Grace Farm グレースファーム

P1050735

A one hour train ride and another half hour drive by our friend brought us here to Grace Farm, designed by one of the most well-known architectural firms SANNA. The construction was recently completed.  It is located in the wooded country side after a scattering of large, expensive houses gradually disappears.  The building follows the terrain of the gentle hills accommodating a restaurant, library, gymnasium and auditorium under a sinuous roof shaped like  a stream. There are no solid walls except at the restrooms and support spaces such as machine rooms.  Their almost crazy idea of architecture in this natural setting was why they were selected as the architects.  Despite this grand gesture, the interior area is quite small. I am very curious how this unusual idea was accepted by the client.

今日はマンハッタンから電車で一時間、さらに30分、友人のドライブに頼って、グレースファームという所に来た。今や世界で最も良く知られている日本の設計事務所SAANAによってデザインされた建物がある。今年完成したばかり、パリパリのできたて。施設は田園の中、ぽつぽつと点在する高級住宅が次第に消えて、林になったところにある。建物は緩やかな丘の上、起伏をそのままなぞって建っている。レストラン、図書室、室内コート、オーディトリアムなどが、流れるような一つの線状の屋根の下に配置されている。トイレと機械室以は外壁がない。自然のただ中にどのような建物にすべきかという設計者の思想がこの設計者を選ばせた理由があるという。大仕立てな建物の規模に比べて、利用できる床面積はかなり小さい。ある意味で異常ともいるこの発想がどうやって受け入れられたのかとても興味がわく。

P1050727

P1050733

The roof is extremely thin and the columns are extremely slim with the structure and drain system packed within the thin roof.  There is no bracing or diagonal members to work against the lateral forces and there are no roof top machines which normally take care of  the air conditioning. The building looks so simple, but in fact a huge effort was poured into it to achieve this simple impression. It is SAANA’s methodology to set a simple concept then the challenge is to solve the many technical obstacles that this creates since the typical strategies do not work; but this effort is not visible.

屋根は極限にまで薄く、柱は極限にまでに細い。構造体と雨の面倒見がこの薄い屋根の中に押し込まれてい る。雨水の面倒は全く見てないようにみえるが、ぎりぎりにまで目立たない、それでいて機能するように工夫されている。ちょっとしたアクロバットといってもいい。 機械類が屋根の上に載らないように、冷暖房は地下水と地熱が使われている。全体の印象はとてもシンプルで、一見何も特別なことはないように見えるけれど、その裏で、巨大な努力がはらわれている。大胆で単純なコンセプトを樹立して、それを実現するために問題となる技術的障害は何が何でも解決される、しかしその苦労は表には出てこない。この設計事務所の方法論が良く読み取れる。

P1050741

P1050737

The project was designed and built for a religions group, although everyone can come and enjoy the space. The construction was financed by donations from local people who were the founders of the church. One of the major elements that required funding was the curved glass. There are no areas of repetition which is a way you can save money, instead every part is custom made. On the contrary the finishes are not expensive high end materials. The combination of suppleness and lightness with the inexpensive finishes  reminds me of the typical house construction in Japan. The building is set within a natural environment, rain, wind, sun…and human use. How will this treatment of finishes age? Thinking about visiting here again in a few years we left this beautiful building.

誰でも気軽に利用できるけれど、ある宗教団体の施設なのだそうだ。建設の費用はこの地元信者の寄付だけでできているのだという。費用の数値は公開されてないけれど、曲面のガラスに集中投下されているのがみてとれる。どこにも同じところがない、あらゆるところがカスタムメイド、手作業の仕事も費用が掛かっているに違いない。一方、選ばれた仕上げ材料の数々は、お金がかかってなくて、透明で軽々とした外観と相まって、日本の住宅のデザインを微かに思い出させる。これから自然の風雨にさらされ、人々に酷使されるだろう。この仕上げ材料の扱いが数年後にどのような結果になるか?数年後もう一度ここを訪ねて検証したいと思いつつここを去った。