Libraries in Mexico メキシコシティーの図書館

20200211_104154

The glass floor of the book shelves. 本棚の周りはガラスの床。

 

We are at a factory in Mexico city. An automation line is accommodated in this big space. You recognize the book shelves along the conveyor, a book manufacturer? Sorry it was a lie we are not in a factory. It is in fact a library which was built several years ago. This linear space continues straight for several hundred meters. The library is designed around this linear void.  The reading space is on either side between the void and the exterior windows, an ideal condition with light and views provided for the readers. The book shelves are hung in the void but never move. You go to the shelves to find your books through small staircases and come back to your seat. Mezzanine floors that contain only book shelves are sandwiched between the concrete floors of the reading spaces. Elevators stop at each floor as wheel chair users and the Librarians’ wagons need to access every floor. We realized this is not a typical library that we know very well.

今私たちはメキシコの、ある工場にきている。4、5階ある吹き抜けの大空間の中にオートメーションのラインが収まっている。よく目を凝らすと、コンベーヤーの中には本のようなものが次第に見えてくる。製本工場か?実は工場というのは大ウソで、数年前にできた図書館。大空間が数百メーター、一直線に伸びている。建物はこの大空間だけから成り立っていると言っても間違いにはならない。読書席はこの大空間を取り囲ように窓脇に配置されている。図書館の理想であるところの、明るい外光と素晴らしい眺望が全席に用意されるようデザインされている。書架はこの大空間に吊るされているが、決して動かない。書架へは、小さな鉄階段を使ってたどり着き、必要な本をとりだして席までもどてくる。書架しかない階が中二階のように、読書席のある階と互い違いに挟まれていて、そこへもエレベーターは止まる、でないと身障者や図書館員が本を動かすのが大変だから。なにやら、我々の慣れ親しんでいる図書館の在り方とだいぶ違うのでないかと気が付きだした。

DSC00517

Who wants to spend so much money to build a facility just for book reading? It is almost a cathedral for books. This is not the library we are used to .

本を読むということだけのためにこれだけの大がかりなデザインと構造に大予算を投じるだろうか?まるで本の聖堂のよう。地元の人が抱く、書物あるいは図書館の観念が私たちと違うのではないか?

DSC00523

It seems there is very little staff for such a large collection. Do readers return the books to the original shelf by themselves? If so, it will be big work for them and will they put them back in precisely the original location? In New York you are supposed to drop the book into a big basket or leave it on the desk not return it to the original shelf. We wrote that the ideal library has a flat single floor, but this is the other way around. What if you have many books to read in many genres? You have to go up and go down many times.

これだけの蔵書量に対して、図書館員が異常に少ないように見える。ということは読み終えた本は読者がすべて元の書架に返すのだろうか?でないと図書館員は大変だろう。もし読者が返すなら、いちいち階段を旅して返すのは大変に違いない。ニューヨークの図書館では読み終わった本は所定のかごに入れることになっている。いい加減なところに返されると、後で館員が整理するのはかえって大変になるし、それまで他の人が見ることが出来ないから。

前のブログで床が一続きなのが図書館の理想と書いたが、このシステムは全くその逆ではないか?読みたい本が何冊もあって、いろんなジャンルにわたっていたらどうするのだろうか?図書館中あっちこっち、登ったり降りたりしなければならない。

 

 

DSC00518

In front of the louvers is a reading area, avoiding the strong light, the garden is visible between the louvers. 読書席がルーバーの後に。強い光を避けながら、隙間から庭園が見える仕組み。

 

DSC00525

Exterior. This linear expression is more than 200m surrounded by garden. 建物の外観、これが同じ表情で200m 以上続く。庭園も一緒に並んで続く。

 

DSC00466

This looks like a high end restaurant. The surrounding garden is visible through the slot between the old building and the new. 高級レストランさながら。庭園の緑が新旧建物の隙間から。

Next day we went to a national library. Although it is different from what you imagine from “national” there is no check to go in and you traverse the building through several entrances. It was renovated from an older library which had 4 square gardens by adding large roofs.  Shelves and reading seats are laid out in the squares. Through the gap between the old building and the new roof, sun light and a view of the garden outside are visible. The only support of the roof is by a huge central columns. This structure should be quite expensive.

翌日、私たちは国立の図書館を訪ねた.「国立」からイメージする仰々しい門構えやチェックははなく、ぶらぶらと通り抜けできる。かつては外部だった大きな中庭がだろうか、巨大な屋根を載せて図書室にしたように見える。最も機能的な構成である平屋の土間に開架の本棚と読書テーブルが置かれている。これが4か所ある。古い建物の上には大きな欄間が出来て、外光を入れている。屋根は真ん中の4本柱以外は何も支えていない。これまた費用の掛かる大構造。

DSC00472

Small archive rooms are accessed from the corridors surrounding the big square reading areas. These archives were recently renovated with a very high quality of design. I have seen them published in magazines and books. These archives are respectfully dedicated to the original book owners and house their entire collection and it is a huge collection. This demonstrates a culture that has a huge respect to or an obsession with books. I speculate Mexicans return the books to their original location responsibly no matter if it is faraway and up many flights of stairs. That explains what it is like at the new library. I should have asked about this system.

この平土間の周りには回廊があって、その外には小さい図書室がならんでいる。これらを見ようと中にはっいってみた。新しいデザインで改修が近年あったらしく、非常に質の高いデザインなのには驚いた。どこかの建築雑誌で見たことがある。それぞれの図書室は一人の個人蔵書を保存したものらしい。膨大な所蔵量。各部屋ごとに元の所蔵者たちをたたえている。書物への大きな尊敬を目のあたりにした。メキシコには歴史的にそのような文化があったのではないだろうか?蔵書家に限らす、人々は読み終わった本は各人が責任をもって元の棚に返すのではないだろうか?それが前の図書館で起こっていることであれば説明がつく。尋ねればよかった。

DSC00473

a lot of spare time today. 暇そうな職員たち。

DSC00475

DSC00477

stacked book shelves-the floor is glass, hung from the ceiling without columns. Amazing craftsmanship of stainless steel. 書架は二階建て。床はガラスで天井から吊られている。柱無し. ステンレス細工は驚きの職人わざ

DSC00603

As you see, a mezzanine floor accessed through a small staircase is common in these new libraries. It seems to be the traditional way of designing a library and is an expression of their respect and affection for books, which is gone in Japan or New York where books are considered disposable or treated roughly.

書架は二階建てになっていて小さな階段で上階の書架にアクセスするのは昨日の図書館と同じ構成になっている。伝統的な図書館の構成で、それは人々の書物へ感受性、愛情、尊重を仮定しているように思われる。図書は消耗品になりつつある日本や、大事には扱われないNYではできない構成のように思われる。

DSC00648

The mezzanine is accessed through a stair case 階段をのぼって中二階へ

DSC00486

A dedicated space for Braille, audio booths are suspended from above. Yellow guide lines on the floor. 点字専用図書室。 吊られているのは音声利用の個室。床に白線。

DSC00492

Does it make sense to build such a beautiful library for people who can not see well? Probably the small shelves are to improve acoustics. The book collection is coming. 目の不自由な人のためにこれほどの美しい空間を作って意味があるのか?ちょっと不思議。小さい本棚のようにみえるのはおそらく反射音響の改善のためか?蔵書の充実はこれから。

 

There has been a debate if written language was developed in north and south America before the Spanish invasion. There has been a recent full de-coding of the 4written language in Maya civilization, but it seems that the Teotihuacan civilization did not need a written language. How come this love of books developed? It must be an interesting process.

Despite the horrible history of the Spanish invasion, it is interesting to see the many amalgams of native and Spanish cultures. Is this book culture a reflection of this amalgam?

スペイン人の侵略以前の北南米で文字文化があったか無かったか、議論になっているらしい。ごく最近、完全解読が終わったマヤ文明の文字の例はあるけれど、メキシコのテオティワカン文明はあまり文字を必要としない文明だったように思われる。それが、どのようにして、現在のこのような「書物愛」が持たれるようになったのか?とても面白い過程にちがいない。

スペインの侵略の詳細を知れば胸が悪くならざるを得ないけれど、先住文化とスペイン文化の融合した現在を見るのはとても素晴らしい。この書物文化もその融合の結果なのだろうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください