summer outdoor concert 夏の野外コンサート

P1020450S

As it was mentioned in the last post about Pregones theater,  this concert at Lincoln Center  motivated us to attend the Pregones performance. The music we listened to at Pregoness was totally different from the music at Lincoln Center, but both events were listed in the flyer organized by Lincoln Center.  This performance was  quite experimental, it began slowly yet still declared the start of a musical performance. The base of the sounds were do-mi-sol, but mingled with constant dissonance, there was no rhythm, nor tune that you could tell where  it would go. There was a choir standing in the pool with megaphones singing something we could not catch. The sounds we heard were totally mixed with the noisy traffic of the  streets surrounding the inner plaza of Lincoln Center. The music culminated/swelled in the middle and faded out very slowly in an hour. No human voices , no chatting, everyone seemed to be wondering ” has it ended or not.. no not yet, well still.. really”. The only sound/noise was the traffic. I realized everyone was listening to these noises very carefully. Normally we do not focus on them or recognize that they are there, they are a constant background to daily life in the city. It seems we were  nicely fooled by the composer.

前回のポストで載せたように、私達がプレゴネス劇場に出向くきっかけとなったリンカンセンターでの無料コンサート。プレゴネスではリンカーンセンターとは音楽のジャンルがぜんぜん違うけれど、リンカンセンターで配られるパンフレットにプレゴネスのイベントと、このコンサートの案内が載っていた。さて、この日は実験的な音楽が演奏されていた。音楽はゆっくりと静かに、しかし始まりを宣言されるような感じで始まった。基本の音はド-ミ-ソらしいのだけれど、不協和音が入れ替わり割り立ち代りに、ずっと一緒に鳴り続いている。リズムはないし、旋律もない、みんな、どうなるのか目見当が付かない。池の中にいるのはメガホンを手にしたコーラス。なにやら唸っているが聞き取れない。町のど真ん中、交通量の多い通りに面しているから、その喧騒が音楽と混ざり合っている。ゆっくりと盛り上がり、1持間ほどでゆっくりと消えていった。いつ終わったのか、誰にもわからない。たくさんの人が集っているのに、みんな沈黙している。「終わったの?エーまだだよ…、いやいや、終わったよ、ほんとう?」てな顔をしてじっとしている。聞こえるのは通りの喧騒のみ。われに返ると、聞き耳を立てて喧騒を聞いているのに気がついた。普段、そこあるのに聞こえていない音、聞こえているはずだが、聞こうとしたことのない音に耳を傾けている。作曲家のトリックに見事に掛かってしまったようだ。

P1020448s

By the way the green slope where the  brass and wind section are standing is the roof of a restaurant and the  building behind is the Julliard school. Both were extended with a design by Diller Scofidio Renfrew in 2009. Many people gather in this great public space now.

ところで金管と木管が載っているのは芝生でできたレストランの屋根。その向こう、通りの反対側にあるのはジュリアード音楽校の建物。数年前ディラー・スコフィディオのデザインで整理・拡張されたもの。これで、さらに人が集まるようになった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください