Lamma Island ランマ島、香港

We are now in Hong Kong. We were here 10 years ago too. It has changed so much, Kowloon castle is gone, HSBC bank designed by Sir Norman Foster was the rare tall building and looked like it was predicting the future and soon Bank of China by IM Pei joined it, but now they are settled among the 100 tall anonymous buildings. Their facades still have a unique significance but did they demonstrate a model for the next generation?  We are not sure. Last time we were here we saw, I think, more people walking on the streets but today hardly to see people on the streets, possibly it is too hot and today is weekend. One difference is many shops and restaurants moved into high rises so that you can not see them from streets. You will find them through internet but not hanging around the city. This is the same phenomena we saw in Tokyo on the way here. Shops and restaurants are so sophisticated but the city sadly lost the face of activity. Remember how cities use to be… shops and restaurants were exposed on streets and joy of hanging around the city. I guess people prefer air conditioned space to explore the city.

今香港に来ている。10以上年前にも来たけれど大きく変わっている。九龍城はなくなり、ノーマンフォスター卿のデザインしたHSBC銀行は今はさらに高い沢山のビルの中に紛れてしまった。かつては周りの高層ビルのなかでひときわ目立つ、香港の未来を先取すると思われた建物で、そのあとIMペイのデザインした中国銀行のビルがそれに加わった。これらの建物のユニークで魅力的なファサードは、次世代のモデルになるだろうか?かなり疑わしい。さて、前回ここに来た時、もっと通りに人が歩いていたと思うけれど、今日はあまり人を見ない。週末だからだろうか? そのわけはレストランや商店が高層ビルの中に入っていったからではないだろうか?インターネットで調べてくるので、もうぶらぶら歩きをしなくなったのではないか?これと同じ傾向を東京でも見た。店やレストランは上品になって、大きなビルの中に他の店や事務所と一緒に納まり、表からは隠れてしまって、町は賑わいを失いつつあるのあるではないか?たぶん人々は町を散策するよりは冷房の効いたモールを好むようになったのかもしれない。

Today we came to an island called Lamma which is a 40 minute boat ride from the center of Hong Kong, one of many islands in that make up Hong Kong. Despite its image Hong Kong has hundreds of  islands and they are attracting more tourists.

今日はランマ島に来ている。開発の進んでいる香港島の中心から40っ分ほどの船旅。香港は大都会のイメージと逆に何百もの島がある。田舎の残る島を訊ねる観光客が増えている。

After landing on the narrow walkway of the pier we walked up the main street that goes deep into the island through restaurants, shops, cafes and beaches and lovely clean public changing rooms. It is so nice and relaxing. Why is that…? It took a while to figure it out.

波止場から伸びるの細い道が唯一町深くまで伸びている。立ち並ぶレストラン、商店をすぎると海水浴場ときれいな更衣室。活気はあるものの、とても落ち着いた良い感じ。どうしてそう感じるのだろうか?何かが違う。そのことに気が付くまでしばらく時間がかかった。

Yes, no cars!! Absolutely no cars on this island. Isn’t it a privilege not to have any cars and still be part of a city? In other words, does every community have to allow cars into every street and  be continuous to every other part of the city, giving up a sense of community? Why can’t individual parts of the city be like an island? Is it really so inconvenient? …

そう、車が走ってない!どこにも見えない。市中にありながら車を見ないで済むというのは何という特権だろうか。別の言い方をすれば、どのコミュニティーも車が通れるように地域の空間を全体の都市に差し出して他の地区に繋がっていないと忘れられる。地域コミュニティーはコミュニティーでなくなる。なぜ、ここのように陸の「島」になれないのだろうか?本当に不便なのだろうか?

New York is considered the most functionally designed and most exciting city (a  simple straight grid and wide streets) in the world. In a grid system, every corner is equivalent (and almost the same) and exposed to heavy car traffic. For some people exhausting means exciting….  But is it really so ?

ちなみにニューヨークはすべての通りが同格に繋がり、最大限の流通が可能で、最も機能的にデザインされていているという。そのために最もエキサイティングな町だといわれる。碁盤の目の都市では、ある交差点は他の沢山の交差点の一つと何ら変わることがない。しかもどの通りも区別なく同じ大きな交通量にさらされている。「島」がどこにもなく、町全体に空け放されている。人によってはこのノイズがエキサイティングに映るらしい。本当にそうなんだろうか?

All of the photos above were taken along the small but main street. You can click all images to enlarge… for a more spatial experience. ここに載せた写真はすべてこの島のメインストリートたる細い道から取ったもの。クリックすれば臨場感のある大写しに…。

new ORIGAMI hat design at Easter Parade 新オリガミ帽デザインイースターパレードで

The Easter Parade came again this year. We have been creating new hat forms since we joined the parade in 2013. This year we experimented with a series of hats created from a single tube of origami. They are all composed of one sheet of paper (to be precise a tube). Six papers are combined to form a long tube, otherwise one long sheet of paper is cumbersome to handle. Precisely speaking, these final forms are not mathematically “origami”. Making a tube with origami is a precise mathematical process, however when it is bent to become a torus we are using the flexibility of paper. In other words, if the material is very hard it cannot be used to make these hats.

今年もイースターパレードの時期が来た。2013年から毎年、新作の帽子をオリガミで作って参加している。今年は筒を折りこめば帽子になるのでは?と、新しい試みをしてみた。どの帽子もすべて(理論的に)筒になった一枚の紙からできている。実際には6枚の紙を繋げて長い筒にしている、でないと大きな紙は扱うのが大変。厳密にはこれらの帽子の形は数学的なORIGAMIではない。筒をオリガミで作るところまでは数学的なのだけれど、これを曲げてドーナツ状にするところは紙の柔軟さを利用している。別の言い方をすると、もし素材がとても固ければこの形にするのは酷く難しい。

tube before folding. thin folding lines are printed. 折る前の筒、かすかに折れ線が印刷されている

Many people were attracted to these hats and constantly asked for permission to take photos. Some wanted their picture to be taken together with our models. They were amazed with the forms but strangely they didn’t ask any questions. Simply they don’t care how the hats are made? Or they are lost for words as they have not seen this design? Only a friend of ours asked questions to satisfy his curiosity.

大勢の人がひっきりなしに来て、写真を撮っていいか聞いてくる。ある人たちは一緒になっている写真を撮ってゆく。皆なこれらの形に魅了されるのだけれど、不思議なことに質問が来ない。どう作ったかには関心がないのか?それとも見たこともない帽子だから言葉を失ったのか?好奇心いっぱいの友人一人だけが訊ねてきた。

I answered  “We don’t use any origami generating program software. We use Computer Aided Drawing software just to draw lines more precisely than hand drawing.”

次のように答えた。「手で書くより単に正確に作図するために、CADプログラムは使うけれど、オリガミを製造するようなソフトウェアは使わない。」

“We fold for fun and for finding practical applications but also for transcendence through mathematics without equations and formulas.  If any computer program starts generating these forms automatically, I will quit origami.”

「オリガミをやっているのは楽しみのためや、応用を考えてではあるけれど、それだけではなくて、数学を通して超越的な気分になるから。もしコンピューターが自動でこれらの形を作るようになったら、オリガミをやめるだろうね。」

Please check different designs posted in the past. 過去のデザインもご覧あれ。

https://yoshiharamckee.wordpress.com/2016/04/02/easter-parade-2016/

https://yoshiharamckee.wordpress.com/2015/04/07/the-audrey-hepburn/

https://yoshiharamckee.wordpress.com/2014/04/29/easter-bonnets-2014/

https://yoshiharamckee.wordpress.com/2013/04/18/our-easter-bonnet-video/

ORIGAMI chair, Science Museum Oklahoma オリガミチェア 科学博物館にて

IMG_4362Rs

Do you know about corrugated plastic or coroplast ? It has the same structure as corrugated card board but is made from plastic. It is very inexpensive and used for protection at construction sites, signage and packaging.  We designed a chair using this material a few years ago and since last week it is has been in an exhibition at the Science Museum of Oklahoma. The exhibition looks at many aspects of origami, from the traditional folded animals to modern abstract objects. It is at the Science museum where they have delved into the mathematics of this art.

プラ段というのをご存じだろうか?段ボールと同じ構造なのだけれどプラスチックでできている。ごく安いボードで、さまざまな製品の保護材や工事現場の養生などで使われている。数年前にこれを使って椅子をデザインしたのだが、オクラホマのサイエンスミューゼアムで展示されることになった。展覧会はオリガミのさまざまな面を見せてくれる。動物を真似る伝統的なオリガミから、抽象的なオブジェクトに至るオリガミの数学を掘り下げている。

 

The mid point of the video above shows the chair as part of their origami exhibition. Please take a look. This “continuum” is made by folding one 1.2m x 3m sheet, quite different from a typical chair which is assembled from legs, a seat, a back… It is very light; you can lift it with one hand but sturdy enough to sit on. This tube-like form is combined at the edges with stitches, generating the “continuum” which has enough strength to accept your weight. You can sit directly on the soft plastic seat but a cushion will make you happier. For more information, please go to a link below.

上のビデオではちょうど真ん中あたりでカメラがこの椅子を映している。ご覧あれ。この椅子は1.2mx3mほどの一枚の板を折るだけでできている。だから脚、座、背を寄せ集めた普通の椅子と違って、一繋がりの「物体」である。片手で持てる軽さなのだけれど、もちろん座れなくてはならない。両端を縫い合わせて繋げ、このチューブ形状にすることで強度が生まれている。やわらかい材料なので、そのまま座ることもできるけれど、クッションを敷けば完璧!詳細は以下のリンクに。

http://m.newsok.com/article/5587552

IMG_3956bwS

IMG_4339s

 

 

Hudson River Greenway ハドソン川自転車専用道

Several months ago five people were killed on the Hudson river green way, by a van that intentionally ran them down. We use the green way every week to commute to a project site, it’s a separated lane for bicyclists removed from the traffic and makes a great way to travel. Right after the murders every opening to the road was protected with concrete barricades for the full 10 km to prevent cars from invading into the green way pedestrian/bike lane. They are installed along the lane but the edges are painted with a florescent color to prevent bikers from running into them. We thought they were ugly because they disturb the smooth flow of bikes and are not appropriate for a “green” way running along the adjacent Hudson River Park.

数か月前、自転車専用の緑道で故意に車になぎ倒されて数人が殺害された、その専用道を私たちは仕事で毎週使う。(テロという言葉がはやり言葉のように使われているけれど、しっくりこないのは私だけか?)その事件が起きてすぐ、コンクリート製のバリケードが11キロある専用道の端から端まで、車が進入する場所すべてに設置された。車が自転車道の方に入れないように、これで道幅が狭められている。自転車の通行方向に沿って置かれているものの、角に突き当たりそうなので、蛍光塗料が塗られている。スムーズな通行を妨げるし、公園に隣接して走ってる緑道には似つかわしくなくい。かなり見苦しい。

These barricades oddly enough reminded me of  the train design of the British railway. The trains are yelling “watch out! I am not going to stop! never”  and the barricade is yelling ” watch out, I will never move”. The subjects are different but they share the orange nose and liner form along the direction of movement.  Additionally the barricade looks to have something like couplers. This maybe a good example of a theory in Bio-morphology—–a similar function builds a similar form even if they are not related at all.

変な話だけれど、このバリケードは英国鉄道の先頭車両のデザインを思い出させる。列車の場合はこっちは絶対に止まらないので注意!と叫んでいるし、バリケードの場合はこっちは絶対に動かないから注意!と叫んでいるわけだ。動く主体があっちかこっちかの違いはあるけれど、運動方向に沿って線形なのと端部のオレンジ色はそっくりに見える。おまけに何やら連結器のようなものさえ見える。生物形態学の言うように、機能が似ていると、全く関係のないものでも形が似てくるという例だろうか?

englandTrain

Well, lets come back from this derailing….. what is the advantage of  installing this barricade here in reality?  This bike lane just happened to be picked. The attack could happen anywhere in New York, any street, any side walk… any place. The city would be packed with these British trains to protect pedestrians and bikes and paralyze the traffic. The city cannot just be silent, they had to do something. Luckily they could do something on this bike lane because of it’s unusual design… there is a bank and a planted border between the motor vehicle lanes and the bike route. Norma almost every sidewalk in New York has direct access to the road to allow drop off to the side walk, access to driveways, fire hydrants, and for deliveries and loading docks, and parking which is the basic assumption of urban design. That is why you never find low plants like in the image below.

さて、脱線はここまで。この英国列車を配置することにどんな何か意味があるのだろうかといりいろ考えた。犯人がここを犯行現場に選んだのはたまたまであって、ここでなくてもどこでもあコりえたはず。通りのど真ん中でも横断歩道でもできただろう。そうゆう場所でこのようなバリケードを設置することは全くのナンセンスで、もしそんなことをしたら、全NYがマヒすることになる。しかし、当局は何かしなければいけない、と感じてたに違いない。幸いにも、この緑道はこうゆう措置ができたニューヨークで唯一の場所だった。一般の通りとちょっと違うデザインだったから。当地では大小問わず、通りはどこでも、車を降りてそのまま歩道に上がれるよう、荷を下ろしたら遠回りしなくても、すぐさま歩道に踏み込めるよう、歩道の際に障害物がない。都市計画が路側駐車を前提して設計されている。だからこの地では右下図のような低木の植栽は見かけることがない。

side walk

Right: the Brooklyn Central Library, our proposal for a new canopy and fore garden for the theater entrance. Left: existing condition. Low plants between cars and pedestrians would give the entrance a welcoming focal point. This does not seem to happen here even though the sidewalk has this ample width. 右図はブルックリン中央図書館の劇場入り口の提案から。キャノピーと前庭のデザインを含む。左図は現状。これほど歩道が広いのだから右図のように車道との間に植栽帯を置きたかったのだけれど、NYではできないらしい。そうすれば入り口付近が際立って、「ようこそ!」の感じが出せたのだが…。

 

Here the planting and permanent barricades which would never allow cars to go into the bike lane. Installing British trains just at the openings  of the lane works very well. Speculatively the main purpose is to tranquilize and ease people’s psychology. After considering I guess that may be the practical function of this British train.

A few years ago in Tokyo bombs exploded that were hidden in garbage bins in public spaces. Immediately all of the garbage bins disappeared from public spaces. When the fear that this might happen again faded they all came back. There is no guarantee this will happen again, and I ( irresponsibly) hope these British trains will return home someday when the fear is gone.

ところがここは例外的に道路との間に分離帯がある。車は決してここを乗り越えられないから、道路から自転車専用道に交差する進入路だけにこの英国列車を置けば車を締め出すことができる。この措置ができたのはこのような物理的な幸運な条件がある。いろいろ考えた挙句、このバリケードの効能は精神安定、人々の不安感を和らげることではないだろうか?と推測するに至った。この効果が英国列車に期待された本当の機能だったのではないか?

東京で数年前、ゴミ箱に爆弾が置かれた事件が何度かあったとき、ゴミ箱が東京中から消えた。けれど、かなり長い時間を経た後、ゴミ箱がじわじわと復活した。また起こるかもしれないという恐怖が薄れたのだ。(無責任にも)ここでも再発への恐怖が消えて、つまり、ほとぼりが去って英国列車が全部倉庫に帰還する時が来るように願う。また同じようなことが起こらないという保証はどこにもないのだけれど…。

Community Board コミュニティーボード

The Mayor of New York, Bill de Blasio invited all of the Community Board members ( and their spouses ) to an annual reception held at his official residence to express his appreciation for their contribution to the city and enhance the communication between members. The party was held in a temporary tent built in the garden close to the building- Gracie Mansion.

ニューヨーク市長 ビル デ ブラジオがコミュニティーボードのメンバー(とその伴侶)を彼の公邸宿舎に呼んで毎年、レセプションを開いている。メンバーをねぎらうことと、メンバー間のコミュニケーションが活発になるようにという趣旨。グレイシーマンションと呼ばれる建物の横、庭園のなかに大きなテントが建てられて、立席パーティーが催される。

Representatives of the 59 community boards from the 5 boroughs of New York City were there. Even New Yorker’s don’t know that the community boards exist… probably. The community boards are appointed advisory groups from the community districts, each board is composed of up to 50 volunteer members appointed by the local borough president with half from nominations by City Council members and they have no official authority to make or enforce laws. They advise on land use and zoning, participate in the city budget process, and address service delivery in their district. We came to last year’s party so we hung around near the kitchen; the best area for hors d’oeuvres. Tasty food carried by the waiters was quickly intercepted before reaching the other end of the tent.

コミュニティーボードというのは市政へ助言をする諮問委員会で、区長と市議会議員によって地域ごとに一般区民から指名された委員からなる。ニューヨーカーにさえその存在は良く知られていない?かもしれない。ニューヨーク全市で49の委員会、約2500人ほどの委員がおり、法の制定や執行の職権は持たないが、顧問として機能し、議会はコミュニティーボードの支持を求める。土地利用や企画整理、予算編成への地域の要望のとりまとめ、そして市の地域サービス提供の改善など、福祉に関わるあらゆる事案を扱う。委員は無報酬、日本には無い制度。私たちは去年も来たから、どこに陣取るのが一番良いか良く心得ている…もちろんキッチンのそば…。盆に載って来るオードブルは容易にインターセプトされてしまって、テントのもう一方の端まで届かない。

We heard the mayor was somewhere in the tent and that we had the opportunity to have our picture taken with him and his wife. With 50 members on each board, public members, district managers, etc. that is over 3,000 potential photos for the mayor and the first lady…although it was split over 2 nights. We did not have a strong incentive to have a photo taken (we are not very photogenic) but we decided to see what was going on and report to this blog. We took our place in the line that extended behind a curtain. The mayor and his crew were there working hard…. this was a mass production photo shoot-conveyor belt style ….it must have been an exhausting job for them. He and the first lady ( in deep pink ) had been making instantaneous smiles for a couple of hours with not only there friendly faces, but also his kindly expression and approachable body language (but hurting his back ). We understand that this job is just one of the essential tasks for politicians that makes their position special. It must be a hard work!! Look at the entire collection from our evening’s photo shoot at the header. What a grueling part of public life- they manage to look pleasant in every photo!

かなり出来上がったところで、市長がこのテントのどこかで彼とその奥さんであるファーストレディーと一緒に写真を撮るサービスをしているということを耳にした。もしボードメンバーに加えて地区マネージャーや公的な委員などが全員加われば、3000枚余りの写真を撮ることになる。私たちには写真を撮られたいという積極的な理由がなかったのだけれど、どんな様子なのか、このブログに報告するために列に並ぶことにした。列が飲み込まれて行くカーテンの中では市長と彼の他担当スタッフ達が一生懸命働いていた。ベルトコンベア式の大量生産…これは大変だ。彼と奥さん(深いピンク色の上着)は即席のスマイルを2時間の間休みなく作り続けなくてはならない。表情だけではない、彼のフレンドリーな、(しかし腰の痛くなるような)姿勢も。2日間のイベントなので、昨日も同じだったはず。政治家にとってこの仕事はとても大事な仕事の一つなのだ、そしてそれこそが彼らを特別な存在にするのだということを理解した。なんという大変な仕事だろう。最初に載せた写真はこの日の全ショットのコレクション!すべての写真が楽し気な様子を映している。

It is not fair if you think the Community Board is just a hobby because they are not paid. Multiple meetings are held, 9 time a month , not like meetings among elected officials held during the daytime, these meetings are held at night. Most members have their own day job. Even if you leave work at 5, you have to rush to meet their schedule, and if your are not lucky enough to have a 9 to 5 job, you start your meeting without any evening meal. It is really hard work to debate for a few hours without food after a long day of work. What makes them volunteer for this ? Some kind of honor or power? Even though this position is not well known among the citizens of NY? Or is there some kind of benefit? It may be common among politicians, even if you don’t have any power? Does not seem reasonable. There are probably different motivations….. to preserve the existing conditions? Or on the other hand, to change the world? Simply to be involved in the process of democracy? Or they want to speak? All of these may coexist in one person or maybe one incentive is major and other may be minor.

このボードメンバーの仕事は無報酬だからと言って趣味の世界だと思われてはこまる。月に9回ほど会議が開かれて、運が良ければ意見が取りまとめられる。会議は代議士の会議が昼間に開かれるのとは違って、夜の6時半に始まる。本業のある人々のためにこの時間帯が設定されているわけだが、5時にきっかりに終わる仕事でも、仕事場から駆け付けないといけない。そのような幸運な職業でなければ、夕食無しで会議に臨むことになる。一日の激務を終えて9時過ぎまで何も食べすに侃々諤々のやり取りをするのはかなり辛い。そんな難儀のなかで彼らがこの役目を買って出る動機は何なんだろう?ある種の権力とか、名誉?その存在が良く知られていないのに?それとも役得?政治家にはつきものだけど、メンバーには権力がないのだから考え辛い。他の動機がありそうに思える。たとえば、既得した条件・環境を死守したい。逆に世の中を変えたい。単純に民主主義のプロセスに自ら関わりたい?単にしゃべりたいという人もいるかもしれない。これらのいろいろの衝動は互いに戦い合い、また人により時によっていろいろ変動するだろう。一人の内部に共存するする場合もあれば、一方のみが強くて、各人に保守的あるいは積極的な傾向を取らせることにもなる。

171211_CommBoardsDSC_3608.JPG_486.JPG

As far as I know only New York City has this system. In New York there has been a history of having power concentrated in one authority;  a single man Robert Moses changed the urban landscape and traffic infrastructure drastically including the highway network, which could be good or bad. The creation of Community Boards may be the precious heritage from the history of democracy.  They have no power but can bring up the community opinions to the city administration. It sounds like an attempt to reconcile the advantages and disadvantages of direct democracy and the delegate system. Community Boards though are not just an organization to create wish lists. They are required to organize and conclude their opinions through exchanging ideas through debate. Some may want to hold the “microphone” forever and steal the time for others to speak. Being given only a limited time in this busy era, you may need to be patient to preserve the chance for others. You may need to have consideration to make sure that the quiet speakers also get the attention they deserve beside the violent, yelling tones. Democracy definitely demands your time and patience.

私の知る限りではこの制度はニューヨークにしかない。かつてニューヨークにはロバートモーゼズの権力によって高速道路網や都市構造が良くも悪くも大きく変えられてしまった歴史がある。もしも、その時の反省をもとにしてこの制度が作られたのだとしたら、この制度は民主主義史の貴重な遺産だろう。決定権はないが民意を上奏する。直接民主制と代議士制のそれぞれの長所短所を仲裁しているようにみえる。しかし、コミュニティーボードは単に意見をリストにする機関ではない。議論を通して意見が交換され、纏められなければならない。マイクを一度手にしたら二度と離さず、他の人の発言の時間を実質的に奪ってしまう人もいるだろう。大きな声だけに注目があつまって、小さな声が文字通りかき消されないようにする配慮の精神が求められる。何事にも十分な時間が与えられないこの時代においては、すべての人に等しいチャンスを保証せんとする忍耐が必要になる。民主主義というのは、時間と忍耐を要求する。

 

NY Open House ニューヨークオープンハウス

Today I was stationed at the new sanitation garage in the east village for Open House New York. I have volunteered for several years for this event which is held every fall. Based on a model that was developed in London 25 years ago, Open House has spread to 35 countries and is a wonderful opportunity to see monuments, hard to get into spaces, architects studios or private homes. All types of buildings are opened up to the public for one weekend.

イーストレッジにできたゴミ回収車のガレージに来ている。オープンハウスの手助けをするボランティアをこの数年している。あらゆる建物の種類が毎年この時期の2日間だけ公共に公開される。オープンハウスの企画は記念建築やめったに入れない建築、個人邸、建築家のアトリエなどを見る素晴らしい機会を提供してきた。25年前にロンドンで始まって、今や世界の35か国に広まっている。ニューヨークでも年毎により広く知られるようになって、予約が必須になってきた。

The tours were led by the architects of the building and the sanitation department- it turns out that the sanitation department was the one who wanted to join the event. This department deals with a much misunderstood part of our city life, the services they provide are invaluable but no one wants a sanitation garage in their neighborhood. They are trying to inform the public of how important their role is. This garage happens to be a pretty wonderful building, it is certified as LEED gold (Leading in Energy and Environmental Design), has fantastic views of the Hudson River for the workers, fits into the scale of the neighborhood with an intricate dynamic facade and also happens to houses garbage trucks.

建物の内覧ツアーは衛生局とデザインをした建築家によって案内された。この企画に加わらんと希望したのは衛生局だったようだ。衛生局の提供する市民サービスはとても大切なものであるのに、ゴミ回収施設は忌み嫌われる。衛生局はその仕事を一般のひとに理解してもらえるチャンスを求めている。この建物は近隣の空間スケールになじみ、従業員にはハドソン川の眺望を提供しし、それでいて大量のゴミ収集車を格納する。優れたLEED(先進資源環境デザイン)を獲得している。

Many people came to hear about the garbage; what happens to it and how do we deal with it.  But architects also came to check out the design of the building….. Why louvers? The building is mainly a huge truck garage but in fact looks like a museum.

ゴミがどうなるのか?どのように処理がされるのか?ゴミに関心のある人々が集まった。一方で建物のデザインを見に来た建築家たちも来た。全面に付いた日除けのルーバーは何のため?……実際、建物は主にゴミ収集車の巨大ガレージなのだが、美術館のように見える。

A huge monument building made of concrete houses the salt storage. It is one of the most interesting parts- the salt is stored at just the right angle to have it tumble into the trucks, this wonderful mountain is very corrosive and many special precautions were needed.

コンクリートでできた巨大な記念碑のように見えるのは塩の倉庫。道路の積雪を処理するのも彼らの仕事。とても興味深いのは、塩がトラックになだれ込むように、正確にこの角度の山で貯蔵されるとのこと。非常に腐食性が強いので特別な予防がたくさん必要らしい。

There was a real fascination with the trucks and never before had the garbage men been the stars of an event.

トラック群はまるで消防隊のように見栄えがして、ゴミ収集の職員達がスターに見えてきた。

Dag’s Cafe @Hammarskjold ハマーショルド公園のカフェ

P1060737c.jpgWe posted about the green market at Dag Hammarskjold Park  which is held every Wednesday. The park has many events and is the go to place for such activities as learning how to ride a bicycle, playing catch, enjoying a park bench or relaxing at the cafe. The Japan Society faces the park as shown in a photo below and one year they organized a Noh performance in the park. Quite often  protests are organized here because it is located close to the United Nations, it was the starting point of the New York City Women’s march.

前にダグハマーショルド公園で毎水曜に開かれる 青空市  の事をここに取り上げた。公園では自転車講習、子供たちの鬼ごっこ、カフェでのんびりなどなど、いろんなことに使われる。写真で分かるようにジャパンソサイアティーが面しているので、何年か前に創立を祝って、薪能の公演があった。前に載せた 反トランプのマーチもここが出発点だった。国連の斜向かいにあるので、抗議集会が頻繁に行われる。

P1060738s

Typically, though, the park is a lovely quiet oasis in midtown Manhattan. At the UN side a cafe provides a seating place for tourists and neighbors. The south side of the park is a garden dedicated  to Catherine Hepburn who lived in the neighborhood commemorating her commitment to the park.

でも、いつもは大体とても静かで、マンハッタンのオアシスになっている。国連に近い側にはツーリストや近所の人のためにカフェがある。南側はキャサリンヘップバーンガーデンと呼ばれる庭になっている。かつて彼女がこの庭の創設に関わったらしい。近くに住んでいたというが、それはまあさておき、この写真の日陰の側に庭園がある。

P1060739s

The park is part of the city system but this garden is maintained by volunteers, Friends of Dag Hammarskjold (FDHP) . They do planting, weeding, maintaining the fences and anything else required. Today, chef Kenneth who manages the cafe “Dag’s Patio Cafe” generously cooked up an impromptu buffet of delicious green market dishes and the FDHP board members and garden volunteers were invited.  The summer feast was made entirely from fresh produce from the market. With white table cloth, and chilled wine our table was set under the trees and our chef brought out dish after dish of summer fare.

公園は市に維持管理されているけれど、庭園はボランティア、 「ダグ・ハマーショルドのフレンド達」によってメンテされている。彼らは植物の植え込み、草抜き、フェンスのメンテ、何でもする。今日、このカフェのシェフが気前よく即席のブッフェを企画して、青空市で売られる有機野菜を使った料理を「フレンド達」にふるまうことになった。涼しい木陰にテーブルが置かれ、白いテーブルクロスの上には冷えたワイン…。

P1060742c

The volunteers are a diverse group of neighbors who share a love of the park and are happy to have a bit of dirt that they can work with in New York City. They  became members because they love gardens and plants or want to meet people or are exited to do something for the public… but for sure no one expected this fiesta will be offered. Today’s guests are just a small portion of the Friends, but the chief had no idea how many would come, so served many, many dishes. Fantastic, delicious- we ate too much…

「フレンド」はこの近所に住むいろいろな人からなっている。メンバーになった動機は、土いじりが好き、植物が好き、いろんな人に会える、公共のために何かしたい…などなど。でもこのような御馳走でねぎらわれることは誰にも予想できなかった。今日ここにいる人々は「フレンド」の一部に過ぎず、シェフは何人来るか見当がつかなかったので、何十皿もの料理が用意されていた。素晴らしくおいしいのだが…何とも量が… 食べ過ぎた。

Falcon’s Manhattan Life 猛禽類のマンハッタン

Today’s weather was strange. It started with a very beautiful clear sky. I heard a bird singing an unfamiliar tune. I notice a falcon on the handrail. I moved my head slowly from a behind a mullion to have a better view of it. The bird also moved its head as if it wanted to have a better view of me. The motion was like the traditional style of Thai dance. We had eye contact. The distance was just 1 m apart behind the window glass. In order not to frighten it  I moved backward slowly, I had to go to work.

今日は妙な天気の日だった。青空の晴れ渡る朝、聞きなれない鳴き声がする。手すりの上に鳥が一羽止まっているのに気が付いた。ハヤブサだ。窓の縦ざんが邪魔になってよく見えないから、ゆっくりと首を動かしたら、鳥の方もゆっくり首をスライドしてきた。タイの民族舞踊を思い出すような動き。目が合った。ガラスを介しているけれど、その距離1m。逃げてしまわないように、目をそらし、ゆっくり後ずさりする。仕事に行かなければならないのだ。

In the evening after I finished working, very quickly dark clouds started filling the sky. It was not like the typical thunder storm. When I got home I saw a soaked bird again sitting on the handrail. Is it the same one as in the morning? Pushing it’s tail outside of the handrail, it seemed like it was looking into the apartment as if it is interested in us. What if something happened? Can you fly off quickly?

その夕方、仕事を終えて外に出ると、あれよあれよという間に黒い雲が出てきた。いつもの夕立とは様子が違う。家にたどり着いて窓の外を見ると、手すりの上に濡れそぼった鳥が一羽止まっている。朝と同じあの鳥だろうか?尾を手すりの外に出し、(まるで)家の中を覗き込むように顔をこちらに向けている。これでは何か起こってもすぐには飛び立てないじゃないか?

The rain has stopped, but it does not go away.  It seems  to have moved up to the upper rail while I was not paying attention.

雨は止んだが動かない。目を離したすきに上の手すりに移ったみたいだ。

A friend, a bird watcher, said that a fairly large number of falcons live in New York City, a young falcon could be struggling on its maiden flight. They catch smaller birds and rats that inhabit the city…. a lot of animals live in Manhattan.

バードウォッチャーの友人によると、マンハッタンにはハヤブサがかなり生息しているらしい。若い鳥が処女飛行に四苦八苦しているのだろうという。他の小型の鳥やネズミのような都市に生息する動物を捕食して生きているという。マンハッタンにはかなりの動物がいるということになる。

ting 

The sky has been dyed by sunset orange, 2 hours has passed already. It is still sitting there.

すべてが夕焼け色に染まってきた。かれこれ二時間、しかしそれでも、飛び立たない。

We turned off the lights to go to bed. It seemed to still be there in the dark.

Good night!

こちらが寝なきゃいけない時間になって、電灯を消した。まだそこにいるようだ。

 

origami staircase オリガミ階段

We posted some information about a duplex apartment we designed where an opening was mode in the concrete slab and an origami bridge was inserted between the upper and lower floors. I wonder if it was too abstract? In this blog you can watch a video animation explaining the concept. Please take a look. An explanation follows after it.

前々回のブログで、コンクリートの床をぶち抜いて、上下のアパートを一繋ぎにしたプロジェクトを載せた。その時、上下階をつなぐ階段のデザインコンセプトを説明したのだけれど、わかってもらえただろうか?たぶん怪しい。そこでを一分あまりのヴィデオを作ってみた。前半はコンセプトを、後半はそれを実際の物に導いたアイデアをアニメにしてます。ご覧あれ。一緒に付けた解説もその後に…。

“This staircase was conceptually inspired by paper folding art principles where a single strip forms the flight of risers. Simple serpentine folding of a metal sheet connects both floors. A thick and hard material like steel requires a totally different technology; cutting with a computer controlled laser cutter and special bending machine. These days,  “3D  printers”  have become a buzz word but a “3D steel printer” has not been invented yet. Instead of cutting out a long zigzag shape from industrial metal sheets and bending the strip 24 times, a more economical, energy saving and much more dimensionally accurate method was developed. First, a large standard sheet was folded just 4 times and after folding sliced “diagonally” into 6 identical modules then finally stacked. This procedure made precisely identical modules which would never have been achieved by bending the strips one by one. This accuracy was essential to accommodate the glass handrail which requires precise alignment.”

「この階段のデザインの発想の源は細い紙テープのオリガミにあった。紙の代わりに鉄の行き返りが一段一段を形成していって、最終的に上階の床の高さに到達する。しかし鉄のオリガミは紙とは全く違うテクノロジーを要求する。思いのままに切断できるコンピューター制御のレザーカッターと特別な折り曲げ機が必要。3次元プリンターで作るという力業が流行っているけれど、鉄を処理できるプリンターはまだ世の中に無い。これらを使って、規格品の巨大な鉄のシートをジグザグに細長く切り、24回も折り曲げる代わりに、もっと経済的で材料やエネルギーを無駄にしない方法が考案された。まず鉄のシートを4回だけ折り曲げる、次に対角線に斜めにスライスして、全く同じ形状の六つ子を作り、最後にこれを斜め上方に積み上げて行く。この方法は浪費をしないばかりか、テープ状の鉄を一回一回折り曲げる方法では絶対に得られない精度が制御できる。それは側面のガラスが正確に一直線上に並び、固定されるためには不可欠の精度だった。」

Insight into the nature of fabrication and the nature of the material developed and shaped the design. With these principles the design was realized —— reducing the cost, optimizing the use of material and maintaining the conceptual integrity of the design. Throughout this project the idea of “how to make” was a  part of the design,  the design itself  further clarifies how to it was made. Once the concept is created, it is not a matter of “bull dozing through to a solution” instead restrictions on materials and production contributed to inspire the concept … I think this is a good example.

どうやって作るかに考えを巡らせることがデザインを啓発し、そのデザインがさらに作り方を啓発する。コンセプトができれば後は「力業で何とかやっつける」というのではなくて、素材の制限や制作上の制限がデザインのコンセプトに貢献する…その良い例だったと思う。

City Greenery 町の緑 

Sometimes we are impressed by people’s respect for trees. These photos were taken on Park Avenue in New York City. Scaffolding like this is often seen in Manhattan to create a safe walkway for pedestrians during construction. There are often trees taller than the scaffolding which peak out above the roof but this is different. The branches are sticking out from the advertisement for this new construction.  The trees look like they are around 10 years old or so and the panel is arranged to wrap the branches so carefully.  It looks like an art piece. The simple feeling that they do not want to cut down a tree resulted to the creation of this “ art”. Is it witty, and nice?  This reminded me of IKEBANA or “ flower arranging ” where the flowers are supposed to be cut and stand artificially on KENZAN or hundreds of spikes to keep the flower straight. But these trees are all alive so in fact you cannot call it Ikebana.

人々がどれほど緑を大切にするか、時々感心させられることがある。この写真はパークアベニュー横切っていて、とったもの。ニューヨークでは歩道の安全を守るために、工事をやっている建物の直下に仮設の足場がたいてい架かっていて、街路樹の頭の部分がその上からつきでているのをよく目にする。ここではその仮設足場の壁を建物の案内に利用しているので、木々の枝がこの白い幕から突き出ている。樹齢は10年あまりだろうか、枝を巻くように注意深く幕が張られている。なんということもないのだけれど、アートのようにも見える。枝を切りたくないという気持ちが結果として、こうゆうことになっただけだけれど、意外で面白い感じがする。巨大な生け花のようにも見える。生け花は不自然にも、根がすべて切り取られて、ケンザンの上に唐突に突き立てられることで成立している。もっともここにある木たちはすべて根があるから、生け花とは決して言えないのだが…。

 

On the contrary sometimes, we are shocked by how easily trees are cut down only because it is going to be an obstacle in the way. The photos below are taken when we were walking in front of Oji shrine (this is a different shrine from the Oji Inari Shrine we did a post for, but located nearby). Probably the age of this tree is more than 100 years, so the city could have registered it as a restoration tree. This reminds me of UNESCO’s world heritage cities. Many local bodies are applying to obtain this registration because they will have a totally different future than those that are not registered as world heritage sites . Registered trees will get people’s attention, for this tree though it does not matter if  it was registered or not.

反対に、邪魔になった木が、すっぱり切られるのを見つけてアッとなることがある。下の写真は東京の王子神社( 前に載せた王子稲荷神社とは全然別、でもすぐ近く ) の前を通り過ぎたときに、たまたま見かけて撮ったもの。樹齢は100年以上だろうか、これだけ大きなクスなのだから、区の保存樹とかなんとかに指定されていなかったのだろうか?世界遺産を思い出した。指定されると、されないでその遺産のある町の運命が決まるので、各地で指名獲得運動が盛んらしい。指定される前と後で、その大切さは、変わらないはずなのだが、指定されてないと全然気に留められることがない。

P1040692

after  アフター

Untitled-1

after !  アフター !

氷川神社

before !!  ビフォー !!

The photo above was taken a year ago when the tree was still alive. The neighborhood still had a relaxed atmosphere despite it being a major node at Oji Station and the city ward hall. Probably these woods of the shrine contributed to the atmosphere, not just that there is less traffic and building density. Using a small path from inside the shrine you can walk down to the promenade posted in this blog. You will see Oji station right there. Luckily this ginkgo tree seems to be registered.

上の写真は1年前にまだこの木があったときに撮ったもの。この辺一帯には、区庁舎や王子駅があるのに、それに似つかわしくない、のんびりした雰囲気で満ちている。建物の密度や交通量がかなり小さいためだろうか?王子神社とその鎮守の森がそこにあることも効いているに違いない。境内から延びる坂道を降りると、以前このブログに載せた、滝野川沿いの遊歩道に降り立つ。そこからは王子駅がすぐそこに見えてくる。このイチョウは保存樹に指定されているようだ、幸いにも。

Transform to Duplex メゾネットに変える

DSC_0053wSMsmall

We have just finished a project to combine upper and lower floors of adjacent apartments using a void and staircase in an east midtown Manhattan apartment. The biggest challenge was the staircase which connects the two floors. We thought this might be a good application of ORIGAMI. The folds are 3 dimensional and turn back and forth to create the treads. This is quite different from the typical idea of folding to form of a staircase, where the steps and treads are all continuous to create a zigzag shape when viewed from the side. That is structurally rigid but there is no visibility through the staircase when you move up the stairs. Our design of a folded ribbon allows more transparency as you traverse the stair.

ニューヨークのミッドタウン、アパートの11階と12階をつなげてメゾネットにするプロジェクトを最近終えた。中でもチャレンジだったのは床を抜いた後につける階段のデザイン。何とかオリガミのようにしたいと思っていた。良く見かけるのはイナズマ型階段と呼ばれ、 踏板と蹴込板(登るときにつま先が当たりそうになる板)が繋がり、これが上から下まですべての段が繋がっていて、横から見るとイナズマが走っているような恰好をしている。でもこれはもう使い古された形で、面白くない。自分が上っているときは蹴込板に遮られて視界ゼロ、透明感がない。

Our idea was to bend a long strip of steel plate into zigzags that are in the opposite direction from the typical ones. As the result all the verticals are eliminated and it is very transparent. The continuous ribbon of steel is like the fabric streamers that gymnasts use. It is completely cantilevered from the wall so the support is a mystery. How to support the load? It will be up to the readers imagination. It is heavy steel.

今回、上下の段の間を繋げている蹴込板をなくして、側面でつなげることで行く手方向に透明感を出そうといアイデアを思い付いた。その結果、下から上まで一枚の細いリボンの「入ったり来たり」が出来上がる。オリガミから少し遠のいたかもしれない。けれど、体操競技のリボンにも似て、階段がハタメクような感じになった。両側の角が折れ曲がりで丸くなってるところにご注目。これは実際に折り曲げる加工でできている。さて、どうやって空中に浮かしているか?は読者に想像してもらいたい。そんな羽衣のような儚い感じとは言え、1cm厚の鉄でてきているので、一段でさえ一人で持てる重さではない。

DSC_0239csmall

Spatial continuity is everywhere, there are no partition walls. Frosted glass divides the bathroom from the bedroom, bringing abundant sunlight from the east windows. The staircase and void provide a continuous connection between the bedroom at the upper floor and the living space downstairs.

アパートには内壁は一つもなく、上階の寝室も、階段、吹き抜け部と一体になり、下階にまで空間が連続している。浴室と寝室の間は曇りガラスでできていて、寝室を経て差し込む外光を最大に取り入れている。

It used to be that New York families moved out to the suburbs when they expanded, but these days many families try to keep living in an urban setting. Their lifestyles are changing. This market requires multi-bedroom apartments that are very expensive. Re-selling concerns require architects to combine two adjoining apartments into one large apartment with more bedrooms. As a matter of the fact the owner of this apartment just wants to keep living here not because of accommodating family members, but because of the amazing view, the terrace and the location. This combination is not the adjacent apartment but the one above… very special.

かつては家族に子供が加わって、個室が必要になると、郊外へ引っ越していたのが、このごろは都市内に住み続けようという傾向がでてきた。ライフスタイルが変わってきている。そのような需要が大きくなってきているので、個室がたくさんあればあるほどアパートの値段がウナギ登りになる。その方が再度売るときに高く売れるので、隣のアパートを買って、つなげてしまうプロジェクトを最近よく目にする。もっとも、このアパートはそのような家族構成の変化に対応するためではなく、純粋にこの場所に住み続けたいという住み手の意志によるもの。隣ではなく垂直方向に繋げられたということも、珍しい。

Women’s March (an entire gender against Trump) 反トランプのマーチ

p1060262

Today a march was organized by women against Trump’s policies. Many people gathered at Dag Hammarskjold Plaza to start the march. The UN is located nearby and it is the location for the start of many protests but also our local park where Japanese traditional Noh performances are held by the Japan Society a neighbor facing the park. But today it is quite different, the park is packed with people. Many pink hats and posters advocating feminine issues. We arrived just after 11:00 as we were told the march would start at noon, but very soon we were totally stuck, it was impossible to move, like in a fully packed subway car at peak of a really heavy rush-hour, but nobody is leaving the train. Tired and irritated people were getting into a bad mood, making nasty quarrels and needed to be reminded that we were all there for a great cause. It was a bit scary as there was a constant chorus of voices asking to let us start marching, but the police would not allow it.

トランプ大統領の女性蔑視の思想に反対するデモが企画された。国連の近く、ハマーショルド公園が行進の出発点。この公園にはジャパンソサイアティー会館が面しているので、薪能が催されたり、国連前なので、いろんな抗議集会が開かれるが、今日は様変わり。やたらにピンクの色が目に入るのは行進の主題が女性に関してだから。12時に始まるというので11時過ぎに行ったら、すぐに一歩も歩けない状況になった。いたたまれない人々は険悪な心理になって、口喧嘩さえ起きている。通勤ラッシュの鮨詰め電車と同じだが、降りて行く人がない。かなり危険な状態になっている。早く行進させろと大合唱が何度も起こるが、当局はゴーサインを出さない。

p1060263

The route started at the park, went south on 2nd Ave. turned west on 42nd and then headed north on Fifth to the Trump Tower. We found out later that so many people had filled 42nd street after arriving at Grand Central Station that the streets were are already packed. The front of the march had started a long time ago without us.

行進のルートはここセカンドアベニューの大通りを数ブロックを南下し、しばらくして西に手折って、フィフスアベニューに突き当たったところで、今度は北上、トランプタワー近くで終わる。後で知ったのだが、ルートの途中に位置するグランドセントラル駅に、次々に到着する列車から降りた人々がそのまま行進に飛び入るものだから、先が詰まってしまっているらしい。この付近は全く動く気配はないものの、行進の先頭はずっと前に出発していたらしい。

p1060266

Every time a fire engine or the police passed there were huge cheers. So different from other protests- there was a sense that the everyone was supporting the same thing. 2nd Ave. was filled with people very far downstream. The avenue was getting narrower and narrower to limit the car traffic. We were standing for almost 2 hours, but no one started moving- so we decided to get out this crowd. All the streets beside the route were full of people.

警戒の消防車や自転車警官の一団が通り過ぎると、ヤンヤ、ヤンヤの大喝采が起こる。彼らを含めたすべての人がこの行進を支援しているという感覚がそこにはある。セカンドアベニューの通りは遥か遠くの下流までびっしり人で埋まっている。交通量を調整するため、車線が徐々に狭められている。我々はもう二時間ほど立んぼをしている。この交差点から何とかぬけだすことにした。ルートから外れた他のどの通りでも人々があふれている。

p1060273

When we managed to join the march again at 5th Ave, it is was a huge movement. We could not see the tail end. The empty lane in the street is for emergency vehicles and egress. The police warned me not to stop here when I tried to take this picture. No one is allowed to stop near the Trump tower. Everyone who passed had to keep going and then disperse- which they did very peacefully. It was around 4:00.

行進に合流すべく フィフスアベニューまで出てきたら、この状況。遥か先まで行進する人で埋まっている、行列の最尾がどこなのか見えない。一車線が空いているのは緊急車両と非難経路の確保のため。この写真を撮るために脚が止まっただけで警官に注意された。トランプタワーの近くでは立ち止まることが許されない。ここに到着した人は、そのまま行き過ぎて、逐次散会することになっている。我々がここに達したのは すでに4時ごろ。

p1060276

After working at our office I came back across 5th Ave, on the way home in the dark. Surprisingly the march is still going on. It is after 6:00 and people are still joining next to next at the tail end of the march. So many people!! where did they come out?  I got a view of St. Patrick’s cathedral wonderfully lit, reminding me of when we had the Easter parade with our origami hats in front of it.

Mr. Trump missed this spectacle because he was staying in Washington. DC for the inauguration parties. It was one of the best uses of our public space-our streets- so many people wanted to make a statement.

事務所でひと仕事を終え、暗くなった街を帰宅。再びフィフスアベニューに差し掛かったら、まだ行進が続いている。すでに6時を回っているのに後から後から人が加わってきているのだ。最近、正面を修理したセントパトリック教会の照明が美しいのでハッとする。昨年の復活祭にオリガミハットの写真を撮ったのはここだった。あいにくトランプ氏はまだ就任パーティーのためにワシントンにいるらしい。この一大スペクタクルを見逃したのはなんとももったいないことをしたもんだ。

p1060280

City Trees 紅葉

They have raised the giant Christmas tree (doing to die) at Rockefeller Center. Every year a huge tree is cut down and carried here and then thrown away after the celebration. It is a waste. It is not against environmental ethics?  because it is a part of a rite in which sacrifice is allowed, why not? “the world” is an object to exploit values from! For strict Hindus, according to our staff, they are not allowed to kill vegetables by eating the roots.

夏が去ったと思ったら、もうロックフェラーセンターに大クリスマスツリーが立ってしまった。今年のニューヨークの秋は短かったような気がする。毎年どこかからこの大きい木を切って運んできて、お祭りが終わるとお払い箱にする。大変な浪費と言うしかない。「祝祭の儀礼」なのだから、特別にOKしようということか?ちょっと疑わしい。ここでは「世界」はひたすら利益を抽出する対象なのだ!ヒンディー教徒の事務所スタッフが言っていたのだが、彼らの文化ではニンジンやダイコンのような根菜類を食べることはその植物の息の根を止めることになるで許されないのだそうな。菜食主義どころでない。

p1060146

I was very impressed with how New Yorker’s respect live trees in their city.  At interviews with potential owners applying to buy an apartment, they often say the reason why they want to move in is that there are many trees on the facing street. There may an idea that higher density of trees = higher end residential area.  A friend who loves greenery and landscape bought a house in a not very high end area and advocated planting trees on the street but his neighbors were not excited by the idea because they did not want to be bothered to clean up after the trees.

ところが、ニューヨーカーが町の中にある生きた木をどれだけ大事にするかには全く感心させられる。ミッドタウンのあるアパートで、新たに引っ越してくる人々に、他にいくつもある、よく似たアパートの中から、なぜそこを選んだのかとインタビューをしたら、この通りには緑が多いからだという答えがあった。日本のように便利だからと答える人はほどんどいない。緑の多さ=高級住宅地というイメージがあるのかもしれない。緑を愛する友人が高級とはあまり言えない地域に家を買ったのだが、街路樹がほとんど無い。そこで、たくさん街路樹を植えましょうと近所に声を掛けたところ、枯葉の世話が面倒だからといわれて、賛同されなかったという。

p1020423s

from the summer

There may be a correlation between density of trees in your neighborhood and your social standing. It seems that the more expensive residential areas have a higher density of trees. You see fewer trees in poorer areas in New York too. It does not depend on the size of the property. This theory is functionalistic but sometimes it does not explain everything. Sometimes it feels like pantheism exists here.

By the way this theory suggests that many people are too busy just surviving to improve their living environment or to worry about trees. That may be why all the trees in Japanese cities are miserably thinned by the city government like poor bonsai.

たくさん木が植わっているかどうかは住人の階級-身分階層に相関関係があるかもしれない。高級住宅地に行くと緑の量が増えるのはどこも共通しているように思える。ニューヨークでも土地の安い地域に行くと、樹木の量が格段に減る。植えられるだけの土地の余裕があるかどうかには依らない。これは機能論的な説明だけれど、しかし、それだけでは説明できない、あたかも汎神論的な何かがあるようにさえ感じられる場合がある。

ところで、この論理を採用すれば、日本では、多くの人々は、毎日を生きていくのにまだ忙しくて、住んでいる環境をあれこれと考える余裕がないということになる…。日本の都市には格段に緑が少ないし、木々は例外なく盆栽のように剪定されて、緑の豊な通りがない。

p1060113

These pictures were taken near the south west corner of Central Park. At winter the leaves have all fallen and warm light reaches the ground. In the summer the leaves prevent the hot light from baking the ground and also provide diffuse light shading the sun. Probably the only negative thing is that you have to take care of the leaves that fall in autumn. We believe the easiest way to transform the street, make it beautiful and graceful is to plant trees. In these apartments they have a breath taking space filled with shining golden light filtered through the yellow leaves.

下の写真はセントラルパークの南西の端からずぐのところにある。冬には葉は完全に落ちて暖かい光が差し込む。反対に夏は直射日光を避けるだけでなく、空の散乱光が部屋に入ってくるのを和らげて涼しい。今、この建物の部屋の中は葉っぱを透けて通った光でアッというような黄金色に輝いているはず。通りも空気が黄色に染まっている。日本では絶対に見られない。美しい通りへと変容するには大きな木の並木にするのが一番手っ取り早いのだが…。

p1060115

Is there a practical reason why tall trees are so disliked in Japanese cities? It is believed that the frequent typhoons fell big trees, although a gardener hired by the city of Tokyo said that the constant thinning prevents trees from growing strong roots which would anchor them. If that is so then both small trees and big trees often fall and it doesn’t make sense to trim the trees almost obsessively. The next theory is that they are trying to minimize the damage caused when a tree falls. This explanation seems to make sense to me, as it explains why cherry trees are the exception and never trimmed. Enjoying the yearly cherry blossoms is a ritual in which people are crazy for. They probably prefer to be sacrificed under a fallen cherry tree to giving up a cherry blossom party under its beautifully spreading canopy!

なぜ大きな木が日本では好まれないのだろうか?その良さに比べたら、マイナス面はとても些細なことに思える。台風が頻繁に来るので倒れないようにという説もある。けれど植木屋さんに訊くと、頻繁に枝を切ると根が大きく広がらないので、やはり台風には弱いそうな。もしそれが本当だとすると、木が大きくても小さくても、どっちにしても台風で倒れるということになる。ならば、倒れた時に周りへの被害が小さくなるよう、枝を切り詰めているのだという説はどうだろうか?そうならば、桜の木が例外的に枝切されないのが説明できる。花見という「祝祭」のためなら、大被害が発生しても特別な例外としてOKにしようということではないか?台風で倒れる木の下敷きになる方が花見を諦めるよりましだ…から!これはなかなか良い理論のように思えてきた。

Grace Farm グレースファーム

P1050735

A one hour train ride and another half hour drive by our friend brought us here to Grace Farm, designed by one of the most well-known architectural firms SANNA. The construction was recently completed.  It is located in the wooded country side after a scattering of large, expensive houses gradually disappears.  The building follows the terrain of the gentle hills accommodating a restaurant, library, gymnasium and auditorium under a sinuous roof shaped like  a stream. There are no solid walls except at the restrooms and support spaces such as machine rooms.  Their almost crazy idea of architecture in this natural setting was why they were selected as the architects.  Despite this grand gesture, the interior area is quite small. I am very curious how this unusual idea was accepted by the client.

今日はマンハッタンから電車で一時間、さらに30分、友人のドライブに頼って、グレースファームという所に来た。今や世界で最も良く知られている日本の設計事務所SAANAによってデザインされた建物がある。今年完成したばかり、パリパリのできたて。施設は田園の中、ぽつぽつと点在する高級住宅が次第に消えて、林になったところにある。建物は緩やかな丘の上、起伏をそのままなぞって建っている。レストラン、図書室、室内コート、オーディトリアムなどが、流れるような一つの線状の屋根の下に配置されている。トイレと機械室以は外壁がない。自然のただ中にどのような建物にすべきかという設計者の思想がこの設計者を選ばせた理由があるという。大仕立てな建物の規模に比べて、利用できる床面積はかなり小さい。ある意味で異常ともいるこの発想がどうやって受け入れられたのかとても興味がわく。

P1050727

P1050733

The roof is extremely thin and the columns are extremely slim with the structure and drain system packed within the thin roof.  There is no bracing or diagonal members to work against the lateral forces and there are no roof top machines which normally take care of  the air conditioning. The building looks so simple, but in fact a huge effort was poured into it to achieve this simple impression. It is SAANA’s methodology to set a simple concept then the challenge is to solve the many technical obstacles that this creates since the typical strategies do not work; but this effort is not visible.

屋根は極限にまで薄く、柱は極限にまでに細い。構造体と雨の面倒見がこの薄い屋根の中に押し込まれてい る。雨水の面倒は全く見てないようにみえるが、ぎりぎりにまで目立たない、それでいて機能するように工夫されている。ちょっとしたアクロバットといってもいい。 機械類が屋根の上に載らないように、冷暖房は地下水と地熱が使われている。全体の印象はとてもシンプルで、一見何も特別なことはないように見えるけれど、その裏で、巨大な努力がはらわれている。大胆で単純なコンセプトを樹立して、それを実現するために問題となる技術的障害は何が何でも解決される、しかしその苦労は表には出てこない。この設計事務所の方法論が良く読み取れる。

P1050741

P1050737

The project was designed and built for a religions group, although everyone can come and enjoy the space. The construction was financed by donations from local people who were the founders of the church. One of the major elements that required funding was the curved glass. There are no areas of repetition which is a way you can save money, instead every part is custom made. On the contrary the finishes are not expensive high end materials. The combination of suppleness and lightness with the inexpensive finishes  reminds me of the typical house construction in Japan. The building is set within a natural environment, rain, wind, sun…and human use. How will this treatment of finishes age? Thinking about visiting here again in a few years we left this beautiful building.

誰でも気軽に利用できるけれど、ある宗教団体の施設なのだそうだ。建設の費用はこの地元信者の寄付だけでできているのだという。費用の数値は公開されてないけれど、曲面のガラスに集中投下されているのがみてとれる。どこにも同じところがない、あらゆるところがカスタムメイド、手作業の仕事も費用が掛かっているに違いない。一方、選ばれた仕上げ材料の数々は、お金がかかってなくて、透明で軽々とした外観と相まって、日本の住宅のデザインを微かに思い出させる。これから自然の風雨にさらされ、人々に酷使されるだろう。この仕上げ材料の扱いが数年後にどのような結果になるか?数年後もう一度ここを訪ねて検証したいと思いつつここを去った。

 

Dezeen ディジーン掲載

Our project the Photographer’s Loft was published in Dezeen.  It is the most popular internet web site which publishes architectural and interior design work, currently probably the most influential site. Several of our projects were published  in the past and this time they selected the Photographer’s Loft  which this blog posted before. Right after Dezeen published this work several other internet publishers approached us. For example;

Thisispaper  with very sophisticated graphics.  グラフィックが素晴らしい。

Journal Du Design   a French publisher. フランスのインターーネット出版社。

私たちの仕事、「写真家のロフト」がディジーン Dezeen に掲載 された。ディジーンはインターーネット上で建築作品を出版するサイトで、世界中で一番ポピュラーなサイト。今や最も建築デザインに影響力があるかもしれない。私たちの作品も何回かこれまで掲載されたことがあるけれど、今回は「写真家のロフト」。以前このブログで受賞会を載せた作品。面白いことにディジーンで掲載されると即座に、上記の他のよく似た数社から引き合いが来た。

1

Before the internet age came, new architectural ideas were informed to a limited number of readers through a few hard copy magazines, but now each day they reach huge numbers of people, more people have more information.

インターネットがなかった時代には、新しい建築作品は紙の雑誌で報知されるだけで、作品が知られるのはごく少数の読者だけに限られていた。しかし、今や作品は世界中に紹介され、たくさんの読者に知らされる。

photographersloft2

When one of our projects was published in a hard copy paper magazine, they sent their own photographer and an architect to write the criticism of the building. Internet publishers  do not do this. They digitally copy photographs which are published by another publisher.  Many hard copy publishers do not dispatch photographers anymore but they do show drawings and documents such as plans and sections which help you to understand the space. That is a big difference. Internet publishers evaluate the project from several photographs. It is like your music composition is evaluated from just a phrase, and only that part is performed. It is as if your novel is evaluated from several excerpts and just that part is published.

以前、本当の紙でできた雑誌社に仕事が載ったときは、わざわざ写真家が派遣され、作品評を書きに派遣された建築家が現物を見てまわった。一方、インターネットの雑誌では、設計者が送った写真がそのままインターネット上で公開され、その同じ写真がコピーされて他社のページを飾ることになる。紙の雑誌に比べると、手軽なことといったらない。たいていの紙の雑誌社も写真家を派遣しないけれど、それでも、平面図や立面図、解説が必ず載せられる。インターネットの出版では写真だけが載る。これは大変なことで、建築作品がたったの数枚の写真で評価されるということになる。音楽でいえば、作品の聴きどころをチョコッと聴いて、それだけで世に出すかどうかが決められて、その切剥ぎだけが演奏されるということだ。文学でいえば、面白そうな部分を抜粋して、それだけで作品を評価し、その部分だけが世に出版されるというわけ。なんとも奇妙な気がする。

_mg_6420

But this analogy is not really accurate. That excerpt is still a but genuine part of your work in music or literature, not like architecture in which you cannot cut out some part from the real building and publish it.  Musical and literary excerpts are still a representation of the original work but can photographs be a representation of architecture? It may be said you see architecture through your eyes but also with your back, I mean you feel the space. Though after seeing the real building we say “Oh the photographs are better than the real building”…..quite often.

しかしこのアナロジーは正確ではない。音楽でも小説でも、抜粋は切り取られた「部分」に過ぎないとしても、その部分は正真正銘「本物」なのだ。建築作品ではどうか?切り取られたものは建築物を切り取ったものではなくて、カメラで切り取ってスクリーン上に転写したものに過ぎない。音楽や文学の抜粋はそれなりに元の作品を代理していて、「これは良いやなあ、全部聴こう」とか「この本を買って全部読もう」ということになるけれど、写真がそんな風に建築を代理できるだろうか?建築は目で見るだけではなく、奇妙ないい方だけれど、背中でも見ているという気がする……つまり空間を感じることなのだけれど、数枚の写真でそんなことができるだろうか?確かに、本物を見に行った後で、「あれは本物より写真の方が良かったよ」ということは良くあるのだけれど…。

_mg_6438

We go and visit real buildings, but some day we may stop doing so. Everyday new works are published and it goes into the archive the next day. Web sites are updated every few minutes, and it is all about the impression of the moment. People no longer care if the image is from the real thing or if it is a super realistic rendering. There is no way to distinguish between the movie set and the real space—-the image no longer needs to a representation of the real space — this is a different art form fro architecture.

面白い作品がどこかに建てば、それを見に行きたくなるものだが、そんなことは無くなるかもしれない。毎日新たな作品がインターネットに掲載され、明日にはアーカイブ入りすることになる。サイトは目まぐるしく更新される。刹那の印象だけに意味がある。いつか将来、送られた写真が本物を写したものかどうか?はどうでもよくなるかもしれない。写真が建築を代理して、建築物を表現する必要がないのだから。映画のセットのようなものだろう。それはもう建築でなくて別のアート形式ということになる。

9

In fact current technology has the ability to create images which you cannot tell if they are “real” or not. There is no developed architectural space, but instead a cool image. The images do not even have to be consistent. Being cool is everything, catching your attention-it is the culture of internet.

実際、今のデジタル技術は、本物と見分けのつかない絵を作りあげることができる。本物の建物空間はどこにもない。数枚の捏造されたカッコいい画像があるのみ。それらはお互いに辻褄が合っている必要もない。かっこよければそれで足る。それはすでにインターネット文化の常識となっている。

_mg_6155-copy

Manhattan Outdoor Life 緑のテラス

P1050675S

We have a project which is under construction in Midtown Manhattan located near the top floor of the building that has a 180 degree panorama. The client loves this view and decided to keep it but make his apartment larger by making it into a duplex instead of moving somewhere else. He waited until the apartment above was for sale and available to buy.  A big opening was made in the concrete floor and a new stair case will be inserted to connect the two floors. From his apartment you can see the woods  of the United Nations grounds, the East River, Roosevelt Island and Long Island. It is understandable why he wants to keep living here.

今やっているプロジェクトの工事現場に来ている。マンハッタンのほぼ中央にあるアパートのほぼ最上階。アパートにはテラスがあって、180度のパノラマが見られる。施主はこの眺望を愛すがゆえに、他の場所へ移らず、上階が空き家になるのを待って、自分の住む階と繋げることにした。コンクリートの床を抜き、階段をかけて、一繋がりの大きなアパートになる。ここからは国連の林、その先のイーストリバー、そこに浮かぶルーズベルトアイランド、さらにロングアイランドも見える。ここに住み続けたいというのも、なるほど納得できる。

P1050674S

P1050673S

In a previous post we wrote that many people enjoy outdoor life on their roofs. The photos that we showed were all looking up from the street, but now we can see the terraces at the same level. For his close view you see so many roof terraces with many plants.  The neighborhood is almost all residential even in this commercial area. The old zoning regulated the height of the buildings and dictated their shape which required set backs to allow light into the streets, ending up with a lot of setbacks. Terraces were a lucky byproduct of that setback.

以前にマンハッタンには屋上生活を楽しむ人が非常に多いことを書いた。そのときの写真は通りから見上げるだけだったけれど、ここからは同じ高さで観察ができる。ごく至近だけでも、目立って緑化されたテラスがたくさん目に入ってくる。周辺は商業地区だけれど、通りに面する店を除いてほぼ住居で成り立っている。都市計画の斜線規制と地震のない当地では構造体がかなり自由に組めることから、上に行くほど段々が自然にでき上る。テラスはその副産物なのだけれど、なんとラッキーなことか!!

P1050671S

The current zoning regulations  no longer  lead to this. Mid Manhattan is getting taller and taller, filled with straight-up extruded high-rises. Terraces are disappearing and roof tops are no longer habitable instead filled with tons of air-conditioning machines. Someday in the future this area may be packed with super high-rises and setback terraces with trees may extinct; they were a by product.  Now almost every street is narrowed by on going construction of high-rises, creating traffic congestion.

かつては意図せずともそうなっていたものが、現在、新しい規制になってからは生まれづらくなっている。ミッドマンハッタンはますます筒状の超高層になって いる。段状のテラスは姿がなくなり、屋上も、もう人の行ける場所ではなくなりつつある。空調の機械で占領されつつある。いつかこの地域は超高層ビルでギシ ギシに充填されて、このような副産物で生まれた緑化されたテラスはどこにも見られなくなるかもしれない。その未来に向けて、ミッドマンハッタンはどの通りも超高層ビルの建設で活気ついている。工事現場の前の車線が半分になり、交通渋滞が至る所。

P1050669S

P1050670S

We found a building which has a big trees downtown where we have another project. They  look to be more than 10m tall when you compare them with the steel handrails which are around 1 m high. The trunks seems to be 30 cm in diameter. How did they grow there? The pots must be huge and heavy. How can the roof structure hold it?  How strong is the wind pressure on the trees at this height? How are they prevented from falling?….. It is beyond our imagination.

このテラスの有る現場ではないのだけれど、島を南にずっと下ったところにあるもう一つ別の現場の近くで、ふと見上げた時にこの屋上の大木を発見した。壁にへばり付く手すり高さが1m弱だから、この木は10mを越える。幹も直径30cmほどありそうに見える。これをどうやって屋上で育てているのだろうか?その鉢の大きさたるや巨大にちがいない。それを支える建物の構造はいかなるものか?この仰ぎ見る高さにある木が受ける風圧はいかほどか?どうやって倒れないようにしているのだろうか?……半端じゃない。

P1050646S