City Trees 紅葉

They have raised the giant Christmas tree (doing to die) at Rockefeller Center. Every year a huge tree is cut down and carried here and then thrown away after the celebration. It is a waste. It is not against environmental ethics?  because it is a part of a rite in which sacrifice is allowed, why not? “the world” is an object to exploit values from! For strict Hindus, according to our staff, they are not allowed to kill vegetables by eating the roots.

夏が去ったと思ったら、もうロックフェラーセンターに大クリスマスツリーが立ってしまった。今年のニューヨークの秋は短かったような気がする。毎年どこかからこの大きい木を切って運んできて、お祭りが終わるとお払い箱にする。大変な浪費と言うしかない。「祝祭の儀礼」なのだから、特別にOKしようということか?ちょっと疑わしい。ここでは「世界」はひたすら利益を抽出する対象なのだ!ヒンディー教徒の事務所スタッフが言っていたのだが、彼らの文化ではニンジンやダイコンのような根菜類を食べることはその植物の息の根を止めることになるで許されないのだそうな。菜食主義どころでない。

p1060146

I was very impressed with how New Yorker’s respect live trees in their city.  At interviews with potential owners applying to buy an apartment, they often say the reason why they want to move in is that there are many trees on the facing street. There may an idea that higher density of trees = higher end residential area.  A friend who loves greenery and landscape bought a house in a not very high end area and advocated planting trees on the street but his neighbors were not excited by the idea because they did not want to be bothered to clean up after the trees.

ところが、ニューヨーカーが町の中にある生きた木をどれだけ大事にするかには全く感心させられる。ミッドタウンのあるアパートで、新たに引っ越してくる人々に、他にいくつもある、よく似たアパートの中から、なぜそこを選んだのかとインタビューをしたら、この通りには緑が多いからだという答えがあった。日本のように便利だからと答える人はほどんどいない。緑の多さ=高級住宅地というイメージがあるのかもしれない。緑を愛する友人が高級とはあまり言えない地域に家を買ったのだが、街路樹がほとんど無い。そこで、たくさん街路樹を植えましょうと近所に声を掛けたところ、枯葉の世話が面倒だからといわれて、賛同されなかったという。

p1020423s

from the summer

There may be a correlation between density of trees in your neighborhood and your social standing. It seems that the more expensive residential areas have a higher density of trees. You see fewer trees in poorer areas in New York too. It does not depend on the size of the property. This theory is functionalistic but sometimes it does not explain everything. Sometimes it feels like pantheism exists here.

By the way this theory suggests that many people are too busy just surviving to improve their living environment or to worry about trees. That may be why all the trees in Japanese cities are miserably thinned by the city government like poor bonsai.

たくさん木が植わっているかどうかは住人の階級-身分階層に相関関係があるかもしれない。高級住宅地に行くと緑の量が増えるのはどこも共通しているように思える。ニューヨークでも土地の安い地域に行くと、樹木の量が格段に減る。植えられるだけの土地の余裕があるかどうかには依らない。これは機能論的な説明だけれど、しかし、それだけでは説明できない、あたかも汎神論的な何かがあるようにさえ感じられる場合がある。

ところで、この論理を採用すれば、日本では、多くの人々は、毎日を生きていくのにまだ忙しくて、住んでいる環境をあれこれと考える余裕がないということになる…。日本の都市には格段に緑が少ないし、木々は例外なく盆栽のように剪定されて、緑の豊な通りがない。

p1060113

These pictures were taken near the south west corner of Central Park. At winter the leaves have all fallen and warm light reaches the ground. In the summer the leaves prevent the hot light from baking the ground and also provide diffuse light shading the sun. Probably the only negative thing is that you have to take care of the leaves that fall in autumn. We believe the easiest way to transform the street, make it beautiful and graceful is to plant trees. In these apartments they have a breath taking space filled with shining golden light filtered through the yellow leaves.

下の写真はセントラルパークの南西の端からずぐのところにある。冬には葉は完全に落ちて暖かい光が差し込む。反対に夏は直射日光を避けるだけでなく、空の散乱光が部屋に入ってくるのを和らげて涼しい。今、この建物の部屋の中は葉っぱを透けて通った光でアッというような黄金色に輝いているはず。通りも空気が黄色に染まっている。日本では絶対に見られない。美しい通りへと変容するには大きな木の並木にするのが一番手っ取り早いのだが…。

p1060115

Is there a practical reason why tall trees are so disliked in Japanese cities? It is believed that the frequent typhoons fell big trees, although a gardener hired by the city of Tokyo said that the constant thinning prevents trees from growing strong roots which would anchor them. If that is so then both small trees and big trees often fall and it doesn’t make sense to trim the trees almost obsessively. The next theory is that they are trying to minimize the damage caused when a tree falls. This explanation seems to make sense to me, as it explains why cherry trees are the exception and never trimmed. Enjoying the yearly cherry blossoms is a ritual in which people are crazy for. They probably prefer to be sacrificed under a fallen cherry tree to giving up a cherry blossom party under its beautifully spreading canopy!

なぜ大きな木が日本では好まれないのだろうか?その良さに比べたら、マイナス面はとても些細なことに思える。台風が頻繁に来るので倒れないようにという説もある。けれど植木屋さんに訊くと、頻繁に枝を切ると根が大きく広がらないので、やはり台風には弱いそうな。もしそれが本当だとすると、木が大きくても小さくても、どっちにしても台風で倒れるということになる。ならば、倒れた時に周りへの被害が小さくなるよう、枝を切り詰めているのだという説はどうだろうか?そうならば、桜の木が例外的に枝切されないのが説明できる。花見という「祝祭」のためなら、大被害が発生しても特別な例外としてOKにしようということではないか?台風で倒れる木の下敷きになる方が花見を諦めるよりましだ…から!これはなかなか良い理論のように思えてきた。

City Greenery 都市の緑

IMG_5715c

These photos were taken last weekend when we were invited to a roof terrace on a high-rise in Manhattan. You can see a lot of roofs that are utilized as terraces in Manhattan when you use the Google satellite view but pedestrians cannot find these roof terraces they are so high up. They are privately owned or they are shared roof space for the building dwellers. Even so this amazing roof top environment is quit rare. Luckily at one time there was a zoning requirement that buildings step back to allow light down to the street level, and many exterior roof areas were created. That is not the case today, but on the older buildings you can see the overflowing greenery.

グーグルの航空写真でみればわかるように、屋上が庭園になっている建物がマンハッタンにはたくさんある。それは通りを歩いていて判るものもあれば、とても高いので通りからは伺い知れないテラスもある。それはビルの住人なら誰でも利用できる共用のものや個人占有の庭だったりする。いずれにしても人々が如何に屋外生活を毎日楽しんでいるかが良くわかる。その数は文字通り5万とあるものの、利用されない屋上はそれよりはるかに多いから、ざっと見れば東京とさして変わらない。しかし、注意して見れば、屋上テラスがいたるところにあることに気がつくと思う。この週末、あるアパートに招かれた。そこはマンハッタンの30階弱の高層ビルの屋上にあった。この環境にはマッハッタンと言えど、さすがに驚かされる。

IMG_5719c

Untitled-1

Do so many roof gardens mean that New Yorker’s love plant life and nature so much?  Central Park and the many planted public squares are not enough? Moreover, New York also has many green courts and back gardens in the rear of the buildings. Actually they are invisible from streets and the hidden courts quite often have surprisingly large trees living there.

大都市ニューヨークは他の町に比べ緑が少ないので、屋上さえも使いきろうということなのか?それでもセントラルパークや小さい公園を合計すれば東京より緑の量は多いと思う。もし皇居が朝から晩まで何時でもピクニックできるような自由な場所になればなあと思う。互角になるかもしれない…。東京は日本では指折りで街路樹の豊かな町だけれど、ニューヨークに比べたら格段に少ない。ニューヨークに限らず、住んでみたいなあと思うような都市は、ほぼ例外なく緑が豊かだと思う。

green belt on the left hand is a street, right hand is rear part of lots. the zoning code generates this clear continuous rear garden applied the same way to every building.左側の緑のベルトは通りの街路樹。右側は住宅の裏庭。建物を境界線から一定距離して建てる法規なので、各戸の裏庭が寄り集まって、意図せずに大きなベルトになる。

The green belt on the top is the street, on the bottom is the rear portion of the lots. The zoning code generates this continuous rear garden for every building. 上側の緑のベルトは通りの街路樹。下側は住宅の裏庭。建物を境界線から一定距離して建てる法規なので、各戸の裏庭が寄り集まって、意図せずに大きなベルトになる。

PICT0808c

The space beyond the property line is visible from the street as this is a cemetery. 建物の代わりに墓地になっているので、ここでも隣との境界の付近の空間がよく見える。

Quite often the small streets in Manhattan are covered with a canopy of large trees, which almost form a tunnel. People living on the streets seem to love this atmosphere, none asks to trim them. After the Sandy storm a lot of trees were torn down and blocked the street, but not a single tree was thinned to reduce the future damage from falling trees and branches. They seem to understand it is common sense that humans need an environment with trees and plants to make the city more livable and desirable to inhabit. In Tokyo they know that greenery can create a better atmosphere but they do not often use their roof spaces or plant large trees on the street. Why? Is it because the people of New York have a fantasy or nostalgia for the European landscape that does not exist in Tokyo?

それは本数だけでなくて、一本一本の木が大きいことにもよる。ニューヨークにはトンネルのような通りがいたるところにある。住人はそれを大切にしていて、それが切られるようなら、どこでも反対運動がおこるにちがいない。表の通りからは見えないけれど、建物の裏側にも通りと同じぐらいの大木が生えている。日本はニューヨークよりずっと暑いのに、木陰がずっと少なくて、どこもカンカン照りなのはどうしてなのだろう。台風が来るから?でもそれに耐える樹種を研究すればどうだろう?人工的に倒れにくくする工夫がされてもいいではないか?陰気になるのが問題ならば、枝の透いた樹種を選べばどうだろう?そうすればしょっちゅう剪定をして小ぶりに維持するよりよっぱど安く済むとおもうのだが…。実際、桜が剪定されないのは上のような理由ではなくて、「たとえ毛虫に悩まされても、花見の後の木陰が暗くなってても、桜ならば大きくても良い」という観念のためだじゃないだろうか?同じようなイメージを他の木にも当てはめたら、どうだろう?