Public Access 公共へ開く

P1010332

There is a public path that makes its way through the ground floor of buildings in the middle of the block in midtown Manhattan. It starts somewhere around 51st street and goes to 57th street between 6th and 7th avenues. The reason I said “somewhere” is that I do not remember it very well. In the summer we do not use it, but in the winter it is thankfully protected from the snow. This path goes through private buildings and in some places passes by the entrance lobby and security desk. By offering this space to the public the owner of the building gained a bonus to build higher and maintains the ownership of the space. It is not just these paths but also if you provide small parks you can get a bonus of additional floor area. The City wants park and public space to make the city more livable instead of totally dividing it into private properties and the owner gets more floor area to generate money from their valuable site, so everyone wins. The sign tells this is open to the public. The other reason I do not remember is that the sign is too tiny to find. I believe a very limited number of pedestrians know of this path and use it. The doors in NY are crazy heavy to open so I have to balance which is better; risk dipping your foot into a slushy pond at the next intersection or fighting with this door.

マンハッタンのミドルタウンには幾つかのブロックに渡って、建物の中を貫く歩行者通路がある。シックスアベニューとセブンスアベニューのあいだのブロック中を、51通りのあたりから57通りあたりまでつながっている。「あたりまで」と言ったのはよく覚えてないから。夏の間は使わないけれど、冬は寒さや雪から守られていてありがたい。この通路はある場所では一般の私的なビルのエントランスロビーを貫き、セキュリティーチェックの前をかすめさえする。所有権を保ちながら公共に提供することで、代わりに基準より階数の高い建物にすることが出来る。土地はすべて私有化されてしまってる都市の中であっても、この方法で公園や施設を作って市民の都市生活を豊かにできるし、一方、ビル所有者にとっても都市の床面積が増えれば膨大な利益を生むので、双方にとって美味しい話。ビルの前にベンチや植栽をして公共に提供して、地域住民の生活に貢献するようにすることでも、このボーナスがもらえる。誰でも気軽に入れるように、公共である事が解りやすくサインで示されてることになっているのだが、良く覚えていないもう一つの理由はこのサインが小さいから。簡単に見逃してしまう。いったい、どのくらいの人びとが利用しているのだろう?

P1010331P1010333

The Japanese building code adapted this idea a long time ago; Kokai-kuchi. It is very similar to the idea in NY, and the problem of visibility is also the same. One of the examples is the head quarters of TOYOTA which took the advantage of this system in the middle of Tokyo more than 10 years ago. It has a large rear garden near Korakuen Garden. TOYOTA must have been allowed to build a larger floor area than that allowed by the normal zoning code, but this open “public” space is not visible from the street at all. It is like their private garden. A tiny sign about 1ft X 2ft and the security guards discourage the pedestrians. Nobody thinks that the garden behind is public. It makes sense to have a garden where it looks like an extension of a famous historical garden to create a calm space and it is very private, not busy or crowded. No one knows it is open to the public. No architects, no pedestrians. Even the guards standing in front do not know it.

この制度は日本では、公開空地と呼ばれている。それはニューヨークのそれととてもよく似ていて、高層ビルの周りなどでよく見かける。非常にしばしば、公共であることが「解りやすい」とは言えないこともまた、よく似ている。10年前、トヨタの東京本社ビルの当たりをぶらぶら歩いていたときのこと、公開空地がそのビルの所有する庭園と一体になって設けられているのを「発見」した。建物の裏は後楽園までその大きな庭園になっている。その庭園のデザインはすばらしく、名園として知られた後楽園を借景して、静かな落ち着いた空間を演出している。その公開空地はこの庭園の前庭として渾然一体となっている。大通りに面した入り口には30cm角ほどのステンレス板に黒字で書かれたパネルが足元の高さに控えめに掲示されていて、庭園入り口の雰囲気を壊さないのにすばらしく貢献していた。これが公開空地であって、奥まで続いていることはうかがいしれない。そのサインの前には警備員が仁王立ちになっている。もしこのサインに気が付かず、その意味を知らなければ、ビルの付属物ではなく、誰でも行けるということを知ることはなかっただろう。「許されていること」しかしない良い子の日本人には縁がない。ここが公共の空間であることは歩行者にも、建築家さえにも知られることはないだろう。もちろん、あの警備員達にも。

korakuen4

The white square sign says it is a period of “special vigilance”, which has been there everyday for the last 10 years as I know. @ Tokyo
白い四角いサインは「特別警戒中」のお知らせ。( 知る限り10年前から毎日なのだが… )@外堀通り

Public Access 公共へ開く」への2件のフィードバック

  1. And I thought Hong Kong specialised in interconnected passageways across buildings as well as carefully blocked public space whose original purpose was to allow developers to increase plot ratios. One difference between New York and Hong Kong is that the interconnected passageways essentially connect buildings by the same developers, with occasional connections supplied by publicly built flyovers that extend the networks. Two architects at Hong Kong University mapped above-ground passageways across the city, very entertaining. http://citieswithoutground.com

    • In such a vertical city like Hong Kong linking buildings at the level that encourages walking is a great idea, they become the “streets”. In NY they do this at the very long blocks (like 6th to 7th). This winter the have been very popular but once the weather is warm again, there is no substitute for New York City street life!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください