TOTO, Fujitu, リンナイ、富士通

IMG_5003Rblog

One of our loft renovation projects  in Soho recently finished. We designed a partial renovation of the loft for this client a few yeas ago and now they are renovating again.  Several Japanese appliances were used; the hot water boiler is RINAI, the air condition is FUJITSU and the toilet is the new  TOTO washlet. We did not select them, the client did.  People here do not necessarily know that these products are Japanese. The “Mitsubishi” or “European” air conditioners now mean separated heat pump air conditioners. The DAIKIN air conditioner is now also becoming popular in US. These units have much better efficiency and a very low noise level. Fifteen years ago while we were working on the administration of the construction of the Tokyo International Forum, TOTO invited 100 foreigners to their resort facility to promote and do customer research for the washlet. They started considering the overseas market at that time. It has taken this long for them to become a popular product  outside of Japan.

観光客のにぎわうソーホーでやっていた、ロフトアパートの小さなプロジェクトが完成した。数年前に最初の仕事をしたが、同じ施主。日本製機器がいくつか使われた。空調はフジツウ、給湯器はリンナイ。トイレはTOTOウォッシュレット。僕らが日本製を選んで指定したわけでない。今デザインをしている他のプロジェクトでは、業務用のダイキンを使う予定だし、家庭用の室外機付きセパレート式エアコンは しばしばミツビシと呼ばれるほど。しかし、これらの製品が日本製だと言うことは知られていない。すべてを調べたわけじゃないけれど、ほぼ間違いなく、日本製は米国製に比べ、ずっと効率が良くて、圧倒的に静か。一方、ウォッシュレットは日本では当たり前だけれど、こっちではお目にかかったことがなかった。東京国際フォーラムをやっている時、在日外国人が大勢, 富士山の足元の東 陶の保養所に招かれて、マーケットリサーチに協力したことがある。東陶の海外戦略が20年ほど前の、あのときに始まったのだ。集まっていた100人ほどの大方がWASHLET なんてケッタイなと思っていたけれど、こっちで今、TOTOが高級ブランドとして売れてゆくのとともに、WASHLET も広まってゆくのだろう。あやかりたいけど、20年は待てないなあ。

IMG_5038Rweb

P1050426web

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください