Manhattan Outdoor Life 緑のテラス

P1050675S

We have a project which is under construction in Midtown Manhattan located near the top floor of the building that has a 180 degree panorama. The client loves this view and decided to keep it but make his apartment larger by making it into a duplex instead of moving somewhere else. He waited until the apartment above was for sale and available to buy.  A big opening was made in the concrete floor and a new stair case will be inserted to connect the two floors. From his apartment you can see the woods  of the United Nations grounds, the East River, Roosevelt Island and Long Island. It is understandable why he wants to keep living here.

今やっているプロジェクトの工事現場に来ている。マンハッタンのほぼ中央にあるアパートのほぼ最上階。アパートにはテラスがあって、180度のパノラマが見られる。施主はこの眺望を愛すがゆえに、他の場所へ移らず、上階が空き家になるのを待って、自分の住む階と繋げることにした。コンクリートの床を抜き、階段をかけて、一繋がりの大きなアパートになる。ここからは国連の林、その先のイーストリバー、そこに浮かぶルーズベルトアイランド、さらにロングアイランドも見える。ここに住み続けたいというのも、なるほど納得できる。

P1050674S

P1050673S

In a previous post we wrote that many people enjoy outdoor life on their roofs. The photos that we showed were all looking up from the street, but now we can see the terraces at the same level. For his close view you see so many roof terraces with many plants.  The neighborhood is almost all residential even in this commercial area. The old zoning regulated the height of the buildings and dictated their shape which required set backs to allow light into the streets, ending up with a lot of setbacks. Terraces were a lucky byproduct of that setback.

以前にマンハッタンには屋上生活を楽しむ人が非常に多いことを書いた。そのときの写真は通りから見上げるだけだったけれど、ここからは同じ高さで観察ができる。ごく至近だけでも、目立って緑化されたテラスがたくさん目に入ってくる。周辺は商業地区だけれど、通りに面する店を除いてほぼ住居で成り立っている。都市計画の斜線規制と地震のない当地では構造体がかなり自由に組めることから、上に行くほど段々が自然にでき上る。テラスはその副産物なのだけれど、なんとラッキーなことか!!

P1050671S

The current zoning regulations  no longer  lead to this. Mid Manhattan is getting taller and taller, filled with straight-up extruded high-rises. Terraces are disappearing and roof tops are no longer habitable instead filled with tons of air-conditioning machines. Someday in the future this area may be packed with super high-rises and setback terraces with trees may extinct; they were a by product.  Now almost every street is narrowed by on going construction of high-rises, creating traffic congestion.

かつては意図せずともそうなっていたものが、現在、新しい規制になってからは生まれづらくなっている。ミッドマンハッタンはますます筒状の超高層になって いる。段状のテラスは姿がなくなり、屋上も、もう人の行ける場所ではなくなりつつある。空調の機械で占領されつつある。いつかこの地域は超高層ビルでギシ ギシに充填されて、このような副産物で生まれた緑化されたテラスはどこにも見られなくなるかもしれない。その未来に向けて、ミッドマンハッタンはどの通りも超高層ビルの建設で活気ついている。工事現場の前の車線が半分になり、交通渋滞が至る所。

P1050669S

P1050670S

We found a building which has a big trees downtown where we have another project. They  look to be more than 10m tall when you compare them with the steel handrails which are around 1 m high. The trunks seems to be 30 cm in diameter. How did they grow there? The pots must be huge and heavy. How can the roof structure hold it?  How strong is the wind pressure on the trees at this height? How are they prevented from falling?….. It is beyond our imagination.

このテラスの有る現場ではないのだけれど、島を南にずっと下ったところにあるもう一つ別の現場の近くで、ふと見上げた時にこの屋上の大木を発見した。壁にへばり付く手すり高さが1m弱だから、この木は10mを越える。幹も直径30cmほどありそうに見える。これをどうやって屋上で育てているのだろうか?その鉢の大きさたるや巨大にちがいない。それを支える建物の構造はいかなるものか?この仰ぎ見る高さにある木が受ける風圧はいかほどか?どうやって倒れないようにしているのだろうか?……半端じゃない。

P1050646S