A PUBLIC POOL IN NY ニューヨークの市民プール

We have started swimming for exercise again at this recreation center.  It was provided for the general public at the end of the 19 Century under a new concept of public health and hygienics when indoor bathrooms were not widely available. With 79 showers for men and 59 for women it was like a box with hundreds of shower heads. There is a reason why we stopped swimming during the winter months; strong chemicals are added in order to meet the current hygienic standards and they make your skin very itchy in the dry winter air. We speculated that the current plan is from the old facility and that is why the circulation for the pool is so poorly separated from the  general circulation for each floor. The current  plan  which mingles bathers and the general public is unbelievable for the Japanese  who take their bathing very seriously.

先週からプール通いを再開した。リクリエイションセンターの字が読めるだ ろうか?スポーツセンターだけど、外観はなにやら図書館のよう。19世紀末に公衆の健康と衛生という新しい理念に基づいて建てられたもので、まだ個人のシャワーが広まる前の時代にシャワーを公衆に提供する施設だった。かつては、140ほどのシャワーが用意された巨大銭湯のようなものだったらしい。さて僕らが冬の間プールを休んでいたのには理由がある。水に添加されてる薬品の刺激がとても強くて、肌が乾燥する冬は、かさぶたが出来るほどになる。体中が痒くてたまらない。古い用途のプランをそのまま今も使っているためか、足の汚れからプールの水質を守る仕組みや動線計画がひどくいい加減。だから現在の衛生基準を守るためにたくさん薬を加えるのじゃないだろうか。どのくらいいい加減か?というと(日本人には)とても信じられない。

The route to the other  facilities in the building  combines with the route to the pool  so that you find yourself walking on the  same floor which is wet due to dripping water from people going to the pool when you are going to the weight room. There is no threshold to switch your shoes in the locker room, you step on the wet floor with your dirty shoes while changing your clothes and finally there is no place to wash your feet before entering the pool. You step into the locker room directly from  the bath room, but the most striking thing is that the mop which cleaned the bathroom floor travels on into the  locker room to clean it as well.

一言で言うと一般の動線と更衣後にプールに向かう動線が交わっていること。だからプールに向かうには汚れた廊下を踏んで行くしかない。しかも、濡れた体から滴る水で、べちゃべちゃに汚ている。更衣室もスノコや履き替えも無く、濡れた床の上で更衣をするしかない。さらに、プールに入る直前での足洗い、腰洗い槽などは無い。トイレはどうか?トイレは更衣室と境なく繋がっていて、用をたした後、その足で、濡れた更衣室に踏み込むことになる。そしてなんと!!トイレを拭った同じモップが、そのままズルズル更衣室の床へ巡ってくる。洋画で時々お目にかかる、クツを履いたままベッドに大の字になるシーンはこれに比べれば大したことがない。(ちなみに、この地では電車の向かいの座席 に土足を乗せるのを良く見かける。が、しかし、これはマナーが悪いと考えられているみたいだ。かっこいいと思って真似する人には罰金が用意されている。)

As you are swimming you you have the chance to contemplate the structure of the building. The upper floor above the pool is supported with steel beams with a multitude of rivets. Instead of the typical secondary beams which span between the large beans, very shallow domes made of Guastavino tile are sitting on the beams resting on the 4 corners so that the beams look like they are flying. Despite the classical facade the structure of the building is a combination of modern and traditional techniques.

プールの天井スラブはリベットで繋げられた大きな鉄骨梁で支えられている。今日一般的な小梁は使われず、たくさんの小さなドームが梁の上にかかっている。各ドームはコーナーの4つの “点” でしかこの梁に載っていないので、梁はまるで中を飛んでいるように見える。古典的な外観の中に、近代と古代の技術がドッキングしている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください