Horseshoe crab カブトガニ

20190615_194653For the last few years, it has become an early summer ritual to go to Jamaica Bay and help count Horseshoe crabs. Late May-early June is their mating season and at high tide, a crew of volunteers organized by the Audubon Society heads out to the beaches of Jamaica Bay to count. The eggs that they lay are an important food source for migrating sea birds.

この数年間、ジャマイカ湾へ行って カブトガニの数を数えて生息状況を調査するのが初夏のしきたりになっている。五月下旬から6月初旬の高潮が繁殖の時期。カブトガニの卵は海鳥の回遊に重要な食糧となるそうな。野鳥保護を始めたオデュボーンの名にちなんだ、オデュボーン学会によって毎年ボランティアが募集される。20170611_204155_Burst01.jpgIt is always a lovely trip, from Manhattan over the Brooklyn bridge and under the Verrazano narrows bridge to Plumb Beach. This year there were more than enough volunteers so I had the task of looking for crabs that had tags on them and picking up the garbage that is constantly being washed onto the beach.

目的地の海岸までの道中も なかなかの楽しい道のり。マンハッタンからブルックリン橋やベラザノナローズ橋を渡って、市の南端にあるプラムビーチに至る。今年はボランティアが沢山集まったので、楽な仕事をもらえた。再帰してきたカニを探す役と、岸に集まるゴミを同時に集める仕事。毎年何匹かのカニが捕らえられ、標識のバッジが付けて放される。20190615_194100It was unusual this year, high tide was during daylight. In previous years we had headlamps and were searching in the dark. It was the first time for me to have the mating rituals in full view. Females do not move, they dig into the sand and the males try to attach to anything that is not moving. I have no idea what is the next step for the bewildered males when they find out the object they attached to is just a human foot.

例年は暗闇の中、ヘッドランプを付けてカニを探すのだが、今年は昼間の高潮なので、まだ明るい。繁殖の様子が丸見え。とはいってもメスは砂に潜ってじっとしているだけ。オスは岩でも何でも動いてないものにへばり付くだけ、のようにみえる。それが目当てのメスなのか、人の足なのか?…どうやって判断して次の行動に至るのか?皆目わからない。

20190615_192642.jpgThere was also a lot of surf, so the horseshoe crabs had to work that much harder and persevere. We helped flip some over that were being tossed around in the high waves. They do a very good Darth Vader impression. In fact their flipped side looks more grotesque. The Hollywood movie industry has successfully implanted an evil impression of this kind of creature on us…..They look aggressive and harmful but actually are much safer than New Yorkers. They are meekly floating on the waves, silent, almost cute.

カニたちは成果を上げるべく懸命に波にのっている。ひっきりなしに高い波でひっくり返され、文字通りジタバタしているのを元に戻してやる。表側はダースベーダーそっくり。裏側は実はもっとグロテスク。ハリウッド映画は邪悪な印象をこの生物から引き出して、我々に植え付けるのに成功した。危険なように見えるけれど、実際は静かで、可愛くさえある。ニューヨーカーよりはるかに安全。

20190615_192709It was interesting to see the sea life that has fastened onto the shells of the crabs, one was covered in seaweed, others had intricate sculptures of barnacles and shells.  It means they hardly move, I guess.

カニの背にはいろんな生物がへばり付いている。これを観察するのは面白い。あるものは海藻に覆われ、あるものはフジツボや貝の彫刻になっている。ということはよっぽど動かないのだろう。

20190615_195200My fellow volunteers were New Yorkers, happily embracing these alien invaders- they are interested in the water life that surrounds the city and the families wanted their children to learn about the rich natural life that a big city like New York has. As I said good night and left the beach the sky was still bright.

今回のボランティアの仲間たちは この大都市ニューヨークに生息する水性生物に興味がある人たちや、家族の子供たちが豊かな自然を学んでほしいと思っているニューヨーカーたちだった。さよならを言って別れた。空がまだ明るい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Akaishi Bairin Plum Orchard 赤石梅林

20190418_041426sWe are now at a small valley near the east coast of Shikoku Island, where plums are produced for liquor and ume-boshi, pickles. We were here 5 years ago too, but this time we went to the deepest end of the valley. In the last blog I wrote it is almost equivalently beautiful to the many beautiful villages in Italy. After removing my fantasy to Italy and nostalgia to Shikoku, I still think so. This landscape is everywhere in japan but this place has something special. There are no buildings which use industrial cladding materials. There is very little traffic. These two conditions make this valley appear to be frozen in time from 100 yeas ago. There is no way to cross the mountain through the end of the valley, so no cars from outside use the valley. There are no shops, no advertising, no parking, no vending machines (which are everywhere even many in the beautiful country side of Japan). The locals go shopping at supermarkets in the next closest village. The old traditional houses are not poor, they are well maintained probably because of the plum industry.

四国の南東部、海岸からほど近いところにある梅林の渓谷に来ている。5年前にも来ていた。そこからさらに谷の奥まで来ている。前のブログで、イタリアなどの風光明媚な村々に比べても、勝るとも劣らないと書いた。イタリアへのあこがれと、四国へのノスタルジーどちらも注意深く心の中から差し引いた(つもりで)後でも やはりそう感じる。わたしだけであろうか?私がこの谷に感じる美しさは、日本のどこにでもあるのだが、それでも特別ではある。ここには特殊な条件がある。新建材で覆われた建物がまったくない。車の交通量が極端に少ない。その二つから、100年前の景色が凍り付けにされているように見える。この谷を登りつめると、行き止まりになって山を越えることが出来ない。そのため通過交通が一切ない。商店も、看板も、駐車場も自動販売機もない。谷の外へ出ればスーパーはすぐそこ。それでも梅産業のおかげだろうか、古い家々が美しく維持されている。

20190418_041516s

At a rice paddy I timidly spoke to the people working, pretending we are local from near by but just lost. We clearly looked like strangers. I rehearsed  in my brain, preparing in my local dialect making sure not to speak in Tokyo dialect… ” Excuse me but what is the fence you are putting up for, why do you need it?”

田んぼで働いている人たちに、恐る恐る、話しかけてみた。たまたまこの谷に迷い込んでしまった同郷人というふりをする。見るからに私たちはヨソ者なのだ。東京弁が口から突いて出てこないように、心の中で予行演習をして…、「あのう、田んぼの周りにネットを張って、なんするんですか?」

20190418_040800s

An Immediate smile returned “ against deer.”  “ what? deer here? unbelievable.” This area shouldn’t be remote enough to have deer. How quiet is this village.

途端に笑顔が返ってきた。「鹿が来んようになあ。」「ええ、鹿?」信じられない。いかに田舎とはいえ、この谷の外ではそんな話など聞いたことがない。村はいかにも静か!

20190418_035121s

20190418_033352s

After taking these photos, I realized they look as if they are from a Japanese garden. I thought Japanese gardens may be an abstraction of this landscape. Then no, no, I thought, eyes which have been seeing Japanese gardens find this landscape beautiful. Finally I thought, maybe it is both like an egg-chicken conundrum.

これらの写真を撮って、後で気が付いた。まるで日本庭園を撮ったようではないか。日本庭園はこうゆう景観を抽象して、再構成したのではないだろうか?と考えた。次に、いいや、その反対で、日本庭園を見てきた目は、そうゆう場所を自然の中に見つけけようとするのではないか?と考えた。最後は、卵と鶏のどっちが先かの議論と同じように、両方なんだろうと考えた。

20190418_035248s

20190418_035327sBy the way, isn’t this bridge scarily thin? We went down under the bridge, and  found that only three “I” beams are holding it up. You hardly see this thickness unless it is someone who is pursuing the simplest proportions of modern architecture. It also looks like a Japanese sword. We left there feeling like we had received a special gift got a godsend.

それにしても、この橋、怖いほどに薄い。岸に降りて構造を見てみると、H鋼3本をシンプルに並べただけ。現代建築の設計でない限り、このシャープさを追求したデザインを見ることはまずない。まるで刀をかけ渡したようではないか。美しい拾い物をした気分で谷を去った。

black

FAIA 米国建築家協会フェロー

20190312_183214

Sandy, the coauthor of this blog became a fellow of the American Institute of Architects, FAIA. The AIA New York chapter organized a celebration party for the new FAIA members. Wikipedia says FAIA is an architect who has made outstanding contributions to the profession through design excellence, contributions in the field of architectural education, or to the advancement of the profession. There are several categories, but her coverage spans design, education and community contribution, which is unusual and hopefully will be a new role model. The AIA allotted two minutes for speeches by new FAIAs at the reception. It is really hard to summarize what the achievements were in that time. 2 minutes flies past instantly. You do not have room to joke or tell a story.

(We found we were silly to believe that we needed to follow that rule, some people entertained the audience with jokes and “thank you speeches” for 5 minutes like the Oscars, they needed that special music to call them off stage. I hope people do not think all architects are like that.)

このブログの共著者であるサンディーが米国建築家協会のフェローになった。FAIAという肩書になるのだが、名誉上級会員と訳せばいいのだろうか?そのニューヨーク支部で祝賀会があった。ウィキペディア曰く、優れたデザイン、教育、職能の向上を通して、目覚ましい貢献をした建築家に与えられるのだそうな。いろんなカテゴリがあるが、彼女の場合はデザインからコミュニティーへの貢献、後進の教育にまたがっていて、これまでにないタイプで、これからのモデルになると素晴らしい。レセプションのまえに新人FAIA が手短に業績を紹介するスピーチをする。2分間という決められた時間の中で、表彰された理由を要約するのは至難のわざで、ジョークを入れたり、語り調にする余裕はない。2分なんてあっという間に経ってしまう。

(あとでこのルールを守ろうと苦労した我々はバカだったと悟った。何人かの新FAIAは面白可笑しく物語にして聞かせてくれるし、ジョークで観衆を楽しませている。そしてオスカーの式でおなじみの、奥さんや相棒、関係者の協力をねぎらう感謝の延々たる連呼。たぶん話すべき内容がないのに、何かしゃべらないといけないから、ルールを破ることにしたのだろう。)

IMG_0100blog

A few days later we organized our own reception inviting our friends and clients. We chose to hold it at the blue origami wall of the MS imaging center that we designed a few years ago. Actually the wall will be torn down in several months for an extension of this medical facility. The reception was also meant to celebrate the short life of the blue origami wall. Many images of this wall have been published, so today’s guests would know it but experiencing the space at this scale was quite different… everybody looked curious and asked us “ How come?” noting how sad it was that it was being torn down.

後日、私たちの事務所主催で小さな受賞記念のレセプションを開いた。会場に選んだのはMSイメージセンタ―の青いオリガミ壁の前。数年前に私たちが設計したもの。実はこの壁はこの医療施設の増築に伴って、数か月したら取り壊される。受賞レセプションはこの短命だった壁の記念を兼ねている。この壁の写真はいろんなところに出ていたから、招待客らは知っているはずだが、実際に体験するのとはだいぶ違うらしい。このスケールで本物を見て、みんな残念そう。「なぜ?どうして?」と質問攻めに会った。

IMG_0888.jpg

In June the AIA is having another event for new FAIAs in Las Vegas. They require men to wear “ black tie” and there will be dancing. One of the coauthors is getting less excited to join it.

6月には全米レベルの祝賀晩餐会がラスベガスである。男子はタキシードの着用が求められていて、ダンスもしないといけないらしい。もう一人の共著者は行くのがたいそうになってきた。

Untitled-1

Möbius Torus from Origami オリガミ製メビウスのトーラス…

8 years ago, I posted an idea about making an origami tube into a torus. Rolling flat origami into a tube

In fact, the folding pattern is too difficult to fold for mass-production and the curvature is very subtle as the pattern is too rigid to curve and creates a huge radius. So this time I made a different model with a simpler pattern.  The section of the tube is designed to be an equilateral triangle. Ignoring the zig-zag pattern of the folds, the torus looks like it is composed of 3 twisted surfaces.  If you trace any of the 3 ridges you can see they disappear before coming back to the starting point, yet the 3 ridges are continuous and part of one envelope. It is like a Möbius strip which has a continuous front and back, but this torus has an additional surface. When you make this tube from paper, the two ends of paper are combined, but the pattern where they meet at the ends is shifted like misaligned buttons holes. That is why the triangle spirals.

8年前に 丸めてチューブにと題してオリガミでトーラスを作るというアイデアを紹介した。実はその時のパタンでは量産するには骨が折れるし、曲がりがゆっくりとした巨大なリングを作らないといけない。しかし別なパタンなら部屋の中に納まるかもしれない。トーラスの断面を工夫すれば捻じれが良く見えるだろう。断面が正三角形になるようにデザインしたのが下の写真。折り目のジグザグを無視すれば、三面でできているように見える。しかし三角の一つの角をトーラスに沿って目で追って行くと一周しても元の点に戻らないで後ろ側へ入って行く。実は一面しかない。すべて一続きになっている。まるでメビウスの帯のみたいだが、帯の裏表の面だけではなくて、もう一つの面を持っている。メビウスの帯を作る時に端をねじってリングを作るのと同じように、ここでも、ボタンのかけ間違いみたいに紙の端部をずらしてジョイントすると捻じれが生じる。

By definition, a symmetrical shape becomes the same shape when it is rotated through certain angles, so a tube can be combined at both ends after spiraling to become a torus. In the case of equilateral triangles it can rotate 120 , 240, 360, 480…. to create a torus. In fact an odd number of corners like a triangle or a pentagon cannot meet at the ends without shifting the “button holes ”. On the contrary, an even number of corners does not have to be shifted to have those ends meet.

対称性のある図形は回転すると元の形と同じ形になるから、そのような断面の筒を作ると筒の始端と終端がぴったり合うことになり、繋げればトーラスに出来る。正三角形の場合、120度、240度、360度、480度……の回転で最初と同型になる。もっとも断面が奇数辺でできるようにすると、ずらさざるをえない。これが四角形とかの偶数辺であれば、ずらさなくてもいいし、ずらしてもいい。

Above is an example of a rhomboid section. The ends meet when rotated by 180 degrees. The twist is very slow so that the total length of the paper reaches 8m before it is folded.  A 360 degree rotation will require twice that length of paper. By the way, when tightly folded, both the triangle and the rhombus lose the twist and become a simple column. The spiral happens only when they are expanded (see the photo below).

これは菱形の例。菱形は180度の回転に対する対称性があるから、180度の回転で筒の両端が繋がる。トーラスを折る前の紙の全長は約8mに達している。もし360度でつなぐと、この二倍の忍耐強い作業が必要になる。ところで上記の3角形もこの菱形も、折り畳んだ時には螺旋が消えて単純な角柱になる。伸ばしたときにできる捻じれはボタンの掛け違いをすることで生じている。

left; compressed triangular section, right: rhombus section. 左:三角断面、右:菱形断面

In the image below can you see that the triangle spins 360 degrees and comes back to the beginning? The 3 ridges spiral along the envelope of the torus,  which are not the crease ridges of folding. Lets call that ridge the “ modulated ridge“ to distinguish it from the creases of the envelope that are created by folding. Any one of the 3 modulated ridges will come back to the starting point, without crossing each other. This means they are independent and triple helical. A rotation of  120 or 240 degrees will result in the ridges aligning. There is only one modulated ridge, there is no front and back but a continuous surface. ( in the same way the DNA double helix does not cross). In detail, the creases that make up this ridge are also a single continuous surface.

次の3角のモデルでは360回転をしているのがわかるだろうか。角に沿ってトーラスを辿ると折り線の山とは別の高次のゆっくりした峰がトーラスを巻いているのが見える。この高次の峰をミクロなオリガミの山と区別するために変調峰と呼ぶことにすると、このトーラスの場合、3本の峰の一本を選んで一周すると、他の峰には渡らないで、もとの変調峰に戻ってくる。つまり3本の変調峰は別々で、互いに3重螺旋を作っている。一方、120度や240度でトーラスを繋げると、各峰が一つに繋がり、一筆書きができる。つまり変調峰は一本しか存在しない。ミクロに見ても折り目の山についても一本で、すべて繋がっている(蛇足だけとDNAの二重螺旋は独立していて、繋がっていない)

This model is designed to spiral even when tightly folded. This speeds up the twisting along the tube faster than the previous models, and thankfully the torus has a smaller radius. Additionally in the previous models the weight of the paper pulled down the shape creating kinks in the form, the twisting speed is even here so that the influence of gravity is negligible and kinks don’t happen.

このモデルの場合、筒を折りたたんだ時にも その形自身が螺旋を描くように折りパタンを計算した。面白いことに、そのために捻じれの速度が速い。トーラスの径が小さくなるので、大変ありがたい。しかも、重力で垂れ下がる部分が無視できるほど小さく、捻じれの程度がどこでも一様なので折れ曲がりキンクが起こらない。

By the way, suppose these models are 1/100 scale architectural models! The ceiling would be around 15m high. What do they look like inside? Can you imagine? It will be amazing!!

ところで、これらを100分の一の建築模型だとか考えてみたら、どうだろうか。その時、天井の高さは15mほどになる。内部空間はどんな感じに見えるだろうか?想像してほしい。とても楽しそうだ。

 

 

 

Women’s March 女性の行進

I have attended the women’s march for the last 3 years and I am always recharged and encouraged by the energy and hope— we all seem to think we can make things better.

There was a lot of whining this year about how there were fewer people and there was not a consolidated idea behind marching- but I really wonder if there needs to be. It was great to see a truly diverse group of women out there, and some fantastic signs, raunchy, funny, serious and so disrespectful sometimes.

私は過去3年間この行進に参加してきた、そのたびにエネルギーと希望を再充電し、励まされている―――参加した全員が世界をより良くすることができると考えている。

今年は人が減ったことや、行進の背後にある統合された考えがなかったことについて多くの意見が寄せられたが、その必要が本当にあるのでだろうか? 多様な女性のグループが出ているのを見るのは本当に素晴らしかった。

I joined up with the women designers, engineers, architects, and landscape architects- any women in a design profession (or not) was welcome in the group. There have been several newspaper articles lately about why aren’t there more women architects? Lots of reasons and women architects are still often not paid as much as their male colleagues, but there were over 73 women willing to come out and march together under the banner of #women build.

私は女性のデザイナー、エンジニア、建築家、造園家と一緒にいた。デザインの仕事をしている女性は誰でも大歓迎。 最近、なぜ女性建築家が増えないのかについてのいくつかの記事新聞に載った。 そこには多くの理由がある。女性建築家が彼らの男性の同僚ほどまだ給料が支払われていない。一緒に出て行進したいと思う女性たち#women buildのプラカードの下に73人以上いた

One of my favorite groups that I shared several blocks of the march with seemed to be friends from high school. They were a completely racially mixed group of women, black, yellow, white and every shade in-between; they were singing and dancing and eager to change the world.

数街区を共に歩いたいくつかのグループの中で、私が気に入ったのは、完全な人種の混ざり合ったグループで高校時代の友達らしい、黒人、黄色人、白人、そしてそれらの混ざり合ったさまざまな色のグループだ。 歌と踊り―――そして世界を変える情熱。

There were, of course politically focused signs and many volunteers to sign up anyone who was not registered to vote.

Someone stopped me and asked “can’t you build us a better White House?”  I said “we sure are trying….”

もちろん、政治的に焦点を絞ったサインがたくさんあったし、選挙の投票に必要な登録をまだしてない人を目当てに、この機会を利用して登録手続きを手助けするボランティアもいた。

見ていた人が尋ねてきた。「あなた方は私たちのために良いホワイトハウスを作れるわよね?」…… 答えて曰く、「頑張ります。」

 

 

Bowne House ボウンハウス

For this years “Open House New York “volunteer assignment I was sent to Queens and on my way home I discovered this wooden house, the oldest house in Queens, preserved for its significance in the history of New York.  John Bowne was the author of the declaration that was the first step in confirming religious freedom for Americans and his family lived in the house for 9 generations.

毎年オープンハウスニューヨークのボランティアに参加しているが、今年はクイーンズにある大きな庭園とその中にある古い家 ジョン・ボウン ハウスを選んだ。クイーンズ地区に現存する最も古い家屋で、ニューヨークの重要な歴史の証人として保存されている。米国で最初に宗教の自由の宣言書を書いたジョン・ボウンがここに住み、その後9世代が住んでいた。

A member of the family was the founder of one of the first nurseries in NYC who collected trees and plants from around the world. He is the one responsible for the wonderful garden and the collection of specimen trees.  Many of their descendants have been spread across the country from this garden in Queens.  The garden is huge compared with the typical suburban houses and the street is lined with large oak trees planted by the family. It was originally farmland but now it is surrounded by masonry low-rise apartments, so out of place in this dense environment.

その家系の一人は世界中から種をここに集め、ニューヨーク市で始めての育種所を設立している。この庭園はその遺産である。現代の典型的な郊外住宅の庭に比べ格段に広く、その前にある通りにも二尋以上ある巨大な街路樹が並んでいる。家族によって植えられたものだという。ニューヨークの街路樹のいくつかの種類はこの育種場から広がったらしい。もともとは農園であったが、今は敷地ぎりぎりまで押し寄せたレンガ造の低層住宅に取り囲まれて、高密度に成長した街並みの中で、全く異質に見える。

In this garden I met two interesting women, one had been a professional gardener and the other was an architect who is also the caretaker of the house. The caretaker lives in the house and lovingly cares for the garden. The house is part of the New York City Parks Department system,  but like most of the parks in the city the parks department cannot maintain it by themselves and they rely on volunteers. She was looking for more help to prepare for the winter

この庭園で二人の女性、庭師とこの家の管理をしている建築家に出会った。この建築家は住みこみで家の面倒を見ながら、設計活動をしているという。この庭はニューヨーク市公園課に属していているのだが、例によって彼らだけでは維持できず、彼女たちのボランティアに頼っている。冬が迫っていて、彼女らだけでは間に合わないので、オープンハウス以後もボランティアの助っ人を探していたという。

I brought another volunteer with me today. We are here to prune and trim trees. As some of the plants are rare and have historical value as part of the original planting, you have to be careful how to cut. This additional helper amputated even the largest branches. The architect looked a bit worried. Did he meet her expectation?

今日は、もう一人の助っ人を連れて木々の剪定に来た。園内の木々はオリジナルの貴種や、歴史的に重要な樹種もあるのでむやみに切れない。この助っ人は大きな枝もスパスパ切落としてゆくので管理人兼建築家はひやひやしたに違いない。彼女の期待に合格しただろうか?

There is no photo showing it but there was a huge pile of trimmed branches. You will see the results of our work next spring. We were invited to come again.

写真にはないが、切られた枝を集めると大きな山が出来上がった。春にはこの剪定が本当に上手くいったかどうかわかるだろう。来春も来るように頼まれた。

 

 

AllKB on the waterfront ウォーターフロントのAllKB 

 

P1080034s

Every fall the Alliance for Kip’s Bay has been planting and cleaning up Glick Park, located just south of  the United Nations. But this year it is closed for renovation, so this fall for the “It’s My Park Day”  we traveled outside the park. “It’s My Park Day” is a twice a year event sponsored by the NY Partnership for Parks, who supply tools, bulbs and this year bright pink spotted garbage bags. Volunteers gather throughout the city to work on their local parks.

毎年秋にはAllKBAllKB、キップス湾ボランティア連盟は国連ビルの真南にあるグリック公園の球根の植え付けと花壇の手入れをしている。ところが今年は改修工事のために公園は閉鎖された。そこで今年は活動の場をここから少し南に移している。この活動は「ニューヨークの公園仲間」が後援する毎年二回のイベントの一環で、「マイ公園の日」と呼ばれる。ニューヨーク中でボランティア達が各地元の公園に集まる。毎回、市から支給される道具と球根に加えて、今年はピンクの黒丸付きゴミ袋が付け足された。

P1080039s

Our neighborhood is changing- we have a new park, new buildings and and a ferry service connecting 35th street to the Bronx, Brooklyn and Astoria, all taking advantage of our location on the waterfront. Our clean up was focused on the area  by the ferry terminal, part of the East River Greenway where we worked on the tree beds south of Glick Park. Our efforts focused on making this piece of the Greenway, a greener place to relax and enjoy the waterfront. Our work also contributed to a special project;  as a memorial to the victims of 9/11 this year 500,000 daffodil bulbs are being planted throughout the city.

この近隣は大きく変化してきている。新しい公園、新しいビル、フェリーの新航路等々。新航路は35番通りからブロンクス、対岸の北部にあるアストリア、ブルックリンを繋ぐ。すべてここにある川のウォーターフロントのおかげである。今回の活動はこのフェリーターミナルのそば、イーストリバー川沿いの緑道、グリック公園の南の街路樹の足元に焦点を当てた。私たちの目的は緑道をもっと緑化してウォーターフロントをもっと楽しめるようにすることであった。今回のイベントは特別で、9/11の犠牲者のメモリアルとして50万個の水仙を全市に植えるというプロジェクトの一環となる。

P1080047s

We organized volunteers  from NYCares (an volunteer organizer), a local school and the local men’s shelter.  We dug up the rock-hard ground, planted 1,000 bulbs out of the 500,000, and discovered snoozing worms.

今回、ニューヨークケアというボランティアの団体と、地区のホームレスシェルターや学校からボランティアをオーガナイズした。石のように固くなっている花壇の土を掘り起こし、眠っている芋虫を脅かしながら50万個の球根の一部、1000個を植えた。

.

P1080057s

P1080060s

The ferry route was expanded this year. It has been welcomed by the community, bringing more pedestrians and other New Yorkers into the neighborhood. This transit node has been demonstrating the potential that a continuous  bike/pedestrian Greenway would create along the East River. The Greenway is a potential loop around the entire island, although it has a gap. Currently the Greenway north of the ferry terminal  disappears at the UN which you can see in the background of the photo. North of the UN, the section from 60th down to 53rd  is ready to be closed, but still the UN will remain one of the biggest barriers to continuous waterfront access. We keep advocating for a continuous route but it seems a distant goal. I finished our work hoping this will help to make this stretch of the waterfront an welcoming accessible neighborhood amenity.

数年前にここに就航したフェリーは、地元に歓迎されるだけでなく、ニューヨーク中からの利用客を増やしてきている。この公共交通の乗り換地点が成長することで、イーストリバー川に沿った自転車・歩行者専用緑道がもし繋がれば、いかなる利便が得られるかを人々に教えている。この区間がつながれば、マンハッタン島は緑道で一周することができようになる。しかし現状は、ここから北に行けばすぐに、国連(写真の背景に見える白い塔)で行き止まる。国連のさらに北側、現在ギャップとなっている53番通りと60番通りの間に関してはウォーターフロントに出られるようになって、ギャップが塞がるのは時間の問題に見える。しかし国連自体は最大の障害のままである。私たちは事あるごとに途切れた緑道が繋がるように運動をしているけれど、長い道のりになりそうだ。今日の活動が水辺親水公園整備へと広がり、地元のアメニティーを作るのに役立ってほしい、と思いつつ、仕事を終えた。

P1080064s

We are all looking forward to the spring to see the blooms on our waterfront and then get back to Glick Park.

春には花が咲き、グリック公園が再びオープンするのが待ち遠しい。