FAIA 米国建築家協会フェロー

20190312_183214

Sandy, the coauthor of this blog became a fellow of the American Institute of Architects, FAIA. The AIA New York chapter organized a celebration party for the new FAIA members. Wikipedia says FAIA is an architect who has made outstanding contributions to the profession through design excellence, contributions in the field of architectural education, or to the advancement of the profession. There are several categories, but her coverage spans design, education and community contribution, which is unusual and hopefully will be a new role model. The AIA allotted two minutes for speeches by new FAIAs at the reception. It is really hard to summarize what the achievements were in that time. 2 minutes flies past instantly. You do not have room to joke or tell a story.

(We found we were silly to believe that we needed to follow that rule, some people entertained the audience with jokes and “thank you speeches” for 5 minutes like the Oscars, they needed that special music to call them off stage. I hope people do not think all architects are like that.)

このブログの共著者であるサンディーが米国建築家協会のフェローになった。FAIAという肩書になるのだが、名誉上級会員と訳せばいいのだろうか?そのニューヨーク支部で祝賀会があった。ウィキペディア曰く、優れたデザイン、教育、職能の向上を通して、目覚ましい貢献をした建築家に与えられるのだそうな。いろんなカテゴリがあるが、彼女の場合はデザインからコミュニティーへの貢献、後進の教育にまたがっていて、これまでにないタイプで、これからのモデルになると素晴らしい。レセプションのまえに新人FAIA が手短に業績を紹介するスピーチをする。2分間という決められた時間の中で、表彰された理由を要約するのは至難のわざで、ジョークを入れたり、語り調にする余裕はない。2分なんてあっという間に経ってしまう。

(あとでこのルールを守ろうと苦労した我々はバカだったと悟った。何人かの新FAIAは面白可笑しく物語にして聞かせてくれるし、ジョークで観衆を楽しませている。そしてオスカーの式でおなじみの、奥さんや相棒、関係者の協力をねぎらう感謝の延々たる連呼。たぶん話すべき内容がないのに、何かしゃべらないといけないから、ルールを破ることにしたのだろう。)

IMG_0100blog

A few days later we organized our own reception inviting our friends and clients. We chose to hold it at the blue origami wall of the MS imaging center that we designed a few years ago. Actually the wall will be torn down in several months for an extension of this medical facility. The reception was also meant to celebrate the short life of the blue origami wall. Many images of this wall have been published, so today’s guests would know it but experiencing the space at this scale was quite different… everybody looked curious and asked us “ How come?” noting how sad it was that it was being torn down.

後日、私たちの事務所主催で小さな受賞記念のレセプションを開いた。会場に選んだのはMSイメージセンタ―の青いオリガミ壁の前。数年前に私たちが設計したもの。実はこの壁はこの医療施設の増築に伴って、数か月したら取り壊される。受賞レセプションはこの短命だった壁の記念を兼ねている。この壁の写真はいろんなところに出ていたから、招待客らは知っているはずだが、実際に体験するのとはだいぶ違うらしい。このスケールで本物を見て、みんな残念そう。「なぜ?どうして?」と質問攻めに会った。

IMG_0888.jpg

In June the AIA is having another event for new FAIAs in Las Vegas. They require men to wear “ black tie” and there will be dancing. One of the coauthors is getting less excited to join it.

6月には全米レベルの祝賀晩餐会がラスベガスである。男子はタキシードの着用が求められていて、ダンスもしないといけないらしい。もう一人の共著者は行くのがたいそうになってきた。

Untitled-1

FAIA 米国建築家協会フェロー」への1件のフィードバック

  1. Hi Sandy and Hiroki, This is wonderful news. Congratulations, Sandy, on being recognized like this! I’m sure it is well deserved. You will be such a role model for others.

    ( I think black tie and dancing in Las Vegas might be kind of fun!)

    Any plans yet for coming to Ontario? As always, we would love to have a visit.

    We are going to Europe at the end of May for 3 weeks, both to see Aidan and Leah also to and also to celebrate our 50th ! wedding anniversary . So we will spend a week in Berlin, then we travel to Croatia, where we will board a small ship and cruise down the Dalmatian Coast for a week. Something we have never done before. It looks like a beautiful part of the world. Then back to Berlin for a few more days with the kids before coming home.

    Congratulations again! Anne

    Sent from my iPad

    >

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください