Dezeen ディジーン掲載

Our project the Photographer’s Loft was published in Dezeen.  It is the most popular internet web site which publishes architectural and interior design work, currently probably the most influential site. Several of our projects were published  in the past and this time they selected the Photographer’s Loft. Right after Dezeen published this work several other internet publishers approached us. For example;

私たちの仕事、「写真家のロフト」がディジーン Dezeen に掲載された。ディジーンはインターーネット上で建築作品を出版するサイトで、世界中で一番ポピュラーなサイト。今や最も影響力があるかもしれない。私たちの作品も何回かこれまで掲載されたことがあるけれど、今回は「写真家のロフト」。以前このブログにも載せた作品。面白いことにそれが掲載されると即座に、他のよく似た数社から引き合いが来た。例えば、

Thisispaper  with very sophisticated graphics.  グラフィックが素晴らしい。

Journal Du Design   a French publisher. フランスのインターーネット出版社。

Before the internet age came, new architectural ideas were informed to a limited number of readers through a few hard copy magazines, but now each day they reach huge numbers of people, more people have more information.

インターネットがなかった時代には、新しい建築作品は紙の雑誌で報知されるだけで、作品が知られるのはごく少数の読者だけに限られていた。しかし、今や作品は世界中に紹介され、素晴らしくたくさんの読者に知らされる。

photographersloft2

When one of our projects was published in a hard copy paper magazine, they sent their own photographer and an architect to write the criticism of the building. Internet publishers  do not do this. They digitally copy photographs which are published by another publisher.  Many hard copy publishers do not dispatch photographers anymore but they do show drawings and documents such as plans and sections which help you to understand the space. That is a big difference. Internet publishers evaluate the project from several photographs. It is like your music composition is evaluated from just a phrase, and only that part is performed. It is as if your novel is evaluated from several excerpts and just that part is published.

以前、本当の紙でできた雑誌社に仕事が載ったときは、わざわざ写真家が派遣され、作品評を書きに派遣された建築家が現物を見てまわった。一方、インターネットの雑誌では、建築家が送った写真がそのままインターネット上で公開され、その同じ写真がコピーされて他社のページを飾ることになる。紙の雑誌に比べると、手軽なことといったらない。たいていの紙の雑誌社も写真家を派遣しないけれど、それでも、平面図や立面図、解説が必ず載せられる。インターネットの出版では写真だけが載る。これは大変なことで、建築作品がたったの数枚の写真で評価されるということになる。音楽でいえば、作品の聴きどころをチョコッと聴いて、それだけで世に出すかどうかが決められて、その切剥ぎだけが演奏されるということだ。文学でいえば、面白そうな部分を抜粋して、それだけで作品を評価し、その部分だけが世に出版されるというわけ。なんとも奇妙な気がする。

_mg_6420

But this analogy is not really accurate. That excerpt is still a but genuine part of your work in music or literature, not like architecture in which you cannot cut out some part from the real building and publish it.  Musical and literary excerpts are still a representation of the original work but can photographs be a representation of architecture? It may be said you see architecture through your eyes but also with your back, I mean you feel the space. Though after seeing the real building we say “Oh the photographs are better than the real building”…..quite often.

しかしこのアナロジーは正確ではない。音楽でも小説でも、抜粋は切り取られた「部分」に過ぎないとしても、その部分は正真正銘「本物」なのだ。建築作品ではどうか?切り取られたものは建築物を切り取ったものではなくて、カメラで切り取ってスクリーン上に転写したものに過ぎない。音楽や文学の抜粋はそれなりに元の作品を代理していて、「これは良いやなあ、全部聴こう」とか「この本を買って全部読もう」ということになるけれど、写真がそんな風に建築を代理できるだろうか?奇妙ないい方だけれど、建築は目で見るだけではなく、背中でも見ているという気がする……つまり空間を感じることなのだけれど、数枚の写真でそんなことができるだろうか?確かに、本物を見に行った後で、「あれは本物より写真の方が良かったよ」ということは良くあるのだけれど…。

_mg_6438

We go and visit real buildings, but some day we may stop doing so. Everyday new works are published and it goes into the archive the next day. Web sites are updated every few minutes, and it is all about the impression of the moment. People no longer care if the image is from the real thing or if it is a super realistic rendering. There is no way to distinguish between the movie set and the real space—-the image no longer needs to a representation of the real space — this is a different art form fro architecture.

In fact current technology has the ability to create images which you cannot tell if they are “real” or not. There is no developed architectural space, but instead a cool image. The images do not even have to be consistent. Being cool is everything, catching your attention-it is the culture of internet.

面白い作品がどこかに建てば、それを見に行きたくなるものだが、そんなことは無くなるかもしれない。毎日新たな作品が掲載されて、今日載った作品は明日にはアーカイブ入りすることになる。サイトは目まぐるしく更新される。刹那の印象だけに意味がある。将来、送られた写真が本物を写したものかどうかはどうでもよくなるかもしれない。写真が建築を代理して、建築物を表現する必要がないのだから。映画のセットのようなものだろう。それはもう建築でなくて別のアート形式ということになる。

実際、今のデジタル技術では、本物かどうか見分けのつかない建築写真を作りあげることができる。本物の建物空間はどこにもない。数枚の捏造されたカッコいい画像があるのみ。それらはお互いに辻褄があっている必要もない。かっこよければそれで足る。それはすでにインターネット文化の常識となっている。

_mg_6155-copy

広告