this tree is more than 100 years, so the city could have registered it as a restoration tree. This reminds me of UNESCO’s world heritage cities. Many local bodies are applying to obtain this registration because they will have a totally different future than those that are not registered as world heritage sites . Registered trees will get people’s attention, for this tree though it does not matter if  it was registered or not.

反対に、邪魔になった木が、すっぱり切られるのを見つけてアッとなることがある。下の写真は東京の王子神社( 前に載せた王子稲荷神社とは全然別、でもすぐ近く ) の前を通り過ぎたときに、たまたま見かけて撮ったもの。樹齢は100年以上だろうか、これだけ大きなクスなのだから、区の保存樹とかなんとかに指定されていなかったのだろうか?世界遺産を思い出した。指定されると、されないでその遺産のある町の運命が決まるので、各地で指名獲得運動が盛んらしい。指定される前と後で、その大切さは、変わらないはずなのだが、指定されてないと全然気に留められることがない。

P1040692

after  アフター

Untitled-1

after !  アフター !

氷川神社

before !!  ビフォー !!

The photo above was taken a year ago when the tree was still alive. The neighborhood still had a relaxed atmosphere despite it being a major node at Oji Station and the city ward hall. Probably these woods of the shrine contributed to the atmosphere, not just that there is less traffic and building density. Using a small path from inside the shrine you can walk down to the promenade posted in this blog. You will see Oji station right there. Luckily this ginkgo tree seems to be registered.

上の写真は1年前にまだこの木があったときに撮ったもの。この辺一帯には、区庁舎や王子駅があるのに、それに似つかわしくない、のんびりした雰囲気で満ちている。建物の密度や交通量がかなり小さいためだろうか?王子神社とその鎮守の森がそこにあることも効いているに違いない。境内から延びる坂道を降りると、以前このブログに載せた、滝野川沿いの遊歩道に降り立つ。そこからは王子駅がすぐそこに見えてくる。このイチョウは保存樹に指定されているようだ、幸いにも。

Transform to Duplex メゾネットに変える

DSC_0053wSMsmall

We have just finished a project to combine upper and lower floors of adjacent apartments using a void and staircase in an east midtown Manhattan apartment. The biggest challenge was the staircase which connects the two floors. We thought this might be a good application of ORIGAMI. The folds are 3 dimensional and turn back and forth to create the treads. This is quite different from the typical idea of folding to form of a staircase, where the steps and treads are all continuous to create a zigzag shape when viewed from the side. That is structurally rigid but there is no visibility through the staircase when you move up the stairs. Our design of a folded ribbon allows more transparency as you traverse the stair.

ニューヨークのミッドタウン、アパートの11階と12階をつなげてメゾネットにするプロジェクトを最近終えた。中でもチャレンジだったのは床を抜いた後につける階段のデザイン。何とかオリガミのようにしたいと思っていた。良く見かけるのはイナズマ型階段と呼ばれ、 踏板と蹴込板(登るときにつま先が当たりそうになる板)が繋がり、これが上から下まですべての段が繋がっていて、横から見るとイナズマが走っているような恰好をしている。でもこれはもう使い古された形で、面白くない。自分が上っているときは蹴込板に遮られて視界ゼロ、透明感がない。

Our idea was to bend a long strip of steel plate into zigzags that are in the opposite direction from the typical ones. As the result all the verticals are eliminated and it is very transparent. The continuous ribbon of steel is like the fabric streamers that gymnasts use. It is completely cantilevered from the wall so the support is a mystery. How to support the load? It will be up to the readers imagination. It is heavy steel.

今回、上下の段の間を繋げている蹴込板をなくして、側面でつなげることで行く手方向に透明感を出そうといアイデアを思い付いた。その結果、下から上まで一枚の細いリボンの「入ったり来たり」が出来上がる。オリガミから少し遠のいたかもしれない。けれど、体操競技のリボンにも似て、階段がハタメクような感じになった。両側の角が折れ曲がりで丸くなってるところにご注目。これは実際に折り曲げる加工でできている。さて、どうやって空中に浮かしているか?は読者に想像してもらいたい。そんな羽衣のような儚い感じとは言え、1cm厚の鉄でてきているので、一段でさえ一人で持てる重さではない。

DSC_0239csmall

Spatial continuity is everywhere, there are no partition walls. Frosted glass divides the bathroom from the bedroom, bringing abundant sunlight from the east windows. The staircase and void provide a continuous connection between the bedroom at the upper floor and the living space downstairs.

アパートには内壁は一つもなく、上階の寝室も、階段、吹き抜け部と一体になり、下階にまで空間が連続している。浴室と寝室の間は曇りガラスでできていて、寝室を経て差し込む外光を最大に取り入れている。

It used to be that New York families moved out to the suburbs when they expanded, but these days many families try to keep living in an urban setting. Their lifestyles are changing. This market requires multi-bedroom apartments that are very expensive. Re-selling concerns require architects to combine two adjoining apartments into one large apartment with more bedrooms. As a matter of the fact the owner of this apartment just wants to keep living here not because of accommodating family members, but because of the amazing view, the terrace and the location. This combination is not the adjacent apartment but the one above… very special.

かつては家族に子供が加わって、個室が必要になると、郊外へ引っ越していたのが、このごろは都市内に住み続けようという傾向がでてきた。ライフスタイルが変わってきている。そのような需要が大きくなってきているので、個室がたくさんあればあるほどアパートの値段がウナギ登りになる。その方が再度売るときに高く売れるので、隣のアパートを買って、つなげてしまうプロジェクトを最近よく目にする。もっとも、このアパートはそのような家族構成の変化に対応するためではなく、純粋にこの場所に住み続けたいという住み手の意志によるもの。隣ではなく垂直方向に繋げられたということも、珍しい。

Women’s March (an entire gender against Trump) 反トランプのマーチ

p1060262

Today a march was organized by women against Trump’s policies. Many people gathered at Dag Hammarskjold Plaza to start the march. The UN is located nearby and it is the location for the start of many protests but also our local park where Japanese traditional Noh performances are held by the Japan Society a neighbor facing the park. But today it is quite different, the park is packed with people. Many pink hats and posters advocating feminine issues. We arrived just after 11:00 as we were told the march would start at noon, but very soon we were totally stuck, it was impossible to move, like in a fully packed subway car at peak of a really heavy rush-hour, but nobody is leaving the train. Tired and irritated people were getting into a bad mood, making nasty quarrels and needed to be reminded that we were all there for a great cause. It was a bit scary as there was a constant chorus of voices asking to let us start marching, but the police would not allow it.

トランプ大統領の女性蔑視の思想に反対するデモが企画された。国連の近く、ハマーショルド公園が行進の出発点。この公園にはジャパンソサイアティー会館が面しているので、薪能が催されたり、国連前なので、いろんな抗議集会が開かれるが、今日は様変わり。やたらにピンクの色が目に入るのは行進の主題が女性に関してだから。12時に始まるというので11時過ぎに行ったら、すぐに一歩も歩けない状況になった。いたたまれない人々は険悪な心理になって、口喧嘩さえ起きている。通勤ラッシュの鮨詰め電車と同じだが、降りて行く人がない。かなり危険な状態になっている。早く行進させろと大合唱が何度も起こるが、当局はゴーサインを出さない。

p1060263

The route started at the park, went south on 2nd Ave. turned west on 42nd and then headed north on Fifth to the Trump Tower. We found out later that so many people had filled 42nd street after arriving at Grand Central Station that the streets were are already packed. The front of the march had started a long time ago without us.

行進のルートはここセカンドアベニューの大通りを数ブロックを南下し、しばらくして西に手折って、フィフスアベニューに突き当たったところで、今度は北上、トランプタワー近くで終わる。後で知ったのだが、ルートの途中に位置するグランドセントラル駅に、次々に到着する列車から降りた人々がそのまま行進に飛び入るものだから、先が詰まってしまっているらしい。この付近は全く動く気配はないものの、行進の先頭はずっと前に出発していたらしい。

p1060266

Every time a fire engine or the police passed there were huge cheers. So different from other protests- there was a sense that the everyone was supporting the same thing. 2nd Ave. was filled with people very far downstream. The avenue was getting narrower and narrower to limit the car traffic. We were standing for almost 2 hours, but no one started moving- so we decided to get out this crowd. All the streets beside the route were full of people.

警戒の消防車や自転車警官の一団が通り過ぎると、ヤンヤ、ヤンヤの大喝采が起こる。彼らを含めたすべての人がこの行進を支援しているという感覚がそこにはある。セカンドアベニューの通りは遥か遠くの下流までびっしり人で埋まっている。交通量を調整するため、車線が徐々に狭められている。我々はもう二時間ほど立んぼをしている。この交差点から何とかぬけだすことにした。ルートから外れた他のどの通りでも人々があふれている。

p1060273

When we managed to join the march again at 5th Ave, it is was a huge movement. We could not see the tail end. The empty lane in the street is for emergency vehicles and egress. The police warned me not to stop here when I tried to take this picture. No one is allowed to stop near the Trump tower. Everyone who passed had to keep going and then disperse- which they did very peacefully. It was around 4:00.

行進に合流すべく フィフスアベニューまで出てきたら、この状況。遥か先まで行進する人で埋まっている、行列の最尾がどこなのか見えない。一車線が空いているのは緊急車両と非難経路の確保のため。この写真を撮るために脚が止まっただけで警官に注意された。トランプタワーの近くでは立ち止まることが許されない。ここに到着した人は、そのまま行き過ぎて、逐次散会することになっている。我々がここに達したのは すでに4時ごろ。

p1060276

After working at our office I came back across 5th Ave, on the way home in the dark. Surprisingly the march is still going on. It is after 6:00 and people are still joining next to next at the tail end of the march. So many people!! where did they come out?  I got a view of St. Patrick’s cathedral wonderfully lit, reminding me of when we had the Easter parade with our origami hats in front of it.

Mr. Trump missed this spectacle because he was staying in Washington. DC for the inauguration parties. It was one of the best uses of our public space-our streets- so many people wanted to make a statement.

事務所でひと仕事を終え、暗くなった街を帰宅。再びフィフスアベニューに差し掛かったら、まだ行進が続いている。すでに6時を回っているのに後から後から人が加わってきているのだ。最近、正面を修理したセントパトリック教会の照明が美しいのでハッとする。昨年の復活祭にオリガミハットの写真を撮ったのはここだった。あいにくトランプ氏はまだ就任パーティーのためにワシントンにいるらしい。この一大スペクタクルを見逃したのはなんとももったいないことをしたもんだ。

p1060280

City Trees 紅葉

They have raised the giant Christmas tree (doing to die) at Rockefeller Center. Every year a huge tree is cut down and carried here and then thrown away after the celebration. It is a waste. It is not against environmental ethics?  because it is a part of a rite in which sacrifice is allowed, why not? “the world” is an object to exploit values from! For strict Hindus, according to our staff, they are not allowed to kill vegetables by eating the roots.

夏が去ったと思ったら、もうロックフェラーセンターに大クリスマスツリーが立ってしまった。今年のニューヨークの秋は短かったような気がする。毎年どこかからこの大きい木を切って運んできて、お祭りが終わるとお払い箱にする。大変な浪費と言うしかない。「祝祭の儀礼」なのだから、特別にOKしようということか?ちょっと疑わしい。ここでは「世界」はひたすら利益を抽出する対象なのだ!ヒンディー教徒の事務所スタッフが言っていたのだが、彼らの文化ではニンジンやダイコンのような根菜類を食べることはその植物の息の根を止めることになるで許されないのだそうな。菜食主義どころでない。

p1060146

I was very impressed with how New Yorker’s respect live trees in their city.  At interviews with potential owners applying to buy an apartment, they often say the reason why they want to move in is that there are many trees on the facing street. There may an idea that higher density of trees = higher end residential area.  A friend who loves greenery and landscape bought a house in a not very high end area and advocated planting trees on the street but his neighbors were not excited by the idea because they did not want to be bothered to clean up after the trees.

ところが、ニューヨーカーが町の中にある生きた木をどれだけ大事にするかには全く感心させられる。ミッドタウンのあるアパートで、新たに引っ越してくる人々に、他にいくつもある、よく似たアパートの中から、なぜそこを選んだのかとインタビューをしたら、この通りには緑が多いからだという答えがあった。日本のように便利だからと答える人はほどんどいない。緑の多さ=高級住宅地というイメージがあるのかもしれない。緑を愛する友人が高級とはあまり言えない地域に家を買ったのだが、街路樹がほとんど無い。そこで、たくさん街路樹を植えましょうと近所に声を掛けたところ、枯葉の世話が面倒だからといわれて、賛同されなかったという。

p1020423s

from the summer

There may be a correlation between density of trees in your neighborhood and your social standing. It seems that the more expensive residential areas have a higher density of trees. You see fewer trees in poorer areas in New York too. It does not depend on the size of the property. This theory is functionalistic but sometimes it does not explain everything. Sometimes it feels like pantheism exists here.

By the way this theory suggests that many people are too busy just surviving to improve their living environment or to worry about trees. That may be why all the trees in Japanese cities are miserably thinned by the city government like poor bonsai.

たくさん木が植わっているかどうかは住人の階級-身分階層に相関関係があるかもしれない。高級住宅地に行くと緑の量が増えるのはどこも共通しているように思える。ニューヨークでも土地の安い地域に行くと、樹木の量が格段に減る。植えられるだけの土地の余裕があるかどうかには依らない。これは機能論的な説明だけれど、しかし、それだけでは説明できない、あたかも汎神論的な何かがあるようにさえ感じられる場合がある。

ところで、この論理を採用すれば、日本では、多くの人々は、毎日を生きていくのにまだ忙しくて、住んでいる環境をあれこれと考える余裕がないということになる…。日本の都市には格段に緑が少ないし、木々は例外なく盆栽のように剪定されて、緑の豊な通りがない。

p1060113

These pictures were taken near the south west corner of Central Park. At winter the leaves have all fallen and warm light reaches the ground. In the summer the leaves prevent the hot light from baking the ground and also provide diffuse light shading the sun. Probably the only negative thing is that you have to take care of the leaves that fall in autumn. We believe the easiest way to transform the street, make it beautiful and graceful is to plant trees. In these apartments they have a breath taking space filled with shining golden light filtered through the yellow leaves.

下の写真はセントラルパークの南西の端からずぐのところにある。冬には葉は完全に落ちて暖かい光が差し込む。反対に夏は直射日光を避けるだけでなく、空の散乱光が部屋に入ってくるのを和らげて涼しい。今、この建物の部屋の中は葉っぱを透けて通った光でアッというような黄金色に輝いているはず。通りも空気が黄色に染まっている。日本では絶対に見られない。美しい通りへと変容するには大きな木の並木にするのが一番手っ取り早いのだが…。

p1060115

Is there a practical reason why tall trees are so disliked in Japanese cities? It is believed that the frequent typhoons fell big trees, although a gardener hired by the city of Tokyo said that the constant thinning prevents trees from growing strong roots which would anchor them. If that is so then both small trees and big trees often fall and it doesn’t make sense to trim the trees almost obsessively. The next theory is that they are trying to minimize the damage caused when a tree falls. This explanation seems to make sense to me, as it explains why cherry trees are the exception and never trimmed. Enjoying the yearly cherry blossoms is a ritual in which people are crazy for. They probably prefer to be sacrificed under a fallen cherry tree to giving up a cherry blossom party under its beautifully spreading canopy!

なぜ大きな木が日本では好まれないのだろうか?その良さに比べたら、マイナス面はとても些細なことに思える。台風が頻繁に来るので倒れないようにという説もある。けれど植木屋さんに訊くと、頻繁に枝を切ると根が大きく広がらないので、やはり台風には弱いそうな。もしそれが本当だとすると、木が大きくても小さくても、どっちにしても台風で倒れるということになる。ならば、倒れた時に周りへの被害が小さくなるよう、枝を切り詰めているのだという説はどうだろうか?そうならば、桜の木が例外的に枝切されないのが説明できる。花見という「祝祭」のためなら、大被害が発生しても特別な例外としてOKにしようということではないか?台風で倒れる木の下敷きになる方が花見を諦めるよりましだ…から!これはなかなか良い理論のように思えてきた。

Grace Farm グレースファーム

P1050735

A one hour train ride and another half hour drive by our friend brought us here to Grace Farm, designed by one of the most well-known architectural firms SANNA. The construction was recently completed.  It is located in the wooded country side after a scattering of large, expensive houses gradually disappears.  The building follows the terrain of the gentle hills accommodating a restaurant, library, gymnasium and auditorium under a sinuous roof shaped like  a stream. There are no solid walls except at the restrooms and support spaces such as machine rooms.  Their almost crazy idea of architecture in this natural setting was why they were selected as the architects.  Despite this grand gesture, the interior area is quite small. I am very curious how this unusual idea was accepted by the client.

今日はマンハッタンから電車で一時間、さらに30分、友人のドライブに頼って、グレースファームという所に来た。今や世界で最も良く知られている日本の設計事務所SAANAによってデザインされた建物がある。今年完成したばかり、パリパリのできたて。施設は田園の中、ぽつぽつと点在する高級住宅が次第に消えて、林になったところにある。建物は緩やかな丘の上、起伏をそのままなぞって建っている。レストラン、図書室、室内コート、オーディトリアムなどが、流れるような一つの線状の屋根の下に配置されている。トイレと機械室以は外壁がない。自然のただ中にどのような建物にすべきかという設計者の思想がこの設計者を選ばせた理由があるという。大仕立てな建物の規模に比べて、利用できる床面積はかなり小さい。ある意味で異常ともいるこの発想がどうやって受け入れられたのかとても興味がわく。

P1050727

P1050733

The roof is extremely thin and the columns are extremely slim with the structure and drain system packed within the thin roof.  There is no bracing or diagonal members to work against the lateral forces and there are no roof top machines which normally take care of  the air conditioning. The building looks so simple, but in fact a huge effort was poured into it to achieve this simple impression. It is SAANA’s methodology to set a simple concept then the challenge is to solve the many technical obstacles that this creates since the typical strategies do not work; but this effort is not visible.

屋根は極限にまで薄く、柱は極限にまでに細い。構造体と雨の面倒見がこの薄い屋根の中に押し込まれてい る。雨水の面倒は全く見てないようにみえるが、ぎりぎりにまで目立たない、それでいて機能するように工夫されている。ちょっとしたアクロバットといってもいい。 機械類が屋根の上に載らないように、冷暖房は地下水と地熱が使われている。全体の印象はとてもシンプルで、一見何も特別なことはないように見えるけれど、その裏で、巨大な努力がはらわれている。大胆で単純なコンセプトを樹立して、それを実現するために問題となる技術的障害は何が何でも解決される、しかしその苦労は表には出てこない。この設計事務所の方法論が良く読み取れる。

P1050741

P1050737

The project was designed and built for a religions group, although everyone can come and enjoy the space. The construction was financed by donations from local people who were the founders of the church. One of the major elements that required funding was the curved glass. There are no areas of repetition which is a way you can save money, instead every part is custom made. On the contrary the finishes are not expensive high end materials. The combination of suppleness and lightness with the inexpensive finishes  reminds me of the typical house construction in Japan. The building is set within a natural environment, rain, wind, sun…and human use. How will this treatment of finishes age? Thinking about visiting here again in a few years we left this beautiful building.

誰でも気軽に利用できるけれど、ある宗教団体の施設なのだそうだ。建設の費用はこの地元信者の寄付だけでできているのだという。費用の数値は公開されてないけれど、曲面のガラスに集中投下されているのがみてとれる。どこにも同じところがない、あらゆるところがカスタムメイド、手作業の仕事も費用が掛かっているに違いない。一方、選ばれた仕上げ材料の数々は、お金がかかってなくて、透明で軽々とした外観と相まって、日本の住宅のデザインを微かに思い出させる。これから自然の風雨にさらされ、人々に酷使されるだろう。この仕上げ材料の扱いが数年後にどのような結果になるか?数年後もう一度ここを訪ねて検証したいと思いつつここを去った。

 

Dezeen ディジーン掲載

Our project the Photographer’s Loft was published in Dezeen.  It is the most popular internet web site which publishes architectural and interior design work, currently probably the most influential site. Several of our projects were published  in the past and this time they selected the Photographer’s Loft  which this blog posted before. Right after Dezeen published this work several other internet publishers approached us. For example;

Thisispaper  with very sophisticated graphics.  グラフィックが素晴らしい。

Journal Du Design   a French publisher. フランスのインターーネット出版社。

私たちの仕事、「写真家のロフト」がディジーン Dezeen に掲載 された。ディジーンはインターーネット上で建築作品を出版するサイトで、世界中で一番ポピュラーなサイト。今や最も建築デザインに影響力があるかもしれない。私たちの作品も何回かこれまで掲載されたことがあるけれど、今回は「写真家のロフト」。以前このブログで受賞会を載せた作品。面白いことにディジーンで掲載されると即座に、上記の他のよく似た数社から引き合いが来た。

1

Before the internet age came, new architectural ideas were informed to a limited number of readers through a few hard copy magazines, but now each day they reach huge numbers of people, more people have more information.

インターネットがなかった時代には、新しい建築作品は紙の雑誌で報知されるだけで、作品が知られるのはごく少数の読者だけに限られていた。しかし、今や作品は世界中に紹介され、たくさんの読者に知らされる。

photographersloft2

When one of our projects was published in a hard copy paper magazine, they sent their own photographer and an architect to write the criticism of the building. Internet publishers  do not do this. They digitally copy photographs which are published by another publisher.  Many hard copy publishers do not dispatch photographers anymore but they do show drawings and documents such as plans and sections which help you to understand the space. That is a big difference. Internet publishers evaluate the project from several photographs. It is like your music composition is evaluated from just a phrase, and only that part is performed. It is as if your novel is evaluated from several excerpts and just that part is published.

以前、本当の紙でできた雑誌社に仕事が載ったときは、わざわざ写真家が派遣され、作品評を書きに派遣された建築家が現物を見てまわった。一方、インターネットの雑誌では、設計者が送った写真がそのままインターネット上で公開され、その同じ写真がコピーされて他社のページを飾ることになる。紙の雑誌に比べると、手軽なことといったらない。たいていの紙の雑誌社も写真家を派遣しないけれど、それでも、平面図や立面図、解説が必ず載せられる。インターネットの出版では写真だけが載る。これは大変なことで、建築作品がたったの数枚の写真で評価されるということになる。音楽でいえば、作品の聴きどころをチョコッと聴いて、それだけで世に出すかどうかが決められて、その切剥ぎだけが演奏されるということだ。文学でいえば、面白そうな部分を抜粋して、それだけで作品を評価し、その部分だけが世に出版されるというわけ。なんとも奇妙な気がする。

_mg_6420

But this analogy is not really accurate. That excerpt is still a but genuine part of your work in music or literature, not like architecture in which you cannot cut out some part from the real building and publish it.  Musical and literary excerpts are still a representation of the original work but can photographs be a representation of architecture? It may be said you see architecture through your eyes but also with your back, I mean you feel the space. Though after seeing the real building we say “Oh the photographs are better than the real building”…..quite often.

しかしこのアナロジーは正確ではない。音楽でも小説でも、抜粋は切り取られた「部分」に過ぎないとしても、その部分は正真正銘「本物」なのだ。建築作品ではどうか?切り取られたものは建築物を切り取ったものではなくて、カメラで切り取ってスクリーン上に転写したものに過ぎない。音楽や文学の抜粋はそれなりに元の作品を代理していて、「これは良いやなあ、全部聴こう」とか「この本を買って全部読もう」ということになるけれど、写真がそんな風に建築を代理できるだろうか?建築は目で見るだけではなく、奇妙ないい方だけれど、背中でも見ているという気がする……つまり空間を感じることなのだけれど、数枚の写真でそんなことができるだろうか?確かに、本物を見に行った後で、「あれは本物より写真の方が良かったよ」ということは良くあるのだけれど…。

_mg_6438

We go and visit real buildings, but some day we may stop doing so. Everyday new works are published and it goes into the archive the next day. Web sites are updated every few minutes, and it is all about the impression of the moment. People no longer care if the image is from the real thing or if it is a super realistic rendering. There is no way to distinguish between the movie set and the real space—-the image no longer needs to a representation of the real space — this is a different art form fro architecture.

面白い作品がどこかに建てば、それを見に行きたくなるものだが、そんなことは無くなるかもしれない。毎日新たな作品がインターネットに掲載され、明日にはアーカイブ入りすることになる。サイトは目まぐるしく更新される。刹那の印象だけに意味がある。いつか将来、送られた写真が本物を写したものかどうか?はどうでもよくなるかもしれない。写真が建築を代理して、建築物を表現する必要がないのだから。映画のセットのようなものだろう。それはもう建築でなくて別のアート形式ということになる。

9

In fact current technology has the ability to create images which you cannot tell if they are “real” or not. There is no developed architectural space, but instead a cool image. The images do not even have to be consistent. Being cool is everything, catching your attention-it is the culture of internet.

実際、今のデジタル技術は、本物と見分けのつかない絵を作りあげることができる。本物の建物空間はどこにもない。数枚の捏造されたカッコいい画像があるのみ。それらはお互いに辻褄が合っている必要もない。かっこよければそれで足る。それはすでにインターネット文化の常識となっている。

_mg_6155-copy

Manhattan Outdoor Life 緑のテラス

P1050675S

We have a project which is under construction in Midtown Manhattan located near the top floor of the building that has a 180 degree panorama. The client loves this view and decided to keep it but make his apartment larger by making it into a duplex instead of moving somewhere else. He waited until the apartment above was for sale and available to buy.  A big opening was made in the concrete floor and a new stair case will be inserted to connect the two floors. From his apartment you can see the woods  of the United Nations grounds, the East River, Roosevelt Island and Long Island. It is understandable why he wants to keep living here.

今やっているプロジェクトの工事現場に来ている。マンハッタンのほぼ中央にあるアパートのほぼ最上階。アパートにはテラスがあって、180度のパノラマが見られる。施主はこの眺望を愛すがゆえに、他の場所へ移らず、上階が空き家になるのを待って、自分の住む階と繋げることにした。コンクリートの床を抜き、階段をかけて、一繋がりの大きなアパートになる。ここからは国連の林、その先のイーストリバー、そこに浮かぶルーズベルトアイランド、さらにロングアイランドも見える。ここに住み続けたいというのも、なるほど納得できる。

P1050674S

P1050673S

In a previous post we wrote that many people enjoy outdoor life on their roofs. The photos that we showed were all looking up from the street, but now we can see the terraces at the same level. For his close view you see so many roof terraces with many plants.  The neighborhood is almost all residential even in this commercial area. The old zoning regulated the height of the buildings and dictated their shape which required set backs to allow light into the streets, ending up with a lot of setbacks. Terraces were a lucky byproduct of that setback.

以前にマンハッタンには屋上生活を楽しむ人が非常に多いことを書いた。そのときの写真は通りから見上げるだけだったけれど、ここからは同じ高さで観察ができる。ごく至近だけでも、目立って緑化されたテラスがたくさん目に入ってくる。周辺は商業地区だけれど、通りに面する店を除いてほぼ住居で成り立っている。都市計画の斜線規制と地震のない当地では構造体がかなり自由に組めることから、上に行くほど段々が自然にでき上る。テラスはその副産物なのだけれど、なんとラッキーなことか!!

P1050671S

The current zoning regulations  no longer  lead to this. Mid Manhattan is getting taller and taller, filled with straight-up extruded high-rises. Terraces are disappearing and roof tops are no longer habitable instead filled with tons of air-conditioning machines. Someday in the future this area may be packed with super high-rises and setback terraces with trees may extinct; they were a by product.  Now almost every street is narrowed by on going construction of high-rises, creating traffic congestion.

かつては意図せずともそうなっていたものが、現在、新しい規制になってからは生まれづらくなっている。ミッドマンハッタンはますます筒状の超高層になって いる。段状のテラスは姿がなくなり、屋上も、もう人の行ける場所ではなくなりつつある。空調の機械で占領されつつある。いつかこの地域は超高層ビルでギシ ギシに充填されて、このような副産物で生まれた緑化されたテラスはどこにも見られなくなるかもしれない。その未来に向けて、ミッドマンハッタンはどの通りも超高層ビルの建設で活気ついている。工事現場の前の車線が半分になり、交通渋滞が至る所。

P1050669S

P1050670S

We found a building which has a big trees downtown where we have another project. They  look to be more than 10m tall when you compare them with the steel handrails which are around 1 m high. The trunks seems to be 30 cm in diameter. How did they grow there? The pots must be huge and heavy. How can the roof structure hold it?  How strong is the wind pressure on the trees at this height? How are they prevented from falling?….. It is beyond our imagination.

このテラスの有る現場ではないのだけれど、島を南にずっと下ったところにあるもう一つ別の現場の近くで、ふと見上げた時にこの屋上の大木を発見した。壁にへばり付く手すり高さが1m弱だから、この木は10mを越える。幹も直径30cmほどありそうに見える。これをどうやって屋上で育てているのだろうか?その鉢の大きさたるや巨大にちがいない。それを支える建物の構造はいかなるものか?この仰ぎ見る高さにある木が受ける風圧はいかほどか?どうやって倒れないようにしているのだろうか?……半端じゃない。

P1050646S

at OrigamiUSA オリガミUSAにて

P1050489s

our table-all from one sheet. 私たちのテーブル、どれも一枚の紙から。

One day out of the blue we got a call inviting us to an origami convention. We have no idea how did they found out we are interested in origami. We thought this would be a good opportunity to discuss our ideas about origami. Instead of just attending the conference we proposed that I could give a lecture and that we also wanted to present our origami works at their exhibition. After sending some images of our work we were quickly approved  and luckily the conference was being held in New York this year. We selected some works to take and prepared images of the pieces that were too big to bring to the conference. We completely packed our friend’s car with our origami and headed to the conference.

ある日突然、電話がかかってきて、オリガミの全国総会に参加しないかと訊いてきた。どうやって私たちがオリガミに関心があるのを知ったのだろうか、わからないけれど、これは他のオリガミ愛好家や研究者と話しができるチャンスかもしれない。と思って、講演を聞く代わりに、こちらが講演をやれますよと告げた。ついでに、これまでに作った作品の展示もやれます、と持ち掛けた。作品の写真を数枚おくったら、すぐに承認された。幸い今年の会場はニューヨーク市の中にある。その日まで一週間あまりしかないので、急いで展示する作品を選び、スライドの準備を済ませた。友人の車を頼んで、中に入るだけ作品を詰め込んで……、なんとか会場にたどり着いた。

P1050480

Transportation of this chair was the most difficult part. Why didn’t we collapse it? which is the nature of origami!! too late. この椅子を運び込むまでが難事業、折りたためばよかった!

Origami USA is the largest origami organization in USA with many origami lovers. This year approximately 800 people attended the 3.5 day conference.  There are lectures like the one I did and classes on how to make a particular origami object and many gatherings of origami folders. There is no hierarchy between lecturer and  audience; lecturers become the students in other classes and there are many different age groups.

OrigamiUSAはアメリカ最大のオリガミ組織で、オリガミ愛好家、研究者が全米から来ている。今年の総会は3日半をかけて老若男女、約800人が来ている。展示を除けば、私のような講演形式のと、特定のオリガミ作品をどのようにして折るかというインストラクションから成り立っているようだ。といっても講師、聴衆の隔ては全然なく、あるクラスの講師が別のクラスでは聴衆になる。

P1050473

from a sheet of paper!  by Tomoko Fuse R-40cm, 一枚の紙から!布施知子さんの作品 半径40cm

The exhibition highlights many origami works. There are all kinds of origami from simple cranes to unbelievably complicated animals, insects and abstract objects. Some are newly invented by researchers based on mathematics.  Anything seems OK if it is similar to Origami. Even mizuhiki or Japanese ornamental knot works were exhibited, which are beautiful but not folded at all.  (The mathematical link between knots and origami  may be discovered someday.) The organization covers so many concerns but is not split into specialized  sections. The researchers also exhibited some of their insect and bird works.  They simply love origami. Creative origami work attracts people’s attention but they do not stick on the originality. They do not mind if they find that someone has already  created the very same design before them. It is all right as long as you enjoy it. No one has a superior attitude to those who have newly joined and beginners.  Does the organization have this philosophy? or does origami itself possess it?  I was given 45minuutes  for my lecture on Monday the last day. After long  lecture, many people came to talk to me. I hope my lecture gave them some inspiration.

展示会場には、さまざまな作品が五万と展示されていた。ツルのような簡単なものから、信じられないほどの複雑な動物や昆虫の大群、そして抽象的なオブジェ まである。数学に裏打ちされた研究者による新作もある。オリガミならなんでもあり。オリガミとは直接関係のない、ミズヒキの展示や講義さえもある。(将来、組み紐とオリガミの数学的な関連が発見されるかもしれない。)参加者の層や関心ごとが多岐にわたっているのに、それぞれに分化していない。研究者も昆虫や鳥を折っている。彼らは本当にオリガミが好きななんだなと感じ入った。創造性のある作品は、注目されるけれど、みんなオ リジナリティに固執していない。独自作品とよく似ているのが過去に作られていたことが分かっても気にしな い。楽しければいい。だから、先輩面した人が一切いない。これはこの組織の特性なのだろうか?確実に言えそうなのは、これがオリガミの持つ大きな特典だということ だろう。講演にもらったコマは45分。長い講演を終えると、たくさんの人が話掛けてきた。新しいインスピレーションが生まれればとおもう。

P1050474

from a sheet of paper! designed by Robert Lang. 一枚の紙から!ロバート・ラングの設計

The organization takes care of everything from organizing the space and amenities to registration of attendance at lectures and classes . This huge work is maintained by volunteers. We were supposed to volunteer one hour during the conference. But I forgot about it-it was our first convention and we were unfamiliar with everything. I talked to one of organizers who helped us set up the exhibition.  She said ” no problem! as long as you enjoyed”

組織は会場のセッティングや参加者の登録、手続き、窓口事務、などなど、参加者の便宜を図って支援をしている。これら膨大な仕事はすべてボランティアで維持されていて、講演者や展示者も、会期中に1時間のボランティアをすることになっている。ところが、初めての参加なので何が何だかわからず、アタフタしているうちに忘れていた。面倒を見てくれた担当者(当然、ボランティア)にその旨を伝えたら、曰く、「気にすることはないのよ、楽しかったら、それでいいのよ!」 アメリカだなあと思った。

P1050479

hundreds of folded units are combined to form a ball. オリガミのユニットをたくさん組み合わせて、球にしてある

Symposium at MOMA でのシンポジウム,日本の構造化された血筋

At MOMA museum of modern art in NY, a symposium titled “structured linage” was held to discuss about Japanese structural engineers. The tile is a pan around. a few prominent engineers, researchers and architects from England, Belgium, US and Japan gave lectures and panel discussion for a full day. Apprenticeship is seen everywhere technique and philosophy propagate to next generation, so we wondered the reason why the word “ structured” is used, because we could not figure out well more than the effect of pan of “structure”. We speculate the maintaining of lineage in Japan is focused and become purpose, instead, in other countries it is a simply a method where culture is succeed and the method becomes a good outcome. Of course it is not a symposium about structure design but not sociology it is natural not to dig in too deep.

先日ニューヨーク近代美術館 MOMAのオーディトリアムで日本の建築構造家の系譜をテーマにしたシンポジウムが一日かけて行われた。おりしも上の階では建築家伊東豊雄さんの教え子たちの展覧会が開催されていて、そのテーマに共鳴していろ。副題は「日本の構造デザインに学ぶ」とある。技術や思想が先達から後継者へ受け継がれるのは日本に限らずヨーロッパでもどこにでもある構造で、ここに構造化されたと謳うからには、日本の構造家の系譜には何か特殊なものがあるのだろうか?ベルギー、英国、米国の研究者によって様々な観点から、まるで家系図のようになっている日本の構造設計界の系譜が説明された。構造家の血筋が構造化されているというのはシャレで、言葉が掛けられているのだけれど、構造化の部分にはあまり焦点が当たらなかったように思われた。わざわざ題になっているのは、西欧の系譜が文化伝達の手段、そして、その結果として現れるのに対して、日本の徒弟制度では、血筋とそのスタイルを絶やさないように維持すること、それ自体が強く意識されるからではないだろうか?当然西欧のそれに比べて厳格で、構造そのものが目的化しているのではないか?と想像した。日本ではそれは建築に限らず、あらゆる分野に浸透している心理構造なので、取り立ててどうということはないのだけれど、海外では特殊なことに見えるかもしれない。もちろんここでは、良い側面だけが注目されていた。文化的背景について掘り下げられないのは文化についてのシンポジウムではないから当然だけど。

P1050341

Actually structure of apprenticeship is very common over almost every social aspect in Japan not only fields of arts. Every new comer or entrant to any groups are obedient to existing members, school sport club is a extreme example, harassment abuse of by senior onto junior is daily bases. Any design firms and business companies have similar mentality at a certain extend. You find your organization is unhealthily hierarchical and want to move to different place but you cannot find alternative because they have the similar structure, the worst case is they will consider you must have had a problem at former organization, and they will think you will create the same problem among them. Probably why these structure design firms had/has been able to create great design is their priority is creating new thing not other things to maintain the organization. probably a good aspect of Japanese apprenticeship worked very well additionally, which is senior guides junior. Nobody questions that chronologically ordered hierarchy It may not be structured in the western apprenticeship.

日本で徒弟制度が顕著なのは家元制度のある分野だろうけれど、何もそれらに限らない。学校の運動部の構造があまねくゆきわたっていて、新規参入者が古参に従うのは常識になっている。閉鎖社会、強いハイアラーキー、新しい発想がつぶされやすい自由な空気の欠如、年功序列、組織による構成員の濫用、従順さの強要…。それは家庭の中でさえも起こっている。厄介なことに、周りを見ても同じような組織ばかりだから、他に移るという選択肢がない。下手をすれば、前の組織で何か問題があったから出ざると得なくなったのだろうと、そこからも敬遠される。ここで紹介された構造設計の事務所が高い質を保つことができたのは、新しいことを創造することをあらゆることに優先させたからだろうと思う。その際、上位の者は下位の者の面倒を、古参は新参の面倒を見るという良い面が幸いにも作用したのではないか?欧米のように、師匠との間、そして弟子相互の関係が一対一なのとはかなり違う。日本では組織に加入した年に沿って、弟子のランクが上位から下位まで固く決まっていることにだれも異議を唱えない。欧米にはそのような考えはない。欧米の設計事務所では提供する労働とその対価を交換するだけで、原則的に対等な人間関係があるように思う。

P1050342

Later we talked with one of the central figure of this event Mutsuro Sasaki who is one of the most innovative structural engineer. He says his stuffs leave the firm after 5years working. He wants keep his office small and 5years should be enough for smart disciples to learn everything. He naturally thinks it is his roll to educate and raise new structure engineers. The graduates will inherit similar culture for the next generation. Thus linage is automatically structured.

Any way 5 years is so generous. To build a real building requires enormous amount of process, new staffs have to be taught mouth by mouth. For many firms this is a major investment until the staff does not need that full instruction. Probably many firms would say 5yeas cannot compensate the investment in 5 years. Although he does not seem to think educating new staff is an investment.

後で、佐々木さんと少し話をした。かれは国際的に注目される構造家の一人で、討論の時間には論題の中心にいた。彼の事務所では5年務めた所員は去ることになっているらしい。設計事務所をこじんまりとした大きさにしておきたいらしい。曰く、5年で物にならない者は最初から構造家には向かないのだそうな。彼がこのように言うときに、構造家を育てるのを当然のことだと考えていることが窺える。そのような文化の中で育った所員は彼らが成長して自らがが所員を輩出するときに同じような文化を伝えてゆく。これで日本の「血筋」が構造的化されてゆく。

それにしても、5年とは気前が良い。建物の設計は膨大な過程を経ることになるので、新所員には手取り足取りで教え込むことになる。そんなに面倒なら、自分がやった方か早くて確実。それでも会社が給料を払いながら、そうするのは大変な投資となる。5年で出て行かれては元が取れないと、少なくとも他の分野の会社は考えるのはないだろうか?しかし、彼の頭の中には 社員の教育を投資と見る考え方が無さそうに見えた。

P1050338

By the way, as the symposium goes to the end, we gradually realized the speakers share an idea about their stance. On the process of designing, engineer should not be a passive consultant who just makes architect’s temperamental design buildable, instead dialogue with architect will inspire both, then the out come will be creative and really beautiful. It is the same idea we posted before!

ところで、この主題とは別にして、このシンポジウムが終わりに近づくにつれて、講演者たちの間に構造設計に対する共通した考えがあることに気が付いた。デザインの過程では、構造家は建築家の望む気ままな形態を実現させる従属的な裏方ではなく、構造家と建築家の対話がお互いを刺激するときに、優れた美しい建物が生まれるのだという考えを共有していることだった。前にこのブログに載せた私たちの考え方と同じではないか!

DAMDI features our proposals コンペ案出版のお知らせ

Our competition entries from the last few years have been published by DAMDI. In total 57 architects are featured in 370 pages in large format. Our 7 projects take 21 pages of the book so that we can introduce just a small portion here. The book  is too big for a normal book shelf and heavy, but please take a look if you find the DAMDI book,”Panel Layout for Competition” at a shop.

私達の作品がダムディ社から出版されることになった。この数年間に設計競技に応募したプロジェクトから7作品が載っている。総370ページの分厚さに世界中の57建築家のパネルを集めていて、私達の割り当て分はそのうち21ページ。とうてい全部をここに載せられないので、仕方なく、抜粋を以下で紹介。買うのは大変だし、仮に買っても本棚に納まらない大判サイズ。 もし書店で”Panel Layout for Competition” を見かけたら、開いて見てください。

 

Daegu Library ダエグ図書館

new PanelLayout-1 new PanelLayout-3The public park in front of the site is designed as an undulating lawn with multiple mounds that extend into the library. The upper floors of the library appear to float above the park. The public library and public park are continuous and the design explores a number of experimental approaches to generating new libraries (and parks) through excavation. The  traditional function of archiving is buried in an undulating mound.

敷地前の細長い公園に小山の集まりを置いて、公園がゴルフ場の芝生のマウンドのうねりで出来ているようにする。このうねりを図書館の内側まで延長して、まるで図書館が公園にふんわり着地したように見えるようにする。図書館内と公園を文字通り地続きにして、新世代の図書館の使い方・あり方を発掘しようというアイデア。これまでの図書館の伝統的機能と蔵書の多くはこのマウンドの中に収められる。

 

Bamiyam Cultural Center バーミヤン文化センター

new PanelLayout-6 new PanelLayout-5Across the valley, the building overlooks the site of the big Buddha statues that were destroyed a decade ago. Our objective for the cultural center is to provide a counterbalance to the missing statues by providing a multi-purpose community center, art center and focal point for tourism. The main structure intervenes gently into the existing hill, and creates pockets of tranquil and harmonious spaces, similar to the vernacular courtyards of Bamiyan.

破壊されたバーミヤンの大仏が遥かに見える丘の上に、町の復興のために文化施設を建てようという計画。ユニセフの後援。私達の提案は建物を丘の上にくっきり見せて大仏と対照をなすようにしながらも、この地方の乾燥した土地の一部のようにも見える建物を砂の上に置き、地面の起伏と建物の間に一方は囲まれた空間、もう一方は町に開けた空間ができるようにして、町を俯瞰しつつ、そこに落ち着いた時間が流れるようにしようというアイデア。

 

Sofia Cultural Center  ソフィア文化センター、

8-9Preserving the structural frame of the original 20th century structure, a new translucent origami skin presents a contemporary facade that also controls the light within the exhibition areas. At the ground level, the activity inside is completely transparent.  New vertical circulation will introduce a new roof top public space.

古い建物をそのままにして、オリガミのような外皮を被せることで新しい表情を与えつつ、展示場に差し込むコントラストの強い外光を和らげる装置としても使おうというアイデア。さらに、一階は大幅に透けて見えるようにして、活動の様子が通りから良く見えるようにすることと、新しい垂直動線を差し込むことで、これまでとまったく違う新しい命を吹き込もうという提案。

 

Floating Bridge 浮橋

new PanelLayout-10Old recycled pontoons will be laid in parallel with a membrane connecting two rows, which were originally part of a bridge in lake Washington.  Our objective was to create a public water front for swimming comparable to the lake whose relatively warm water is surrounded by private beachfront. Relocated to the cold waters of Puget Sound, with sunlight warming the water above the membrane, the pontoons form a virtual beach that will also generate electricity based on tidal power. The “energy beach” will serve as a public swimming park accessible to all.

湖に浮かぶ浮橋を架け替えして、使われなくる古い浮橋を再利用しようというもの。湖から海に流れる川を伝って旧浮橋を海に運び、中央で折って平行に並べて、その間に膜を張ろうというアイデア。膜の上は太陽の光で暖められて、冷たくて水浴に適していなかった海でも泳げるようになる。湖の周りに別荘を持てない大多数の都市住民も海で水遊びが出来ようになる。さらに、海の大きな潮の満ち引きで浮橋を上下させて、そこから発電しようという提案。

 

 

Wind Garden 風の庭

new PanelLayout-11Round sheets of glass float in a pond, creating serene mirrors against a backdrop of ripples revealing the effect of wind on water. The mirrors open up portals into the depths of the pond that bring in images of the surrounding landscape, revealing the garden as well as the wind.

小池の水面にガラスの円盤を浮かべて、その上に回りの景色を写し込もうというアイデア。さざなみの立った水面は回りの景色を反射しないけれど、さざ波の起こらないガラス盤の部分だけは鏡のようになる。池にはあたかもたくさんの円い透明な穴ができる。しばらくそこに立っていれば風の存在も「見え」てくる。

 

Water Bottle Garden ペットボトルの庭

new PanelLayout-12Disposable water bottles are re-purposed as wind mills, and inserted into a landscaped garden, reacting with the wind and creating an auditory dimension as well as a visual accent as “wind flowers”.

ペットボトルで出来た風車を大量に花壇に差し込んで、それだけで見ごたえのある庭園にしようというアイデア。庭園全体が風に反応して、ある時は静かに、またある時はざわざわと話しかけてくるだろう。

These 6 projects reflect our design philosophy. We  do not believe in the conventional split between architecture and landscape, and in all of our work seek to integrate them into a holistic unity, with plantings, water, wind, concrete, steel, and glass as aesthetic and functional equivalents.

他にもまだコンペ作品はあるのだけれど、この6作品でさえ、ある傾向が目に見えてきて、我ながら面白い。これまで決まりでは、建築と造園は違う世界で、それぞれの専門家が別々にデザインすることになっていたけれど、私たちは自然と人工物を一体になったものとして考えたい、そうすれば別の世界が現れるのではないか?植物、水、風とコンクリート、鉄、ガラスを等価に自由に使って、これまでになかった空間・環境を作りたいと願っている。

Pregones Theater-2, プレゴネス劇場その2

This year we are here in Pregones theater again where every year they have a spring music event series. We are connected with them as we are designing an addition to their support facilities and back of house. Their specialty is Latin music but for these concerts they often introduce contemporary western music. They have a program in conjunction with Carnegie Hall, which presents concerts in all 5 boroughs of New York City. These days Carnegie Hall presents not only western classical music but also many other genres of music. This year Carnegie Hall staff introduced the show. Two years ago the well known Jack Quartet performed performed here at Pregones as as part of the series and this year  Mivos Quartet came.

今年もプレゴネス劇場へ来ている。毎年この時期、春のシリーズが始まる。私達はプレゴネス劇場の改造計画に携わっているので、縁が出来ている。プレゴネスはラテン音楽をもっぱら得意としているけれど、この毎年の春シリーズのオープニングには西洋現代音楽が演奏されるようだ。それというのもプレゴネス劇場はカーネギーホールと提携をしているからだろう、西洋クラシックの音楽家が来る。カーネギーホール自身もクラシック音楽以外のコンサートにも力を入れているようで、今回もカーネギーホールのスタッフによる演奏の紹介から始まった。一昨年は現代音楽ばかりを演奏するのでよく知られているジャック四重奏団が呼ばれていたし、昨年は、ミボス 四重奏団が来ていた。この地では現代音楽のコンサートやリサイタルが昨今の東京よりずっと頻繁に行われてるのではないだろうか?なにやら、広く聞かれるべきだという使命感のようなものを感じる。

Untitled-2

Before each piece they gave an introduction and explanation about the work and unlike the typical classical music concert it had a casual atmosphere. (To be honest there wasn’t a good shutter opportunity this time so these photos are actually from last year, the Michael Mizrahi group). Quite often classic pieces are inserted in between music that is more challenging and experimental to listen to, but I could not find any “easy listening” music this time, except maybe a piece by Philip Glass which might possibly already be considered classic.

演奏の前には曲の説明があって、クラシックのお定まりの硬さがなく、砕けた雰囲気があった。(今回は シャッターチャンスに恵まれず、ステージの写真は実は昨年撮ったMichael Mizrahi 達の時のもの。)現代音楽をもっと広めようという企画だから、たいていは親しみやすい古典作品が幾つか客寄せに差し込まれるのだけれど、今回は何もなかったようだ。フィリップグラスの曲があったので、それが「古典」ということだったのかもしれない。

P1030731

A friend who is a young composer of contemporary music says it is not so bad if 30% of the seats are filled. ( He organizes many concerts and finds donors to pay for musicians and spaces.) This concert was a good example of that.  According to market theory concerts of contemporary western music will evaporate with this minimal support, so what is preventing it from happening in this kingdom of market theory? It is a very interesting question isn’t it? Who are the financial supporters? Aren’t there comparatively fewer rich or generous contemporary classic music lovers than for other types of music? Possibly yes. We are not categorized as either generous or rich, or even contemporary music lovers, and we do not like the almighty of market theory but we are always looking for music which moves us.

知人の若い現代音楽の作曲家によれば現代音楽のコンサートでは席が30%埋まれば、まずまずなのだそうだ。(会場や演奏者にはキチンと料金を払わないといけないから、コンサートを数多く企画する彼は毎回、寄付金集めに走り回っている。)今回も、この数値からすると、ま ずまず「盛況」だった。市場原理に従えば、このような儲からない企画は即座に蒸発してしまうに違いないのだけれど、この原理の王国で、なにがそれを食い止 めているのか?非常に興味が沸いてくる。どこから金がでるのか?現代音楽愛好家の中には気前が良い人や、金持ちの聴衆が多いのだろうか?私たちといえば、 そのどちらでもない。愛好家とさえ言えない。けれど市場原理万能が好きじゃないし、聞いたことのない感動的な音楽をいつも探しているものだから、ここに来 ている次第。

P1030733

We are finding though that our ears like following the code imprinted in our brain, so that coming to a concert is like a lottery. Probably visual arts also has the same tendency. It is a good opportunity to look at architecture objectively from the outside for us. Comparing music and architecture is very interesting, some areas are of course totally different but some are very similar. We had hoped to have a chance to chat with the musicians in the lobby after the performance but unfortunately they did not emerge from the back of house. Too bad we really do want to open up our ears!

もっとも、私たちの耳はすでに脳に刷り込まれたコードに沿うのが好きなのだということは十分承知している。故にコンサートは当たり外れが大きい。それは、たぶん建築のような視覚芸術に当てはまるのではないか?私たちにとっては現代建築を外から批判的に考える良いきっかけになる。建築と音楽とを対比すると、全然違うところと、良く似ているところとがいろいろあって、とても面白い。去年はコンサートの後、ロビーで作曲家や演奏家と話しをする機会が有って、とても良かったのだけれど、今回は演奏家たちは楽屋から出てこなかった。視野(聴野?)を広げたかったので、とても残念!

Easter Parade 2016 イースターパレード

_MG_6706S

Here we are on the avenue…for the annual Easter parade. It was wonderful sunny warmish weather and lots of people were out and about. This year we introduced a new line of “circular” hats and remodeled the “Audrey Hepburn” from last year. Always fun to see the reactions and be part of a New York ritual.

今年もイースターのパレードに加わろうと、このアベニューを歩いている。すばらしい天気、まずまずの陽気で人でいっぱい。今年の折り紙帽子は去年からのオードリーヘップバーン型に加え、同心円型の新ラインをご紹介。今年も大変な反響。

_MG_6687S

The folding lines of the new model are circular so some people may have a problem calling these hats origami. Although you can extend the traditional definition of origami a little – “origami is formed from a flat sheet by only folding without any cutting in principle”. We made joints to make the folding  easier, but  if you have extremely fine fingers, special tools  and the right paper product, you do not need any joints.  The new model  is composed from a cone which is “mathematically” flat or 2 dimensional, or curved but not warped. As a matter of fact the “Audrey Hepburn” is also a cone before folding, like the new model. The two new circular models are slightly different. Can you tell the difference?

今年の新ラインは曲線の折パタンが使われている。毎年折り紙帽子をいろいろ試してきたけれど、ここまで来ると折り紙とは ちょっと言い辛いような気もする。曲面が入っているけれど、それでも一枚の紙を折るだけでできている。伝統的な折り紙の定義をちょっと拡張しさえすればよい。制作上の技術的な理由で、継ぎ目があるけれど、無限に細い指と道具、それに特別製の紙があれば継ぎ目は必要ない。今回の新モデルは円錐面を折曲げて作られている。それは数学でいう二次元的に平坦な面で、ウォープしていない。実は去年のモデルも円錐からできている。今年の曲線モデルの二つの帽子は微妙に形が違うのだけれど、さてどこが違うか?(3つ の去年のモデルも折りパタンがそれぞれ少しだけ違う。)

_MG_6709RS

We were often asked how to make the hats. We explained the procedure, but I guess it does not satisfy their curiosity, but it is so difficult to explain how we came up with this form. First we have a vague idea of what pattern is fold-able mathematically and what the final shape will be. But that does not mean it will be beautiful and interesting.  Imagining the final form we modify within that idea and make several test pieces. We tried not to mimic the traditional hat this time. If you emulate the classical form it easily becomes elegant and understandable. Although we are doing folding why not explore the design mathematically? Why not let the mathematics drive the design and have the hat be a byproduct? It may unexpectedly be very beautiful but we do not want to lose the sense of a hat.. to balance them was difficult.

毎年、みんなからどうやって作るのか質問を受ける。一連の作業のプロセスを説明するのだけれど、たぶん彼らが本当に知りたいのは、どうやってこの形に辿り着くのか?ということかもしれない。でも、それを路上で説明するのかなり難しい。まず、どのようなパタンなら折ることができて、どのような形に折り上がるかという数学的なアイデアが最初にある。しかしそれだけでは必ずしも面白い形にならないので、出来上がりを想像しながら、そのアイデアの中で自由にできる部分を変えてみる。そして、数個の試作品をつくる。今年のラインは、帽子であることは守りつつ、できるだけ、既成の帽子の形にならないようにしている。これまでの帽子を思い出させる ようにすると、比較的簡単に違和感のない優雅な形にできる。けれど、せっかく折り紙でやっているのだから、もしそうでなかったら思いつかなかったような異形ができあがるのじゃないか?しかしそれでも帽子の雰囲気は失なわないようにする、その辺のバランスが難しい。

_MG_6710S

Thank you models! it was not our intention but they are from Austria, Poland, China, Washington and Canada; so New York…モデルの皆さんありがとう。意図したわけではないのに、彼女たちの出身はオーストリア、ポーランド、中国、ワシントン、カナダからで、いかにもニュ-ヨークらしい。

Center of New York-2 ニューヨークの中心ー2

P1050194s

Probably because of el niño, today is unusually warm, so we decided to do some more exploration of an area where we came several years ago. This area is geographically the center of NY city but it is a huge area dedicated to cemeteries sharing borders they march on next to next. Each one looks like a part of a bigger cemetery and you will assume you can transverse from one to another but actually they are independent, enclosed by high fences. There is typically only one entrance. It is not very efficient for explorers to hit the border after a long walk and then have to come back to the entrance.
エルニーニョの影響か、今日はとても暖かいので数年前に来た探検の後を続けるべく、ここに来ている。この一体は大きな墓地がいくつも連なっている。それら の間は通り抜けができるように見えながら、実はフェンスで囲まれ、独立しているので大体出入り口は一箇所。土地が広いので、入ったところまで引返さすのは 探検隊としては効率が酷く悪い。今日の町は、暖かさに誘われて、通りでも公園でも、人がいっぱい繰り出しているのに、何とここは静かなのだろう。この広大 な空間に人っ子一人いない。いつもNYのうるささに参っているから、この別世界は快い。

P1050188s

How quiet it is here!! on this warm day in Manhattan there were many people outside enjoying the sunshine. There is nobody here. This escape from the city is so refreshing. Not only for the noise level but also there is a very special atmosphere, almost surreal. There are many classical Greek style Mausoleums laid out as a townscape; it almost a miniature town, but there is no one alive here.
しかも、その静けさにあいまって、このランドスケープにはシュールリアリスティックな感じが漂っていてなんともいえない。ギリシャ建築のミニチュアのような家型の霊廟がいくつも並んでいる。生きているような町並みを作っているのに、しかし生きた人は誰も住んでいない。

P1050192s

I was thinking of Aoyama cemetery in Tokyo which is located in the center of the city, and similarly is vast like these cemeteries, but I have an image of HANAMI with cherry blossom picnics and people enjoying sitting under the cherry canopy every spring. It is quite different, people come and enjoy the space in Aoyama where the tombs are rigidly laid out as if the priority is how many tombs can be packed in, there is not even a place to sit down except on the monuments.
これが青山墓地ならば、お花見のイメージがあるので、こうゆう雰囲気にはまずならない。しかも青山墓地では地面を機械的に割り振って、墓石を置いてあるだけなので、なおさらこうゆう感じにはならない。

P1050191s

We decided to have a picnic here like Aoyama next time. Is it too disrespectful? I think it is a shame not to enjoy any kind of space at any time.
次回はここでピクニックをしようと決めた。不謹慎だって?この空間を楽しまないのはなんとももったいない。

P1050190s

 

Fox Parade @ Tokyo 王子狐の行列

IMG_1839S

A friend staying in Tokyo sent us these photos that she took  of the festival parade at Oji-Inari shrine on New Years Eve. It was a surprise for us as we hardly ever stay in Tokyo at this season. You can join the parade if you put on a fox mask and wear a kimono. The parade starts 30 minutes before the new year begins and you march to the shrine. It does not matter if you are serious about this pagan ritual or not. They say a group joined with costumes, handmade masks, music and dancers a few years ago. Well, shall we join it with our newly designed origami kimonos like we do at the Easter Parade In New York?

東京に滞在している友人から写真が送られてきた。北区の王子稲荷神社の狐祭りの様子。私達は毎年大晦日のころは東京を不在にしているので、こうゆうお祭りがあることはついぞ知らなった。年の明ける30分前に稲荷神社へ向けて行列が始まる。狐の面と着物を着ていれば誰でも飛び込みができるらしい。信仰に篤かろうがなかろうが、関係ない。数年前の行列で、あるグループはこのイベントのために音楽を作曲し、それにあわせて振り付も、装束や面も自作して、楽しんだそうな。それなら私達も来年は、オリガミの帽子を付けて毎年参加するイースターのパレードのように、オリガミで着物を作って参加してみようか?

DSCF0177_Sc

Where did so many kimonos come from? Every kind of kimono, from night wear to visiting dress to formal dress. Lovers of traditional dance and tea ceremony? They probably found this is a great opportunity to wear a kimono in modern life. これだけの着物が東京のどこにあったのだろう。寝巻き?から、訪問着、正装までさまざま。彼らは茶道か日本舞踊の愛好家? 着物を着られる機会が無いもんだから、そうゆう催しがあったら、この時とばかり、東京中から集まった?

Once upon a time, they say,  people worshiped the fox because they would catch that mice which eat the rice; the main crop. This agrarian idea became very popular among commercial businesses  several centuries ago as they believed that foxes bring prosperity as the messengers of the gods. For some reason the fox is an ambivalent figure, they are sometimes harmful to humans and sometimes friendly. The parade evokes something mystical. The mask is spooky, but also even humorous. This ritual stopped 70 years ago at the last war but local people have now revived it. The shrine seemed well maintained when we walked through the grounds last year, but very quiet without any activity.

大昔、ねずみを捕食する狐が祀られて、土着信仰として定着したらしい。それが江戸時代には商売の神の使者ということで流行ったそうな。狐のイメージは 昔から善悪両義的で、邪悪にもなれば神の使者にもなるということになっている。だから、パレードの様子が何かエソテリックな感じがする。面からしてなにや らユーモアもあるし、不気味な感じも漂ってくる。大戦後このお祭りは途絶えたのだけれど、十数年前に地元有志によって再興したのだという。日ごろの神社は、キチンと世話をする人がいるようだけれど、私たちが秋に境内に入った時はひっそりとしていた。

DSCF0186_SS

By the way do you notice the color of the bluish light  in the background? This is a good example of our last post . ところで、背景の照明の色が、前のポストで書いたような典型的な青さの実例。

We hear “respect of local traditional culture” very often but what message does that give us? I have to think about it. This is almost a buzz word as a counter idea against modern inhuman civilization. Is this message so obviously true? Can we be so sure this parade was organized simply following this idea? Activating the local community has a practical commercial benefit and takes advantage of the fox ritual -or people want to feel something transcendent which has been lost? Maybe neither…

「地元の伝統文化を大切にする」という表現を良く聞くけれど、一体この主張はなにを意味するのだろうか?考えてしま う。なぜそうすることに意味があるのか?今や近代文明への反語として、流行り言葉にさえなっている。原則的に反対する人はいなくなったようだけれど、この主張は本当に自明なことなのか?このお祭りの再興もそのように一口に言ってしまうことができるのだろうか?何かそれだけでは済まされないものがあるよう に思える。文化復興の効用面「町おこし」のために狐が担ぎ出されたのだろうし、失われてしまったものへのノスタルジーもあるかもしれない。古代人が感じたような超越的な何かを感じたいということが背後にあるようにも思える。いやいや、それらのどれも精密ではないだろう。

DSCF0146_Sc

Our friend was visiting Japan with her architectural students to show them Japanese architecture when she found the information for this parade. Her students saw many modern designs as well as the historic cities like Kyoto. She had quite a sure idea what to show them beyond the typical tourist spots.

We always talk about what to recommend to visit in Japan for our friends who are architects, and find it a challenge. They want  to see contemporary design first, Japanese cutting edge design is one of the most influential trends although they also want to go to Kyoto too.  Temples and shrines are beautiful but the entire cultural background  for these buildings is also very important to think about in architectural  design.

この友人は教えている学生数十人を連れて日本に来ていた。地下鉄に乗っているとき、このお祭りのことを、たまたま知ったのだという。これから各地の現代建築を、そして同時に京都や日光を案内して廻るという。建築学生たちに何を見せるべきか?観光目的ではない、きちんとした考えがあるらしい。
外国から建築家の友人たちが来るときはどこに行けば良いか、話を交わすことがしばしばあるけれど、たいてい、なかなかの難儀をする。当然、今の建築 が彼らの一番の関心ごとなのだ。今や日本の現代建築の先端は世界中で注目されている。けれど、京都へも行きたいという。現代の建築を見るだけではなく、その文化的背景全体を知ることが建築を考える上でとても大切だから。

DSCF0205_SS

end point of the parade, Oji-Inari shine  行列の終点、王子稲荷神社

I envy the continuous history of art in the west. Artists has been trying to create a differentiation from the previous generation and prove their raison d’être. Though after all their art is still a continuum from the Greek era. On the contrary Japanese art (architecture, and general culture too) had a huge discontinuity at the Meiji revolution 150 years ago. I observe that many people have been having trouble to reconcile between the two eras, myself included. Modern Japanese architects hardly get any inspiration from temples or try to compose a transcription of them. We had a chance to design a new temple, but our contemporary design was refused in a second. The priest employed the design of typical classical facade  3m deep copied from a book and pasted on a “functional” concrete box. It will take a long time to conclude about the meaning of traditional culture in art, for sure.

欧米では昔のアートやデザインから現代のそれらまで、うらやましいほどに連続している。芸術家たちは前世代とは違うことをしようと躍起になるのだけれど、結局のところ大きな連続体の中に居る。日本の建築(そして芸術一般)はどう考えても、維新前とその後には大きな断絶があるようにみえる。多くの人がその間を繋げて見ることができない、ように見える。現代の建築家がこの稲荷神社にインスピレーションを得たり、そのデザインを編曲したりすることはまず無い。以前、お寺の新築プロジェクトをやりかけたことがあるけれど、現代にお寺の精神を生かしたデザインは門前払いをされた。住職の採用したデザインはお定まりの「お寺」を「機能的」なビル建築の正面にペッタリ貼り付けたもので、伝統的お寺とビルがドッキングしたような奇形だった。今日を生きる中で、伝統の意味について結論できるのは遥か先のことになるように思う。

 

Night Glass 夜のガラス

They say if you can see the empire state building from your window your apartment is more expensive than the equivalent non view apartment. Is that really so? From our terrace you can see the Chrysler building, which is sometimes compared with the Empire State building and some say it is even more beautiful. Our view of the Chrysler is actually not a real image but a reflection. Today is Christmas day and the lighting looks reddish and white, something like a giant Santa Clause. The Trump Tower (one of many) which is the mirroring building, has a totally flat curtain wall that generates a mirror image. You can enjoy the fun images that do not quite add up to the original because of the inaccuracies of the product.

ニューヨークではエンパイアステートビルが窓から見えるとその物件は少し高くなるという話を聞いたことがある。それならば、エンパイアステートビルではな いけれど、私達のテラスからも見える超高層ビルがある。クライスラービル。しばしばエンパイアステートと比べられて、こちらが美しいと言われたりする。もっとも、それは本当の像ではなくて、鏡映像。なんだか良くわからないけれど、クライスラービルだということは知っている。今日はクリスマスの日で、赤と白の照明が使われている。 多分サンタクロースかなんかを思い出すように企てられているだろう。鏡になっている建物は、イーストリバー沿いに建つ、これまた超高層アパート・トランプタワー(数あるトランプビルの一つ)。まったくの平面で出来ているので像が出来る。製品誤差で像がまとまらないのはご愛嬌。

P1040934
This next building is designed by French star architect Jean Nouvel located near the Hudson River. Here the windows are randomly tilted to reflect the light at many different angles. Tonight’s sunset with its pink and dark blue sky is creating an interesting pattern.

つぎのはスター建築家ジャン・ヌベールの設計したハドソン川沿いにあるアパートを撮ったもの。こっちは最初からガラス面をでたらめに傾けてあるので、今夜は落日の空やら、とうに太陽が去ってしまった暗い空やらがまだら模様に写っている。

P1040911c

The Trump tower does not have any obstacles for cleaning, it may not be so difficult. But look at the Jean Nouvel. In fact the next photo was taken when they were working to clean the windows. How are they going to clean above this, the crane looks like it is fully extended (in fact we are now working with the designer of this curtain wall, FRONT).

トランプタワーは凸凹がないので、80階建てとはいえ、ガラスの清掃はその割には大変ではなさそうなのだが、このビルといったら…清掃業者泣かせとはこのこと。実際この次の写真ではクレーンは伸びきっているようで、これから上はどうするのだろう?(実はこの窓を設計したのは、今私達が一緒に仕事をしているフロントという専門家集団。)

P1030129p1030127 copy

When we were enjoying our view of the Chrysler building we realized that there are quite a few white/blue lights lighting up the apartments, which is a recent change. This white light color is very often preferred in Asia and Japan but what is going on here? We have two hypotheses. 1) More Asians are living here – really? 2) LED lights are easy to buy and people can pick a white/ blue light bulb from among the ample choices and they actually like it.

クライスラービルを撮ってるとき、外のアパートビルを見ていて、気がついたことがある。これまで、欧米の家庭ではアジアや日本では良く使われる、あの蛍光灯の青い色の照明は使われず、暖かいオレンジ色ばかりだった。ところが今回、さっと見回しただけで、青白い光がかなり増えている。何が起こっているのだろうか?仮説1)アジア人がたくさん住むようになった。ではなくて、仮説2)この青い色は蛍光灯ではなくLEDで、いま良く浸透してきた。これまでは青白い白熱球型の製品は蛍光灯では手に入れにくく、店にあるのは電灯色しかなかった。でもLEDが出回って、簡単に選べる選択肢が増えた。のではないか?

P1040957s P1040954s

The building where our Tokyo office is has over 300 light fixtures along the long exterior corridors. The colors of the lights were diverse from yellow to white. One day the superintendent decided to unify the color. Sadly the color he picked is the white/blue. The whole building looks like a factory now  (or a refrigerator) and he is so happy. He had no question that everybody prefers blue light. We though the color preference between the west and east was different based on their historic, ethnic and anatomical differences. But that may be wrong, it could just be because of the convenience of what to purchase and what is under production.

東京の私達の事務所の入るビルには300ほどの通路灯が各戸の前にあって、かつては、色の違う蛍光灯がはいっていて、ジャンヌベールの建物のように、オレンジっぽいものや青っぽいものや、でたらめに混じっていた。そこ で管理人さんが発心して統一に乗り出した。哀れ、結果はすべて青白いのに変わってしまった。今や工場のようにみえるのだが、管理人さんはうれしそうだった。青白い光が好いのは他人の意見を聞くまでもなく、かれには自明なのだ。これまで私達は西洋と東洋の好みが何か民族的、あるいは歴史的、あるいは解剖学的に違うと思っていた。でも、このニューヨークの夜景 色を見るにつけ、そうではなくて、単に製品供給のたまたまの成り行きだったのかもしれないと思う。