Dezeen ディジーン

Our project the Photographer’s Loft was published in Dezeen.  It is the most popular internet web site which publishes architectural and interior design work, currently probably the most influential site. Several of our projects were published  in the past and this time they selected the Photographer’s Loft. Right after Dezeen published this work several other internet publishers approached us. For example;

私たちの仕事、「写真家のロフト」がディジーン Dezeen に掲載された。ディジーンはインターーネット上で建築作品を出版するサイトで、世界中で一番ポピュラーなサイト。今や最も影響力があるかもしれない。私たちの作品も何回かこれまで掲載されたことがあるけれど、今回は「写真家のロフト」。以前このブログにも載せた作品。面白いことにそれが掲載されると即座に、他のよく似た数社から引き合いが来た。例えば、

Thisispaper  with very sophisticated graphics.  グラフィックが素晴らしい。

Journal Du Design   a French publisher. フランスのインターーネット出版社。

Before the internet age came, new architectural ideas were informed to a limited number of readers through a few hard copy magazines, but now each day they reach huge numbers of people, more people have more information.

インターネットがなかった時代には、新しい建築作品は紙の雑誌で報知されるだけで、作品が知られるのはごく少数の読者だけに限られていた。しかし、今や作品は世界中に紹介され、素晴らしくたくさんの読者に知らされる。

photographersloft2

When one of our projects was published in a hard copy paper magazine, they sent their own photographer and an architect to write the criticism of the building. Internet publishers  do not do this. They digitally copy photographs which are published by another publisher.  Many hard copy publishers do not dispatch photographers anymore but they do show drawings and documents such as plans and sections which help you to understand the space. That is a big difference. Internet publishers evaluate the project from several photographs. It is like your music composition is evaluated from just a phrase, and only that part is performed. It is as if your novel is evaluated from several excerpts and just that part is published.

以前、本当の紙でできた雑誌社に仕事が載ったときは、わざわざ写真家が派遣され、作品評を書きに派遣された建築家が現物を見てまわった。一方、インターネットの雑誌では、建築家が送った写真がそのままインターネット上で公開され、その同じ写真がコピーされて他社のページを飾ることになる。紙の雑誌に比べると、手軽なことといったらない。たいていの紙の雑誌社も写真家を派遣しないけれど、それでも、平面図や立面図、解説が必ず載せられる。インターネットの出版では写真だけが載る。これは大変なことで、建築作品がたったの数枚の写真で評価されるということになる。音楽でいえば、作品の聴きどころをチョコッと聴いて、それだけで世に出すかどうかが決められて、その切剥ぎだけが演奏されるということだ。文学でいえば、面白そうな部分を抜粋して、それだけで作品を評価し、その部分だけが世に出版されるというわけ。なんとも奇妙な気がする。

_mg_6420

But this analogy is not really accurate. That excerpt is still a but genuine part of your work in music or literature, not like architecture in which you cannot cut out some part from the real building and publish it.  Musical and literary excerpts are still a representation of the original work but can photographs be a representation of architecture? It may be said you see architecture through your eyes but also with your back, I mean you feel the space. Though after seeing the real building we say “Oh the photographs are better than the real building”…..quite often.

しかしこのアナロジーは正確ではない。音楽でも小説でも、抜粋は切り取られた「部分」に過ぎないとしても、その部分は正真正銘「本物」なのだ。建築作品ではどうか?切り取られたものは建築物を切り取ったものではなくて、カメラで切り取ってスクリーン上に転写したものに過ぎない。音楽や文学の抜粋はそれなりに元の作品を代理していて、「これは良いやなあ、全部聴こう」とか「この本を買って全部読もう」ということになるけれど、写真がそんな風に建築を代理できるだろうか?奇妙ないい方だけれど、建築は目で見るだけではなく、背中でも見ているという気がする……つまり空間を感じることなのだけれど、数枚の写真でそんなことができるだろうか?確かに、本物を見に行った後で、「あれは本物より写真の方が良かったよ」ということは良くあるのだけれど…。

_mg_6438

We go and visit real buildings, but some day we may stop doing so. Everyday new works are published and it goes into the archive the next day. Web sites are updated every few minutes, and it is all about the impression of the moment. People no longer care if the image is from the real thing or if it is a super realistic rendering. There is no way to distinguish between the movie set and the real space—-the image no longer needs to a representation of the real space — this is a different art form fro architecture.

In fact current technology has the ability to create images which you cannot tell if they are “real” or not. There is no developed architectural space, but instead a cool image. The images do not even have to be consistent. Being cool is everything, catching your attention-it is the culture of internet.

面白い作品がどこかに建てば、それを見に行きたくなるものだが、そんなことは無くなるかもしれない。毎日新たな作品が掲載されて、今日載った作品は明日にはアーカイブ入りすることになる。サイトは目まぐるしく更新される。刹那の印象だけに意味がある。将来、送られた写真が本物を写したものかどうかはどうでもよくなるかもしれない。写真が建築を代理して、建築物を表現する必要がないのだから。映画のセットのようなものだろう。それはもう建築でなくて別のアート形式ということになる。

実際、今のデジタル技術では、本物かどうか見分けのつかない建築写真を作りあげることができる。本物の建物空間はどこにもない。数枚の捏造されたカッコいい画像があるのみ。それらはお互いに辻褄があっている必要もない。かっこよければそれで足る。それはすでにインターネット文化の常識となっている。

_mg_6155-copy

Grace Farm グレースファーム

P1050735

A one hour train ride and another half hour drive by our friend brought us here to Grace Farm, designed by one of the most well-known architectural firms SANNA. The construction was recently completed.  It is located in the wooded country side after a scattering of large, expensive houses gradually disappears.  The building follows the terrain of the gentle hills accommodating a restaurant, library, gymnasium and auditorium under a sinuous roof shaped like  a stream. There are no solid walls except at the restrooms and support spaces such as machine rooms.  Their almost crazy idea of architecture in this natural setting was why they were selected as the architects.  Despite this grand gesture, the interior area is quite small. I am very curious how this unusual idea was accepted by the client.

今日はマンハッタンから電車で一時間、さらに30分、友人のドライブに頼って、グレースファームという所に来た。今や世界で最も良く知られている日本の設計事務所SAANAによってデザインされた建物がある。今年完成したばかり、パリパリのできたて。施設は田園の中、ぽつぽつと点在する高級住宅が次第に消えて、林になったところにある。建物は緩やかな丘の上、起伏をそのままなぞって建っている。レストラン、図書室、室内コート、オーディトリアムなどが、流れるような一つの線状の屋根の下に配置されている。トイレと機械室以は外壁がない。自然のただ中にどのような建物にすべきかという設計者の思想がこの設計者を選ばせた理由があるという。大仕立てな建物の規模に比べて、利用できる床面積はかなり小さい。ある意味で異常ともいるこの発想がどうやって受け入れられたのかとても興味がわく。

P1050727

P1050733

The roof is extremely thin and the columns are extremely slim with the structure and drain system packed within the thin roof.  There is no bracing or diagonal members to work against the lateral forces and there are no roof top machines which normally take care of  the air conditioning. The building looks so simple, but in fact a huge effort was poured into it to achieve this simple impression. It is SAANA’s methodology to set a simple concept then the challenge is to solve the many technical obstacles that this creates since the typical strategies do not work; but this effort is not visible.

屋根は極限にまで薄く、柱は極限にまでに細い。構造体と雨の面倒見がこの薄い屋根の中に押し込まれてい る。雨水の面倒は全く見てないようにみえるが、ぎりぎりにまで目立たない、それでいて機能するように工夫されている。ちょっとしたアクロバットといってもいい。 機械類が屋根の上に載らないように、冷暖房は地下水と地熱が使われている。全体の印象はとてもシンプルで、一見何も特別なことはないように見えるけれど、その裏で、巨大な努力がはらわれている。大胆で単純なコンセプトを樹立して、それを実現するために問題となる技術的障害は何が何でも解決される、しかしその苦労は表には出てこない。この設計事務所の方法論が良く読み取れる。

P1050741

P1050737

The project was designed and built for a religions group, although everyone can come and enjoy the space. The construction was financed by donations from local people who were the founders of the church. One of the major elements that required funding was the curved glass. There are no areas of repetition which is a way you can save money, instead every part is custom made. On the contrary the finishes are not expensive high end materials. The combination of suppleness and lightness with the inexpensive finishes  reminds me of the typical house construction in Japan. The building is set within a natural environment, rain, wind, sun…and human use. How will this treatment of finishes age? Thinking about visiting here again in a few years we left this beautiful building.

誰でも気軽に利用できるけれど、ある宗教団体の施設なのだそうだ。建設の費用はこの地元信者の寄付だけでできているのだという。費用の数値は公開されてないけれど、曲面のガラスに集中投下されているのがみてとれる。どこにも同じところがない、あらゆるところがカスタムメイド、手作業の仕事も費用が掛かっているに違いない。一方、選ばれた仕上げ材料の数々は、お金がかかってなくて、透明で軽々とした外観と相まって、日本の住宅のデザインを微かに思い出させる。これから自然の風雨にさらされ、人々に酷使されるだろう。この仕上げ材料の扱いが数年後にどのような結果になるか?数年後もう一度ここを訪ねて検証したいと思いつつここを去った。

 

Manhattan Outdoor Life 緑のテラス

P1050675S

We have a project which is under construction in Midtown Manhattan located near the top floor of the building that has a 180 degree panorama. The client loves this view and decided to keep it but make his apartment larger by making it into a duplex instead of moving somewhere else. He waited until the apartment above was for sale and available to buy.  A big opening was made in the concrete floor and a new stair case will be inserted to connect the two floors. From his apartment you can see the woods  of the United Nations grounds, the East River, Roosevelt Island and Long Island. It is understandable why he wants to keep living here.

今やっているプロジェクトの工事現場に来ている。マンハッタンのほぼ中央にあるアパートのほぼ最上階。アパートにはテラスがあって、180度のパノラマが見られる。施主はこの眺望を愛すがゆえに、他の場所へ移らず、上階が空き家になるのを待って、自分の住む階と繋げることにした。コンクリートの床を抜き、階段をかけて、一繋がりの大きなアパートになる。ここからは国連の林、その先のイーストリバー、そこに浮かぶルーズベルトアイランド、さらにロングアイランドも見える。ここに住み続けたいというのも、なるほど納得できる。

P1050674S

P1050673S

In a previous post we wrote that many people enjoy outdoor life on their roofs. The photos that we showed were all looking up from the street, but now we can see the terraces at the same level. For his close view you see so many roof terraces with many plants.  The neighborhood is almost all residential even in this commercial area. The old zoning regulated the height of the buildings and dictated their shape which required set backs to allow light into the streets, ending up with a lot of setbacks. Terraces were a lucky byproduct of that setback.

以前にマンハッタンには屋上生活を楽しむ人が非常に多いことを書いた。そのときの写真は通りから見上げるだけだったけれど、ここからは同じ高さで観察ができる。ごく至近だけでも、目立って緑化されたテラスがたくさん目に入ってくる。周辺は商業地区だけれど、通りに面する店を除いてほぼ住居で成り立っている。都市計画の斜線規制と地震のない当地では構造体がかなり自由に組めることから、上に行くほど段々が自然にでき上る。テラスはその副産物なのだけれど、なんとラッキーなことか!!

P1050671S

The current zoning regulations  no longer  lead to this. Mid Manhattan is getting taller and taller, filled with straight-up extruded high-rises. Terraces are disappearing and roof tops are no longer habitable instead filled with tons of air-conditioning machines. Someday in the future this area may be packed with super high-rises and setback terraces with trees may extinct; they were a by product.  Now almost every street is narrowed by on going construction of high-rises, creating traffic congestion.

かつては意図せずともそうなっていたものが、現在、新しい規制になってからは生まれづらくなっている。ミッドマンハッタンはますます筒状の超高層になって いる。段状のテラスは姿がなくなり、屋上も、もう人の行ける場所ではなくなりつつある。空調の機械で占領されつつある。いつかこの地域は超高層ビルでギシ ギシに充填されて、このような副産物で生まれた緑化されたテラスはどこにも見られなくなるかもしれない。その未来に向けて、ミッドマンハッタンはどの通りも超高層ビルの建設で活気ついている。工事現場の前の車線が半分になり、交通渋滞が至る所。

P1050669S

P1050670S

We found a building which has a big trees downtown where we have another project. They  look to be more than 10m tall when you compare them with the steel handrails which are around 1 m high. The trunks seems to be 30 cm in diameter. How did they grow there? The pots must be huge and heavy. How can the roof structure hold it?  How strong is the wind pressure on the trees at this height? How are they prevented from falling?….. It is beyond our imagination.

このテラスの有る現場ではないのだけれど、島を南にずっと下ったところにあるもう一つ別の現場の近くで、ふと見上げた時にこの屋上の大木を発見した。壁にへばり付く手すり高さが1m弱だから、この木は10mを越える。幹も直径30cmほどありそうに見える。これをどうやって屋上で育てているのだろうか?その鉢の大きさたるや巨大にちがいない。それを支える建物の構造はいかなるものか?この仰ぎ見る高さにある木が受ける風圧はいかほどか?どうやって倒れないようにしているのだろうか?……半端じゃない。

P1050646S

at OrigamiUSA オリガミUSAにて

P1050489s

our table-all from one sheet. 私たちのテーブル、どれも一枚の紙から。

One day out of the blue we got a call inviting us to an origami convention. We have no idea how did they found out we are interested in origami. We thought this would be a good opportunity to discuss our ideas about origami. Instead of just attending the conference we proposed that I could give a lecture and that we also wanted to present our origami works at their exhibition. After sending some images of our work we were quickly approved  and luckily the conference was being held in New York this year. We selected some works to take and prepared images of the pieces that were too big to bring to the conference. We completely packed our friend’s car with our origami and headed to the conference.

ある日突然、電話がかかってきて、オリガミの全国総会に参加しないかと訊いてきた。どうやって私たちがオリガミに関心があるのを知ったのだろうか、わからないけれど、これは他のオリガミ愛好家や研究者と話しができるチャンスかもしれない。と思って、講演を聞く代わりに、こちらが講演をやれますよと告げた。ついでに、これまでに作った作品の展示もやれます、と持ち掛けた。作品の写真を数枚おくったら、すぐに承認された。幸い今年の会場はニューヨーク市の中にある。その日まで一週間あまりしかないので、急いで展示する作品を選び、スライドの準備を済ませた。友人の車を頼んで、中に入るだけ作品を詰め込んで……、なんとか会場にたどり着いた。

P1050480

Transportation of this chair was the most difficult part. Why didn’t we collapse it? which is the nature of origami!! too late. この椅子を運び込むまでが難事業、折りたためばよかった!

Origami USA is the largest origami organization in USA with many origami lovers. This year approximately 800 people attended the 3.5 day conference.  There are lectures like the one I did and classes on how to make a particular origami object and many gatherings of origami folders. There is no hierarchy between lecturer and  audience; lecturers become the students in other classes and there are many different age groups.

OrigamiUSAはアメリカ最大のオリガミ組織で、オリガミ愛好家、研究者が全米から来ている。今年の総会は3日半をかけて老若男女、約800人が来ている。展示を除けば、私のような講演形式のと、特定のオリガミ作品をどのようにして折るかというインストラクションから成り立っているようだ。といっても講師、聴衆の隔ては全然なく、あるクラスの講師が別のクラスでは聴衆になる。

P1050473

from a sheet of paper!  by Tomoko Fuse R-40cm, 一枚の紙から!布施知子さんの作品 半径40cm

The exhibition highlights many origami works. There are all kinds of origami from simple cranes to unbelievably complicated animals, insects and abstract objects. Some are newly invented by researchers based on mathematics.  Anything seems OK if it is similar to Origami. Even mizuhiki or Japanese ornamental knot works were exhibited, which are beautiful but not folded at all.  (The mathematical link between knots and origami  may be discovered someday.) The organization covers so many concerns but is not split into specialized  sections. The researchers also exhibited some of their insect and bird works.  They simply love origami. Creative origami work attracts people’s attention but they do not stick on the originality. They do not mind if they find that someone has already  created the very same design before them. It is all right as long as you enjoy it. No one has a superior attitude to those who have newly joined and beginners.  Does the organization have this philosophy? or does origami itself possess it?  I was given 45minuutes  for my lecture on Monday the last day. After long  lecture, many people came to talk to me. I hope my lecture gave them some inspiration.

展示会場には、さまざまな作品が五万と展示されていた。ツルのような簡単なものから、信じられないほどの複雑な動物や昆虫の大群、そして抽象的なオブジェ まである。数学に裏打ちされた研究者による新作もある。オリガミならなんでもあり。オリガミとは直接関係のない、ミズヒキの展示や講義さえもある。(将来、組み紐とオリガミの数学的な関連が発見されるかもしれない。)参加者の層や関心ごとが多岐にわたっているのに、それぞれに分化していない。研究者も昆虫や鳥を折っている。彼らは本当にオリガミが好きななんだなと感じ入った。創造性のある作品は、注目されるけれど、みんなオ リジナリティに固執していない。独自作品とよく似ているのが過去に作られていたことが分かっても気にしな い。楽しければいい。だから、先輩面した人が一切いない。これはこの組織の特性なのだろうか?確実に言えそうなのは、これがオリガミの持つ大きな特典だということ だろう。講演にもらったコマは45分。長い講演を終えると、たくさんの人が話掛けてきた。新しいインスピレーションが生まれればとおもう。

P1050474

from a sheet of paper! designed by Robert Lang. 一枚の紙から!ロバート・ラングの設計

The organization takes care of everything from organizing the space and amenities to registration of attendance at lectures and classes . This huge work is maintained by volunteers. We were supposed to volunteer one hour during the conference. But I forgot about it-it was our first convention and we were unfamiliar with everything. I talked to one of organizers who helped us set up the exhibition.  She said ” no problem! as long as you enjoyed”

組織は会場のセッティングや参加者の登録、手続き、窓口事務、などなど、参加者の便宜を図って支援をしている。これら膨大な仕事はすべてボランティアで維持されていて、講演者や展示者も、会期中に1時間のボランティアをすることになっている。ところが、初めての参加なので何が何だかわからず、アタフタしているうちに忘れていた。面倒を見てくれた担当者(当然、ボランティア)にその旨を伝えたら、曰く、「気にすることはないのよ、楽しかったら、それでいいのよ!」 アメリカだなあと思った。

P1050479

hundreds of folded units are combined to form a ball. オリガミのユニットをたくさん組み合わせて、球にしてある

Symposium at MOMA でのシンポジウム,日本の構造化された血筋

At MOMA museum of modern art in NY, a symposium titled “structured linage” was held to discuss about Japanese structural engineers. The tile is a pan around. a few prominent engineers, researchers and architects from England, Belgium, US and Japan gave lectures and panel discussion for a full day. Apprenticeship is seen everywhere technique and philosophy propagate to next generation, so we wondered the reason why the word “ structured” is used, because we could not figure out well more than the effect of pan of “structure”. We speculate the maintaining of lineage in Japan is focused and become purpose, instead, in other countries it is a simply a method where culture is succeed and the method becomes a good outcome. Of course it is not a symposium about structure design but not sociology it is natural not to dig in too deep.

先日ニューヨーク近代美術館 MOMAのオーディトリアムで日本の建築構造家の系譜をテーマにしたシンポジウムが一日かけて行われた。おりしも上の階では建築家伊東豊雄さんの教え子たちの展覧会が開催されていて、そのテーマに共鳴していろ。副題は「日本の構造デザインに学ぶ」とある。技術や思想が先達から後継者へ受け継がれるのは日本に限らずヨーロッパでもどこにでもある構造で、ここに構造化されたと謳うからには、日本の構造家の系譜には何か特殊なものがあるのだろうか?ベルギー、英国、米国の研究者によって様々な観点から、まるで家系図のようになっている日本の構造設計界の系譜が説明された。構造家の血筋が構造化されているというのはシャレで、言葉が掛けられているのだけれど、構造化の部分にはあまり焦点が当たらなかったように思われた。わざわざ題になっているのは、西欧の系譜が文化伝達の手段、そして、その結果として現れるのに対して、日本の徒弟制度では、血筋とそのスタイルを絶やさないように維持すること、それ自体が強く意識されるからではないだろうか?当然西欧のそれに比べて厳格で、構造そのものが目的化しているのではないか?と想像した。日本ではそれは建築に限らず、あらゆる分野に浸透している心理構造なので、取り立ててどうということはないのだけれど、海外では特殊なことに見えるかもしれない。もちろんここでは、良い側面だけが注目されていた。文化的背景について掘り下げられないのは文化についてのシンポジウムではないから当然だけど。

P1050341

Actually structure of apprenticeship is very common over almost every social aspect in Japan not only fields of arts. Every new comer or entrant to any groups are obedient to existing members, school sport club is a extreme example, harassment abuse of by senior onto junior is daily bases. Any design firms and business companies have similar mentality at a certain extend. You find your organization is unhealthily hierarchical and want to move to different place but you cannot find alternative because they have the similar structure, the worst case is they will consider you must have had a problem at former organization, and they will think you will create the same problem among them. Probably why these structure design firms had/has been able to create great design is their priority is creating new thing not other things to maintain the organization. probably a good aspect of Japanese apprenticeship worked very well additionally, which is senior guides junior. Nobody questions that chronologically ordered hierarchy It may not be structured in the western apprenticeship.

日本で徒弟制度が顕著なのは家元制度のある分野だろうけれど、何もそれらに限らない。学校の運動部の構造があまねくゆきわたっていて、新規参入者が古参に従うのは常識になっている。閉鎖社会、強いハイアラーキー、新しい発想がつぶされやすい自由な空気の欠如、年功序列、組織による構成員の濫用、従順さの強要…。それは家庭の中でさえも起こっている。厄介なことに、周りを見ても同じような組織ばかりだから、他に移るという選択肢がない。下手をすれば、前の組織で何か問題があったから出ざると得なくなったのだろうと、そこからも敬遠される。ここで紹介された構造設計の事務所が高い質を保つことができたのは、新しいことを創造することをあらゆることに優先させたからだろうと思う。その際、上位の者は下位の者の面倒を、古参は新参の面倒を見るという良い面が幸いにも作用したのではないか?欧米のように、師匠との間、そして弟子相互の関係が一対一なのとはかなり違う。日本では組織に加入した年に沿って、弟子のランクが上位から下位まで固く決まっていることにだれも異議を唱えない。欧米にはそのような考えはない。欧米の設計事務所では提供する労働とその対価を交換するだけで、原則的に対等な人間関係があるように思う。

P1050342

Later we talked with one of the central figure of this event Mutsuro Sasaki who is one of the most innovative structural engineer. He says his stuffs leave the firm after 5years working. He wants keep his office small and 5years should be enough for smart disciples to learn everything. He naturally thinks it is his roll to educate and raise new structure engineers. The graduates will inherit similar culture for the next generation. Thus linage is automatically structured.

Any way 5 years is so generous. To build a real building requires enormous amount of process, new staffs have to be taught mouth by mouth. For many firms this is a major investment until the staff does not need that full instruction. Probably many firms would say 5yeas cannot compensate the investment in 5 years. Although he does not seem to think educating new staff is an investment.

後で、佐々木さんと少し話をした。かれは国際的に注目される構造家の一人で、討論の時間には論題の中心にいた。彼の事務所では5年務めた所員は去ることになっているらしい。設計事務所をこじんまりとした大きさにしておきたいらしい。曰く、5年で物にならない者は最初から構造家には向かないのだそうな。彼がこのように言うときに、構造家を育てるのを当然のことだと考えていることが窺える。そのような文化の中で育った所員は彼らが成長して自らがが所員を輩出するときに同じような文化を伝えてゆく。これで日本の「血筋」が構造的化されてゆく。

それにしても、5年とは気前が良い。建物の設計は膨大な過程を経ることになるので、新所員には手取り足取りで教え込むことになる。そんなに面倒なら、自分がやった方か早くて確実。それでも会社が給料を払いながら、そうするのは大変な投資となる。5年で出て行かれては元が取れないと、少なくとも他の分野の会社は考えるのはないだろうか?しかし、彼の頭の中には 社員の教育を投資と見る考え方が無さそうに見えた。

P1050338

By the way, as the symposium goes to the end, we gradually realized the speakers share an idea about their stance. On the process of designing, engineer should not be a passive consultant who just makes architect’s temperamental design buildable, instead dialogue with architect will inspire both, then the out come will be creative and really beautiful. It is the same idea we posted before!

ところで、この主題とは別にして、このシンポジウムが終わりに近づくにつれて、講演者たちの間に構造設計に対する共通した考えがあることに気が付いた。デザインの過程では、構造家は建築家の望む気ままな形態を実現させる従属的な裏方ではなく、構造家と建築家の対話がお互いを刺激するときに、優れた美しい建物が生まれるのだという考えを共有していることだった。前にこのブログに載せた私たちの考え方と同じではないか!

DAMDI features our proposals コンペ案出版のお知らせ

Our competition entries from the last few years have been published by DAMDI. In total 57 architects are featured in 370 pages in large format. Our 7 projects take 21 pages of the book so that we can introduce just a small portion here. The book  is too big for a normal book shelf and heavy, but please take a look if you find the DAMDI book,”Panel Layout for Competition” at a shop.

私達の作品がダムディ社から出版されることになった。この数年間に設計競技に応募したプロジェクトから7作品が載っている。総370ページの分厚さに世界中の57建築家のパネルを集めていて、私達の割り当て分はそのうち21ページ。とうてい全部をここに載せられないので、仕方なく、抜粋を以下で紹介。買うのは大変だし、仮に買っても本棚に納まらない大判サイズ。 もし書店で”Panel Layout for Competition” を見かけたら、開いて見てください。

 

Daegu Library ダエグ図書館

new PanelLayout-1 new PanelLayout-3The public park in front of the site is designed as an undulating lawn with multiple mounds that extend into the library. The upper floors of the library appear to float above the park. The public library and public park are continuous and the design explores a number of experimental approaches to generating new libraries (and parks) through excavation. The  traditional function of archiving is buried in an undulating mound.

敷地前の細長い公園に小山の集まりを置いて、公園がゴルフ場の芝生のマウンドのうねりで出来ているようにする。このうねりを図書館の内側まで延長して、まるで図書館が公園にふんわり着地したように見えるようにする。図書館内と公園を文字通り地続きにして、新世代の図書館の使い方・あり方を発掘しようというアイデア。これまでの図書館の伝統的機能と蔵書の多くはこのマウンドの中に収められる。

 

Bamiyam Cultural Center バーミヤン文化センター

new PanelLayout-6 new PanelLayout-5Across the valley, the building overlooks the site of the big Buddha statues that were destroyed a decade ago. Our objective for the cultural center is to provide a counterbalance to the missing statues by providing a multi-purpose community center, art center and focal point for tourism. The main structure intervenes gently into the existing hill, and creates pockets of tranquil and harmonious spaces, similar to the vernacular courtyards of Bamiyan.

破壊されたバーミヤンの大仏が遥かに見える丘の上に、町の復興のために文化施設を建てようという計画。ユニセフの後援。私達の提案は建物を丘の上にくっきり見せて大仏と対照をなすようにしながらも、この地方の乾燥した土地の一部のようにも見える建物を砂の上に置き、地面の起伏と建物の間に一方は囲まれた空間、もう一方は町に開けた空間ができるようにして、町を俯瞰しつつ、そこに落ち着いた時間が流れるようにしようというアイデア。

 

Sofia Cultural Center  ソフィア文化センター、

8-9Preserving the structural frame of the original 20th century structure, a new translucent origami skin presents a contemporary facade that also controls the light within the exhibition areas. At the ground level, the activity inside is completely transparent.  New vertical circulation will introduce a new roof top public space.

古い建物をそのままにして、オリガミのような外皮を被せることで新しい表情を与えつつ、展示場に差し込むコントラストの強い外光を和らげる装置としても使おうというアイデア。さらに、一階は大幅に透けて見えるようにして、活動の様子が通りから良く見えるようにすることと、新しい垂直動線を差し込むことで、これまでとまったく違う新しい命を吹き込もうという提案。

 

Floating Bridge 浮橋

new PanelLayout-10Old recycled pontoons will be laid in parallel with a membrane connecting two rows, which were originally part of a bridge in lake Washington.  Our objective was to create a public water front for swimming comparable to the lake whose relatively warm water is surrounded by private beachfront. Relocated to the cold waters of Puget Sound, with sunlight warming the water above the membrane, the pontoons form a virtual beach that will also generate electricity based on tidal power. The “energy beach” will serve as a public swimming park accessible to all.

湖に浮かぶ浮橋を架け替えして、使われなくる古い浮橋を再利用しようというもの。湖から海に流れる川を伝って旧浮橋を海に運び、中央で折って平行に並べて、その間に膜を張ろうというアイデア。膜の上は太陽の光で暖められて、冷たくて水浴に適していなかった海でも泳げるようになる。湖の周りに別荘を持てない大多数の都市住民も海で水遊びが出来ようになる。さらに、海の大きな潮の満ち引きで浮橋を上下させて、そこから発電しようという提案。

 

 

Wind Garden 風の庭

new PanelLayout-11Round sheets of glass float in a pond, creating serene mirrors against a backdrop of ripples revealing the effect of wind on water. The mirrors open up portals into the depths of the pond that bring in images of the surrounding landscape, revealing the garden as well as the wind.

小池の水面にガラスの円盤を浮かべて、その上に回りの景色を写し込もうというアイデア。さざなみの立った水面は回りの景色を反射しないけれど、さざ波の起こらないガラス盤の部分だけは鏡のようになる。池にはあたかもたくさんの円い透明な穴ができる。しばらくそこに立っていれば風の存在も「見え」てくる。

 

Water Bottle Garden ペットボトルの庭

new PanelLayout-12Disposable water bottles are re-purposed as wind mills, and inserted into a landscaped garden, reacting with the wind and creating an auditory dimension as well as a visual accent as “wind flowers”.

ペットボトルで出来た風車を大量に花壇に差し込んで、それだけで見ごたえのある庭園にしようというアイデア。庭園全体が風に反応して、ある時は静かに、またある時はざわざわと話しかけてくるだろう。

These 6 projects reflect our design philosophy. We  do not believe in the conventional split between architecture and landscape, and in all of our work seek to integrate them into a holistic unity, with plantings, water, wind, concrete, steel, and glass as aesthetic and functional equivalents.

他にもまだコンペ作品はあるのだけれど、この6作品でさえ、ある傾向が目に見えてきて、我ながら面白い。これまで決まりでは、建築と造園は違う世界で、それぞれの専門家が別々にデザインすることになっていたけれど、私たちは自然と人工物を一体になったものとして考えたい、そうすれば別の世界が現れるのではないか?植物、水、風とコンクリート、鉄、ガラスを等価に自由に使って、これまでになかった空間・環境を作りたいと願っている。

Pregones Theater-2, プレゴネス劇場その2

This year we are here in Pregones theater again where every year they have a spring music event series. We are connected with them as we are designing an addition to their support facilities and back of house. Their specialty is Latin music but for these concerts they often introduce contemporary western music. They have a program in conjunction with Carnegie Hall, which presents concerts in all 5 boroughs of New York City. These days Carnegie Hall presents not only western classical music but also many other genres of music. This year Carnegie Hall staff introduced the show. Two years ago the well known Jack Quartet performed performed here at Pregones as as part of the series and this year  Mivos Quartet came.

今年もプレゴネス劇場へ来ている。毎年この時期、春のシリーズが始まる。私達はプレゴネス劇場の改造計画に携わっているので、縁が出来ている。プレゴネスはラテン音楽をもっぱら得意としているけれど、この毎年の春シリーズのオープニングには西洋現代音楽が演奏されるようだ。それというのもプレゴネス劇場はカーネギーホールと提携をしているからだろう、西洋クラシックの音楽家が来る。カーネギーホール自身もクラシック音楽以外のコンサートにも力を入れているようで、今回もカーネギーホールのスタッフによる演奏の紹介から始まった。一昨年は現代音楽ばかりを演奏するのでよく知られているジャック四重奏団が呼ばれていたし、昨年は、ミボス 四重奏団が来ていた。この地では現代音楽のコンサートやリサイタルが昨今の東京よりずっと頻繁に行われてるのではないだろうか?なにやら、広く聞かれるべきだという使命感のようなものを感じる。

Untitled-2

Before each piece they gave an introduction and explanation about the work and unlike the typical classical music concert it had a casual atmosphere. (To be honest there wasn’t a good shutter opportunity this time so these photos are actually from last year, the Michael Mizrahi group). Quite often classic pieces are inserted in between music that is more challenging and experimental to listen to, but I could not find any “easy listening” music this time, except maybe a piece by Philip Glass which might possibly already be considered classic.

演奏の前には曲の説明があって、クラシックのお定まりの硬さがなく、砕けた雰囲気があった。(今回は シャッターチャンスに恵まれず、ステージの写真は実は昨年撮ったMichael Mizrahi 達の時のもの。)現代音楽をもっと広めようという企画だから、たいていは親しみやすい古典作品が幾つか客寄せに差し込まれるのだけれど、今回は何もなかったようだ。フィリップグラスの曲があったので、それが「古典」ということだったのかもしれない。

P1030731

A friend who is a young composer of contemporary music says it is not so bad if 30% of the seats are filled. ( He organizes many concerts and finds donors to pay for musicians and spaces.) This concert was a good example of that.  According to market theory concerts of contemporary western music will evaporate with this minimal support, so what is preventing it from happening in this kingdom of market theory? It is a very interesting question isn’t it? Who are the financial supporters? Aren’t there comparatively fewer rich or generous contemporary classic music lovers than for other types of music? Possibly yes. We are not categorized as either generous or rich, or even contemporary music lovers, and we do not like the almighty of market theory but we are always looking for music which moves us.

知人の若い現代音楽の作曲家によれば現代音楽のコンサートでは席が30%埋まれば、まずまずなのだそうだ。(会場や演奏者にはキチンと料金を払わないといけないから、コンサートを数多く企画する彼は毎回、寄付金集めに走り回っている。)今回も、この数値からすると、ま ずまず「盛況」だった。市場原理に従えば、このような儲からない企画は即座に蒸発してしまうに違いないのだけれど、この原理の王国で、なにがそれを食い止 めているのか?非常に興味が沸いてくる。どこから金がでるのか?現代音楽愛好家の中には気前が良い人や、金持ちの聴衆が多いのだろうか?私たちといえば、 そのどちらでもない。愛好家とさえ言えない。けれど市場原理万能が好きじゃないし、聞いたことのない感動的な音楽をいつも探しているものだから、ここに来 ている次第。

P1030733

We are finding though that our ears like following the code imprinted in our brain, so that coming to a concert is like a lottery. Probably visual arts also has the same tendency. It is a good opportunity to look at architecture objectively from the outside for us. Comparing music and architecture is very interesting, some areas are of course totally different but some are very similar. We had hoped to have a chance to chat with the musicians in the lobby after the performance but unfortunately they did not emerge from the back of house. Too bad we really do want to open up our ears!

もっとも、私たちの耳はすでに脳に刷り込まれたコードに沿うのが好きなのだということは十分承知している。故にコンサートは当たり外れが大きい。それは、たぶん建築のような視覚芸術に当てはまるのではないか?私たちにとっては現代建築を外から批判的に考える良いきっかけになる。建築と音楽とを対比すると、全然違うところと、良く似ているところとがいろいろあって、とても面白い。去年はコンサートの後、ロビーで作曲家や演奏家と話しをする機会が有って、とても良かったのだけれど、今回は演奏家たちは楽屋から出てこなかった。視野(聴野?)を広げたかったので、とても残念!